春雨ザーサイ & 2010年の別れと出会い

  • カテゴリ:春雨
  • コメント:2件
  • トラックバック:0件
これが2010年の最後の記事となります。
そうはいっても予約投稿で、私は、スリランカにいる予定です。
そろそろカレーに飽きてるのかしら…。

2010年、いろんなことがあった年であり、いろんな出会いと別れがありました。
健幸料理研究所のメンバーや野菜ソムリエコミュニティBangkoknoメンバーもいろいろ変わりましたねぇ。
みなさんの辞令の報告を受けるたびに、グワァァ~ァンと と殴られたようなショックを受けております。
こればっかりは、いつか来る日だと覚悟はしていても、イヤなものですねぇ。
でも日本に帰ったメンバーが、みなそれぞれ充実した日々を送っているようで、しかも元気でさえあれば、日本やタイでまた会える機会はいくらでもあるので、さりげなく明るく送りだそうと思っています。

2010年を振り返ってみると、何より「南国(タイ)の野菜たち」を上梓できたことが大きかったですねー。
それもこれもご協力くださったみなさんのおかげです。
また、このブログを訪問してくださったり、応援してくださっているみなさん方々にも力をいただきました。
この場を借りて、あらためて御礼申し上げます。


★今回のテーマ★ ― ☆春雨☆

   春雨ザーサイ


ただいまのテーマは「春雨」です。
春雨料理の更新は、まだまだ続きますが読者のみなさまからの募集は締め切らせていただきました。
でも、紹介したいいいレシピがあるのよ~! って方、→ 春雨料理大募集! からこっそりどうぞ。

上にも書いた通り、いろんな出会いと別れがあるんですが、、、思ったより早く去られてしまうとホントにショック! 
いつもおいし~料理を作ってくれてたcinnamonさんもこの年末で本帰国となってしまいました~。
cinnamonさん料理のファンは多いんですよ~。
もちろん私もファン!
ご本人はあんまりお酒を飲まないのに、酒飲みの気持ちがよくわかるおつまみ系がとってもおいしいんですもの。
私のいい加減さと対照的に、いつもきっちりされているcinnamonさんには、とっても助けていただきました。
ホントにありがと~!

思えば、、、cinnamonさんとの出会いは、2年前のエジプト旅行なんですよねぇ~。→「エジプト旅行記
その次の年もトルコ旅行をご一緒したのでした。→「トルコ旅行記
なので思い出がいっぱい!
日本は、東京ではないそうなので、なかなか会えないかもしれませんが、また一緒にどこかに行きたいですね。

さて、そんなcinnamonさんの春雨料理、cinnamonさんレシピはこれで最後になります。

春雨料理30
by cinnamon


 春雨ザーサイ

[材料]
春雨 20g
ザーサイ・キュウリ・ネギ それぞれ適量
ゴマ油 小さじ1~2、 

[作り方]
(1) 春雨を3分茹でて、お湯を切って、ゴマ油を和えます。
(2) 塩こしょうをしてキュウリとザーサイとネギを細かく切ったものを和えます。


真っ白がさわやかなザーサイ料理ですね。
これもおつまみ系で私の大好きなお味。
酔っ払いにも作れる簡単レシピなのもうれしいですね。

今年は、日本で食べるラー油が流行ったそうで、ひと匙で中華ワールドに飛べたようですが、私にとっては、ザーサイの方が中華ワールドに飛んじゃうかも!

cinnamonさんのお料理、レシピはないのですが、先日、うち宴会に持って来てくださった春雨料理があるので紹介しておきますね。

春雨料理


蟹肉入り春雨、宴会仲間にウケておりましたでした。
この日は、cinnamonさんの傑作「きんぴらパパイヤ」も持参してくださり、「もうこのきんぴらが食べられないのね・・・」と言うと、「私も食べられなくなるんですよ」と。
そうでした、日本では、いつでも青パパイヤが手に入るわけではないですものね。
でも健幸料理精神で、どうぞ日本でもおいしくヘルシーなお料理、作り続けてくださいね!

