@日本亭 お誕生日ありがとう 第3弾

すみませーん、お誕生日関連記事は、これで最後にしますんで、、、。
次回からは、ちゃんとお料理記事、アップしていきますねー。
あっ、でも旅行記事のアップもしたいのよねー、んー、悩ましい。。。

今年の誕生日、忙しくしながら迎えたので、どう過ごそうかってあんまり考えてなくて、でもおにいさんが、「どうする? どうする?」ってうるさい、、、。
「今年はやっぱり世話になった日本亭さんでゆっくり飲みたい」ってリクエストをすると、「誰と?」ってまた聞き返され、そのうち忙しいんで、「なんでおにいさん誕生日も私がアレンジして、自分の誕生日までアレンジするのよー!」と、「誕生日は感謝の日」って言ってたのはなんなんだー!? って状態でキレました。

慌てたおにいさん、日本亭の予約と自分が驕ることを決意して、自分たちをいれて5人までってことでお友達を直前にご招待(結局、集まったのは4人)。
ホント、直前なのにご参加いただいてありがたかったです。
日本亭での注文もおにいさんが主導権を握ってくれました。

まずは前菜的に

20110727日本亭01   20110727日本亭02

ソラマメは、タイでは高級食材です。
そして茗荷も。
茗荷は、なかなか手に入らないですねー。

お料理番組でプロの料理人が茗荷使って冷奴とか作って、「おいしー!」って絶賛されてるの見ると「あたりまえじゃん、、、」といじけたくなるほど、茗荷が恋しいです。
子供の時は、そんなに食べなかったのにねー。

20110727日本亭04

ジュンサイの吸い酢

「吸い酢」っていう料理があるんですねー、薄味な酢のものです。
ジュンサイは秋田名物なので、私は、珍しくないんです。
家には一升瓶でジュンサイが売っているんですよー、たまに持ち帰るんですが、「おねえさん料理とは明らかに違う」とはっきりと言われてしまいました。
そりゃそうだ。。。
しかもこんな風にオシャレに出て来ちゃって!
こういうところ、見習いたいですねー、ワイングラスは家にあるんだし。

20110727日本亭05

これも盛り上がりましたねー、さざえ。
すっごい大きなさざえ、私は、見たことないです。
中は、山菜と一緒に料理されたさざえが入っていて、薄味なのにじんわ~って、歯ごたえがあるからしっかり味わえておいしかったー!!

20110727日本亭06   20110727日本亭09

日本亭で出すアスパラガスは、立派です。
日本酒、4合瓶を2本持ち込みしたのですが、写真、撮ろう、撮ろうと思ってるうちにラベルがはがれたり、瓶が下げられたりして、これだけ撮りました。
三重県の「作」、今年は、頻繁に帰国するおかげで「作」三昧してます。

20110727日本亭08   20110727日本亭07

メインは、、、と、ステーキやら考えてたみたいだけど、四足はやめよーってことで、やっぱりこの時期鰻だねーと。
軟骨「やげん」は、私の大好物。

メインっていうなら、これがメインですかね。

20110727日本亭10

何貫食べるかって悩ましかったですねー。
おにいさんが、全員に中トロとウニを注文、あとは2つ、各自好きなのをってことで、1人4貫いただきました。
私の注文は、イクラとおまかせ。
おまかせで来たのは、あわびでした~!

他の人のもみんな並べ方からすごく工夫してて美しくってさすがだったと、、、しかし! トイレに立ってる間に出てきて、みんなすっかり食べてたので、写真が撮れませんでした。。。残念。

20110727日本亭11   20110727日本亭12

もういい加減お腹いっぱいなんですが、お酒が一升瓶でどーんとあり、まだまだ宴を続けるよーってことで、ちびちび食べられるものを注文。
この辺は、シェアしてたんですが、私は、ほとんど手がつけられませんでした。

20110727日本亭13

でも、これは食べる。
リンゴじゃないですよー、桃です、桃!
これまたタイでは、のどから手が出るほど!? あこれがれの桃です!!

ホントに私は、幸せ者です、ありがと~!
この日、4人で4合瓶2本、1升瓶1本空けて、かな~り気分よくおうちに帰りました。

昨日、おにいさんの髪が短くなっていたので(おにいさんは、長髪で後ろに束ねてるのです)、「あれ? 切ったんだ?」って聞いたら、「誕生日の日に酔っ払って帰って、切ってくれただろー!」って、、、覚えてません。
しかも、帰ってからも飲んでたらしい。
朝、起きたら日本酒を飲んだらしい形跡が・・・。

今年も飲み過ぎに注意して、健幸生活を送っていきたいと思います。


ご訪問ありがとうございました。励みになりますので、応援のクリック2つ お願いします。

にほんブログ村 料理ブログ 野菜料理へ       人気ブログランキング(イチゴ)

スポンサーサイト

お誕生日ありがとう 第2弾! @Limonchello

まだ誕生日ネタを続けるのかね? って感じなんですけど、前回の記事とは別にお誕生会が2回ありましたのでアップしておきます!

今日紹介するのは、私のお誕生会ではなくって、お友達のお誕生会。
彼女のお誕生日は、私の前日なんです。
タイに来てからしし座の知り合い遭遇率、妙に高い! 異常なくらい。
日本では、そんなに会うことなかったのに、ビックリしちゃいます。
しし座はなぜだかタイにひきつけられちゃうんですかねー
7月26日は、新首相のお父さんでもある元首相のお誕生日で、28日は、タイのプリンスのお誕生日でもあります。
この事実は、そんなにうれしくもないんですが、、、。
しし座でいうと、アピシット前首相が8月3日、これはなんだかうれし~

彼女は、半年後くらいには帰国予定なので、お誕生日をお祝いできるのも今年が最後かも、、、と、突然に思い立って、彼女の会社の人が企画していたお誕生会に殴り込みしちゃったのでした。
サプライズにしようってことで、会社の子に秘密にしといてもらったのだけど、私が遅刻しちゃって、おにいさんだけ先にその店に行ったら、ホンキで驚いてかたまっちゃってたみたいです。。。
おにいさんにサプライズだって教えるの忘れてたので、おにいさんもビックリ

行ったのは、タイでは有名なザノッティ系列の「Pizzeria Limonchello」です。

この店、ザノッティ系列なのでおいしいのは間違いないのですが、いつもすっごく混んでいるので、予約する根性もなく、しかも家から遠いので何年か前に1度来たきりでした。
やっぱり家から近いザノッティに行っちゃいますものね。
久々に行ったら、相変わらず混み混みの大人気、お値段がすっかり高くなっているのにこの人気ぶりってすごいですねー。

20110726レモンチェロ02

ピザ・ザノッティ

20110726レモンチェロ03   20110726レモンチェロ06

携帯で縦型に撮った写真を横にカットしたので、全てどアップになってます。
左がルッコラピザ、右はサラミとお肉なんですけど、ホントに肉肉しいピザでした。

20110726レモンチェロ05

パスタ・アラビアータ
アラビアータって辛いパスタだけど、ここまでしっかり辛いパスタってなかなかない、うれし~辛さでした。
他にイカスミパスタを頼んだのだけど、汚さないようにとか、食べる前から準備にソワソワ!? 写真がないです。

20110726レモンチェロ09   20110726レモンチェロ10

ザノッティは、リゾットもおいしいんですよね。
キノコの方が断然売れ行きよかった。。。野菜嫌いがいたし(^_^;)

ここまで見ると、炭水化物まるけですね
でも8人いたので、ちょっとずつおいしいとこだけ食べられた感じ、大人数で行くのっていいですねー。

20110726レモンチェロ04   20110726レモンチェロ08

厚揚げみたいなのは、モッツァレラ。
左がイカフライ。
この他にもサラダを頼んでおりましたが、写真がイマイチなのでパス。
ルッコラサラダの量が少ないのがちょっと悲しかった、、、この頃、ルッコラ、スーパーでも値上がっちゃって残念なんですよねー。

20110726レモンチェロ11

最後は、ティラミスのお誕生ケーキ。
自分のお誕生日もうれしいけど、人のお誕生日をお祝いするのもホントにうれし~!
飛び入りでびっくりさせちゃいましたけど、祝わせてもらってありがたかったです。


Pizzeria Limoncello
No. 17 Soi Sukhumvit 11, Sukhumvit Rd,
Klongtoey-Nua, Wattana, Bangkok 10110
Tel +66 2 651 0707, Fax +66 2 651 0708

予約必須のお店です!


ご訪問ありがとうございました。励みになりますので、応援のクリック2つ お願いします。

にほんブログ村 料理ブログ 野菜料理へ       人気ブログランキング(イチゴ)


弊著「南国(タイ)の野菜たち」には、タイの野菜情報やレシピがたくさん載っています!
日本国内の方は、アマゾンでどうぞ!(書店では販売しておりません。)
タイ国内の定価は、600バーツ、日系の本屋さんでお求めいただけます(よく売り切れになってますが、頼めば入荷します)。
タイ在住の方、タイ好きの方、野菜好きの方はぜひお求めになってみてください!!

お誕生日ありがと~!

あけましておめ・・・ ではなかった、お誕生日  おめでとうございます! 
・・・って、自分に向かって言うもんですかね~?

