食べて遊んで笑って書いて。

  • カテゴリ:未分類
  • コメント:8件
  • トラックバック:0件
先日、いつもお邪魔している「好奇心中毒~スーパーサイドバック公式ブログⅡ」で拝見した記事がずーっと頭にモヤモヤしていて、コメント欄に書きかけたのだけど、ものすごく長くなったので、ここで改めて書こうと思って書き始めました。
そしたらまたまたホントに長くなって途方にくれております。
心の整理をしながら書いてたら、話があっちいったりこっちいったりするし、一体、私は、何を書きたいのかしら???

とりあえず書きたかったことの肝心部分を先に書いてみます。
ただ、地震のことではありますが、被災地にいる人向けの話ではないです。

私がすごく心配しているのは、この先、心を病む人が増えるのではないかということです。
それも心的外傷後ストレス障害(PTSD=Post-traumatic stress disorder)ということになるのかどうかわかりませんが、被災者にはなんとか精神的ケアが行われるようですが、直接被災していない人たちの中で、心を病む人が増えないかってことです。
そうでなくても鬱の患者さんが増加傾向にありましたしね。
あと心配なのは、そこにつけこんで妙な宗教にはめられなきゃいいけど、、、ってことです。
(私の周りにはいろんな宗教を盲信している方がいるので、人より心配してしまうのです。本人がそれで幸せなのでいいんですけど、周りに押し付けるようになったり家庭崩壊させたり、私財投げ出したり…といろいろあるので)

先日、亡くなった方、被災した方に、救助に関わっている方たち1人1人にドラマがあるから、私はそれを受け止めて、毎日泣くこともよしとする、なんてことを書いたのですが、本当はそうした特別な境遇にいる人だけではなく、誰にでもドラマがあるんですよねー。
つまり生きている人間、みんなドラマがあるのです。
だから、ブログを持っている人には、これからもどんどんそんなあなたのドラマを書いて欲しいなぁと思うのです。

私は、泣き上戸だから涙するけれど、心の整理はうまくできると思うのでそうするって書いたつもりですが、それを他人に押し付けることはできません。
現実に今も満足な食事もできず寒い思い、さみしい思い、つらい思いをしている人たちがたくさんいて、その現状を知らなければいけないと思うけれど、誰にもかれにもそれをしなさいとは言えないのです。
被災していなくてもずいぶん悩んでる人が多いですからね、その人たちにずっとつらい現実を直視して一緒に泣いてくれとは言えません。

アフリカの子供たちがお腹をすかせているとか、中国で地震があったとか、少し遠いところだと冷静に見られる人でも、今回は、あまりに近いので衝撃の受け方が違うし、余震があったり原発の心配もあるし、ろくに外出ができず生活のリズムが狂っている人もたくさんいます。
ふさぎこんでいる人もいるみたいだし、そういう意味で、日本人、みんなが被災者なのかもしれないと思ったりします。
現地に比べたらと言うけれど、誰がつらいとか大変とか、そんなのは比べられるものではなくて、人それぞれの大変さがあるので、情緒が崩れている人は、遠慮しないで地震のニュースを避けていいと思います。

多くの人がブログを書くことをためらって、まだ書けずにいたり、、、ブログだけでなくて、平穏な生活を送ることに罪悪感を覚えたり、そんな人がいるのもちょっと気になるのです。
まだ1ヵ月もたっていないのだから当然だし、被災地の方々は今も苦しみ続け泣いているのだから、同じ日本人として一緒に苦しむのは当たり前なのかもしれません。
でも一緒に泣いてあげているだけでは、その人を幸せにはしてあげられない。

多くの方が気づき始めたようですが、結局、私たちにできることは、被災者のことを思いながらも、いつもの暮らしをしっかり続けるということなのです。
その上で自分にできることをすればいい。
これから先に被災者の、日本という国の役に立つためには、まず、今元気な人間が元気でいることが必要だと思うのです。
だから大いに笑って暮らして欲しいのです。

これを書くとすご~く薄情な感じに誤解されかねないのですが、そもそも世の中、常にどこかしらで苦しんでいる人がいます。
津波で亡くなった人も気の毒ですが、交通事故で亡くなった人もガンで亡くなった人も誰がどれだけかわいそうとか、その家族の悲しみがどっちが重いとかないです。
避難所の方もかわいそうですが、製品が作れず、あるいは客が集まらず倒産しているところもあります。
日本のために身の程超えてるんじゃないかと心配するほど援助してくれてるタイでは、南部で洪水や土砂崩れが起こってたくさんの人が亡くなっています。
その惨状は、津波に襲われた被災地にとてもよく似ています。
村が流されてしまって、町は胸の高さほどの水に沈んでいるのです。
先日は、ミャンマーを震源とした大きな地震があり、やはり死人が出ています。
ニュージーランドの地震で亡くなった日本人はどうなったのでしょうか?