今年になってsakkoちゃんが去り、namiちゃんが去り、そしてcinnamonさんまでも…。
私の方も野菜ソムリエコミュニティBangkokの活動も忙しくなっているので、今後は、健幸料理の活動は、コミュニティの分会としてやっていくことにしました。
ポリシーには変更ありませんし、今後もレシピ紹介やレシピの募集、お料理教室を通して健幸料理の普及につとめていきますが、研究会の試食自体は、コミュニティメンバーに限らせていただくことになります。
どうぞ引き続き、ブログともどもよろしくお願いします。

読んでくださってありがとうございます! 
旅行中につき、みなさまへの訪問とコメントへの返事が遅れるかもしれませんが、ご了承くださいませ。
更新の励みになりますので、ポチポチと2つ押して応援をお願いします。  
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ   人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト

スペイン旅行記スタート! バンコクからバルセロナまで

今年もホントにあとわずか。
私は、今頃、スリランカ、、、この記事がアップされる日は、ひょっとして聖なる山スリーパーダの登ろうとしているところかしら…。
無事に登って帰ってきたらレポートしますね、、、。(途中で挫折してたりして…)

さて今年もカウントダウン状態に入って、今年、やり残していることはないのかとあれこれ考えてみましたら、、、そりゃ、いっぱいあるんですけどね、特にひっかかってることがあるんです。
それは、スペイン旅行記!
忙しさを理由にずーっとさぼってましたけど、今年中にはアップするぞ、、、とは、思ってたんですよ。
なのにもう今年も終わろうとしてて、ヒャー! って感じ。
思いっきり年をまたぐことになりますが、今回からスペイン旅行記をスタートさせます。
えっ、ホントに!? ---って、自分で自分に聞いてしまいそう、、、
なんてったって行ったのって4月ですからね、かなり記憶がいい加減になっているので、写真を中心にってことでいいのかしら。
4月とは、金融危機もあって状況があれこれかわっているかもしれませんねぇ。
まあ、この正月休みが終われば、タイにいる人たちは、すぐにタイ正月休みの計画を立てるでしょうから、そのヒントにでもなれば・・・とも思います。
連載が何回になるのか、まったく想像つきませんが…とにかく、始めることと致します。(なんだかホントに腰が重い感じだわねぇ~



2010年4月10日(土) 出発! バンコクからバルセロナまで

このスペイン行きは、友人のYOKOちゃんとSHOちゃんが計画、絶対に人数がいっぱいいた方が食べるのも飲むのも楽しいからと誘われたのでした。
おにいさんは、ヨーロッパは高いから、お金をためて年とって優雅な旅行ができるようになるまで行かない、とずっと言い続けていたのですが、この話には惹かれたようでのってくれました。
そしたらお友達のMeenaちゃんもジョインしたい! ってことで、休みの短いYOKOちゃんとSHOちゃんとは途中合流、Meenaちゃんとは全行程一緒で旅行してきました。

まずは、TG 948 00:05に乗って、マドリッド8:00着、その後、マドリッドからバルセロナ行きの国内線に乗り換え。

さて、みなさん、ご記憶があるでしょうか。
ヨーロッパの4月といえば、あのアイスランドの噴火があって大混乱になった時でございます。
この出発の時は、まだまだそんなことは関係なかったので、私は、フランクフルト経由のルフトハンザかチューリッヒ経由のスイス航空に乗ろうと考えておりました。
初日は、バルセロナに宿泊することになっていて、タイ航空はバルセロナ直行便はなかったので、乗り換え回数で行くとどこでも同じかなぁ…と。
ところが、ギリギリであれこれありまして、結局、タイ航空になったんです。
しかも、行きはビジネス! (旅行会社の手違いでラッキー! な話なんですがね)

0410機内食1   0410機内食3

0410機内食5   0410機内食2

0410機内食4   0410機内食6

最初の3つがベジタリアン料理を指定していたMeenaちゃんのディナ-。
後の3つがラムを指定した私のディナー。
デザートがビミョーに違うんですけど!?
すでに夜中の零時を過ぎてますけど、、、ここでしっかりワインを飲んで、爆睡態勢に入ろうという算段。
お隣のタイ人のおじさんは、この後、麺も頼んでました、すご過ぎ。

