2010年夏の思い出(3) -松川温泉と釣り体験

  • カテゴリ:日本
  • コメント:6件
  • トラックバック:0件
ちょっと散歩しに、、、のつもりで出かけたはずが、夏休みのミニ家族旅行状態となったお出かけ日記の続きです。
藤七温泉の後は、松川温泉のエリアへ。

その前に藤七温泉からすぐそばに天然の温泉が湧き出ている場所があるのだそうで、近所の人たちは、山菜のアク抜きや何かをイッキに茹でたい時などに、ここに来てお湯につけてしまうのだそうです。

 八幡平の旅02 八幡平の旅01

しっかりお約束の卵を茹でている方もおりました。

松川温泉は、松川のそばにある温泉で、温泉宿が3軒あります。
今から250年前に発見された温泉だそうで、温泉宿のそれぞれがいい雰囲気を醸し出してるんですが、、、温泉に入ることもなく外から「へぇ~、ここが~」なんて言いながら過ぎてしまいました。
母が今はなき志張温泉以外の温泉には入れないという人で、何年か前にかの有名な乳頭温泉にも出かけたのですが、見るだけ見て帰ってきました。
まあ、入りたいとムリに頼めば待っててくれたでしょうけれど、そんなのんびりもできないのでしょうから、無理を言うほどでもなく。

松川温泉の近くには、日本初の松川地熱発電所があります。
昭和41年に運転が開始、世界でも4番目の地熱発電所だそうです。

 八幡平の旅03 八幡平の旅04

近くで見ると圧巻!
地熱発電の資料館のようなのがあったので入ってみたら、お土産屋もありました。

 CIMG1441.jpg    ヒマラヤ岩塩

思わず買ってしまった、松川温泉とも八幡平ともなんの関係もなさげなヒマラヤ岩塩
ヒマラヤ岩塩って、硫黄の香りと味がするんですよ~。
温泉郷の硫黄に囲まれて育った私には、妙になつかしくって、ネパールで買って来たんですが、もったいなくて使いきれずにいたのでした。
特にブラック岩塩は、お湯にいれたら温泉そのもの!
このお土産品は、おろし金までつけてる親切さなのです。
放っておくと、ずーっと舐めていたくなりそうななんともいえないおいしさんなんですが、塩は塩、ほどほどにしないといけないようです。
ヒマラヤ岩塩ってミネラルがいっぱいのはずなんですが、とり過ぎてしまうのか、なぜだかよく足がつるんです。
常識では、むしろ痙攣を予防、治癒する働きがあるくらいなのに、なぜ???
そういえば、ネパール土産を飾りものにしているのは、モッタイナイからだけではなかったのでした。
で、このお土産もタイに戻ってきたからまた舐め舐めしてるんですが、、、攣ってしまいました…
特異体質? やっぱとり過ぎ?

さてさて、松川温泉を眺めた後は、もう帰るのかと思ったけど、運転好きの父は、フラフラとその辺をドライブ。

 CIMG1444.jpg 八幡平の旅05

松川渓谷の川辺にちょっと立ち寄り。
水遊びをしている子供たちがいました、涼しげないいスポットですよね~。
ここの紅葉も見事なのだそうです。

そのうち、見えてきたのがトラウトガーデン、ああ、こういうとこありましたねぇ、ずーっと昔に従妹たちと来たような。
名水百選の金沢清水を引いた釣り場があって、初心者向けの釣り堀の他にフライルアー専用の釣り堀や渓流釣りなどもあります。
遊び好きの父は、ムズムズしている様子、、、私も久々に釣りをしてみたい!
貸し竿、餌つきでたったの200円だし、餌の追加も50円、やろうやろう!
え~っ? という母とおにいさんを押し切っていきなり釣りに挑戦、母は見学してましたが、おにいさんもすることになって、みんなの晩御飯を釣って帰ろう! ということに。

岩魚(イワナ)などの焼き魚用のコーナーとニジマスの刺身用のコーナーがあります。
ニジマスは、大きくて立派すぎて私には釣れそうもなくもっぱら焼き魚狙い。
思った以上に簡単に釣れるのですが、元気よく釣れた魚を触れない、失格な私。
おまけにタイミングがわからず、針を食べさせ過ぎちゃって、針をとるのに魚が血だらけになったり、、、(おにいさんと母の仕事になってました。)
お魚さん、ツライを思いをさせてゴメンナサイ、、、

 八幡平の旅08 八幡平の旅09 

刺身用のニジマスに父が挑戦していたのですが、餌にもまったく反応せず、こりゃ無理だと降参。
やっぱり難しいのか~と、試しに竿を入れたら、ホント、反応しないどころか逃げていきます。
再度、挑戦したら、あれっ? 食いついてきた~!
すっごく重い上に大暴れ、、、やはり1人ではどうにもできません。
ビギナーズラックのようなもので、この後にも挑戦したけど全然ダメ、でも父は、なんだかいきなり対抗心か? 張り切って釣りだして、その後2匹釣ってました。
最終的には、刺身用の大きなニジマス3匹、岩魚は何匹? いっぱい!!
釣れた魚は、その場で料理してくれますが、我が家は、両親ともできるので(商売だから)お持ち帰り!
大喜びで計測をお願いしたら8,000円なり~
貸し竿が安いわけだ… 調子にのって釣り過ぎです、よく考えたら1回で食べきれる量じゃないし。

 八幡平の旅14 八幡平の旅10

家に帰って早速父が捌いてくれました~!
「なんだ、写真撮るならもっとちゃんと盛り付けたのに…」とのこと。
ホントは商売用にもっと美しく盛りつけられるんですよ、とフォローしておきましょう。
ニジマスは、シチューにもなりました。

 八幡平の旅12 八幡平の旅13

岩魚は、塩焼きで。(写真は一部)

そういえば、私は、子供の頃、魚の骨がメンドーというのもあるのですが、なんか生臭い気がして、ほとんど魚を食べない子でした。
それが魚を食べられるようになったのは、釣り堀で自分が釣った釣りたての魚を食べてからだったような気がします。
その時は、その場で串に刺して焼いてくれたのですが、キライな魚だけど、せっかく釣ったんだし、周りの人にもすすめられてとにかく一口食べてみようと、そしたらおいし~じゃないですかー!!
以来、魚を食べられるようになりました。
ただ、骨がメンドーという思いは、その後も続き、さらにしっかり食べられるようになったのは、ハタハタの骨せんべいを食べてそのおいしさに目覚めてからです。
子供の頃の魚嫌いの後遺症で、美しく食べられないのが悩みですが…。
お子さんがお魚嫌いで悩んでいる方、いつか食べられる時が来るかも、です。

あっという間の秋田の滞在はこの夜で最後、全く秋田県のレポートをしていません、、、。
そういえば、花輪の七夕祭りにもでかけたんですけど、カメラがなかったんですよねー。
次回の帰省はいつになることか、、、でも、今度は、しっかり秋田もレポートします!!
(夏の思い出はまだ続きます。)

読んでくださってありがとうございます! 励みになりますので、ポチポチっと2つ、応援お願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ        人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。