いいでしょー、44年前の7月27日に生まれたんですよ、めでたい、めでたい。
毎年、新しい年は、これまでよりいい年にしようと思っているので、44歳も楽しみ!
私の場合、おにいさんが11歳も年上なので、自分が何歳になっても若い気分でいらるのがありがたいですね。
今年は、おにいさんもゾロ目で不思議な年なのです。
いや、11歳違いだから当たり前なんだけど…

20110727.jpgまずは両親に、、、「生んでくれてありがと~!」 
おにいさん、秋田の家族、三重のお義母さん、親戚みんなありがと~!
いつも一緒に飲んだり食べたりしてくれる仲間たちにありがと~!!
野菜ソムリエ仲間たち、健幸料理仲間たち、昔の友達、これから友達になる人、ネットでいつも応援してくださってるみなさん、とにかくみなさん、ありがとうございます!

いやぁ~、やっぱり元気にお誕生日を迎えられるってうれしいこと、ありがたいことですねー。
オフィスにお花も届きました!
あとフェイスブックがお誕生日をお知らせしてくれるというありがたい機能があって、たくさんメッセージをいただきました~

お誕生日にふさわしい記事ってのが浮かばないので、いつもお誕生会をしあっているお友達との宴会写真を。
この日は、選挙の前日でタイは全国で酒類販売が禁止になっているということもあり、ホームパーティーを企画したのでした。
お友達のおうちは、ひろびろとしたタウンハウス、キッチンが広いのもうらやまし~んですよねー。

20110702パーティーBLOG01     20110702パーティーBLOG02

写真が携帯で撮ったせいもあり、ちょっと見づらい、おまけに縦型がほとんどになっちゃってます。

お世話になったヤマモリさんの炊き込みご飯の素を使って玄米を炊きました。
さすがヤマモリさん、みんなおいし~って言ってくれました。
私は、炊飯器にセットして炊いただけ~
あとは、おからっぽいのは、ヒヨコマメのおからでサラダ風と煮込み風に友達が料理してくれました。
タケノコの煮物、オクラの酢漬けなどヘルシーなメニューが並びました。
みんな気になるお年頃なのよ~。

20110702パーティーBLOG03

これがスミタカルチャーセンターの健幸料理教室でも作ったヒヨコマメの豆腐です。
ホントに簡単にできるのがいいんですけど、他の料理を作ってたら、トッピングまで手がまわらず、、、。

20110702パーティーBLOG05     20110702パーティーBLOG06

お友達が作って来たおにぎり。
白いご飯のおにぎりもやっぱりうれし~

20110702パーティーBLOG07

えーっと、これは、なんて名前だろ~?
ヒヨコマメのおから入りミートボール、トマト煮込みグラタン!?
子供もいるのでひき肉をちょっとだけ加えたんですが、おかげで大好評でした。
あっ、トマト煮込みといっても、パスターソースを使った手抜きです。

20110702パーティーBLOG09     20110702パーティーBLOG11

タイのホームパーティーは、こうしてフルーツがたくさん出てくるのがうれし~です。
お腹いっぱい…といいながらまさに別腹。
他にもベトナム料理も集まってたのに、宴が盛り上がっちゃって撮ってませんね。

それではこれからお誕生会本番、飲みに行って参りまーす! 
・・・って、今日は盛大にではなく、おにいさんとこっそりと!? 


ご訪問ありがとうございました。励みになりますので、応援のクリック2つ お願いします。

にほんブログ村 料理ブログ 野菜料理へ       人気ブログランキング(イチゴ)


弊著「南国(タイ)の野菜たち」には、タイの野菜情報やレシピがたくさん載っています!
日本国内の方は、アマゾンでどうぞ!(書店では販売しておりません。)
タイ国内の定価は、600バーツ、日系の本屋さんでお求めいただけます(よく売り切れになってますが、頼めば入荷します)。
タイ在住の方、タイ好きの方、野菜好きの方はぜひお求めになってみてください!!

食に欲がないとかいいながら、しっかり日本のランチ

  • カテゴリ:日本
  • コメント:5件
  • トラックバック:0件
三重の家は、お片付け中なので、2~3泊の滞在では、何か買ってきて食べるという気にもなれず、、、全て外食や中食になってしまいます。
毎回、何を食べようかって考えるのがものすご~くメンドーなんですけど、、、
えっ!? それって年のせい!? 
たしかに明日には一つ年をとるんですけど、、、年だけのせいじゃなくって、最近は、自分でサクサク作った方が好みのものが作れるし、家で何を作るか考えるのは楽し~んですよ。

不況やら震災の影響やらで家で食べる人が増えてるらしいし、お弁当派も増えているみたいですが、仕方なく…というより、自分で作ったり食べたりすることの楽しさ知った人が増えているのかも…と思ったりします。
ニッポンケイザイ的に見ると短期的にはモンダイでしょうが、家庭円満って社会を潤すし、それが健康的な食事であれば、健康寿命が延びるでしょうから、長期的にはいいんじゃないですかねー?

それにせっかくの食事は、やっぱりはずしてガッカリしたくないので、だんだんお気に入りのお店や近くでまあまあ・・ってお店ですませて冒険しなくなっちゃいますねー。
今回は、かなり無難にまとめてしまった気がしますが、それで満足なんだからいいのかしら。

深夜便で朝到着し、家に着いたのが11時近く、荷物置いて、さて昼どうしよ~?
猫の餌とか、買わなきゃいけないものもあるので、まずはスーパーに行こうかとでかけたら、いつもデリバリー専門かと思っていた店が中でも食べられることを知って入ってみました。
クッキング&寿司 お~だい」で、昔は、義母がここからよく出前をとってくれてました。

20110715おーだい寿司ランチ1   20110715おーだい寿司ランチ2

私は、なぜだか握り寿司のセットはあまり食べない人で、左がおにいさん、右が私、この店で一番高い海鮮丼。
勝手に1人でリッチな気分。

20110715おーだい寿司ランチ3

「寿司を食べたいと思わない」とかいいながら、イクラ丼は好きなんですよね、そういえば駅弁もこの手のものが多いです、、、味覚がお子様なのかしらん。
こちらのお店、ワンコインランチもあって、ご飯とうどんのセットとか、丼ものが充実していたり、実は私の好みかも。
お寿司は、売り物だけあっておいしいですよ。
昔、タイにもお店を出していて、おにいさんがよく通っていたそうで、そこの板さんの名前を出したら、お店の方の親戚だそうで、話が盛り上がっていました。

翌日のランチ。

20110717若鯱ランチB3

前の日の寿司もそうですが、人にはそれぞれ好みと言うのがありまして、、、同じ店に入っても全然違うものを頼んだりするわけです。
相手とは違うものを頼むのに、自分はいつも同じようなものを頼んじゃうんですよねー。
おにいさんは、そばと天ぷらの登場回数がとっても多く、この日もやっぱり、、って感じ。
私は、そばよりうどん、天ぷらはほとんど食べない、食べたいって思わない人です。
うどんもたぬきやきつねではなく、鍋焼き、南蛮、そしてこれ。

20110717若鯱ランチB1

ガッツリカレーうどん。
若鯱屋というチェーン店のアピタ四日市店です。
日本にいる間にカレーも食べたい、うどんも食べたい、、、ってことで、カレーうどんです。
この店のは、安心して食べられるおいしさです。
でも、あんが濃いどろどろ系、私は、もっとスープスープしてるのが好きかも。

カレーうどんは、義母がカレー屋やってた時に食べたのが最高で、今でも恋しくなります。
そのカレー屋で出していた、何時間も煮込んだ手のかかったカレーより、10分くらいでできるカレーうどんばかり食べてました。
カレーうどんは、一緒に料理して作り方を教えてもらったのですが、実は、簡単でオドロキ。
簡単なんて言っておきながら、自分ではあんまり作ってませんけど。

20110717若鯱ランチB2

そして、私が食べる時は、麺モノはうどんでもそばでもラーメンでもこんな状態になります。
トウガラシてんこ盛りですが、日本の七味は、どんだけ入れても辛くないので、モッタイナイというか、店の人に申し訳なくなるので、これくらいでやめておきます。
決して味オンチではない、、と思います、唐辛子で他の味もぐぐっと深みが出てくるんですよー。

20110717阿倉川ミント12   20110717阿倉川ミント11

義母の今の住まいに行った帰りにおにいさんがみつけて大喜びで、写真撮って! だそうで、何、この草ボーボーの雑草は…!?

20110717阿倉川ミント03

ミントのだったんですねー、花だけ見たらまーったく気がつかなかったかも。
ちょ、ちょっとたくましすぎません!?
タイでもこんなたくましいミント、見かけることないんですけど…っていうか、こんな雑草状態のを見たことがないです。

3泊だったので、4回、ランチのチャンスがあったのですが、うち1回は、義母の友人がおにいさんが帰って来たというので挨拶に…と(強引に)いらして(強引に)置いて行かれた野菜炒めと白いご飯で終わってしまいました。
何を食べるか考えるのがメンドーといいながら、人に押し付けられたご飯には、なんか不満を持ってしまうというワガママぶり、、、すみません。

あれ、ランチ記事、すぐ終わるかと思ったのに余計な事もつぶやいてしまったので長くなってしまいました。
最後の日のランチは、また明日にしておきます。
(なんかどうも写真の色具合がよくなくって不満、、、デジイチが壊れて修理に出していないんです、、、)

ご訪問ありがとうございました。励みになりますので、応援のクリック2つ お願いします。

にほんブログ村 料理ブログ 野菜料理へ       人気ブログランキング(イチゴ)

夏にさわやか、レモン寒天!