さすがビジネス、しっかり爆睡できました。
ヨーロッパ線は、ビジネスに限りますねぇ。
やっぱりビジネスに乗れるようになるまで、ヨーロッパはまたお預けかしら。

0410機内食7   0410機内食8

朝ご飯抜きのはずの私ですが、機内食は、しっかり頂きました。
見てわかるでしょうが、左がベジタリアン用Meenaちゃん、右が私の分。
ベジタリアンもいろんな指定ができて、ただの「ベジタリアン」っていうと乳製品と卵は出てくるみたいですね。
乳製品も卵もダメっていえば、それはそれなりに用意してくれるようですけど。

20100410N (10)   20100410N (11)

マドリッドでバルセロナ行きの国内線に乗り換えるには、ターミナルを変える必要があります。
チケットをあらかじめ買ってあったのですが、用心して時間に余裕を持たせたので、空港での時間がたっぷり。
きれいなマドリッドの空港をぶらぶらしながら、スペインモードに突入。
YOKOちゃんとSHOちゃんの2人は、チケットを買っていなかったので、その場で買って、すぐに乗れる飛行機で先に飛んじゃいました

バルセロナ到着後、バスでホテルのあるカタルーニャ広場へ。
泊ったホテルは、「Nouvel Hotel(ヌーベルホテル)
カタルーニャ広場からすぐそばでとても便利な場所でした。
旅行前にバタバタしていた私、この旅は、YOKOちゃんやMeenaちゃんがホテル選びやスケジュール作りをしてくれて、彼女たちがいてくれたからこそ実現したって感じ。

20100411N (128)   20100411N (2)

ホテルの外観とレトロな受付とエレベーター。

チェックイン後、YOKOちゃんたちと合流して、いよいよ観光のスタートです。
まずは、市場に向かってランブラス通りをブラブラ。

20100410N (15)   20100410N (17)

えっ? 何、何? お祭り? ---みたいなにぎやかさ。
ランブラス通りは、旧市街の目抜き通りで、昔は小川だったところが19世紀に散歩道として整備されたのだそうです。
土曜日なので大道芸人がたくさんいて、露店もいっぱい!

20100410Y (1)   20100410Y (2)

20100410N (20)   20100410N (21)

なんか歩くだけでウキウキ!
楽しい旅行のスタートとなりました。

では、今後しばらくの間、スペイン旅行記におつきあいくださいませ。


読んでくださってありがとうございます! 
旅行中につき訪問やコメントへのお返事が遅れるかもしれませんがご了承ください。
応援、はげみになっておりますので、ヨロシク!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ   人気ブログランキングへ 

春雨エスニック タイ風&ベトナム風

  • カテゴリ:春雨
  • コメント:6件
  • トラックバック:0件
14年前の今日って、そういえば、初めてタイの地を踏んだ日なんですよね~。
最近、タイ人に「何年いるんだ?」と聞かれると「10年くらい、、、」と答えてしまう気弱な私、、、タイ語が上達してないので恥ずかしいんですよねー。
だって、15年って赤ん坊が中学卒業しちゃうくらいの年月ですよね~?
まあでもタイ語は上達していないけれど、中学生に負けないくらいの経験は、十分してきたかしら。
14年前は、念願の海外勤務で銀行に駐在としてやってきたのです。
あの頃は、その海外勤務を武器に、日本に帰ってバリバリ仕事して、小さな支店の支店長をめざすぞー! ナンテ、燃えてたような…。
まさか結婚してタイに永住して、料理を作ってる今の自分の姿なんて、夢にも思っていませんでした。
人生、何があるかわからない!
でも、前向きに動いていると、必ずいいことがありますね。
これまでのタイ生活を支えてくださった皆様、出会った方々には本当に感謝しております。
そしてこれからもよろしくお願いします!



★今回のテーマ★ ― ☆春雨☆

   エスニック春雨第2弾!


