お先にお役御免(あきた鹿角国体裏の裏6)

あきた鹿角国体2011」の裏方任務をされていた自衛隊員100人分の食事作りにかかわった話、今回で最終回です。
食事作りは、15日の朝までですが、私は、14日の飛行機で名古屋からタイに戻らなくてはならないため、13日の朝まで手伝いをして、みなより先に役目を終えたのでした。

この間、気を張ってることもあって、誰も体調をくずすことがなくってよかったのですが、従妹の子供が高熱を出して、1日お休みすることになったのは、痛かったです。
でも熱はあるものの、病院にも行って来たし、、、ということで、すぐに復帰してくれました。
朝起きても、夜寝る時にもお母さんがいないので、熱出しちゃったんじゃないの~? と、みんな心配しましたが、従妹は「他にも家族(夫や姑やおにいちゃん、おねえちゃん)がいるし」と、がんばってくれました。
1~2食分くらいは、1人抜けても平気でしたけど、私が抜けた後、4食も残ってるのに大丈夫かしらとヒジョーに心残りではありました。
でもなんとか乗り切ったようで、今もってみんな元気だそうですのでよかったです。

母がボソッと「やっぱり年だね~、疲れるわ~」って…。
いや、あの、年でなくても疲れると思うんですけど!?
母によると、昔は、もっと大変な局面もあったけど、こんなに疲れなかったって。
いや、私もいろ~んな局面を乗り越えてきましたけど、十分にかな~り疲れてますけど???


<2011年2月12日 夜>

20110212夜03

本日も体育会系ガッツリご飯でどうぞ!
とんかつ、ポテトサラダ、キンピラ、イカとハマチの刺身、揚げだし豆腐、鱈汁、沢庵、はっさく

リンゴ、ミカン、オロナミンCとリポビタンは、これまた差し入れです。

20110212夜02

この人数のポテトサラダって大変そうでしょー、皮を剥いてマッシュするなんて、、、でも実は、業務用ってのがあるんです。
でもそのままじゃ芸がないので、きゅうりとかまぼこを加えて、味も調整しました。
それにしても業務用食品って便利ですねぇ~。
叔母が「あんたも業務用食品の開発したら?」って、、、いや、私のメニューは、万人にはウケないし…。

この日の料理、揚げだし豆腐が冷たいと気の毒ってことで、直前に盛付てどんどん運ぶって方式にしました。
さらに!
ちょっと~、どうしてこんな献立にしたのよ~!? と、思わず文句を言いそうになったのですが(言ってたか)、鱈汁は、鱈1人2切れしかないっていうんですよー。
いつも汁ものは、自分たちで盛ってもらってるのに、1人2切れなんて指示しながらとってもらうわけにもいかないし、かといって直前に私たちが盛りつけるにしても、2切れを探し出すのは、大変!

ーーーで、思案しましたよ、こういう難題がふりかかるの、実は好きだったりして!?
まあ、別に単純なことですが、最初にお椀に鱈だけ選んで盛り付けておいて、あとは、人がきたら汁を加えてサーブするって方式に。
調理場内にその椀を100個並べるのも大変だったりするんですが、バットを使いながらなんとか。
しかし揚げ出しも汁モノもって、よりによって2つとも直前に用意するものが重なって、これはちょっと大変でした。
何がコワイって、調理場、ツルツルなんですよ、床が。
忙しさでいろんな神経使ってますけど、それだけじゃない、滑って転ばないようにっていう神経を使うのは、実は、すご~く疲れました。
妙な歩き方になってたのか、途中で足の甲が痛くて、いろんな靴を履き替えてみたり。
ガンガン運ぶ方式も、1人当たりの歩く距離を短くするように工夫して、全員総がかりで乗り切ってホッ。
たしかに鱈汁、おいしいので、食べてもらえてよかったです。
これは、こちらで盛ったこともあり、きれいになくなりました。

20110209りんご03   20110209りんご07

おまけのリンゴ、記念にお持ち帰りいただいたのですが、こんな絵がついてるんです。
鹿角のマスコット、たんぽ小町ちゃんがスキーしてます。
よく見ると、ジャンプとノルディック、アルペンと3種類あるんですよね。
それに国体用とインカレ用まであって、芸が細かい!
シールつきのまま届いたのもあり、なんか着替える前を見てしまった、みたいな気分なんですけど。

そうそう、そもそもは、今年は、鹿角でインカレが開催されることが決まっていて、そこに開催場所が難航していた国体もでは鹿角でやりましょうってことになったのです。
秩父宮杯・秩父宮妃杯・寛仁親王杯 第84回 全日本学生スキー選手権大会は、鹿角市花輪スキー場にて開催されてます!(2月18日~24日)
インカレ関係者もこのリンゴ、食べてるんでしょうねぇ~。


<2月13日 朝>

20110213朝02

あ~、なんかも~写真というか、見本の出し方もちょっとテキトーになってしまいました。
この日の朝は、翌日から私がいないので、義姉には休んでもらってて、おまけにイカリングが足りない! と家に取りに帰ったりして、4時にホントギリギリで汗かきながら盛付完了! みたいな状態でした。
そして、6時前には朝ご飯を食べ、早々にこの場を去り、三重へと向かったのでした。
(写真がいい加減なのは、実は、やっぱり最終日だし、、、と、前日、ちょっと多目に飲んだ酒がビミョーに残っていたのでした。しかし、一升瓶は飲みきれなかった、くやし~!)

一応、記念写真。

20110213朝07   20110213朝04

20110213朝05   20110213朝06

キャンプ場の調理場が広かったので助かりました。
床が滑る以外は、洗い場も充実していて、6人で贅沢に使えました。

20110213朝08

朝6時ちょっと前、ちょうど除雪車が来てました。
皿洗いを残して、母と一緒に家に帰ったのですが、母は、雪の降った日には、この除雪作業に当たっている方々に朝7じにお弁当を出しております。

今回のお手伝いは、献立や段取りなどいろいろと学ぶところはありましたが、一番、強く思ったのは、やはり自分で責任を持って仕事する人間は、特に大人数を相手にする場合は、自己管理というのがーーーまあ、パワーってことでもありますけど、ホントに大事だなぁって思いました。
ムリしてもいけないけど、ある程度乗り切れる体力と気力は持たなきゃいけないってことですね。
これが終わったら、みんなガックリくるんじゃないかと思ったのですが、どうやら一番健康幸自慢のはずの私がガックリきたようです。
実は、私は、翌日、三重からバンコクに戻る途中、ずーっとお腹ピーピーで全身の力が入らず大変でした。
飛行機のチェックインの時に声をかけられたほどで…。

どうして私だけ、、、えっ? 私がイチバン弱いってこと???
いや、でもタイから移動したってハンデでもあるし、、、とか、なんか言い訳しながら張り合ってたりして!?
でも、どうやら単に食べ過ぎだったみたいです。
ええ、食べるのは、誰よりも食べてましたよ! ご飯、おかわりいっぱいしたし!!
タイから履いてきたジーンズが、三重に行く時には入らず、バンコクに戻ってからは入るようになったという、、、体を酷使しているからいいかと思ったのですが、日頃、1日2食、肉魚揚げものをあまり食べてない人間には、自衛隊食は、やっぱりきつかったようです。(誰も食べろと強制してないんだけど…)


読んでくださってありがとうございます! 
励みになりますので、ポチポチと2つ押して応援をお願いします。 
人気ブログランキングへ     にほんブログ村 料理ブログ 野菜料理へ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

トラックバック