やっと折り返し、、(あきた鹿角国体裏の裏4)

あきた鹿角国体2011」の裏の裏方で100人分の食事作りにかかわった話を続けております。
今日も懲りずにおつきあいいただけるとうれしいです。

自衛隊の方々と接する機会になんてほとんどありませんので、彼らの食事の様子をサーブしている間にみているとなんか興味深いですよ。
食事が始まって、いきなり食器を下げる場所にいって、食器をひっくり返してる人をみて焦りました。
何も食べずにいきなり残飯にしちゃうの? と、ガーンとショックをうけたのですが、中身は、自分の皿にうつしていたのでした。

自衛隊の人たちって、日頃は、茶碗や皿にビニール袋をして食べるのだそうで、そうすると食器が汚れずにすむのだそうです。
でも今回は、訓練じゃないのでその必要はないのですが、たまにマイビニール袋をセッティングして来られる方がいます。
その、いきなり皿をひっくり返してた人も、マイ皿に移していたのですが、どうやらそのまま自分の部屋に持ち込んで、飲みながら食べたりするみたいです。
中には、ふつうに食事はその場でするけど、一部、ビニール袋に入れて持ち帰って、やはり部屋でつまみにするとい方もおりました。
食堂は、ずっと使ってもらっていいんですが、エライ人がずっと食堂におりますので(そこで寝起きしてるので)、やはりゆっくりできないのかしら(^_^;)

<2011年2月11日 夜>

20110211夜02

煮魚(カサゴ)、鶏のから揚げ、サーモンとイカの刺身、竹輪磯辺揚げ、すき昆布の煮物、野菜たっぷり味噌汁、フルーツ(バナナとミカン、桃を生クリームで和えたもの)

20110211夜03

この魚、カサゴといいますが、見た目がなんかひいちゃうし、おまけに食べづらいし、食べるところもすくないんですが、、、とってもおいし~んですよー。
自衛隊員さんたち見てると、ケッコー、焼き魚を残す人が多いので、このカサゴは、どれくらい食べてもらえたか不安なんですが、、、ちょっとでも箸をつけてもらうと、おいしさがわかるんですけどねぇ。

本来、こういう食事作りを毎日の業務としてやっていくのであれば、どういうものがどれだけ食べられたか(残っているか)というのをチェックしなくちゃいけないんでしょうが、残飯はまとめて各自で捨ててもらう形式にしたので、そういうチェックはできませんでした。
でもたまに捨てに向かってる人の皿をみると、残してる方もケッコーいたりして、そういうのをみるとガクーっと来ちゃいますね。
私は、昔は好き嫌い多かったですけど、外で食事をする時は、残しちゃいけないって教わったもんですがねぇ、やっぱイマドキの若い人たちは違うのかしら、、、なんて、急に老けた気分…。

そういえば、義姉が「おばちゃん、ごちそうさま!」と声をかけられてショックを受けてました。
二十歳くらいの子に言われるならまだわかるけど、、、、と。
私、その場にいなくてよかった~、いたらやっぱり「おばちゃん」って言われたかもしれないし、、、(~_~;)

すき昆布は、我が家ではよく登場します。

三陸産「すき昆布・普代産一等」【...

三陸産「すき昆布・普代産一等」【...
価格:504円(税込、送料別)



昆布の麺みたいな感じで、炒めてもいいですし、簡単に使えるので重宝してます。
この細い昆布、台湾料理や北京料理でもよく出てきますが、何よりヘルシーでいいですよね。


<2月12日 朝>

20110212朝01

焼き鮭(粕漬け)、キクラゲサラダ、紅白なます、しそ巻き大根、小松菜の炒め物、納豆、海苔、なめこ汁、ヨーグルト

20110212朝06   20110212朝07

しそ巻大根って、子供の時から当たり前のように食べてたんですが、どうやらうちの方の名物だったのですね。(あらとまい農場 しそ巻大根(袋入)
いつもと同じ商品のはずなのに辛くなってる! と、義姉が言ってました。
たしかに唐辛子が使われているようで、時代に合わせてるんでしょうかねぇ~、減塩効果を狙ってなのか?

キクラゲに黄色のパプリカを入れてますが、これは、まあ、彩のためですね。
乾燥キクラゲを戻して使ってるのですが、母が分量を間違えて大量に戻しちゃってました。
大鍋いっぱいにふくれあがって、一体、このキクラゲ、どうやって消費するのかしら…って状態になってました。
味噌汁に入れたり、とにかく我が家でがんばって食べてるんでしょうかねぇ。
みなさんも乾燥物を使う時にはご注意くださーい!
意外にふくれあがってビックリしちゃうことありますよね。

小松菜の炒め物は、義姉が作ってましたが、ツナとコーンと一緒でこちらもきれいな色でいいですね。
納豆は、食べずに戻す人も何人かおります。
私なんて、このサイズの納豆だったら3つくらい食べちゃうのにねぇ~。

予定では、この日、三重に移動しておにいさんと合流して義母を見舞うはずでしたが、義母も元気だと言うし、こっちの大変さ具合を見ると、どうにも後ろ髪がひかれるので、もう1日、秋田にいることにしました。
15日までなので、ここでやっと折り返し地点って感じです。

それにしても、、、秋田にいるというのに、お酒を飲むのもままならない毎日。
夜10時に帰って、朝2時に起きなきゃいけないと思うと、なかなかぐびぐびと飲むわけにはいかず、、、せっかく兄が私が来た時のためにと残しておいてくれた酒も寝酒程度にしか飲めなかったのが無念でなりません。。。

20110210酒

右側のピンクの方は、甘いので遠慮させていただきました。
日本酒が苦手な方でも飲めるかと思います。
ひな祭りにイイかも…。

田酒(でんしゅ)は、青森の酒ですが、なかなか手に入らないんですよー。
やっぱりおいしかった、、、一升瓶に残ってたので、ペットボトルに入れて持ち帰ろうかと思ったほどでした。

田酒 特別純米 1...

田酒 特別純米 1...
価格:5,480円(税込、送料別)



今見たら、ネットでも買えるようなので、次回は、リベンジしなくっちゃ!!


読んでくださってありがとうございます! 
励みになりますので、ポチポチと2つ押して応援をお願いします。 
人気ブログランキングへ     にほんブログ村 料理ブログ 野菜料理へ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。