なつかしの再会@カフェ・デ・ラオス

今日と明日は、伊勢丹タイランドの北海道フェアでちらし寿司のデモンストレーションをすることになっています。
さて、うまくいくのかしら? 
うまくいったら早々に報告したいところですけど、、、とりあえず予約投稿です。

8月は、こちらも日本に行きましたが、日本から来られる方もたくさんありました。
久しぶりの再会は、いつでもうれしいものです。
日本からのゲストは、失敗のない店に連れていきたいので、大体、行くレストランが決まってきちゃってまして、いつもの馴染みのお店ではありますが、レポートしてみたいと思います。

日本からやって来たのは、おにいさんがタイに来たばかりの頃から大変お世話になっている酒飲み会の初代会長さんのお嬢さん。
うちのおにいさんは、子供の頃から知っていて、お姉ちゃんの方は、結婚式でスピーチもさせていただいておりますが、今回、やって来たのは、その妹の方と彼氏。
彼との旅行で私たちに会ってくれるなんて、なんかうれし~ですねぇ~、その彼もいい人なんだろうなぁと会ってみたら、やっぱりいい青年。
こりゃもう親のような気持ちになっちゃいますよねー。

行ったお店は、シーロムソイ19の「カフェ・デ・ラオ」、洗練されたラオス、イサーン(タイの東北地方)の料理を出してくれます。
やっぱりここは、間違いなし!
自信を持っておすすめできるお店です。

20110817カフェデラオ01

ミアン・チャプルー
お通し(?)というのか、サービスでいつも出てきます。
ミアンは、トウガラシ、ニンニク、ココナツ、ピーナッツ、マナオなどと甘いタレを自分でお好みで包んで食べるタイの料理ですが、こうしてあらかじめ包んでおいてくれると食べやすくって助かりますね。

20110817カフェデラオ02

チャプルーの天ぷら
日本でいうところのしその葉の天ぷらみたいなものかしら? なんて話もしましたが、この味噌をつけて食べるのがミソ
このお店特製でしょうが、いつ食べてもおいし~。
でも味噌だけだとやっぱりしょっぱいので、この組み合わせがベストなんでしょうね。

20110817カフェデラオ04

サーロインステーキのチャプルー巻

ん? なぜだかチャプルー三昧!?
チャプルーというのは、ハイゴショウ ชะพลู (チャプルー) と呼ばれる葉っぱです。
薬用ハーブとしても利用される葉ですので、いろいろな効能がありますが、特に消化器系の働きをよくするそうで、揚げ物や肉類との組み合わせにピッタリですね。

メインは、プラーカポン・サムロット

20110817カフェデラオ06

プラーカポンは鱸、サムロットというのは、三種の味という意味です。
つまり、酸っぱくて辛くて甘いタレってことですね。

カオニアオ・マムアン

20110817カフェデラオ10

出ました~、禁断のデザート!
もち米、ココナツミルク、マンゴーのトリプル攻撃です。
初来タイの方には、是非とも食べていただかなくっちゃあいけないデザートで、無理やり食べさせましたが、でも若い方やメタボの心配のなさそうな人にだけにすすめるようにしてます。
ハマっちゃったら大変ですからね~。

ソムタムタイ他にも2~3品食べたはず???
ソムタム、ガイヤーンの定番料理は、写真を撮らなかったようです。
(無理やり昔の写真を出して来てソムタムだけ載せておきます。ここのソムタムは、青パパイヤが透き通ったように見えて上品でおいしいんですよ。)

この日、案の定というのか、夕方に大雨が降り、待ち合わせの場所までタクシーで向かっているという2人に、絶対にそれじゃあたどり着かないから電車に乗り換えるようにと指示をして、とりあえず30分遅れるのは確実だったので、おにいさんと私は、茶店で生ビールとフライドポテトをすでに食べていたので、あんまり食べられなかったのでした(十分か?)。

ここのお店は、ワインが安いのがうれしいんですが、、、この2人、飲ませすぎちゃったんじゃないかとちょっと心配。
翌朝が水上マーケット見学だそうで、一応、無事に行けたとの報告はありましたが・・・。

この子が何年か前にお友達と来た時には、ブルーエレファントに連れて行ったのですが、ここでも調子に乗ってワインを頼んで、そのお友達は、後でホテルに戻ってとっても気持ち悪くなったそうで、それ以来、ワインを飲んでないんですって、、、。
私たちは、ムリに飲ませたりしないし、私はもう気を利かせて注ぐなんてことも全くしなくなっているんですけど、、、話がはずむからなのか、いつの間にか、飲んじゃってるようです。。。
私たちと飲むと大変だからと、だんだん友達に避けられております。
お願い、みなさん、お酒は自分のペースで飲んでね!



Cafe de Laos Restaurant
住所: Soi Silom 19, Silom Road, Bangrak, Bangkok 10500
営業時間: ランチ 11.00 - 14.00  ディナー 17.00 - 22.00
Tel. 02-635-2338-9 Fax 02-635-0118




ご訪問ありがとうございました。励みになりますので、応援のクリック2つ お願いします。

にほんブログ村 料理ブログ 野菜料理へ       人気ブログランキング(イチゴ)


弊著「南国(タイ)の野菜たち」には、タイの野菜情報やレシピがたくさん載っています!
日本国内の方は、アマゾンでどうぞ!(書店では販売しておりません。)
タイ国内の定価は、600バーツ、日系の本屋さんでお求めいただけます(よく売り切れになってますが、頼めば入荷します)。
タイ在住の方、タイ好きの方、野菜好きの方はぜひお求めになってみてください!!

関連記事
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。