FC2ブログ

ベビーコーンを和食でいただき! 第2弾

アップロードファイル  またまた和風のベビーコーン料理です。

ベビーコーンおひたし  by sakko

ヘルシーでおいしそう! そう思ったらどちらかクリックお願いします! → にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 

アップロードファイル  これまたシンプルでいい!
おひたしのよさは、素材の味をよ~く味わえることだな、逆に素材の味が消えてしまうようなおひたしは、うまいとはいえん。
しかし、この素材の味ってとこで、野菜嫌いな人には、つらいかもしれんがな、、、じっくり食べればおいしいものなんだが。。。

アップロードファイル  私、おひたしって葉っぱ系のものしかできないかと思ってました。
アップロードファイル  青菜は、ダシの味がよくしみるから、おひたしにはもってこいだが、かたい野菜でも茹でてうまく味をしみらすとうまいってことだ、しかし、ベビーコーンのおひたしとは、私も考えなかったなー。
アップロードファイル  たしかに、ベビーコーンは、細かい粒々の間に隙間がありますから、そこに汁が入り込んでうまい具合になるんですね。
では、作り方にまいりましょー、これもシンプルですよー。

ベビーコーンおひたし2 by sakko

【材料】 2人前
ベビーコーン 4本、 アスパラガス 6本(できればベビーアスパラガス)
ダシ汁 180~200ml、 みりん 大さじ1~1.5、 しょう油 小さじ1、 塩 小さじ1/4 

【作り方】
(1) なべに調味料を入れ、ひと煮立ちさせて冷ましておきます。
(2) 別の鍋でベビーコーンとアスパラガスをさっと湯がきます。
(3) ザルにあげて水気を切り、冷ましておいた鍋の中に温かいうちに入れ、冷めたらできあがりです。


アップロードファイル  ベビーコーンとべビーアスパラ、ベビー&ベビーコンビって面白いな!
アップロードファイル  タイでは、なぜかベビーコーンとベビーアスパラガスがセットで売られているんですよね、まさかこういう料理に変身するとは、誰も思わなかったでしょうけど。
ベビーアスパラガスは、タイでよく作られる細い小さなまるごと使えるアスパラガスです、タイ産が日本にも輸出されていますので手に入る機会がありましたらお試しください。

アップロードファイル  しかし、アスパラはわかるが、ベビーコーンもさっとゆがく程度でいいのかい? 
アップロードファイル  ベビーコーンの理想のゆで時間というのを試してみたのですが、人によって好みがあるのでなんともいえないですねー。
私は、ちょうど2分茹でたのが生っぽくなくていいと思うのですが、生っぽい人が好きだという人もいますし。
アップロードファイル  そうだなー、この時に食べたのは、さっと湯がいたものだったのだな、茹で加減なんぞ気にしないで食べたが、うまかったぞ。
アップロードファイル  ダシ汁の中につけこんでおいてたので、生っぽさはなくなったのかもしれないですね。
茹で時間は、お好みでってことでしょうか。
ベビーコーンは、水から茹でて、沸騰したらアスパラを入れて、一緒に取り出す、というのでもいいように思います。
アップロードファイル  その方が簡単だけど、沸騰したの忘れてたら大変だぞ。
アップロードファイル  アハハ、私、よくやっちゃってますよー、お料理にタイマーは必需品だけど、沸騰したかどうか、タイマーでは教えてくれませんからね~、他のに夢中になっているうちにボコボコ・・・とか。
アップロードファイル  オクラの時もそんなこと言ってたな? 
アップロードファイル  いえ、あれは、タイマーを使わなくっちゃいけない場面なんです、オクラは、2分、もう覚えました。
アップロードファイル  料理タイマーか、やっぱりなくちゃダメかな。
アップロードファイル  あった方がいいでしょうねー、私は、デジタル表示で秒数まで計れるのを持っていますよ、欲しいタイプのがバンコクで探してもなくて、日本で買ってきたのですが。
2~3個あってもいいので、もっと買おうと思っていたら、先日、バンコクのデパートでみつけて思わず手にしたんですが、1,000バーツ以上したので思わず高くてやめちゃいました。
60バーツショップ、あっ、日本の100円ショップのことですけどね、秒数までなくていいなら、売っているんじゃないかなあと思うので、今度、のぞいてみようと思ってます。
アップロードファイル  1,000バーツか、、、輸入品だからだろうな、、、しかし、それだと時計より高くなっちまうなー。
アップロードファイル  海外暮らしはこういう何気ないところでも苦労してるんですよ・・・。

 (↓) クリックありがとうございます! こちらのランキングもよろしくです。 

にほんブログ村 料理ブログへ ブログランキング FC2ranking
関連記事
スポンサーサイト



コメント

トラックバック