★今回のテーマ★ ― ☆寒天・Agar☆

  すっきりさわやか♪ レモン寒天 2品


ただいま、寒天、アガアガのお料理をテーマにレシピなどを募集しております。

そして次回は、、、と、考えていたのですが、8月は、また忙しくなりそうなので、やっぱりやめておきます。
次回のテーマにと思っていたのが、レモン&ライムなど、いわゆる香酸柑橘類を使ったお料理だったのですが、きっとモタモタしているうちに秋になってしまいそうな予感が…。
今年のように節電を迫られてたくましく暑さを乗り越えなきゃいけない夏には、レモン&ライムのお料理を紹介するのがいいかと思っていたのに、ホント、すみません。
タイ人が暑さを元気に乗り越えている一つの要因として、マナオ(タイライム)があると思うんですよねー、ホントに上手に使ってますから。

レモン&ライム料理が紹介できない要領の悪さを反省してみたりしてますが、そんなところにちゃんとレシピがふってくるんですよ~!
寒天料理を募集していたんですが、レモンを使った寒天料理が2品 

まずは、いつもレシピ提供いただくタヌ子さんのレモンデトックス寒天。
タヌ子さんってば、ちょうどレモンスパゲティーやら「レモンティラミス」やら紹介してくださっております。
レモンシリーズ始めたら、絶対に頂きレシピでしたが、あらためて紹介できませんので、どうぞタヌ子さんのブログをみてください!
レモンティラミスは、ビスケット以外の材料がそろったのでもうすぐチャレンジ予定です!

タヌ子さんデトックス寒天 by タヌ子さん

見るからに涼しげでヘルシー! 
(すみません、写真いじってみたら、なんだかまぶしい状態になっちゃいました
デトックスジュースを作っていて思いついたレシピだそうです。

 レモンデトックス寒天

<材料>
粉寒天 8g
レモン汁 大さじ4、 メープルシロップ 大さじ4
レモンの皮のすりおろし 1個分、 カイエンペッパー 軽く一振り
水 500ml

<作り方>
(1) 寒天を水250mlに1時間ぐらい浸して柔らかくなったら煮溶かしておきます。
(2) 残りの水250mlを沸かし、レモン汁、メープルシロップ、レモンの皮、カイエンペッパーを加えて混ぜます。
(3) (2)に(1)を加え、良く混ぜたら型に流して固めます。


これはやっぱり冷蔵庫でキンキンに冷やして暑い時に食べるのがよさそ~!
ハチミツレモンのコンニャクゼリー気分で食べられるかな、あれは取り出すのがメンドーだけど、これは手でつまんで食べられるからいいですね。
暑くてもあったく食欲が衰えない私には、ピッタリな気がします。
実は、レモンだけでなく、トウガラシにもビタミンCがいっぱい、カイエンヌペッパーも仲間ですから、ビタミンCの消耗が激しい夏には、ホントにありがたいレシピかも!


もう1品、日本からcinnamonさんがレシピを送ってくださいました。
cinnamonさんは、タイにいた時の野菜ソムリエコミュニティBangkokの勉強会で、レモン&ライムをテーマに発表をしてくださったんです。
その時に、タイライムは、積極的に使いたいけど、半分に切った後に絞ると種がね~、なんて話になりました。
(タイライムは、日本でみかけるライムと違って種がたくさんあるタイプなのです。)
私は、ライム搾り器を使っているのですが、半分しか使わない時は、洗うのがメンドーでう~む…と思ったり、手で絞って、もう種はいいや! なんて思ったり。
cinnamonさんは、指で種を抑えながら搾って、手の内側についた汁を手の甲に塗ったりするそうです。
あら、それって肌によさそ~! と、みんなで感心しちゃいました。

そんなcinnamonさんのレモン寒天は、こんな感じ。

cinnamonさんレモン寒天
by cinnamonさん

これまた涼しげ、同じレモン寒天なのに、タヌ子さんとは印象が違いますね、さて、レシピは!?

 レモン寒天

<材料>
粉寒天 4g
水 500cc、  レモン汁 大さじ2強 
はちみつ お好みで

<作り方>
(1) 水を入れた鍋に粉寒天を入れて、良くかき混ぜてから中火にかけて煮溶かし、さらに2分沸騰させます。
(2) 火を止めて容器に流しいれます。粗熱がとれたら レモン汁を入れて混ぜ、冷蔵庫で冷やし固めます。
(3) 食べやすく切り分けて、はちみつをかけていただきます。


ナルホド、レモン汁でシンプルな寒天を作って、ハチミツをかけていただくわけですね。
これならハチミツをお好みで使って甘さの加減ができますね。
黒砂糖とか黒蜜でもいけるかも?
ジュレのようにサラダにいれてもよさそうな気がします。

夏にお似合いのレモンで、輸入物は1年中出ていますが、実は、国産は冬が旬なんですよ。
ん? だったらレモンをテーマに冬にしてもいいのかしら、、、ホットレモンなんてのもありますしね。
んん??? …考えておきます。



ご訪問ありがとうございました。励みになりますので、応援のクリック2つ お願いします。

にほんブログ村 料理ブログ 野菜料理へ       人気ブログランキング(イチゴ)

ホッとする店、民芸日本料理「まっさん」

  • カテゴリ:日本
  • コメント:6件
  • トラックバック:0件
またまた四日市で食べた料理の紹介です。
なんかこんなおいしいものばっかり食べてていいのか? って気になってしまいますが、、、
まあ短期間の滞在で節電しながら日本経済を潤そうと思ったら、外食で贅沢するのがイチバン! と、自己弁護しております。
しかし、脂肪分もかなり潤ってます、、、戻ってからも食欲とまらず、体重がドーン…

3泊した三重での滞在、3日目の夜は、おにさんが学生時代から通っていたという民芸日本料理の店「まっさん」です。
えぇ、学生時代にこんな贅沢な店に来てたの???
おにいさんの学生時代って30年以上前なんですけど…。
なんか驕ってもらう時に来てたとは本人の弁。
ちなみにこの店は、創業50周年だそうです。
義母が倒れて病院に通ってた寒い季節に熱燗であったまりに来て以来、私は2度目です。
これまた予約なしにふらっと行ったのですが、かろうじてカウンターが空いてたって感じで、とってもお忙しそうでした。

20110717まっさんB01

カウンターには、ズラーッとお惣菜。

20110717まっさんB03   20110717まっさんB04

小松菜とふろふき大根、薄味で
この頃、三重県人は味が濃いのが好きなのか??? という疑いが持ち上がっておりましたが、これを食べてホッ。

20110717まっさんB05

人気メニュー、ねぎ塩やっこ
そうだ! 今回、しらすやじゃこを食べようと思ってたのに、食べてなかった―!! ってことを思い出し、ここでしっかり食べられて大満足!!
よく考えたら、「しらすをたっぷり食べられる店」なんて探すのはムズカシイですよね、、、

20110717まっさんB06

前日も焼き鳥をたべたくせに、やっぱり食べたいやげん。
私異様な軟骨好きなんです、子供の頃、魚がキライでカルシウムをとらなかったせい!?

20110717まっさんB07

「三陸わかめ酢」にとびついたのですが、残念ながら今は三陸ものは手に入らないそうで。。。
でも酢の加減も絶妙でわかめも歯ごたえがあっておいしかったです。

20110717まっさんB08

メニュー見て、ずーっと気になっていたオムレツ。
そんなに気になるなら食べれば? とおにいさんに言われたのだけど、なんかこういうお店のオムレツってもっと和風のやぼったいものかと失礼ながらに想像してて躊躇してました。
いや、期待をしっかり裏切ってくれてフワフワでバターもしっかりきいてて、このソースがまたしっかり煮込んだお味でおいしかったです。

20110717まっさんB09

これまた気になってた「まっさんサラダ」
鶏の燻製とカマンベールチーズ入りって、これまた日本酒で飲むのが不思議な感じでしたけど、冷やでいただいていた千福純米ともしっかりあってました。(お酒の写真、忘れた~)

さて、そろそろお腹いっぱい。
この日は、夜中になでしこジャパンの試合がある日で、翌日はそのままタイに帰国予定だったので、あまり飲み過ぎてはいけないし、ダラダラしてちゃいけないねーと。
本来、コース料理でもなきゃ、炭水化物での〆は極力避けている私ですが、カウンターに座ってメニュー開いた時からご飯料理が気になって、気になって、、、

ズラーッとラインナップされたおにぎりメニューとせいろ蒸しご飯、お茶漬けも食べたいような、、、ともはや食べるかどうかの選択ではなく、すっかり何を食べようかってモードになっちゃってました。
私、実はすごい優柔不断で本気で悩んじゃってましたよー、ああ、胃袋がもう2つくらい欲しい。(いや、胃袋は今のままで、どんだけ食べても太らない体ってことでもいいんだけど)

