ヤマイモのパプリカソース煮

今日は、お料理の紹介です。
前にもお伝えしたように、日本野菜ソムリエ協会が野菜サミットを開催するのですが、そのイベント向けに応募しかけたパプリカ料理です。

ピーマン前に紹介した、やはり応募しかけのパプリカ入りマッシュルームのオーブン焼きは、「パプリカ料理とはいえない!」という意見があってボツになりましたが、今回は、それなりにパプリカ料理ではあります。
でも、応募できなかったのは、見事に棚から牡丹餅料理というのか、実験(失敗)料理を無理やりアレンジしたものだったので、レシピをほとんど控えておらず、完成品のレシピ提出ができなかったのでした。

パプリカは、低温でじっくり加熱すると甘味が出るということで、オーブンで料理することも多いのですが、オーブンがフル稼働中だったので、オーブンではなく蒸しで甘くならないかと思い立ったわけです。
そこで赤パプリカを蒸してからペーストにして、その赤を利用してクリームチーズでディップにしたら・・・? と。
赤がうまくいったら、緑や黄色も試して、3色ディップにしてみようかと。
パーティーにピッタリだと思いません!?

じっくり蒸したら、うむ、なかなか甘味もしっかり出ておいしそうです。
蒸した場合、皮が焦げないので一緒にペーストにしちゃえるという利点がありそうです。
ここで、私のいい加減さがぴょこっと出てしまうのですが、そーだ! 豆腐も混ぜるとヘルシーかも!? と、豆腐を混ぜてフードプロセッサーにかけてみたのでした。

ガーン!
クリームチーズに混ぜてディップなんてもはやムリな話で、大量に、しかも水分がたっぷりのソース状態。
味をみてみると、これはこれでおいし~んですけど、、、ディップはとにかくあきらめました。

これをパスタにからめるってのもありふれた感じがしますしねぇ、、、何がいいのかとしばらく悩んで、そういえば大事にしまってあったヤマイモがあったぞ! と、取りだしてみたのでした。
ジャガイモもあったんですが、ヤマイモの方がピッタリくる気がします。

パプリカヤマイモ料理

それなりにおいしかったので、ちょっと分量がいい加減ですが、簡単に紹介しますね!

 ヤマイモのパプリカソース煮

<材料>
パプリカ(赤) 1個
ヤマイモ 150g、 豆腐 半丁、 クリームチーズ 大さじ1
塩・コショウ・トウガラシ お好みで、 オリーブオイル 適量
バジルなど 飾り お好みで、 酒(ワイン) 大さじ1

<作り方>
(1) パプリカを種をとってざっくり切って、厚手の鍋にオリーブオイルを入れ、強火で油をまわしたら、弱火にして蓋をし、酒を入れ、塩少々をまぶして蒸し煮にします。
(2) パプリカがクタクタになったら火を止めて粗熱をとり、豆腐、クリームチーズと一緒にフードプロセッサ(ミキサーでもOKかも?)でペースト状にします。
(3) ヤマイモを一口大の乱切りにし、水少々を入れて弱火で軽く蒸し煮にし、パプリカを入れて強火にして、適当に煮つめます。
(4) 調味料で味を調え、皿に盛ってバジルなどを飾ります。


これを食べてくださった方々、「おいし~!」と言ってくれたのですが、「これタイカレーなの?」と聞いてきたではありませんか!
えーっ!? どうしてこれがタイ料理なの~? しかもカレー!? ・・・と、自分でも食べてみたら、なんかたしかにタイの香りが…。
見た目もレッドカレーっぽいし、、、もっと香辛料をいれたらカレーと呼べてしまうかも?

どうやら、タイのバジル(ホーラパー)を飾りに使ったのですが、このタイバジルで、すっかりタイの香りになってしまったようです。
恐るべし、ホーラパー! (タイのバジルについて以前、まとめてます。

パプリカヤマイモ2

タイの香りは、それはそれでいいものなので、嫌いじゃなかったらおすすめですけど、しっかり洋風にアレンジしたい方は、何か他のがいいのかも? です。
カレーにもしてみたいですねぇ。
でもひょっとして、ヤマイモと豆腐を使ったってあたりで、バジルのアジア体質が目覚めちゃったのかもしれません。
まあ、私の料理は、いつもフュージョンってことで、、、これにて失礼いたします。


ご訪問ありがとうございました。励みになりますので、応援のクリック2つ お願いします。

にほんブログ村 料理ブログ 野菜料理へ       人気ブログランキング(イチゴ)


弊著「南国(タイ)の野菜たち」には、タイの野菜情報やレシピがたくさん載っています!
日本国内の方は、アマゾンでどうぞ!(書店では販売しておりません。)
タイ国内の定価は、600バーツ、日系の本屋さんでお求めいただけます(よく売り切れになってますが、頼めば入荷します)。
タイ在住の方、タイ好きの方、野菜好きの方はぜひお求めになってみてください!!

関連記事
スポンサーサイト

コメント

トラックバック