ただいまのテーマは「春雨」です。
春雨料理の更新は、まだまだ続きますが読者のみなさまからの募集は締め切らせていただきました。
でも、紹介したいいいレシピがあるのよ~! って方、→ 春雨料理大募集! からこっそりどうぞ。

今回も読者のみなさまからのレシピです。(下記の料理名をクリックすると読者の方のオリジナル記事に飛びます。)
韓国風料理が続きましたが、またまたエスニック。
前にも「エスニック春雨」と題して、ナンプラーを使ったお料理を紹介していますが、今日はもう2品。
エスニック料理の定義って何かしら、、、、と思ったら、「エスニック」自体は、「民族特有の、異国の、風変わりな」という意味になりますが、「エスニック料理」という場合は、「韓国、ベトナム、アラブ、メキシコ、インド、タイのスパイシーな料理」を指すのが一般的なようなので、間違いではないかな。

まずは、日本に帰国してしまった健幸料理メンバー「Green or Yellow」のnamiちゃんから届いたレシピです。

春雨なみちゃん3 春雨とキノコのカレー煮

<材料>
春雨   40g
シメジ 1/2袋、  エノキ 1/2袋、  インゲン 4本、  
プチトマト 4個、  卵  1個 (Lサイズ)、   
カレー粉 大さじ2~3 (辛さの強い、タイ産のカレー粉を使用)
塩・コショウ 少々   タバスコ  数滴、   水 1/3カップ

<作り方>
(1) 春雨を10分ほど(商品の説明に従って)水にさらします。
(2) 鍋に水を入れ、きのこ類を煮ます。
(3) しんなりしたら春雨と調味料を加えます。
(4) 春雨が煮えたら、溶き卵、インゲン、トマトを加えて完成です。

※味が足りない時は、塩やタバスコを加えてください。
タバスコの代わりに、らー油を入れると中華風に変身♪


101127シークレットガーデン11タイ料理に「プー・パッ・ポン・カレー」という料理があるのですが、それをヒントに作ったのだそうです。
プーパッポンカリーは、パームオイルがギドギドのものが多くて(特に某有名店)、私は、滅多に食べないのですが、これならヘルシーでいいですね!
もっともお味は、ちょっと別物だそう、でもカレーと卵の組み合わせっていいなぁ~って気がつかせてくれるお料理ですね。
タバスコがいいアクセントになりますね、ラー油を入れると中華風ってことですが、イマドキなら食べるラー油をいれちゃうのかしら。

namiちゃんは、タイ料理もきちんと習って日本に帰国、なので基礎がしっかりしてるから、こういうアイデア料理が生まれるんですよね~。
これからも健幸料理ネットメンバーとしてよろしくです!


お次は、おなじみ「異邦人の食卓」のタヌ子さんのお料理です。
こちらは、ベトナム料理のレシピを応用したお料理だそうです。

タヌ子さん春雨4 鶏と春雨のココナッツミルク炒め

<材料>
(タヌ子さんのレシピは4人分ですが、下記は2人分にしています。)
春雨 25g
鶏のササミ 200g
レモングラス 1/2本、 赤唐辛子 1本
新タマネギ 1個(万能葱で代用可)、 タマネギ(小) 1/2個
ニンニク 1かけ、 砂糖 小さじ1/4
ナンプラー 大さじ1、植物油 大さじ1、 鶏ガラスープ 110ml
ココナッツミルク 50ml、 片栗粉 小さじ1
塩・黒胡椒 適宜

<作り方>
(1) レモングラスはお湯に1時間ぐらい浸けて細かく切ります。新タマネギ、ニンニクは粗微塵、赤唐辛子は種を取り除いて細かく切ります。砂糖・塩・ナンプラー大さじ1/2と一緒にフードプロセッサーにかけます。
(2) 鶏の胸肉を食べやすい一口大に切って、(1)をまぶしてラップをかけて冷蔵庫で1時間マリネします。
(3) 春雨をお湯に浸けて戻します(30分ぐらい)。ザルにあげて水気を切り、5cmぐらいに切ります。
(4) フライパンに植物油を熱し、タマネギのみじん切りをよく炒め、鶏肉をペーストごと加えて3分ほど炒めます。さらに鶏がらスープを加え、沸騰したら火を弱め、蓋をして15分ほど煮ます。
(5) ココナッツミルクを加え、水溶き片栗粉と残りのナンプラーを加え、15分ほど煮詰めます。
(6) 春雨を加え、強火にして沸騰したら火から下ろし、皿に盛り付け、挽きたての黒胡椒とコリアンダーの葉を飾ります。