20110717まっさんB10

悩みに悩んで、せいろ蒸しご飯「田舎娘」のミニ版「小田舎」をお願いしちゃいました。
これをおにいさんとシェア。
素朴だけど上品な味で大満足です。
大満足しているけど、やっぱりおにぎりが気になる、、、今度は、絶対におにぎりを食べようと心に誓いました。
そうだ、ランチに来たら心おきなく食べられるかしら!
でも絶対この暖簾通ったらお酒が飲みたくなるでしょうねー。

最後の方で、80歳前後かしらと思われる馴染みのお客様が5人くらいで(女性1人)カウンターに座られました。
何かの会の後のようで、「すっかりお腹いっぱいだから…」とみなさん口にしてたのに、一人ずつ刺身盛りをどーんと頼んで、すりおろしニンニクつけるどどうこう騒ぎながら、気がつくとペロッと食べ終わってました。
私だったらお腹すいてても食べきれない量なんですけど…
みなさんパワフル! ちょうど台風の前で、伊勢湾台風の思い出を話してましたけど、これくらいの年代で揃ってワイワイできるっていいですね。


民芸日本料理「まっさん」
営業時間: お昼どき11:30~14:00 ゆうげ 17:00~23:00 
定休日: 火曜日定休日
電話: 059-352-8943
住所: 〒510-0086 三重県四日市市諏訪栄町9番13号
(スワ公園派出所前)



いい気分で帰って、飲み直したいのをぐぐっと抑えて床につき、3時半にはバッチリ目覚めて(ちゃんと起きられるか何度も目が覚めてました)、その後は皆さんもご存じの通り!
翌日、義母に優勝を伝えたら、結果聞いただけで泣き出してました。
病気してから涙腺が…なんて言ってたけど、私もいまだに新聞記事とか読んでも泣けてきたりします。


ご訪問ありがとうございました。励みになりますので、応援のクリック2つ お願いします。

にほんブログ村 料理ブログ 野菜料理へ       人気ブログランキング(イチゴ)


弊著「南国(タイ)の野菜たち」には、タイの野菜情報やレシピがたくさん載っています!
日本国内の方は、アマゾンでどうぞ!(書店では販売しておりません。)
タイ国内の定価は、600バーツ、日系の本屋さんでお求めいただけます(よく売り切れになってますが、頼めば入荷します)。
タイ在住の方、タイ好きの方、野菜好きの方はぜひお求めになってみてください!!

じっくり味わった名古屋コーチン@四日市「宝の蔵」

  • カテゴリ:日本
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
もともとテレビっ子なのがタイにいるせいもあり、NHK依存度が異常に高い私です。
朝の連続テレビドラマ小説の「おひさま」もほぼ欠かさず見ておりますが、昨日は、脚本家の岡田惠和さんが渾身のメッセージを投げたって感じでしたね。
101211Aカンチャナブリ17それが今の日本人に向けてのわかりすぎるほどはっきりしたメッセージなのでどうよ?って思ったのに、やっぱり感動してしまいました。
「日本は大丈夫、そんなやわな国じゃない」って言葉もジーンときましたけどね、その前の言葉がすごいなあと。
東京大空襲を経験して長野に帰った主人公のお友達が「私の苦労なんて…」と言ったところ、「苦労の重さは比較するものではありません。よその人にくらべて自分の辛さや苦労は対した事なんて思う必要なんてありません。あなたは大変な思いをした、辛かった。悲しかった…それだけでいい。誰かと比べる必要なんてありません」って。
もちろん、役者もよかったんですけどね。

そうなんです、他人と比べることはないんですよねー。
幸せ度も不幸度も比べる必要はないんです。
がんばるために自分を勇気づけるために「私は、他の人に比べると恵まれているんだから」って言うのはわかるのだけど、なんかひっかかっていたんですよねー。
まずは自分を精一杯慰めて褒めてあげて欲しいなあと。
まあ、それでも本人がパワー出すためにそう思うのはいいですが、他人が「あんたの苦労なんて」とは、絶対に言ってはいけないのだと、他人の苦労話は、うんうんって聞いてあげるのが大事だなあと思ったりもしました。

それにしてもドラマの力もすごい! 
実は、言うのも恥ずかしいのだけど、脚本家をちらっとめざしたことがあり、岡田惠和さんは憧れの方であります。



さて、台風情報を耳にしながらも、いつも旅行先のお天気運はとにかくいい私たち夫婦、今回の一時帰国も美しい満月をみることができてご機嫌な夜を過ごさせていただきました、ありがと~!
もちろん、ご機嫌の理由は、お天気だけではなくって、おいし~ものをしっかり食べられたからです。
前夜は、松半で贅沢をしたくせに、その日の昼、義母の知り合いがご親切にも近所の中華屋さんのお弁当を持って来てくださったものだから(いらないって言ったのに…)、なんか消化不良で「せっかく日本にいるのにおいし~もの食べたい!」って病がムクムク…
で、おにいさんが「名古屋コーチンって食べたことがある?」と。
そういえば、私、レトルトのそれっぽいのは食べたことあるけど、じっくり味わったことはないかも…。
これまたNHKだけど、名古屋コーチンの特集やってたところでもあり、四日市にある名古屋コーチンのお店「宝の蔵」に行って来ました~!

20110716名古屋コーチン01
とりあえずの一品、焼き茄子

20110716名古屋コーチン02
名古屋コーチンのお造り盛り合わせ

生肉もおいし~ものなんですよねー。
レバー嫌いなくせに、このレバーならいくらでも食べられてしまう私。
ささみも新鮮さが伝わってくるおいしさでした。

20110716名古屋コーチン03
名古屋コーチンの砂肝(写真は、1個ずつ食べちゃった後慌てて撮ったもの)

焼き鳥屋では、必ず砂肝を注文する私ですが、こんな砂肝食べたことない!
なんかサクッとしているというのか、歯ごたえはあるのに軽やかでさわやかを感じるほど。

20110716名古屋コーチン04
名古屋コーチンの味噌煮込みだったかな、、、これだけ注文失敗。
この前に何品か頼んだものがのきなみ売り切れでガックリ、、、じゃあ、、、って慌てて注文しちゃったんですよねー。
もろ名古屋の味で甘くて味が濃くて、名古屋コーチンである意味もないかも、、、。
名古屋人にはいいんでしょうが、私には、唐辛子をベタベタにつけてやっと食べられた感じ。

20110716名古屋コーチン05
名古屋コーチンもも肉のねぎ間串打ち
これもお肉が大きくってプリップリ。

20110716名古屋コーチン06   20110716名古屋コーチン07
おいしいものは、おいしいお酒で飲まなきゃならん! ってことで、松の司と九平次をいただきました。

20110716名古屋コーチン08   20110716名古屋コーチン09
どんなご馳走もそれだけだと、、、ってことで、口直しのトマト。
軟骨いり餃子は、数が足りなくてサービスです! と4個いただきましたが、4個でちょうどよかったです。
この餃子、奥にある昆布茶と胡瓜の上の豆板醤をつけていただきました。

う~む、、、なんだか食欲がとまりません、どれもこれもおいしそ~なんだもの!

20110716名古屋コーチン10
パリパリ皮せんべい

20110716名古屋コーチン12
三河鶏の手羽先

20110716名古屋コーチン11
コーチンウィンナー
マスタードが欲しいと思わず口から出たら、お店の人が「いえ、味はしっかりついてますのでそのまま食べてください」と。
でも、ものすごーくまったりしているので、やっぱりマスタード、欲しかったかも…。

そろそろ〆に入らなくっちゃねぇ、、、

20110716名古屋コーチン13
ボンボジとつくね

20110716名古屋コーチン14
最後がシシトウ

さすがにこれだけ食べたので、炭水化物の〆はなしです。
四日市でおいしいお店いっぱいみつけちゃったから、次回から帰国がワクワクになるかも?



ご訪問ありがとうございました。励みになりますので、応援のクリック2つ お願いします。

にほんブログ村 料理ブログ 野菜料理へ       人気ブログランキング(イチゴ)

カボチャがお椀の寒天料理!