どの人もかわいそうで助けてあげたい、でも、全ての人に手を差し伸べることはムリなことです。
まず、自分が幸せでないと誰かを幸せにすることはできません。
万人を幸せにすることはムリでも、そばにいる誰かを喜ばせることならできるでしょう。
その喜んでくれた人がまた隣の人を喜ばせたり支えたりすればいいのです。
遠くの人はどうでもいいってことではありません。
遠くの人、多くの人に無理をして手をさしのべて、そばにいる人のことを不幸にしてしまってはいけないのです。
自分が不幸になってはいけないのです。
だから、笑って暮らすことは、決して悪いことではないのです。
食べて飲んで遊んでしあわせに暮らすことは、周りの人を幸せにすることなのです。

笑っている人が人の苦しみを理解していないわけではありません。
泣いている人の方が笑っている人より情が深いというわけでもないでしょう。
被災地に行って直接援助に関わっている人は素晴らしいと思うけれど、テレビを見て笑っている人が悪いわけではないし、何も考えていないなんて思いません。

人を責めないで欲しいのです。
自分を責めないで欲しいのです。
人と幸不幸を比べないで欲しいのです。

自分は、人の役に立てないって悩んでいる人も多いと思いますが、生きているだけで世の中のためになっているのです。
何か口にするものは、原料を作る人、製品にする人、流通させる人、売る人、料理する人、何かしら誰かしらの手が加わっていて、それを食べるだけで、その人たちは助かっています。
会社に通勤するだけで、交通機関に関わっている人が助かっています。
仕事をして、その製品やサービスのおかげで助かっている人がきっといます。
何もしなくていい、生きているだけで人間、お互いが助け合っている、自分も何かの役に立っているのです。
生きている、ただそれだけですごいことなんです。

もちろん被災地の方のために何もしなくてもいいってことではないことは、わかってください。
心を痛め過ぎず、頭で考えることも必要です、と。
冷静に何ができるかって考えなきゃいけないんですよね。

強い心の人は、今でもできること即すればいいです。
でもそうじゃない方は、ムリしなくていいのです。
まず元気になること、それからゆっくり被災地の状況をたしかめたっていいと思うのです。

スーパーサイドバックさんのところで書かれていたのは、下記のブログ記事の転載です。
スーパーサイドバックさんもCOCOマミーさんのブログを読んで書かれていたし、COCOマミーさんもまた他の方から…とつながっていて、ブログの力ってすごいなって思います。

これを読んでいろんな人がショックをうけたり考えさせられたようで、この方の伝える力ってすごいなって思います。
私もこれを読んで、まだまだ自分が甘いなぁってことは気がつかされました。
でも私は、ブログは好きな事を書いて、ツイッターでなるべくいろんな情報をシェアしていこうと考えています。
私はおいしいものをいっぱい食べて、好きなところに行って遊んで、好きな事をして笑って暮らしていきます。
それをブログに書いたりするので、私のブログはバカ話や食べ物の話ばっかりですが、それが私の元気の源だから仕方ありません。
冷たいと思われてもなんでも、私は、自分と身近な人をまず幸せにしていきます。
いつかその手が被災地の、あるいは世界中の困っている人たちに届くと信じています。

なんだかやっぱりまとめられずに終わってしまいそうです。
根気強く最後まで読んでくださった方がおりましたら感謝します。

いろんな意見の方がいると思うので、反論もあるかもしれませんが、私が語りかけたい相手は、今、心を痛めている人たちです。
この方が伝えようとしていることは、わかります。
こうして訴えてくれる人は、絶対に必要です。
でも、あまりにショックを受けて、もうブログは書きませんなんて方もいました。
心が元気、少し鈍いくらいの人間にそのまま伝わって考えさせるきっかけになればいいのだけど、心が弱っている人に、ずっと心を痛めていてやっと立ち直りかけた人に、必要以上に突き刺さってしまう気がするのです。

こんなことを書くきっかけになったブログは、下記にリンクしておきますので、私がグダグダ書いたことを頭にいれながら、地震の被災者の現実を冷静に受け止められる人だけ読んでください。

世界一周28ケ国モデルDJ社長シンガー★朋★さんのブログ ◆◆◆【 被災地からの声。 】◆◆◆



ご訪問ありがとうございました。励みになりますので、応援のクリック2つ お願いします。

にほんブログ村 料理ブログ 野菜料理へ       人気ブログランキング(イチゴ)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。