ホントは、鶏肉ではなくって、蛙肉のレシピだったんですって!
新タマネギとタマネギを使い分けているところが、なんだかこだわりを感じますねー。
マリネする時間など、時間が少しかかりますし、手のこんだお料理ですが、おいしそ~!
タイ料理にも似ているけれど、こういう料理を食べたことはないので、やっぱりベトナム料理なんですかねー。
タヌ子さんが眺めていたベトナム料理の本って、きっとフランス語なんでしょうね~

アジアとヨーロッパ、まったく違う国々ですが、同じ異国に住む身として、、、というか、タイよりずっと日本とは違う食材ばかりの国にいて、いろいろ工夫してお料理に取り組んでいるタヌ子さんには、いつも勉強させていただいています。
ありがとうございます!!


読んでくださってありがとうございます! 
えー、実は今頃は、多分、スリランカにいる予定で、これは予約記事になります。
みなさまへの訪問やコメントへのお返事が遅れるかと思いますが、ご了承くださいませ。
でも、応援は、いつも励みにしています、よろしくお願いします!

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ   人気ブログランキングへ

家族団欒のカラフルピザ - 秋田帰省日記

PC240810.jpgMerry Christmas !

みなさん、クリスマス・イブは、どのように過ごされますか?
バブルの申し子のような私ですが、最近は、地味に過ごしております。
あれ? 去年は、何してたんだろう???
そうだ! 去年のブログを見れば --- と思ったら、書いてませんでした、、、
ど~せどっかでお酒飲んで過ごしてたんでしょうけどね。
今年は、イブも元旦も空港か飛行機の中という、まったく色気も何もなく過ごしそうです。

(写真は、去年のもの、在りし日の(!?)ZENの前 ――5月の暴動で燃やされたデパート。今は、どうなっているのか、最近、見に行ってません。今年は、じっくりクリスマスツリーを鑑賞する間もなく過ぎてしまい、ツリーの写真がないんです~。)

そうそう、年末年始にご旅行に行かれる方も多いと思いますので、私からのアドバイス。
2泊以上する方は、デジカメのバッテリーの予備と充電器、メモリー(カードやスティック)の予備を持って行くことをお勧めします。
バッテリーはいつも長持ちするからと充電器も予備も持って来ない方、ケッコー、多いんですよね。
旅行中の写真を撮る頻度というのは、日常と違うのです。
それにデジカメの優れた点は、何枚でも撮れること!
どんどん撮って不要な写真を後で捨てればいいのですから、撮り惜しみしないでガンガン撮ってください。
メモリーもすぐにいっぱいになったり、壊れることもあるので、やはり予備を持参されることをお勧めします。

クリスマスにふさわしい記事はなにかないかしら、、、と探してみたんですが --- ないです(笑)
とりあえずファミリーを意識してみて、先日、実家に帰った時のことを書いてみます。
東京でバタバタと免許の更新を終え、盛岡行き新幹線に乗りました。
いつもは、おにいさんがいますが、今回は1人、日本酒も1人でちびちびしながら駅弁をいただきました。

101203秋田01

全く何も考えずに12月3日の新幹線だったんですが、1日違ってたら、青森新幹線の全線開通日で大変なことになってたかもしれません。
おまけに4日は、悪天候でしたしね。
3日に秋田に着いた時点では、雪も積もってなくって寒さを覚悟して行った身には拍子抜けするほどだったんですが、雪国を甘くみちゃいけませんねぇ。
実家には、祖母の1周忌で帰ったのですが、法要の当日だけ異常な寒波が…。
おばあちゃん、、、何か言いたいことでもあるんでしょうか。

101204秋田02   101204秋田03

しんしん降る雪は、それほど寒いという感じではないんですが、この雪は、量こそそれほどでもないけれど、なんか吹き荒れてる感じで骨身にしみます。
タイ生活でちょっとしか持っていない冬着の中から着こめるだけ着こんでお寺へ…。
ストーブがあるとはいえ、お寺は寒いですねぇ、法要なのでこじんまり身内だけなので、ガランとしてるし。