★今回のテーマ★ ― ☆寒天・Agar☆

 かぼちゃ椀のそぼろあんかけ寄せ


日本は、台風がやってきて大変なようですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
なかなかブログ巡りもできず、失礼しております。
今日は、なんとか時間をみつけたいと思っているのですが・・・。
(独り言みたいなものですが、あしと置手紙の使い分けがビミョーですよね。あしのある方は、置手紙は、週1くらい私自身の記録も兼ねてポチっとさせていただこうと思っています。)

さて、寒天・アガアガ料理を募集して紹介しておりますが、寒天料理っていうと、イェンイェンで楽しむものばかりじゃないんですよね。
寒天が固まる温度は、ゼリーよりも高いので、必ずしも冷菓ばかりに使われているわけではないのです。
タイでゼリーより寒天が多用されるのも、そういう理由かと思います。

あっ、イェンイェンっていうのは、タイ語で冷たいっていう意味です。
タイ語ってこうして単語を繰り返して使うことが多くてかわいいんですよね。
日本語でもピチピチとかポチポチとかモタモタ、バリバリなんていろいろ言いますけど、日本語より多いかも?
これがちょっと強調したい時とかとっても便利なんです。
ちなみに冷たいの反対、暑い(熱い)は、ローンで、ちょっと暑い、すごく暑いとローンローンです。

こんな前置きをして紹介するのは、ジュニア野菜ソムリエのnamiちゃんのレシピ。
野菜ソムリエ(ジュニアも)の資格を取得するには、「ベジフルカルテ」という課題を提出しなくてはならないのです。
この課題がとっても力がつくな~って、ただ試験勉強するよりよっぽど身になるなぁって思います。
野菜について自分で調べてレシピも添えるのです。
試験勉強は、一夜漬けとはいかないけど、直前に詰め込めばなんとか…ってところがあるのですが、このベジフルカルテも直前にまとめてやろうとすると大変なことになります。
そう、いつもギリギリバタバタの私ですからね、ジュニアの時は、大変なことになりましたよ・・・
夏休みの宿題を休みが終わってからとりかかる性格は、大人になっても続いております。。。

きっと、きっちりしたnamiちゃんは、そんなことなかったと思いますが、その課題で出したレシピが出てきたというので、紹介していただきました。

namiちゃんかぼちゃ寒天
by namiちゃん

私、こういう風に野菜を器にする料理にあこがれちゃうんですよね~。
ヒョウタンで楽しむことができましたけど、カボチャは、1度、グラタンにしてなんとなくイマイチなまま挫折しております。
寒天料理もありなんですね、これなら加熱具合とか失敗が少ないかも!?


 かぼちゃ椀のそぼろあんよせ

<材料>
坊ちゃんかぼちゃ 2個、 インゲン 1本、 鶏ひき肉 40g
(そぼろあん)
 寒天 2g
 かつお・昆布 → 出汁、 みりん 小2、 しょう油 小2、 
 片栗粉 少々、  酢・塩 適量

<作り方>
(1) カボチャを丸ごとレンジで7~8分加熱します。
(2) インゲンを塩板すりし、酢・塩で茹でて、小口切りにします。
(3) 鶏ひき肉は、軽く湯がいておきます。
(4) 出汁を取って調味料で味付けし、具を入れて片栗粉でとろみをつけ寒天を入れます。
(5) かぼちゃの頭を蓋にし、種をくり抜いて椀にし、流し入れて固めます。


片栗粉がポイントですね?
これは、暑い時にイェンイェンにしてもいいし、常温で食べてもおいしそうです。
それってカボチャの効果ですかね、カボチャって夏季が旬ですが、冬至にも食べられていますから。
(野菜ソムリエになるまで、カボチャは冬の野菜だと思っていた私・・・)

寒天料理も涼しさを演出できるということで紹介しておりますが、ヘルシーな食材ですから年中楽しめたらいいなあって思います。

ご訪問ありがとうございました。励みになりますので、応援のクリック2つ お願いします。

にほんブログ村 料理ブログ 野菜料理へ       人気ブログランキング(イチゴ)


弊著「南国(タイ)の野菜たち」には、タイの野菜情報やレシピがたくさん載っています!
日本国内の方は、アマゾンでどうぞ!(書店では販売しておりません。)
タイ国内の定価は、600バーツ、日系の本屋さんでお求めいただけます(よく売り切れになってますが、頼めば入荷します)。
タイ在住の方、タイ好きの方、野菜好きの方はぜひお求めになってみてください!!

割烹「松半」 夏料理の巻

  • カテゴリ:日本
  • コメント:6件
  • トラックバック:0件
昨夜、台風来襲前に日本から戻ってきました。
昨日の時点で、離陸間もなく、赤ワインを注いでもらった途端にジェットコースターのように揺れて焦りました。
ホントに三重県にも上陸しちゃうのかしら、、、うまくそれてくれればいいんですけどね。
三重だけじゃなくって、とにかく急カーブで少しでも東北太平洋沿岸から離れて欲しいものです。
バタバタの一時帰国、忙しいならやつれてもよさそ~なんですが、私ってストレスで太るタイプなので、忙しくても痩せるってことはないのです。
しかも今回もおいしいもの、た~んと食べてきました。
それだけが楽しみとも言えますが、、、以前、レポートした四日市の「松半」に初日の夜、行って来ました。

20110715松半01
1品目 湯葉とオクラ

前回は、春のお料理でしたけど、こちらのお店は、20日ごとくらいにメニューをかえるそうで、今回は、夏のお料理、どんなものがいただけるのかワクワク!
家の片付けがあって、行けるかどうかギリギリまでわからず、やっと一段落して行ったので、予約なしにお邪魔しちゃいましたが、とても混んでかろうじてカウンターに座らせていただきました。
やはりちゃんと予約して行った方がよさそうです。

20110715松半02
2品目 先付 盛り合わせ

20110715松半04   20110715松半05

左から、「鱧とゴーヤの和え物」「白子(なんの?)」「食用ほおずき」「トマトゼリー」「トウモロコシ」「枝豆」「鯖の押寿司」 

「食用ほおずき」といういい方をわざわざするようですが、私が子供の頃からほおずきはよく食べていたような??? と、思ったら、これ甘いのなんのって!
子供の頃食べたのは、口で音をならすためだったので、大しておいしいと思った記憶はないんですが、これはまるでフルーツのようでした。
あら、今調べたら、子供の頃食べたのも納得、日本で昔から栽培されていたのは、秋田県のようですね。

先付の途中からビールを日本酒に、冷やを注文したらこんな入れ物に出てきました!

20110715松半10

松半は、三重県の石川酒造のふきいを出してくださいます。
おかわりしたら、また新しい冷え冷えのが出てきます。
何本くらい用意しているのかしら、用意してあるだけ飲んじゃおう! なんて言ってたのですが、3本で終わりました。
まあ、翌日、大作業が待ってましたしね。

20110715松半06
3品目 椀物 鱧と白瓜、じゅんさい

これまた季節ものですねぇ。
鱧ってうなぎやアナゴに比べてもクセがなくって食べやすいんですね~、料理は大変でしょうけれど。
これは、料亭で食べるに限る!?

20110715松半08   20110715松半09
4品目 向付 ヒラメの刺身

本当はもっと他の種類もあったようですが、予約なしのため売り切れなのだそうです。

20110715松半11   20110715松半12
5品目 焼き物 鮎

鮎もおいしそうなんですけど、鮎の隣の実に興味津々! 
なんと、ヤマモモのワイン煮だそうです。
ヤマモモ、始めていただきました。
西日本で栽培されているようで、多く出回っていないようですね。
いやぁ、貴重なものをいただきました!

20110715松半13
6品目 うな丼のモロヘイヤがけ

モロヘイヤの緑がなんとも美しいですね。
ここでご飯ものが出てきたので終わりかと思いきや!? まだ続くんですよ~。

20110715松半15
7品目 トウガンとウニ

20110715松半16
8品目 メイン!? 網焼きビーフ

20110715松半18
9品目 柳川

ここで私が「どじょうの柳川」と言ったら、おにいさんが「柳川と言えばどじょうと決まっているから、”どじょうの”という必要はない」と主張しだし、言い合ってもしょうがないのでネット検索することに。
携帯でなんでも調べられるってありがたいものですねぇ~、酔っ払いの席での言い合いってホントにメンドクサイので、私は、いつも電子辞書も持ち歩いているのですが、最近は、けい
ハイ、ウィキによると正しくは、柳川といえば、、、というか、正確には、柳川鍋と言えばどじょうでした。
どじょう以外のものを使う時に「牛肉の柳川風」「うなぎの柳川風」なんて言い方になるのですね。

20110715松半19
10品目 最後の食事と香の物 

20110715松半20
11品目 水菓子 羊羹

いやぁ~、食べた、食べた、しっかりお腹にはいっちゃうものですねぇ~。
ここのお店は、揚げ物が出ないのが私好みかも。
夏の料理ということで、あれこれ想像はしていたんですが、ほおずき、ヤマモモ、鱧、どじょう、、、やっぱり日本ですねぇ。
日本でもどんどん新しい食材が入ってくるので、その研究って大変らしいです。
夏料理といっても、20日ごとにメニューをかえるそうですので、同じ夏でも来月は、また違う料理が出てくるんでしょうね、食べてみたいけど時間と予算がどうですかねぇ???

