ヒヨコマメ、あれこれお試し料理

  • カテゴリ:マメ類
  • コメント:2件
  • トラックバック:0件
スミタカルチャーセンターの「健幸料理教室」で、ヒヨコマメをテーマにお料理をあれこれ作りましたが、その前に家であれこれ試作したのをざっと紹介。

20110614ヒヨコマメ04

このヒヨコマメは、茹でてすぐにマリネにしたものです。

 ヒヨコマメのマリネ

(1) マリネ液を用意します。オリーブオイル、白ワインビネガー、マナオ(ライム・レモン)汁、黒砂糖、塩を混ぜ合わせます。その他、ローリエ、タイム、ローズマリーなどスパイスはお好みで。
(2) 茹であがったヒヨコマメをマリネ液に浸します。


酢大豆があるわけだから、酢ヒヨコマメもありかと思ったんですが、酢だけだとなんかダイエットのための修業食みたいな気分になるので、おいしいマリネ液につけました。
缶詰のヒヨコマメの場合は、軽く煮てから使うといいと思います。
そう簡単に煮崩れないので大丈夫ですよ!

さて、マリネしたらその後は?  --- そのまま食べてももちろんいいのですが、やっぱりちょこっと他の野菜と一緒に食べたいところです。
トマトはふつ~にいけそうですね。
サラダにパラパラ加えるだけでよさそうです。

この時は、冷蔵庫にあった大根の漬物(塩漬け)と一緒に混ぜました。
混ぜただけで味つけの必要もなく楽々お料理、やっぱりあらかじめあれこれ作り置きしておくっていいですねー。
(緑は、なんなのか記憶喪失、、、多分、冷凍してたアスパラガスの端っこ)

20110614ヒヨコマメ03

ヒヨコマメの豆腐を作った時に出たおからで作ったサラダです。
これは、料理教室でも作りました。

20110614ヒヨコマメ9

料理教室で主食をどうしようかとおにぎりにしてみたり、、、

おにぎりの中にゴロゴロ入っているのって、意外に変じゃない、おにぎりが発酵玄米を使っているので、ちょっともち米っぽい感じだったので、食べ応えがあってよかったです。

20110615ヒヨコマメ3

サラダご飯にしてみたり、、、
これは、いろんな缶詰開けて、サラダに使った後に、さぁ、余った豆たちをどう使おう? っていうことで考えてみたもので、とにかくあれこれ混ぜたものです。

結局、全体のバランスを考えてスープ兼主食のミネストローネにしちゃいました。

20110614ヒヨコマメ06

ミネストローネと決める前に、スープをどうしよ~と試してみたのが味噌汁!
これ、ボリュームがあって、おにぎりとこの味噌汁だけでもういいじゃん、ってくらいの満足感です。

 ミックスビーンズの味噌汁

(1) 鍋にごま油とニンニクを入れて香りをだし、トマトとシイタケを炒めてから水を入れて沸騰させます。
(2) ヒヨコマメ、キドニービーンズ、コーンの缶詰、ネギ、その他あるものそれぞれ好きなだけ入れて煮立たせます。
(3) 豆腐を加えてひと煮立ちさせ、味噌を入れます。


ヒヨコマメとかキドニービーンズの味噌汁ってどうよ~? って、ちょっと恐る恐る味噌をいれてみたんですが、いけました!  

ヒヨコマメの味噌炒めもいけるかもしれませんね!
まだまだいろんな楽しみ方がありそうなヒヨコマメ、ぜひ、試したことのない方は、缶でも乾燥豆でもとにかく一度、トライしてみてください!

そうそう、乾燥豆は、戻す時に重層をちょっと入れると早く柔らかくなります。
さらに、茹でる時にも重層と塩を入れると、早くふっくらと茹であがります。
ただ、入れ過ぎると苦味がでることがあるので気をつけてください。
(豆の料理にもよりますが、小さじ半分とか1杯とかそんくらい)


ご訪問ありがとうございました。励みになりますので、応援のクリック2つ お願いします。

にほんブログ村 料理ブログ 野菜料理へ       人気ブログランキング(イチゴ)


おかげさまで売れ行き好調!!
弊著「南国(タイ)の野菜たち」には、タイの野菜情報やレシピがたくさん載っています!
日本国内の方は、アマゾンでどうぞ!(書店では販売しておりません。)
タイ国内の定価は、600バーツ、日系の本屋さんでお求めいただけます(よく売り切れになってますが、頼めば入荷します)。
タイ在住の方、タイ好きの方、野菜好きの方はぜひお求めになってみてください!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。