101204秋田06   101204秋田13

お坊さんのありがたいお経を頂いた後は、さらに寒いお墓へ…。
このお墓には、祖父も眠っております。

101204秋田15   101204秋田16

子供たちは、元気に雪合戦なんぞしてましたがね、、、って、こらこら、お墓で遊ぶんじゃない!
やっと家の中であったまって、祖母を偲びながら昼食です。

101204秋田18   101204秋田20

お留守番の女性群でお寿司を作ってくれてました。
右側のお皿にあるお肉は、熊肉です。
しっかり煮込んであるので、食べても熊だか馬だかわからない状態ですが。。。私、熊肉、初めてかも!?
うちの父は、猟友会に入っているので(マタギ!?)、しょっちゅう熊だのウサギだのをとってきて、家の中や小屋で解体してるんです。
子供の頃からそういうのを見て来たので、熊もウサギも食べられなかったんですよねー。
味的にどうっていうわけではなかったので(ウサギはニオイがダメかも)、なんか大人になったなーって気分。

兄がこの日を待ち構えてとっておいてくれたお酒たち --- 沖縄土産です。

101204秋田21   101204秋田28
101204秋田29   101204秋田27

すっかり宴会状態になっておりますが、気がつくと仏壇の前では、、、(田舎だからこういう立派な仏壇が健在)

101203秋田09   101203秋田12

なつかし~! 30年ぶりかも…。
加わりたかったけれど、すっかりルールを忘れていたので眺めるだけ。

さて、晩ご飯はどうしようか…という話になり、せっかく家族が揃っているのだし、、と、私のとっておきを出すことに。


「異邦人の食卓」のタヌ子さんが紹介しているのを見て、とびついてオーダーしちゃいました。

このチーズがあるので、ピザにしよう! と提案、でもピザ生地がない、、まあ、パンでいっか、、、と思ったら、姉がピザ生地を作ると言いだしました。
そういえば姉は、調理師なんですよね、、、

101204秋田33   101204秋田36

粉もの料理が苦手な私は、本気でソンケー! 見習いたいものです。。。と言いながら、習いもせずに私は、シチュー作りとピザのトッピングの準備。

101204秋田55   101204秋田41

ヒヨコマメとカボチャのシチュー、シチューの素を使った手抜きシチューなので失敗はないと思ったのですが、ヒヨコマメを食べ慣れていない実家の面々は、ビミョーな反応…なんで?

カラフルチーズピザは、大人数分でピザの枚数が多くて(10枚くらい)ケチって使ってたので、タヌ子さんのようにきれいな模様はできず、テキトーにパラパラしてみましたが、さて出来上がりは?

101204秋田49   101204秋田48
101204秋田50   101204秋田53
101204秋田52

ワーイ! 十分に華やかじゃありませんか~! タヌ子さん、ありがと~
このピザは、クリスマスにピッタリで、先日の我が家での宴会でも大活躍でした。
タイでも売ってくれるといいのになぁ…。
華やかなだけじゃなくて、ホントにおいしいんですよね。
子供たちには、リンゴのピザが受けていたようです。

この日は、昼からずっと宴会状態、子供たちもたくさんいてとてもにぎやかでした。
家族が集まる機会をくれた祖母に感謝です。

今回、雪かきを覚悟していたらすっかり雪は溶けて、雪かきのかわりに枯葉、しかも重たい杉の葉の掃除。
家の前なんですがね、あまりに大量なので、父がミニブルまで出して来ちゃいました。

101206秋田27   101206秋田25

運動不足だった私は、いいチャンスとばかりお手伝いに励みましたが、、、なんか生活しているなぁ~って感じになっちゃいました。
タイにいるからというのかアパートに住んでいるからかしら、こういうことは、誰かがやってくれるんですよねー。
それはそれでもちろん大感謝なんですがね。

夏にも帰ったので、今年は、2度目の帰省、毎度、ろくに親孝行もせず、まあ元気な顔を見せるのが親孝行だろうと開き直ってる節がありますが、家族はみな元気で安心しました。

それにしても秋田の不況はキビシーですね。
新年は、家族みんながさらに元気で、明るいニュースがたくさん聞けますように!!


