ラディッシュおろし(ハツカダイコンおろし)と豆腐

★今回のテーマ★ ― ☆ラディッシュ(ハツカダイコン)☆

   ラディッシュおろし 冷奴と卵豆腐


「ラディッシュ」をテーマにお送りしてきましたが、今回が最後の料理です。
この後、基礎知識もお届けする予定ですが、、、予定は未定。。。

11月のテーマは「春雨」です。→ 春雨料理大募集!
春雨を使った料理や、ラディッシュにまつわる話がありましたらぜひお知らせください!!

ラディッシュは、ハツカダイコンとも呼ばれることからも、ダイコンの仲間です。
だから、ある程度、ダイコン料理を応用しちゃっていいわけですよねー。
加熱すると、カブにも似てますので、カブ料理でもいけそうです。

ではでは、ダイコン料理の応用 ――― そう、ダイコンおろしを試してみました!
しかも2パターン、ひとつはふつうにおろして、もう一つは、前回紹介した塩蒸し焼きラディッシュをおろしています。

ラディッシュ奴

ラディッシュ卵豆腐

by ☆青☆


ムフフ、ピンクでかわいいでしょー。
ちょっともみじおろしっぽいですね。
本当のもみじおろしは、ダイコンに唐辛子を詰めてすりおろしたものですけど、色が欲しいからともみじおろしにニンジンを合わせることがあるようですね。
ニンジンは、ビタミンCを壊すのでこの組み合わせはよくないなんて言われています。
真偽はともかく(えーっと、ハイ、調べるのを怠慢してます)、かわいい色、めでたい色ってだけならラディッシュを使うのはどうでしょう?

小さいとすりおろしにくいと思われるでしょうが、まるごとではなく、半分に切ってからおろすと、あっという間にすれてしまうので、大きなダイコンをするより扱いやすかったです。


 ラディッシュおろし奴

[材料]
塩蒸し焼きラディッシュ 2~3個
豆腐 1/2丁

[作り方]
(1) 豆腐は水切りしておき、適当な大きさに切ります。
(2) 塩蒸し焼きしたラディッシュをおろしがねですりおろし、豆腐の上にのっけていただきます。


塩蒸し焼きラディッシュは、外側がしょっぱいので丸ごと食べる時はちょっと難といいますか、加減しながら食べることになるのですが、こうしてすりおろしたら塩加減がちょうどよくっていい感じ。
塩味がこなれて、生のラディッシュおろしとはまた違った感じです。
塩蒸し焼きラディッシュは、漬物のように長く保存できますので、いっぱい作っておいてこうして使うのはいいかも!


 ラディッシュおろし 卵豆腐

[材料]
ラディッシュ 2~3個
卵豆腐 1、 カイワレダイコン、 マナオ 1/2個、 塩 適量

[作り方]
(1) 生のラディッシュをすりおろし、すりづらくなった端っこの方はみじん切りにします。
(2) すりおろしたラディッシュとみじん切りにしたのを混ぜ、マナオ汁を絞り、塩で味付けします。
(2) 卵豆腐を適当な大きさに切って、カイワレを添えてラディッシュをかけていただきます。


ラディッシュのピンクの色をいかすため、しょう油は使わず、塩とマナオで味つけしました。
薄い色のダシを使ってもいいかと思います。
卵豆腐にダイコンおろしって私の大好物だったりするのですが、ラディッシュでも華やかになっていいですねー、これならお客様に出してもよさそ~!
もっと辛味があったらもっと私好みです。

とりあえず味つけしないで出して、食べる人がしょう油をかけて食べるっていうのでもよさそうですね。
お鍋にも使えそ~!
他にもサラダとかいろいろ工夫できそうですね、ぜひ、お試しあれ~!


読んでくださってありがとうございます! にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ   人気ブログランキングへ 
ポチポチと2つ押して応援をお願いします。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

トラックバック