途中でお隣に座っている方々がフェイスブックに料理がアップされているというので、えっ? もう私のみつけたの? と驚いたのですが、その方も自分でその場でアップしていたのでした。
私は、一品しかアップしてませんでしたからね(後は、飲み食いに夢中で・・・)
そんなご縁でその場でフェイスブックのお友達になったり、、、と、なんとも楽しい夜になりました。

帰り路

20110715松半21

この日は満月だったようで、すっかりご機嫌の酔っ払い二人は、夜道をよたよたワイワイと帰っていったのでした。
(しかし、月の写真を撮ろうとしても、日本ってホントに電線がいっぱいなのね、、、)


今回紹介したお店 「割烹 松半」

住所: 四日市市鵜の森1-3-3 (近鉄四日市駅より徒歩3分)
営業時間: 11:30~13:30(L.O.13:00) 16:00~22:00(L.O.21:00)
定休日: 日、祝休
TEL: 059-351-5166


四日市での外食日記、もう少し続ける予定です。


ご訪問ありがとうございました。励みになりますので、応援のクリック2つ お願いします。

にほんブログ村 料理ブログ 野菜料理へ       人気ブログランキング(イチゴ)

健幸料理教室「クウシンサイ」の巻

記事を書き貯めて、予約投稿して日本に飛ぶはずが、、、ハイ、やっぱり私は、いつもバタバタ、、、。

今回は、これまで片づけたものを不用品回収業者に来てもらって、きれいさっぱり持ち帰ってもらうのをメインにやってきております。
きれいさっぱり・・・のはずが、こちらで伝えた分量がいい加減だったので、軽トラックにはおさまりきれず、また次回ということになってしまいました。
また8月かな、、、。
そもそも4月にお願いする予定でしたが、業者の方が震災支援でずーっと東北にいってらして手が足りなかったのでした。
そんならいくらでも待ちます、どうぞ東北をよろしくということで7月になったのでした。

それにしても不用品でほとんど使えないってわかっているけど、トラックに陶器などの壊れモノも何もかもガンガン放り込まれていく様子を見るとちょっとだけカナシー。
どうにか使えそうなものもあるのだけど、業者からするとそんなもんは価値はないも同然とのこと。
かといってモッタイナイなんて家の中に置いておくわけにもいかないので、やっぱりお引き取りいただくしかないんですよねー。
物は、買わないのがイチバン、、、なんて、人のを見てると思うのだけど、、、実は、もらいものも多いんですよねー。

出発前にバタバタしてたのは、スミタカルチャーセンターでのお料理教室があったというのもあります。
今回のテーマは、パックブン=クウシンサイなのですが、ちょっと試作に苦労しました。
時間とか手順というのもあるしねぇ~。

パックブンナー   パックブンタイ

よく見るクウシンサイは、中国種なのですが、これは、左がパックブンナー、右がパックブンタイと呼ばれるものです。
当日もやっぱりバタバタしてしまって、写真もきちんと撮れず、イチオシのグリーンのクレープの写真が見当たらない、、、(ーー;)
見当たらないっていうか、撮ってないんですよね、時間オーバーだったので最後、ホントにバタバタでしたもの。
デザートがないとなんか地味なんですが、、

20110714スミタクウシンサイ4

ふわふわ豆腐とクウシンサイのスープ
これは、中国クウシンサイ。

20110714スミタクウシンサイ5

タイクウシンサイパスタ風(トマトソース炒め)

さすがにトマトソースを作る時間はなく、かといって市販のを持っていくのも先生、ど~なのよ~? ってことで、朝、作ったんですよね、自分で味見をちゃんとしてないので不安。。。

20110714スミタクウシンサイ3   20110714スミタクウシンサイ6

今回は、あまり目にすることのない茎がしっかりしたタイクウシンサイを使ってみました。
やわらかく煮びたしにするとふきっぽいです。
なのでご飯もふきの混ぜご飯風にしました。

タイクウシンサイではなく、ふつ~のクウシンサイでも茎の部分は歯ごたえがかなりあるので、漬物にしたり煮びたしにするとオモシロイですよ。

20110714スミタクウシンサイ1   20110714スミタクウシンサイ2

これは、家で試作をかさねてた時のお弁当。
洋風にするか和風にするかも悩ましかったんですよね。
ちょうど前日にピラフを試してあったので、残りをオムライス風にしました。
あとは、白和え、梅海苔和え、サラダです。

タイクウシンサイ、なかなか手強かったですが、楽しい教室になりました。
ご参加いただきましたみなさまありがとうございます。
誰かクレープの写真撮ってたら送ってー!!
健幸料理教室、次回は、9月を予定しています。

ああ、やっと日本でネットが使えたのですが、次はいつパソコンに触れるか、、、。
戻りは月曜日の夜の予定です。



ご訪問ありがとうございました。励みになりますので、応援のクリック2つ お願いします。

にほんブログ村 料理ブログ 野菜料理へ       人気ブログランキング(イチゴ)



ジャガイモをすりおろして寒天に!?

DSC06148.jpgずっと紹介しようと思いながらタイミングを逸してたのですが、もうひとつ私の管理ブログが増えております。
自分でアップしておきながらなんなんですけど、自分的にこのブログのファンだったりします。
半分だけ仕事でもあるのですが、弊社で発行している会員向けの情報誌に書いているコラムなどを集めたもので、過去にさかのぼってアップしてます。
おにいさん記事が7割、私が2割、他は投稿いただいたものとかが中心です。
まだ2002年あたりをウロウロしてる状態ですが、それはそれでなつかしくて面白かったり、、、と、かなり自己満世界に入ってるんですけど、もしよろしければ見てくださいね!
クリック! → CAFE TELLUS
ステートタワーからの眺め、一応弊社はこのどこかに…


★今回のテーマ★ ― ☆寒天・Agar☆

   すりおジャガの寒天よせ


ただいま、寒天・アガアガを使った料理を紹介しています!
前回に続いてnamiちゃんのお料理で~す。
namiちゃんは、いろんなアイデア料理を出してくれるので、こちらも刺激されます。
一緒に健幸料理研究所で料理を出し合ってた頃がなつかし~
でもnamiちゃんのブログで紹介してもらう日本の料理や製品にもいっぱい刺激を受けてます!

今日紹介する寒天料理は、ジャガイモの寒天寄せ!?

namiちゃんおじゃが寒天

ワーッ! きれ~
ホントは、別の料理だったけど、ジャガイモをミキサーにかけるのがメンドーで…なんて言ってますけど、十分に手間がかかっているように見えるんですけど・・・???


 すりおジャガの寒天よせ

<材料>
ジャガイモ M1個
寒天粉 大さじ1.5(でんぷん質と混ざると固まりにくいので少し多め)
水 400cc
白だし 小さじ2
好みの野菜(プチトマト、人参、アスパラ、ブロッコリーなど)
塩 少々(野菜の色止め)

<作り方>
(1) 野菜を1cmの拍子切りにして下茹でし、荒熱をとっておきます。(プチトマトは皮を湯剥きしてください)
(2) ジャガイモを生のまますりおろして、水(300cc)にさらします。
(3) 寒天粉を水(100cc)にふやかしておきます。
(4) すったジャガイモを弱火で混ぜながら煮て、白だしで味を調えます。
(5) ポトポトになったら火を止め、寒天を加えてよく混ぜます。
(6) 容器に茹で野菜を入れ、(5)を流して冷やし固めて完成です。


でんぷんを入れるとかたまりづらくなるんですか~?

でんぷんはともかく、私もわりとゆるゆるに作っちゃうことが多いですが、おにいさんは、しっかり固めがいいっていいますねぇ~。
寒天を増やせばそれでいいのかしらん?

野菜寄せというと透明な寒天料理を思い出しますが、白いのもいいですねぇ~。
他の野菜の色が余計に引き立って華やかです。
ジャガイモをすればいいわけですね、ナルホド、、、どんな食感になるのかしら~?
これは、自分で試してみなくっちゃ! ですね。
暑いと買い物も億劫になりますけど、ジャガイモってまとめて買っておけるから便利かも~。
冬は冬で保存食ってありがたいけど、夏にも重宝しそうですよねー

ご訪問ありがとうございました。励みになりますので、応援のクリック2つ お願いします。

にほんブログ村 料理ブログ 野菜料理へ       人気ブログランキング(イチゴ)


涼しげで元気印のトマトジュレパンケーキ

もう7月も中旬に、、、今日で東日本を襲った震災から4ヶ月ですね。
忘れるつもりはなくても、最近、忙しくてテレビを見る時間もブログを見る時間も減っているので、自然と被災地の情報に接する機会も減ってしまっている気がします。
かろうじて、家にいたら見てる夜のNHKのニュースと、早起きできたら見られるNHKあさイチが情報源な状態。
NHKには、ずっとしっかり伝え続けていただきたいものです、受信料の払い甲斐があるくらいに。

okra_20110711034425.jpgさて、毎月11日の義援金、、、といっても、先月は、振込できずにズルズルしてたので、日本に一時帰国する友人に託してしまいました。
今月も同じく「東日本大震災被災青年支援奨学金基金の会」に送りたいと思っています。
忙しさのおかげで、あんまりお金を使わずに済んでいるかも、、、な、この頃なんですよね~。
今月は、お誕生月でもあるので、タイ人のようにお誕生日タンブン(善行で徳を積む)もしようかしらん。。。

私がブログでいちいち報告するのは、別に自慢ではないし、人に強要するものでもないんですが、私のようにそのつもりがなくてもつい忘れがちになりそうな人にちょっと思い出してもらうきっかけをつくっているからですのでご了解くださいませ。
まあ、やっぱ自分自身に意識させるっていうのがイチバン大きいかな。

写真はオクラの花



★今回のテーマ★ ― ☆寒天・Agar☆

   トマトジュレのパンケーキ


すっかりお休みしてしまいましたが、お送りいただきました寒天・アガアガ料理を再開してまいります。
寒天・アガアガ料理を募集しましたのは、一つには夏を前にダイエット! なんてのもあったのですが、それより何より節電必至の今年の日本の夏を少しでも涼しく・・・と思ったからでした。
そこで5月にちょっと早いかな・・・と思いながら募集したのですが、まさかホントにここまで暑くなるとは・・・というか、7・8月の暑さは覚悟してた方もいるでしょうけど、なぜに今年に限って6月から猛暑なわけ~? って感じですよねー。
タイは、逆に異常に涼しい日が続いていたので(でも30度は超えますよ)、節電モード中の熱中症のニュースに心を痛めておりました。
タイでは、あまり熱中症ってきかないんですけど、熱中症って特に温度差に体が反応しきれずになるようですね。
春からいきなり真夏になってしまっては、体の温度調整機能もなかなか働かないかと思います。
そろそろ慣れてきた頃かと思いますので、これから先は、夏野菜・果物をたっぷりとってパワーを蓄えてください!!

