ダイトーキョーの冷製カッペリーニ

★今回のテーマ★ ― ☆白菜・ダイトーキョー(べか菜・山東菜)☆

   ダイトーキョーの冷製カッペリーニ 


今回は、ダイトーキョーのレシピです。

ダイトーキョー17ダイトーキョーは、中国野菜の山東菜からきたもので、日本ではべか菜とも呼ばれています。
べか菜の中に「ダイトーキョーべか菜」という品種があって、それがタイに伝わって「ダイトーキョー」という名で出回っています。

あっさりした野菜でタイ人に人気があって、今や間違いなく日本人よりたくさん食べていると思います。
白菜のようなレタスのような野菜なんですが、野菜そのものの味の深みというのはあんまりなくって、あっさりさっぱり食べる野菜というイメージです。

そういった特徴をいかして、さらに和食や中華のイメージをとっぱらってくれるお料理は、ありがたいです。
先日、ピザを紹介しましたが、ピザがおいしいならやっぱりパスタも!? 
健幸料理研究の時に冷製パスタがでてきました。

ダイトーキョー16
by satokon


  ダイトーキョーの冷製カッペリーニ

[材料]
ダイトーキョー 2束(軸の部分のみ・マリネ液およびパスタ用)
ダイトーキョー 適量(葉・パスタおよびトッピング用)
カッペリーニ 80g、  
トマト 3個(完熟しているものが良い)、 タマネギ 1/4個
オリーブオイル 大さじ3(45ml)、 赤ワインビネガー 大さじ2(35ml)、 塩 小さじ1(5g)

[作り方]
(1) トマトは湯むきして種を取り、さいの目切り(0.7cm角ぐらい)、タマネギもさいの目切りにします。
(2) ダイトーキョーの軸の部分の半量をさいの目切り、半量を千切りにします。
(3) さいの目切りしたダイトーキョーとタマネギを電子レンジで30秒ぐらい加熱します。
(4) オリーブオイル、赤ワインビネガー、塩を合わせてマリネ液を作り、さいの目切りにしたトマト、ダイトーキョー、タマネギを入れて、冷蔵庫で1時間以上冷やします。
(5) ダイトーキョーの葉を洗い、水気を良く切って手で食べやすい大きさにちぎります。
(6) 沸騰したお湯に、強めの塩(1%以上、分量外)とオリーブオイル(分量外)を入れ、カッペリーニとダイトーキョーの千切りを一緒に少し短め(規定の茹で時間より)に茹でます。
(7) 茹であがったら、氷水に取って洗い、水気をしっかりと切ります。
(8) マリネ液とカッペリーニを合わせ、ダイトーキョーの葉も入れて手早く盛り付けます。


ダイトーキョーカッペリーニダイトーキョーは、調味料やメインの食材を邪魔しないので、たっぷり入れても大丈夫!
思わずもっと入れて~! と、リクエストしてしまいました。

さっぱり涼しげなお料理、ジメジメした季節にはうれしいですね。
う~ん、今年のタイの暑季は雨が多くて変でしたけど、雨季は、いつから始まるのかしら…。
去年の雨期の前半は、あまり雨が降らず、とにかく暑くて暑くて大変でしたけどね。

そういえば、去年って赤服騒動で大変だったんですよね~。
兵士が街をうろうろしている状態が当たり前で、いつ、自分の会社や家の方にまで騒ぎが拡大するのかとハラハラしていましたね。
夜間、外出禁止令まで出ちゃって、家での食事を余議なくされて、ストレスがたまった方たちも多かったようです。
買い物もままならなかったり、日中に買い占めに出かけたり、、、ちょっと今の日本の状況に似てますね。
あの時、どんな状況でも家の中にあるもので1週間くらいは食べられる、しかもただ腹を満たすだけではなくって、それなりに作ることも食べることも楽しんで過ごせるようにしたいなあと思ったものです。
日頃から1つの食材からズルズルといろんな料理ができる引き出しを持っておくのも大事かなと思いました。


ご訪問ありがとうございました。励みになりますので、応援のクリック2つ お願いします。

にほんブログ村 料理ブログ 野菜料理へ       人気ブログランキング(イチゴ)

関連記事
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。