飛騨高山・白川郷への旅(その1)

  • カテゴリ:日本
  • コメント:8件
  • トラックバック:0件
今日でいよいよ10月も終わりですねー。
なんか直近の話題から書いてて、もっと書きたい昔の話がどんどん埃をかぶり始めてる気がするんですが、感動冷めやらぬうちに書いてしまおうと、先日、行って来た一時帰国の話題をこれまた細切れでお届けします。
いやぁ、今になって台風にあたらなくてホントによかったー! と、、、雨が降るってこと、何も考えずに出かけてしまってたので、ホント、ラッキーでした~! ありがとー!!

今回の帰国の目的は、、、80歳を超えて三重で1人暮らしをしている義母に会いに行くためでした。
1人息子のおにいさんは、3ヶ月に1度くらいは顔を見せに帰ろうかと考えております。
正月のような大事な時期に帰ってあげられない(自分たちが遊びに行くから)という後ろめたさもちょっとあったりします。
今回、10月の3連休で日本行のチケットをとってたのですが、8月に帰ったばかりだし、特に帰ると伝えていなかったので、だったら1泊はどこかに遊びに行って、1泊だけ顔を見せることにしようという企みが…。
私じゃないですよ、おにいさんの企みですが、義母には出張のついでに寄ってあげたと、いかにも孝行ぶって恩を着せてたりして…。

では、1日フリーになったので、さてどこに行く?
飛行機は名古屋に到着するので、だったら、行ったことのない近場の世界遺産ってことで、出発直前に岐阜の白川郷に行くことに決めました。
私にとっては、岐阜は未踏の地でもあるのです。
しかし、その週は忙しくって、交通手段や宿について調べることも予約することもできぬまま、まあ、日本だからどうにかなるか…と、甘くみて出発したのでした。
車を運転できない私たちは、公共交通手段に頼るしかなく、本当は、もっと真剣に調べなくちゃいけないんですけどねー。

さて、朝8時頃に名古屋のセントレアに到着、私がセントレアの旅行案内所で岐阜のパンフレットをもらい、ついでに「白川郷には、どうやって行くのがいいですか?」と尋ねたら、「白川郷のどこですか?」と逆に聞かれ、、、えっ? 白川郷っていくつもあるの??? と、戸惑ってる間に、おにいさんは、さっさと岐阜行きの近鉄乗車券を買ってしまっておりました。
そのまま近鉄でイッキに岐阜まで行き、駅弁でも買おうか、、、と思いながら、JR駅に行ったら高山行きが即やってきたのでそのまま乗り換え、イッキに高山まで行くことができました。
岐阜から高山までって(多分、その先も)ずっと川に沿って電車が走っていて、ところどころ美しい渓谷になっています。(車窓からの写真の割にはなんとか…)

高山白川郷001   高山白川郷002

ちょっと前に福島に行って来た人が紅葉はまだだと言っていたので、この辺の紅葉は期待していなかったのですが、うっすらと色づいていて秋の風情を楽しめました、これまたラッキー!
12時過ぎにホントになんのロスタイムもなく到着! 
後で調べてみましたが、名古屋で乗り換える方法もありましたけど、到着時刻は結局一緒で、料金から行くと、岐阜乗り換えの方が安かったようです。

すぐに白川郷行きのバスを調べたら、12:50高山発、17:20に白川郷発のバスがあるじゃないですか!
今回は、すべてツイテル、ラッキー! と思って、バスのチケットを買おうとしたら、、、12:50は予約制になっていて、残り1席しかないと、、、。
ああああー、やっぱり前もって調べておけばよかった~
次の13:50のバスだと、午後3時頃に到着するので、白川郷をゆっくり見ることができないことになります。
高山に泊って、美味しいもの食べて、テレビで見た朝市とかあれこれ妄想していたのですが、仕方なく白川郷に泊ることにしました。
きっと白川郷でもいろいろ楽しめますよね!