今日、紹介するのは、健幸料理研究所の帰国メンバーnamiちゃんの元気が出そうなパンケーキ!
パンケーキに寒天!? 
これがとーっても涼しげでおいしそ~なの!

namiちゃんトマトジュレ

しかもこのトマトの色って、しっかり元気色よね~
namiちゃんによるとお惣菜パンケーキとも言うらしい。
ナルホド、クレープも日本人は甘いデザートばっかりイメージしちゃうけど、実はしっかりした野菜やお肉なんかも入った食事になっちゃうわけで、パンケーキもそんな感じにアマアマじゃなくお惣菜感覚でいただいていいわけですね~!


 トマトジュレのパンケーキ

<材料>
トマト M2個
寒天粉 大さじ1(かんてんぱぱのかんてんクック使用)
水 300cc
コンソメ 1個
ケチャップ 小さじ2
コショウ 少々

<作り方>
(1) トマトの皮を湯むきしてから、2センチほどにカットします。
(2) 水を鍋にかけ、コンソメ・コショウ・ケチャップ・寒天粉を入れてあわ立て器などでよく混ぜます。
(3) トマトを入れて型に流して固めます。
(4) 固まってきたらスプーンなどでかき混ぜたらジュレ完成!


namiちゃんからのアドバイスは、寒天粉は少量の水に浸すとダマになりにくいのだそうです。
この源記事のブログページには、寒天パパのいろんな製品が紹介されています。
いろんな商品があるのにビックリ!
手軽に楽しめるっていいですよね~、この商品は今は手に入らないけど、こんな感覚でもっと作ってみたくなりました。

モチロン! お惣菜パンケーキにも挑戦してみまーす!!
実は、最近、野菜入りパンケーキもどきをテーマにあれこれ作ってるんですけど、このトマトジュレっていいかも!
みなさんもいかがですか~?


ご訪問ありがとうございました。励みになりますので、応援のクリック2つ お願いします。

にほんブログ村 料理ブログ 野菜料理へ       人気ブログランキング(イチゴ)


弊著「南国(タイ)の野菜たち」には、タイの野菜情報やレシピがたくさん載っています!
日本国内の方は、アマゾンでどうぞ!(書店では販売しておりません。)
タイ国内の定価は、600バーツ、日系の本屋さんでお求めいただけます(よく売り切れになってますが、頼めば入荷します)。
タイ在住の方、タイ好きの方、野菜好きの方はぜひお求めになってみてください!!

七夕の夜に食べた南国パスタとピザ風料理

ひぇ~ん、ラッシュだったイベントが終わって暇になるかと思ったら、その間溜めてた仕事がどさーっと・・・

日本亭でのセミナーの様子はレポートしましたけど、日本人会別館で行なったセミナーのレポートが、写真を撮るのをすーっかり忘れててできません。。。
一応、キュウリのスープとかローゼルティーの寒天とか作ってみたんですけどねぇ、ああ、無念。
小さなお子さんを連れた方が多くて、お子さんをあやしながらもみなさん熱心に聞いてくださいました。
ご参加いただいたみなさま、ありがとうございます!

あまり間が抜けないうちに昨日の七夕の夜の料理を・・・。
いえね、セミナーでさんざん日本の年中行事を楽しみましょーって話をしたものですから、私もそれっぽい料理を作らないとねーと。
でも昨日も残業で買い物の時間も作る時間もなくって、、、なんかテキトーに、、、

20110707七夕料理22

七夕ってことでスターフルーツは買ってあって、スターフルーツ入りのパスタってどうよ って思ったのに、大急ぎで料理してたら、星形に切るのを忘れちゃって全部角切りにしちゃいました。。。食べてる最中に気がついたけどもう遅い。
緑は、グリーンピースのソースで冷たくしていただきました。
スターフルーツって、そんなにアマアマな果物ではないのでサラダ感覚のパスタにOKです。

 スターフルーツとグリーンピースのパスタ

<材料>
スターフルーツ 1個 (数枚星形のまま切って、残りは小さめの乱切りにカット)
グリーンピース(冷凍) 1カップ
パスタ 100g (細めのものがいいかと)
タマネギ 1個 (みじん切り)
ニンニク 1片 (みじん切り)
豆乳 100g
オリーブ 適量
オリーブオイル・塩・コショウ 適量

<作り方>
(1) パスタを茹でて、オリーブオイルを加えた氷水で冷やしておきます。
(2) フライパンでニンニクを炒めて香りをだし、タマネギをよく炒めます。
(3) グリーンピースを加えてさっと加熱してから、豆乳と一緒にミキサーかフードプロセッサーにかけてペースト状にし、冷蔵庫で冷やしておきます。
(4) パスタとソースをからめて、スターフルーツとオリーブを盛りつけます。




スターフルーツおっと! コメントいただいて、スターフルーツの画像をアップしていないことに気が付きました、後日の追加記事で恐縮です。
スターフルーツには、酸味種と甘味種があるそうで、タイも酸味種が一般的なようですが、たま~に甘味種が売ってまして、私の通勤路で売っているのでよく買います。
一般のは、緑色で売られていて、黄色になりかけがおいしいらしく、熟し過ぎると風味がなくなるっていうんですが、これは、完熟状態なんですがとってもおいしいです。
どこで作ってるか聞いたら「うちの庭」と言われてしまいました、、、(~_~;) 庭っていうか、果樹園だと思いますけど。




ここでパスタをもう一品!
そもそも七夕というのは、そうめんを食べるらしいんですが、そうめんがないってことと、7月7日が「そうめんの日」であるとともに「乾麵の日」でもあったので、パスタでいいかなぁ~と。

で、セミナーでただの笑いネタにしかとってもらえなかったこれをアレンジしてみました。

スイカソーメン2ハイ、ずっと前に紹介したことのあるスイカソーメンです。
個人的にケッコーおいしいと思っていたのですが、なんとなくメンドーなのもあって、ふたたび作ることもなく(もともと、おにいさんが作ったわけだし)過ごしておりました。
やっぱこれは、スイカ+麺をもう一度試してみよう! と。

最近、デザートパスタなんて言葉も耳にするくらいですから、ちょっと甘いサラダ感覚のパスタがあってもいいはず、、、と。

20110707七夕料理23

スイカは、残り物の部分だったので器として使えず、それなのに量が多かったので水分たっぷりのスープパスタになっちゃいました。
これはレシピは省略、スイカソーメンとやや一緒ですが、漬物類がなかったので唐辛子とミントでアクセントにしました。
いや、ホント、スイカ好きなら喜ぶと思うんですけどねぇ、、、やっぱり笑いのネタかしら、、、

ここまで食べて、あれっ? 何が七夕!? となってしまったので、もう一度、スターフルーツでリベンジ!?

20110707七夕料理26

ランチで食べたMOUNTAIN BREADが1枚だけ残っていたので、先日、タヌ子さんがコメントしてくれた「タルトフランべ」もどきに挑戦。
当然にフロマージュブランはないので、マスカルポーネにヨーグルトをちょこっと加えてみたりして(ちょうど冷蔵庫にあったんだもの・・・)
最後にふりかけた(?)ダイトーキョーの葉っぱが雑過ぎで失礼…

その他、夏におすすめの野菜(瓜系、莢豆系、オクラなど)ということで、セミナーで配ったレシピの写真をちょこっと。

20110707七夕料理08   20110707七夕料理07

スイカのサラダ。
右の白はチーズではなく、しっかり水切りした豆腐。
ゴマ塩たっぷりでなんかおいし~んですよ。

20110707七夕料理01   20110707七夕料理10 

ゴーヤの焼きうどんとゴーヤ春雨。

20110707七夕料理18   20110707七夕料理16

オクラーメンと野菜ソーメン

20110707七夕料理09   20110707七夕料理11

シカクマメを使った料理

20110707七夕料理14   20110707七夕料理12

オクラとシカクマメ、めずらしく(?)鶏肉を使ってます。
健幸料理のセミナーではなく、野菜ソムリエのセミナーなので。

20110707七夕料理21

試作を重ねてた時に作ったお弁当。

健幸料理研究所がそうでしたが、何かにこだわって作ってみるのってケッコー楽しいですよ。
・・・って、そういえば、今度の健幸料理教室は、空芯菜がテーマなんです。
しばらく空芯菜料理が続くでしょう。。。

では、次回からお休みしていた寒天・アガアガ料理を紹介します!


