猿のおかげ!? 食欲抑制と寿命を延ばす方法(NHK)

  • カテゴリ:健康法
  • コメント:2件
  • トラックバック:0件
この頃、お弁当ワークショップやら健幸料理教室やらで出す料理の研究で、すっかり食べ過ぎが続いております。
ここ数日は、豆攻撃…まめまめま~め♪ 
まあ、食べ過ぎなきゃ、体にはと~ってもいいものなんですけどね、その「食べ過ぎなきゃ」がとにかく私にとっては問題。
だからなのか、「少食」なんて言葉が妙に耳に引っかかり・・・

2010スリランカ猿1

・・・いきなりですが、スリランカの写真です。
旅行記はいつ書けるのかさっぱりですが、猿の写真だけは、きちんと整理しています。
猿写真集を作ろうかと思うほど、猿の写真を撮りまくってたんですが、それにしてもスリランカの猿は、よく食べてました。

2010スリランカ猿2   2010スリランカ猿3

花占いかと思ったら、、、花も食べてた!

先日、ためしてガッテンで、人は、なぜ、食べ過ぎてしまうのか? なんて、耳のいたくなるような話が…。

番組の中で、野生の動物は、必要な分だけ食べたらあとは食べないというけれど、実際にニホンザルにサツマイモを与えたら、たしかに食べなかったとうい話がありました。
ところが! 
サツマイモにバターとハチミツを加えたら、いつもの4倍の量を食べてしまったんですって~!

「甘み」「油脂」「だしなど」のおいしい物で、脳内でβエンドルフィン(快感物質)が出るんだそうで、それが「過度の食欲」の原因の一つなんだそうです。
他には、「ストレス」や「睡眠不足」も原因だとか。

意志の力だけではどうにもできない食欲を抑える方法、それが「30回噛むこと」なんですって!

ヒスタミンという物質の働きらしいんですが、とにかく30回噛む、それが30回以下でも以上でもなく、ちょうど30回をめざすのが長続きにもなるしいいようです。
もちろん食べ物のかたさや口にいれる量によってかわってくるので、そこんところをちゃんとチェックしながら食べると、適正な一口サイズとういのがわかるようになるんだとか…。
食欲を抑えるだけでなく、内臓脂肪まで減らしてくれるらし~

・・・と、この先は、番組ホームページでどうぞ。

2010スリランカ猿4

この噛むって、、、早食いの私には、とーっても苦手。
番組を見てちょっと試したけど、やっぱメンドーですぐ忘れておりました。
そしたら、違う番組でまた刺激を受けて、昨日からひたすらモグモグして食べました。
たしかにお腹いっぱーーーい!
特に昨日の玄米の炊きあがりがかたかったので、顎が疲れたかも…
ナント、今日は、ビミョーに顎が筋肉痛!?
もともと顎、弱いんですけどね、、、それにしても、いかに日頃噛まずに食べてたかがよ~くわかりました。

2010スリランカ猿6

違う番組というのは、やはりNHKの「NHKスペシャル あなたの寿命は延ばせる~発見!長寿遺伝子~」なんですが、寿命をのばす「長寿遺伝子」の存在が明らかになったとかいう話です。
「サーチュイン遺伝子」というらしいんですが、「ミトコンドリアが出す活性酸素」「免疫細胞の暴走」など、さまざまな老化要因を抑制する働きがあるんだそうです。
猿など動物実験ではすでに効果が証明されていて、人間でうまくいけば平均寿命が100歳を超えるんだとか。
このサーチュイン遺伝子を働かせるためには、カロリーを抑えることが必要なんですって。
やっぱ食事制限ですか…
さすがNHK、むやみにカロリーを抑えては栄養バランスが悪くなる人が現れるのをとっても用心したような解説になっておりましたが、やっぱり食べ過ぎはダメってことです。

実際にカロリー制限を続けると、大してカロリー摂取しなくても元気に生きられる体になるんですって!
西式健康法の甲田先生もそのことはよく説かれていて、青汁だけでパワフルに生きてる人もいると紹介されておりましたので、妙に納得。
いやぁ、でも私は、やっぱり青汁だけで生きるのはちょっと・・・

きっと50歩100歩なんでしょうが、大好きなステーキも我慢してまで長生きしたくないって人はいっぱいいるようで…カロリー制限をしなくてもこの遺伝子を働かせる方法が必死に探られたようです。
ナント、サプリメントが開発されているんですって。
取材したアメリカ人なんかは、「このサプリを信じるから、好きなだけ食べることにする」なんて言っておりました。。。

2010スリランカ猿7

まあ、まだまだ研究もこれからだと思いますけど、詳しく知りたい方は、「サーチュイン遺伝子」で検索してみてください。

私は、とりあえず、今度こそ真面目に「30回噛む」を実践してみたいと思っています。
私が食べているものは、好きで食べてるものばかりですけど、食べ過ぎさえしなければ、カロリーは、それほどじゃないはずなので…。


それにしてもこの猿たち、み~んな顔が違うでしょ、ホントに猿にも個性があるんですよね~。
しかし、この無心になって食べてる姿をみると、なんだか、、、妙に親近感がわいてしまうのです。


ご訪問ありがとうございました。励みになりますので、応援のクリック2つ お願いします。

にほんブログ村 料理ブログ 野菜料理へ       人気ブログランキング(イチゴ)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。