それにしても、高山ー白川郷は、約50分の乗車なんですが、往復4,300円なんですよねー。
白川郷までの交通費も似たようなもので、なんか、日本ってホントに交通費が高いですよねー、円高に苦しむバーツ所得者には、日本は大変です。
でも高山では、外国人遭遇率が他のどこよりも高かったかも?

高山白川郷006   高山白川郷005

仕方なく13:50までのほんのわずかな時間を高山で過ごすことにし、まずは、ランチ!
あまり探している時間もないので、駅のすぐ近くのお店で目に入ったところにさっさと入りました。
駅前だけあって、なかなか繁盛してました。

高山白川郷003   高山白川郷004

おにいさんは、高山そば定食、私は高山ラーメン定食、しっかり定食でガッツリいきますよー!
ラーメンは、ちょっと味が濃い目でしたが、細い麺でツルツルとあっと今に完食!
おにいさんのお盆の中央の白い器の中、ラーメンの上の皿の右上に丸い実がいくつかのってました。
食べてみたらすっごく甘いのです。
聞いてみたらナツメだそうで、なるほどー、乾燥したのしか知らなかったけど、こんななんですねー。
そういえばタイでも中国ナツメが売ってました、もうちょっとコロンと大きめですが、こんな感じです。

さてさて、じっくり味わってる暇ものんびりしてる時間もなく、時間はすでに13時近く、50分後のバスに乗るために本気で駈け足で高山巡りです。
川の向こうに「古い街並み」があるそうで、約15分とか。

高山白川郷008   高山白川郷019

だんだん「古い街並み」っぽい家がチラホラ見えてきたと思いながら、橋を渡ってみたら、いきなり人口が増えてます。
観光バスで来てる人達がいっぱいなんでしょうねー。

高山白川郷010   高山白川郷015

高山白川郷011   高山白川郷016

うわぁ~、モロ観光地!
この古い街並みは、ほとんどがお土産屋さんになっていて、小物やお菓子やいろんなのが売られていて、みな、吸い寄せられるように店に入って行ってます。
ああ、かわいー! きれいー! 
強力な磁石の力を感じながらも、時間がないのでとにかく横目でお土産屋さんを見ながらズンズン歩くしかありません。
酒屋さんまで表に入らずに眺めるだけなんて…

高山白川郷018   高山白川郷017

でもお土産屋さんばかりではなく、ホントにここで生活してらっしゃる方もいるわけです。
右側の渋い格子の入口は、産婦人科の病院でした。

高山白川郷014   高山白川郷013

白川郷もそうでしたが、こうした古い街並にとってコワイのは火事。
消防団がとても重要なのでしょうね、いたるところで防災意識を高めるようなものをみかけました。

高山白川郷023   高山白川郷024

ここに来ると、なんか団子やら何か食べながらフラフラと歩きたいような気になってしまうのが不思議、、、みんな、手に何か持って食べてたりします。
まんまと戦略にのってるなーと思いつつも、私もやっぱりこれだけは食べておかなくっちゃ!!
時間がないといいながら、混んでる店で待って買いました。

高山白川郷026   高山白川郷027

この店の名物、飛騨牛の串焼きと飛騨牛の大玉焼き。
大玉焼きは、たこ焼きの巨大なモノのの中に飛騨牛が入っているのだそうで、、、これも食べたかったのですが、すでにお腹がいっぱい、おにいさんにも却下され、仕方なく知らない人のを写真に撮らせていただきました。
大玉はあきらめて、そもそも目的の1本350円の飛騨牛串焼きをゲット!
串焼きで立ち食いするにはモッタイナイ、、、コッテリ、う~、ワインが欲しい…。
いやいや、これを立ち食い出来てしまうことこそ贅沢ってことなのかしら。

ホントにお腹いっぱいのまま、バスに乗り込み、いざ白川郷へ! ーーーということで、続きはまた。
高山は、こんな駈け足で周るには、もったいな過ぎる場所でしたが、それでもちょっとでも立ち寄れてよかったです。

読んでくださってありがとうございます! にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ   人気ブログランキングへ 
ポチポチと2つ押して応援をお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。