雑穀の日にいかが? ダイトーキョーのそば米ピラフ

予約投稿の手違いで、スペイン記事がアップされてて焦ってしまいました。
1時間くらい公開してましたけど、ひっこめちゃいました。
2日後に再アップするという間抜けさ・・・もう読んじゃったって方、ごめんなさいです。


★今回のテーマ★ ― ☆白菜・ダイトーキョー(べか菜・山東菜)☆

   ダイトーキョーのそば米ピラフ


ダイトーキョーただいまのテーマは、ダイトーキョー(べか菜・山東菜)とハクサイです。
3月9日は、雑穀の日だそうで、雑穀と合わせたダイトーキョーレシピを紹介します。
ダイトーキョーレシピというより、すっかり寝せちゃって使わずじまいのそば米をどうにかしようと、前々から試したかったことに挑戦したのですが、失敗するかもしれなかったので最初は具はなしで作ったのでした。
それがうまい具合に炊けて食べられそうだったので、やっぱり野菜を加えたい、と。
ほとんど炊きあがった状態で入れられる野菜って・・・!?
そこで登場したのがダイトーキョー

雑穀としてのそばの話は、以前にまとめてありますので、そちらをご参照くださいませ。
タヌコさんが作ってくださったそば米のリゾットも紹介してます。

私は、和風のピラフにしてみました。
ムフフ、ダイトーキョーがぴったり!
何がうれし~って簡単なんですよー、炊きあがったところにさっと入れるだけですから!

雑穀そば米ダイトーキョー
by ☆青☆


このそば米を炊くのに「世界食材事典―カラー版」に載っていた必殺技を試してみました!

  ダイトーキョーのそば米ピラフ

[材料]
ダイトーキョー 200g (テキトーな長さに切っておく)
そば米 1カップ、 干しシイタケ(もどしておく) 2個、
卵 1個、 熱湯 2カップ(干しシイタケの戻し汁を半分にしておく)
削り節 お好みで、 しょう油 大さじ1~2、 ゴマ油 適量、 日本酒 大さじ1

[作り方]
(1) 厚手の鍋にごま油を入れて熱し、溶き卵をからめたそば米をいっきに炒めます。
(2) ポロポロになったら熱湯と酒、干しシイタケを加え、沸騰したら弱火にして15~30分ほど煮込みます。
(3) 水分がなくなりかけたところでかたさをチェックし、OKであればしょう油と削り節をを入れて味をみて調えます。
(4) 強火で水分を飛ばしてから火を止め(しっとりしている程度でOK)、ダイトーキョーを入れて混ぜます。


先に卵で炒めてから茹でるって部分がど~にも理解できず、、、なんかお湯がグチャグチャになっちゃうんじゃないの~? って思ったんですが、そんなことはないんですねー。
水ではなく、熱湯を加えるというのもがポイントのようです。
水がなくなりかけてまだかたかったら少しお湯を加えてください。
私は、15分くらいでちょうどよかったのですが、そば米の種類によっては違うかもしれません。

最初、ピラフというには水っぽかったのですが、時間がたったらほどよく水分がなくなって、パラパラのピラフになりました。
卵は味にはほとんど影響しません。
これは使えますねぇ~、もっといろんな味で試してみたいです。

ダイトーキョーは、生でも食べられるものですし、加熱し過ぎると苦味が出ますので、余熱で火を通すくらいがちょうどいいです。
包丁なしで、手でパキパキと折って入れられるので便利ですよー。
困った時のダイトーキョー! って感じの活躍でした。

雑穀そば米ダイトーキョー


これがソバ米、三角がオモシロイですねー。

でもでも、、、
主要産地である中国の玄ソバの価格が高騰しているそうで、一昨年の倍以上になってるんですって!
品不足というか、ロシアや東欧での需要が伸びていて、そちらを優先しているとも言われます。(アシモトミラレテル…?)
そば粉やそば製品の値上げも必須な状況のようで、4月1日からの値上げを発表している会社もあります。

タイで買えるソバ米は、中国から直接か、ヨーロッパ経由だと思うので、それほど影響しないといいのだけど…。
いずれにしても、もっとソバ米もそばそのものも、もっとありがたがって食べなくっちゃ! ですね。
そうそう、今日は、サンキューの日でもありました


ご訪問ありがとうございました。励みになりますので、応援のクリック2つ お願いします。

にほんブログ村 料理ブログ 野菜料理へ       人気ブログランキング(イチゴ)

関連記事
スポンサーサイト

コメント

トラックバック