ザクロジュース - 今日のタラーシリーズ(13)

タイは、今日から菜食週間(ギンジェー)に入りました~!
ギンジェー中のタラート(市場)は、黄色い旗がはためいて怪しげな肉モドキ料理からベタベタ油っぽい料理が並んで、それはそれで見応えあるのですが、今日は、これからゴルフバックを担いで出勤して、仕事が終わったらそのままゴルフ宴会旅行に出かけますので、ギンジェーレポートは、来週になります。
宴会旅行なので、ギンジェーもお預け…今年もかなりいい加減に過ごしそうです。

ギンジェー7  ギンジェー8 2年前のギンジェーレポートはこちら。

今日は、それとは別に最近のタラートの楽しみをお届けします。
ハイ、ザクロジュースです。
なんかホントにすっかりピンクなこの頃の私 ―――  発情期!?
いやぁ、偶然なんですけどねー、ピンクや赤の食材は栄養があるからねー、たまたまです。

ザクロジュースにハマったのは、トルコで飲んでから

トルコザクロ トルコザクロ トルコザクロジュース

これはその時の写真ですが、なぜか絞っているところを写真に撮ったら、この後、ダメって言われちゃったんですよねー、何か企業秘密でも!?
トルコの記事にも書きましたが、ザクロは、イラン原産で、イスラム教徒にとっては、悟りを開いた人の偉大な象徴とされていて、イスラム教徒によって世界にひろめられたそうです。
イランでは、血液を浄化すると信じられているようです。
そんな聖なる果物ザクロの季節が早く来ないかと心待ちにしていたのですが、やっと季節が巡ってきました~!

P9164142.jpg

タイに出回っているのは、この写真のような色の濃いインド産ともう少し色の薄い中国産です。
先日、果物セミナーで食べ比べをしてみましたが、、、違いがよくわかりませんでした。
トルコのは、さらに真っ赤ですよねー。

ザクロって結構高いし、去年、オートーコー市場でザクロジュースを飲んだ時、すごく高かった記憶があります。
それにオートーコーまで行かなきゃいけないのも、、、やっぱりなかなか飲む機会がなしかしら、、、と思っていたら、近所のタラート(市場)で売ってるじゃあありませんか!
しかも30バーツ!(80円くらい)
トルコも4リラ(240円くらい?)でしたから、本場のトルコよりも安い! さすがタイ!!

ザクロジュース

これは、中国産の薄いザクロを使っています。
そうそう、タイではザクロのことを「タップティム」と呼んでいます。
ルビーっていう意味です。

ザクロジュース

この時は、インド産の方が味が濃くて甘いのかなー、だから中国産のザクロジュースは安いのかなーと思い、値段の安さもあり、あまり期待しないで飲んだのですが、飲んでみてビックリ、すっごくあま~い!

砂糖、入れてないよね? と、何度も念押しして確認してしまいました。
それでも疑っていた!? ーーー わけでもないけど、ジュースを作るところをチェック!

ザクロジュース

ザクロジュース

へぇ~、こんな風にして作ってたんですねー。
これなら家でも作れますね! 
でも30バーツだったら、やっぱり買って飲んだ方が早い!

この後も何度か飲んでおりますが、毎回、味がビミョーに違って、それほど甘くないこともあります。
冷え具合によっても感じ方が違うのかもしれません。
私の好みとしては、あまり甘過ぎない方がいいですね。

ザクロは、女性ホルモンと同じエストロゲンが含まれていると注目されて、妊娠・子宝に恵まれる果物とも言われてて、ジュースやサプリが流行ったことがあるそうですが、それらにはエストロゲンは確認されなかったそうです。
でもビタミンBやカリウムが豊富だし、ホントに血液を浄化してくれるような気がしてきます。

こうしてタイでも一応食べ物で季節を感じることもあるんですよねー、まあ、輸入品ですけど。
今のうちにしっかり楽しみたいと思います!



読んでくださってありがとうございます! 
どうか押し忘れずにポチポチと2つ押してくださいませ~!   にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ 人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。