ほんわかやさし~色のビーツの炊き込みご飯

  • カテゴリ:ビーツ
  • コメント:4件
  • トラックバック:0件
来週は、在タイ野菜ソムリエ企画の「もっと楽しくベジフルライフ! in Thailand」セミナーがあります!

[日時] 第1回目 9月22日(水) 13:00~15:00 / 第2回目 9月23日(木) 10:00~12:00
[場所] バンコクロータスホテル  [会費] 500バーツ
[申込先・問い合わせ先] vfcbangkok@livedoor.com / 084-730-3870
お名前(漢字・フリガナ)・ご連絡先(お電話番号・メールアドレス)・出席希望日、複数でお申込みの場合は、代表者様以外の方のお名前・ご連絡先等もお願いします。

今回、フリーペーパーへの宣伝ができなかったところがあり、まだご存じない方も多いようで、お席の方にも余裕があります。
どうぞお知り合いにお声をかけてくださいませ~!

ーーー 来週は2日連続でこのセミナーがあり、翌週も私が1人で話す2時間の果物セミナーがあり、しかも月末、仕事の多忙期で、、ブログ、アップできるかしら…!?



★今回のテーマ★ ― ☆ビーツ/ビート บีทรูท ☆
   ビーツの炊き込みサラダライス


前回、ビーツのサラダご飯を紹介しましたが、想像以上の濃い色にドギマギ…。
元気になりたい、パワーをつけたい時にもってこいで、パーティーのアクセントにはなるでしょうが、日頃の食卓にのぼったら、どうも落ち着かない感じもしますねぇ。

日本人は、やっぱりやさし~いろがホッとするかも…。
そしたら「異邦人の食卓」のタヌ子さが、やさしい色のライスサラダを作ってくださいました!

 ビーツタヌ子さん炊き込みご飯  ビーツタヌ子さんサラダご飯

左の写真が作りたて、右が冷蔵庫にしばらく置いた状態なんですって。
時間がたった方が色がしっかり固定されるんですねぇ~。

 赤いライスサラダ

[材料]
ビーツ 1/2個(小)(約60g)
米 1合、 赤玉ねぎ 1/2個、 パセリ 1束、 茹で海老 15尾ぐらい
黄パプリカ 1/2個、 ケイパー 大さじ1、 茹で卵 2個
ドレッシング: 白ワインヴィネガー 大さじ1、 オリーブオイル 大さじ2、 塩・胡椒 適宜

[作り方]
(1) ビーツは皮を剥いて、細かいキューブ型に切ります。
(2) 米を研いでビーツを加え、水を通常より多めに入れて炊きます。
(3) 赤玉ねぎはみじん切り、パセリは粗みじん、黄パプリカは小さめのキューブ、茹でエビは6尾残して、残りは食べやすい大きさに切ります。
(4) 炊きあがったご飯にケイパーとドレッシングを加えて混ぜます。
(5) 茹でエビ6尾と1/4に切った茹で卵を飾ります。


これもってピクニックに行きたい気分~!

実は、私も炊き込みご飯をやってみたんですが、他にもごちゃごちゃ具を入れちゃって、なんだか食欲がわかなかったので却下しちゃったんですよね~。
タヌ子さんは、さすが美しく作られますねぇ~。

あと、このご飯のお共に!? 漬物も作ってらっしゃいます。

ビーツタヌ子さん漬物  ビーツとダイコンの漬物

[材料]
ビーツとダイコン 合わせて400g 
塩 大さじ1、 水 1カップ、 酢 大さじ2、 
みりん 大さじ2、 砂糖 小さじ2、 赤とうがらし 1本(種をのぞいて輪切り)

[作り方]
(1) ビーツとダイコンの皮をむいて、薄い輪切りにします。
(2) 容器に並べて、塩水を加え、軽い重石をして一日おきます。
(3) 酢、みりん、砂糖を混ぜます。
(4) ビーツとダイコンの水気を切って、トウガラシを散らして(3)を入れて、再度軽い重石をして漬け込みます。翌日から美味しく食べられます。


ダイコンがすっかりピンクに染まってますねぇ~!
ビーツは、私の田舎でもカブを漬ける時の着色料として使うらしいですが(ビーツは食べないらしい)、ホントにこれほどしっかり色がつくんですね。

タヌ子さん、ありがとうございました!
きっと今頃、日本かしら、、、しっかり日本の秋(残暑?)を楽しんでくださいませね!!

読んでくださってありがとうございます! 
どうか押し忘れずにポチポチと2つ押してくださいませ~!   にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ  人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。