エスニック春雨、もっと気軽にナンプラー!

  • カテゴリ:春雨
  • コメント:8件
  • トラックバック:0件
タイは、今日も祝日です。
憲法記念日なのだそうで、絶対王政がなくなった日でもあるんだそうです。
弊社は3連休、毎年、この時期、社員旅行に出かけます。
今年は、カンチャナブリに行って来ま~す!
うちのスタッフたちと行く旅行は、ローカルローカル、全食、タイ料理なんですよね~。
おいしいのが食べられるといいけど。
カンチャナブリのホテルのネット環境がさっぱりわかりませんので、返事が遅れたり、みなさまのところに訪問できないかもしれません、日曜の夜には帰ります


★今回のテーマ★ ― ☆春雨☆

   エスニック春雨


ただいまのテーマは「春雨」です。→ 春雨料理大募集!
春雨を使った料理や春雨にまつわる話がありましたらぜひお知らせください!!(12月15日まで)

ヤムウンセン
タイで春雨というと、まず浮かぶのが「ヤム・ウンセン」ですね。
「春雨サラダ」「春雨のピリ辛サラダ」なんて訳されることがありますね。
ピリ辛度合いが店によって全然違って、本気で容赦がない時もあり、まったくさっぱりサラダではないこともあります。
でも、辛くないヤム・ウンセンが出てきた時、タイ人の友人が「こんなのヤム・ウンセンじゃない!」と怒っておりました。

激辛好きの私ですが、「ヤム・ウンセン・マイ・ペッ」も好きだったりします。
「マイ・ペッ」は、「辛くない」という意味なんですが、多分、春雨好きだからですかねぇ、酔ってる時の〆のいっぱいでスルスル食べたい時とか、、、。
そんなメニューがあるわけではなくって、そうやって特別注文するのです。
タイは、どんな風にも融通がきくのでありがたいですが、「マイ・ペッ」なんてなんで注文するのか、日本人は、辛いのが苦手なのねー、みたいに思われてるんでしょうねぇ。

春雨は、自己主張しませんので、脇役になることも多いですが、いろんな味にかえられるのでいいですね。
今日は、ヤム・ウンセン・マイ・ペッにちかい、エスニック春雨を紹介します。

春雨料理35

by cinnamon


  エスニック春雨

[材料]
春雨 20g
キンサイ 1本、 キュウリ(タイ小) 2本、 ニンジン 40g、
ナンプラー 大さじ1、 酢 大さじ1、 塩・コショウ 少々、 しょう油 少々

<作り方>
(1) 春雨を茹でます。
(2) 野菜は千切りにします。
(3) すべて和えるだけ、油なしです!


とってもさっぱりのサラダ感覚です。
「ヤム・ウンセンを作ろう」とか「タイ料理を作ろう」なんて構えずに、ナンプラーをこうして普段使いの調味料にできるといいですね!

春雨料理34


このブログで登場するタイの野菜については、弊著「南国(タイ)の野菜たち」に基礎知識やレシピが載っていますので、そちらを参考にしていただければうれしいです。
日本国内の方は、アマゾンでどうぞ!(本のタイトルをクリックしてください。)
タイ国内の定価は、600バーツ、日系の本屋さんでお求めいただけます(よく売り切れになってますが、頼めば入荷します)ので、タイ在住の方はぜひお求めになってみてください!!


読んでくださってありがとうございます! にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ   人気ブログランキングへ 
ポチポチと2つ押して応援をお願いします。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

トラックバック