あら不思議?な、ラディッシュの塩蒸し焼き

★今回のテーマ★ ― ☆ラディッシュ(ハツカダイコン)☆

   塩蒸し焼きラディッシュ


もう11月に突入しちゃいましたが、10月のテーマ「ラディッシュ」「ハツカダイコン」のレシピをあと少し、お届けします。
とも呼ばれていますね。
ちなみに11月のテーマは「春雨」です。→ 春雨料理大募集!
春雨を使った料理や、ラディッシュにまつわる話がありましたらぜひお知らせください!!

ラディッシュの前はビーツをテーマにお届けしてました。
ビーツ料理で、アルミホイルで包んで焼くというワザを知ったわけですが、せっかく覚えたワザはいろいろ試してみたい!
―――ということで、ラディッシュでも試しちゃいました。
ラディッシュを加熱するとカブ(蕪)のようになるっていうし。

でもアルミに包む前にちょっと閃いたというか色気がでたというか・・・で、細工しちゃいました。

ラディッシュ塩蒸し焼き
by ☆青☆


はたして、カブのようなお味なんでしょうか?
ワクワク! いっただきまーす! 
ん? あれ? こ、この味は!  (続きはレシピの後)


 塩蒸し焼きラディッシュ

[材料]
ラディッシュ 5~6個
塩 大さじ1(適量)
マナオ(レモン)汁 大さじ1/2

[作り方]
(1) ボールで塩とマナオを混ぜ、ラディッシュをまるごとからませます。
(2) 塩ごとラディッシュをアルミホイルで包んで、トースターで15分焼きます。


さてさて、もったいぶってみましたが、どんなお味かというと、なんと、まるで梅干しみたいな味になったのです!
外側は、当然、塩が直接かかっていますので、ちょっとしょっぱいですが、思ったより水分が出るので、塩が溶けて直接くっついてる感じではないです。
なんか漬物みたいになったんですけど、味が梅干しだなんて不思議でしょー?
梅干し味は、マナオの効果なんですかねー、レモンでも同じようになるかどうかは??? です、スミマセン。

でもなんか、やみつきになる味なんですよー。
これをチビチビ日本酒いけちゃいます。
でも、ホント、あくまでチビチビ食べた方がいいですね、漬物感覚ってことで。

日本からのお土産の梅干しがない時は、ラディッシュをかわりにこうして使うのもいいかも?
日の丸弁当にもピッタリ!
おにぎりの具にしちゃってもいいし、細かく刻んでご飯に混ぜちゃってもよさそうです。
ほんのりピンクのかわいいご飯になりそうですよね!

そ、そういえば、塩をつけず素焼きにしたらどうなるか、試してません。。。

ラディッシュ塩蒸し焼き


読んでくださってありがとうございます! にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ   人気ブログランキングへ 
ポチポチと2つ押して応援をお願いします。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。