ガセサート大学フェア(農業祭)に行って来ました!

先週、タイで3番目に有名な大学(…とタイ人が説明するんですもの)ガセサート大学恒例のフェアに出かけて来ました。
ガセサート大学は、農業大学という意味になるのかな? その名のとおりフェアは農業祭という感じ。
野菜や果物、草木の苗木やタネ、栽培グッズ、農業機械、ワークショップ、フードコート、巨大な大学の敷地いっぱいにズラーッとお店が並んで圧巻でした。

ガセサート祭01   ガセサート祭10

このフェアがあるということで周囲には渋滞注意報も出るほど。
今年は、洪水の影響で開催が遅れましたが、その分、盛大になったとのこと。
私は、毎年、噂には聞いていたけれど、遠いし人ごみはキライなのでどうしても足が向かなかったのですが、うちのマネージャーに勧められて一緒に行って来たのでした。

ガセサート祭04   ガセサート祭03

つい数日前、またもやついつい皮に触ってかぶれてしまったマンゴー。
しばらく避けて過ごせばいいのに、珍しい品種がズラリと並んで、やっぱり惹かれてしまいます。
実をみてる分にはいいんですが、苗木が販売されていて、気がつくとたくさん苗木を持ち運んでいる方たちがおり、、、狭い通路、葉に触ってしまいそうでヒヤヒヤでした。

ガセサート祭05   ガセサート祭06

おおっ! な、なんだこのバナナは~!?
「クルアイ・ガーチャーン」という品種で象牙バナナという意味になります。
食べられるのかいな~??? 
おじさんに聞いたらちゃんと食べられる、おいしいと自信たっぷり。
でもどうやら調理用、果物として食べるのではなく野菜として食べるバナナのようです。

さすがタイ、バナナはまだまだ続きます。

ガセサート祭15   ガセサート祭16

そしてこれは珍しいバナナの花。

ガセサート祭18

ただしこのバナナは食べられません。
ふつう、バナナの花は上から下がるようになるのですが、こういう鑑賞用のバナナは上に向かって咲きます。

ガセサート祭20   ガセサート祭14

左は、紫のトウガラシ。思わずお土産に購入しちゃいました。
右は、タイでも人気が出てきたブドウ。

ガセサート祭21   ガセサート祭11

左は、台湾生まれのパイナップル。もっと小さな苗は売ってますが、この鉢は見本で非売品。
右は、以前にも紹介したファクカーオの熟した実、日本ではモクベツシとかナンバンキカラスウリ、英語でGacと呼ばれているミラクルフルーツです。
やはりこの実は販売しておらず、ジュースと苗、種が売られていました。
思わず種、買っちゃったんですけどねぇ、、、植える時が来るのかしら? どこに植えるつもりなんだか…。

お腹がすいたので食べ物販売コーナーに移動します。
途中、延々と農機具売り場がありましたが、熱心なお客さんがたくさん集まっていました。

フードエリアは、学生が作った製品や外部の業者のものが入り混じり大変なにぎわい。

ガセサート祭26   ガセサート祭31

ガセサート祭39   ガセサート祭40

ガセサート祭41   ガセサート祭46

なんだかすっかりタイに定着してしまったお寿司…。
炎天下なので刺身はないと思うんですけど、、、1個5バーツ。

ガセサート祭35

こちらはタイの伝統菓子、緑豆あんが入ってます。

ガセサート祭47

思わず買ってしまったのはコレ。

ガセサート祭30

お肉に見えるかしら??? エリンギなんですけどね、かっら~いタレをたっぷりかけていただきました。
う~ん、甘辛しょう油ダレとか味噌ダレで食べてみたい。

いろいろあるのにランチは、いつもの好物、「スキー」を頼んでしましました。

ガセサート祭38

タイスキのタレで手軽に食べられるようになってる春雨料理って風情。
最近、シーフードスープ頼むとよく竹輪が入ってるんですけど。。。

野菜たっぷり食べたいという友達は、カノムチーン。
カノムチーンっていうのは、米麺にいろんな汁をかけるのですが、よくあるのは、ココナツソース入りカレー風味ですかねぇ、写真忘れました。
カノムチーンがうれしいのは、野菜を自分で好きなだけいれられることで、女性に人気の料理です。

ガセサート祭37

カノムチーンは頼んでないけど、私もお野菜拝借しました
モヤシもゴーヤも生なんですよねぇ~。

ガセサート祭30

お腹いっぱいになったところで、もう少しぶらぶら。

ガセサート祭45

なんだかすっかりお祭りムード、風船割るとぬいぐるみがもらえるというコーナー、ついついフラフラ吸い寄せられそうになるところをぐっと抑えて。。。

ガセサート祭43   ガセサート祭44

ナント、遊園地まで特設されていました。
家族連れでたくさんの人が訪れる毎年恒例の大イベント、みなさん、来年、一緒に行きませんか~!?


ご訪問ありがとうございました。励みになりますので、応援のクリック2つ お願いします。

にほんブログ村 料理ブログ 野菜料理へ       人気ブログランキング(イチゴ)


弊著「南国(タイ)の野菜たち」には、タイの野菜情報やレシピがたくさん載っています!
日本国内の方は、アマゾンでどうぞ!(書店では販売しておりません。)
タイ国内の定価は、600バーツ、日系の本屋さんでお求めいただけます(よく売り切れになってますが、頼めば入荷します)。
タイ在住の方、タイ好きの方、野菜好きの方はぜひお求めになってみてください!!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。