ご訪問ありがとうございました。励みになりますので、応援のクリック2つ お願いします。

にほんブログ村 料理ブログ 野菜料理へ       人気ブログランキング(イチゴ)


弊著「南国(タイ)の野菜たち」には、タイの野菜情報やレシピがたくさん載っています!
日本国内の方は、アマゾンでどうぞ!(書店では販売しておりません。)
タイ国内の定価は、600バーツ、日系の本屋さんでお求めいただけます(よく売り切れになってますが、頼めば入荷します)。
タイ在住の方、タイ好きの方、野菜好きの方はぜひお求めになってみてください!!

日本亭での「タイで楽しむ日本の年中行事」セミナーレポート

タイは、この日曜日に総選挙がありました。
結果については、語りたいけど、語りたくなり、、、
タイ初の女性首相は、私と同い年でございました。
願うのは、世界の常識からあんまりかけ離れたことをしないまっとうな判断をして欲しいのと、政治の世界に私情を持ちこまないで欲しいのと、とりあえず国民が選んだ結果なので、性急に事を荒立てるようなことを周りがしないで、なんとか平和なタイであって欲しいということです。
さてさてどうなるのか、タイってホントにアメージングな国だったりしますからねぇ~

DSC03619.jpg

さて、先日、2日間行われた野菜ソムリエコミュニティBangkok主催「タイで楽しむ日本の年中行事」ミニセミナー(毎度思うけど長いタイトル・・・)、すでにコミュニティのブログでもレポートされていて、ほとんど同じ内容になっちゃうんですが、私もレポートしたい! ---いや、やっぱ、ほら、講師ってことで気合が入っていたわけですしねぇ、、、ということでヨロシクおつきあいくださいませ!

上の写真は、2日目の準備中のところ、これだけたくさんの方にいらしていただけることに感激ですが、これだけのお料理をランチタイムの繁忙時にさくさくと出される日本亭さんって、やっぱりすごいですねー。

DSC03611.jpg

そもそもこのセミナー、タイ在住の日本人のみなさんに、タイでもっと野菜・果物を楽しんでもらうためにどうしようかと考えて、日本の年中行事を機会として食べることの楽しさをみつけてもらえたら、、、という思いで始めました。
ま~、やっぱりタイ野菜を食べておいし~! と、タイ料理以外で楽しめることを知ったら、家庭でももっと利用しようと思ってもらえるのではないかと、それなら味に間違いのない日本亭さんに・・・と思いたったわけです。
でも、老舗の日本の味を守っている日本亭さんにタイ野菜を持ち込んでヨロシクなんてお願いをしていいものかどうか、ドキドキしながらお願いしてみたのでした。

上の写真は、ヒョウタン、トウガン、長ささげ、シカクマメ、ここまでは、私がこれを使った料理をお願いしますと依頼した野菜たち。
日本亭さんの方で、今がタイで旬な淡竹(ハチク)も使ってくださるとのこと。
飾りのようなアイビーは、タムルンというこれまたタイでよく食べられている蔓です。
私の方で何もお願いしていなかったのですが、このようにお皿に盛ってメインの材料を見せてくださいました。

さて、お料理は、お弁当仕立てにしようかとも思ったのですが、やはり一つ一つ味わいながらお話もできるようにと、会席料理でお願いしました。

「先付」 十六大角豆氷柱仕立て パラチニートマト

20110630日本亭会席01

この麺の状態になっている緑が美しいのは、ナント、ナガササゲなのです。
日本では、十六ささげとも呼ばれています。

えぇぇっと、ここで訂正。
6月30日の会で、十六尺あるから? ナンテ、いい加減なことを言ってしまったのですが、正しくは、豆が16個あるから十六ささげと呼ばれています。
自分の本にちゃんと書いてあったんですが、、、たまに復習しないとダメですねぇ~

ささげもトマトも皮を剥いて片栗粉を薄くまぶして熱湯にとおして、、、と理屈はわかるのですが、かかっているタレというかあんの味が、プロなんですよねー。
いや、ナガササゲをここまで細く切るって芸当も素人にはできません。。。

「お椀」 玉蜀黍擂り流し

20110630日本亭会席02

献立をみながら、みんなで「ナンテ読むの!?」
みなさん、わかります?
私は、試食ですでに頂いていたのでわかっちゃってるんですが、、、トウモロコシです。
黍という字があてられていますが、唐の黍とも呼ばれていて、うちの田舎では、「とっきび」とか「きみ」とか呼ばれてた気が。。。

和食でトウモロコシの汁モノが出るのも驚きですが、さらに驚きなのが中に鶏の燻製が入っていたんです。
これがアクセントになって、淡泊なトウガンもおいしくいただけました。
トウガンは、サイコロ状にカットされておりました。
なんか、いつの間にかトウガンってゴロゴロ切るイメージになってたかも、、、かわいい切り方したら、かわいらしいものができるんですよね、たしかに。

「造り」 きわだ鮪(まぐろ)、鱸(すずき)、烏賊(いか)

20110630日本亭会席17

会席料理なので、椀のあとはお刺身もしっかり出てまいりました。
かなりお得なコースになっております。

「八寸」 

20110630日本亭会席05

八寸って、前菜で供されることがありますが、コースの起承転結の転にあたる盛り上がりの場面に供されることもあり、どっちにしても酒が進むようなお料理だったりするそうで、、、

20110630日本亭会席03   20110630日本亭会席04

北寄貝水晶寄せ
四角豆と海老真薯の博多
椎茸つくね鋳込み


シカクマメを縦に切って挟んでしまうという発想は、ま~ったく思いつきもしませんでした。
この椎茸のつくねには、大好きな軟骨が入っていてコリコリ感がよかったです。
この中で、私がイチバン好きだったかな?
みんなそれぞれイチバン好きが違うのがオモシロイですよねー、当たり前か。。。!?

20110630日本亭会席14   20110630日本亭会席15

淡竹幽庵焼き
チェンライ産胡瓜の雷干し


タイでは今が旬のタケノコ、タイでもいろんな種類がありますが、料理長がおすすめなのは淡竹(ハチク)と呼ばれる種類だそうです。
これが下処理もさほどいらず、えぐみも臭みも少なく料理しやすいでしょうとのことです。

雷干しというワザも初めて知りました。
このキュウリを食べて、質問してくださった方がいらしたのですが、おかげで料理長の説明を聞くことができてありがたかったです。
お漬物で、何気に食べてしまってましたが、ここにも手がかけられていたことを知って驚き!
らせん状に切って干してから漬けてあるのだそうです。

鰻大角豆印籠

この御紋が目に入らぬか~! の印籠ですね。
印籠のように中に何か入っているお料理や、印籠に入れて持ち歩いた料理など、いろんなのがあるようです。
この鰻には、ナガササゲが入っております。
ナガササゲって、見た目のようなクセがないので日本料理にも合わせやすいのですよ。

「中皿」 瓢箪田楽仕立て

20110630日本亭会席06   20110630日本亭会席07

ヒョウタンがまるごと出てきただけでワクワク!
中には、「四角豆、エリンギ茸、平貝、才巻き海老」が入っておりました。
ヒョウタンの器ごと食べてしまいたいおいしさです。
実際にこれくらいの小さいヒョウタンは、皮ごといただくことができます。
夢中で皮ギリギリまでホジホジして食べて、穴があいて汁が外にあふれ出してた方もおりました。

「煮物」 冬瓜

20110630日本亭会席16

献立になかった一品ですが、干し海老を使ったあんとシャキシャキのショウガがベストマッチ。
トウガンのほどよい歯ごたえが残った加減が絶妙でした。

「お食事」 そうめん、おくら

20110630日本亭会席08

最後は、七夕、夏にちなんでそうめんですね。
ここまでですでにお腹いっぱいでしたが、さすがソーメン、するする入ってしまいました。

そしてもっちろーん、デザートもありますよ!

「甘味」 生姜のアイスクリーム 黒蜜添え

20110630日本亭会席10

日本亭のオリジナル、メニューにはない会席のために作ってくださった生姜アイス。
ちょっとピリリとくる生姜にアイスの甘さ、黒蜜がなんともいえないハーモニー

この日のための特別会席、ムフフ、こんなのいただけたのってシアワセ~
すみません、すっかり長いレポートになってしまいました。

行きたかったけど、、、とか、見てるだけじゃ、、って、ガックリきているお方 
ある程度人数が集まって、余裕をもって前もってご予約をいただければ、予算に応じてこのような会席料理をご用意いただけるそうです。
このブログをみて、ふつうの会席の中にヒョウタン料理だけどうしても入れて! とか、あるいはこのコースにそってさらにお刺身を豪華にして! とか、そんなわがままも聞いて下さるかと思います。

とっても好評でしたので、なんとか次回も日本亭さんで開催したいなぁ、、、と思っております! 乞うご期待!!

ご訪問ありがとうございました。励みになりますので、応援のクリック2つ お願いします。

にほんブログ村 料理ブログ 野菜料理へ       人気ブログランキング(イチゴ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。