fc2ブログ

ゴーヤのフルーツ和え

ニガウリは、油との相性がよいということで炒め物になることが多いですが、もっとあっさり食べる方法がないかなあとも思っていました。
でも、酢の物にするには、酸味と苦味のバランスが難しくて悩ましいところでした。
そこで、小さなお嬢さんがいらっしゃるSAKKOさんがお子さんも喜んで食べてくれそうなメニューを作ってくれました。
パイナップルの甘味とゴーヤがこれほどよく合うとは! 
一瞬、デザート感覚のお料理かと思いましたが、食べてみたら、しっかり立派なおかずになります。
日ごろ、あまり果物を食べない私でも、いくらでも食べられました。


>GOYA4


【材料】 (2人前)
ニガウリ  1/3本
パイナップル(生) 1/2個
 * 砂糖 … パイナップルのあまさにより加減 小さじ1
   (タイのパイナップルは、砂糖をまぶしているかと思うほど甘い時がありますのでご注意)

【作り方】

(1) ニガウリは縦に切って、中の綿と種をとり、3mm幅にスライスし、塩水につけて5分ほど置く。
(2) 沸騰したお湯でさっと湯がいて、冷水にとり、水気を切る。
(3) パイナップルは、一口大の大きさに2~3mm幅に切る。
(4) ニガウリとパイナップルを合わせ、好みで砂糖を入れる。


栄養満点でパクパク食べられるし、見た目もきれいなメニューなのに、パイナップルさえ手に入れば、あっという間に出来上がりで、子供も大喜び!
タイは、年中手に入るのがうれしいところですね。
日本では、缶詰のパイナップルでもほどよい甘みと酸味がありますから、うまくいくかもしれません。



にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ   にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 健康ブログへ
関連記事
スポンサーサイト



コメント

トラックバック