読んでくださってありがとうございます! にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ   人気ブログランキングへ 
ポチポチと2つ押して応援をお願いします。


春雨キムチ餃子

  • カテゴリ:春雨
  • コメント:8件
  • トラックバック:0件
いよいよ年の瀬も押し迫ってきましたねぇ~(…と、この頃、メールするにもこの挨拶ばっかりです。)
飲み会はあるけど、華やかな場所に行っていないので、クリスマス気分も盛り上がらず、気ばかり焦っているこの頃です。
明後日には旅行に出るのだけど、今のところブログ記事の予約在庫が一切ないんですけど、、、大丈夫かしら!?



★今回のテーマ★ ― ☆春雨☆

   春雨キムチ餃子


ただいまのテーマは「春雨」です。
春雨料理の更新は、まだまだ続きますが読者のみなさまからの募集は、終了させていただきました。
でもいいレシピがあるのよ! って方、こっそり → 春雨料理大募集! からどうぞ。

2回続けて韓国料理的な春雨料理を紹介しましたけれど、他になかったかしら、、、とみてみたら、ありました!
おなじみ「異邦人の食卓」のタヌ子さんが「春雨キムチ餃子」を作ってくださいました。
ーーーん? でもキムチは韓国風だけど、餃子ってことは中国風

一瞬、悩みましたけれど、そういえばキムチ餃子は、タヌ子さんが韓国料理の商品として買ったものを紹介されていたのでした。
だから韓国風料理ってことでいいんですよね!
商品は、イマイチだったらしく、でもキムチ餃子はおいしいに違いないからとご自分で作られたのですが、ヘルシーに豚肉ではなく春雨を使ってみてくださったのでした。
わざわざこのブログのためにありがとうございます!

タヌ子さん春雨3 タヌ子さん春雨2

春雨も皮もオレンジに染まってとっても綺麗ですね!
特に春雨の透明感がいいなぁ~
皮にホウレンソウを練りこんだ緑の翡翠餃子ってありますけど、負けてません!(なぜ勝負する!?


 春雨キムチ餃子 (←クリックでタヌ子さんの記事にとびます。)

<材料>(餃子25個分)

春雨 30g
キムチ 100g、 餃子の皮 25枚、 
味噌 大さじ1、 しょう油 小さじ1、  老酒 小さじ1

<作り方>
(1) 春雨は熱湯に5分浸して戻し、布巾で絞ってしっかり水切りをし、1cmぐらいの長さに切ります。キムチも水気を切り、粗微塵にします。
(2) 春雨に味噌、醤油、老酒を加えしっかり味が馴染むように混ぜたら、キムチを加えよく混ぜます。
(3) 餃子の皮に包み、油を敷いた鍋に皮をギュッと押しつけるように並べ、サラダ油小さじ2杯分ぐらいをふりかけ、軽く焼き色をつけたら、水を100cc程加え、蓋をして蒸し焼きにします。


春雨とキムチオンリーにしたら、さすがにヘルシー過ぎたようであっさりしてたみたいです。
ヘルシーにってことで春雨を入れるにしても、半分くらいは豚肉や海老など、ちょっと動物質が入っている方がおいしく食べられそうですね。
タヌ子さんもおっしゃってますが、餃子にしなくても、春雨とキムチの組み合わせはよさそ~!

ヘルシーさを狙っているのか、食感を楽しむためか、春雨ってよく春巻きやシュウマイに入ってません?
実は、私もそのイメージでシュウマイに挑戦したかったんですが、健幸シュウマイはレンコンがないとムズカシイので、ごくごく簡単に…と思って餃子を作ってみたんですよ、、、。
そもそも料理としてボツにしてたし、タヌ子さんの美しい餃子をみてしまったら、とてもじゃないけどお見せできるシロモノではないんですが、ついでなのでネタとして恥をしのんで披露します。

春雨料理45さて、中味はなんだと思います?
これがサイテーな組み合わせでして、、、春雨と納豆なんです。
何がサイテーって、つるんつるんのぬるぬるで、皮で包むのが大変だったんです。
ヒダなんて作ってられない!
見た目がひどいので、焼くのも無理そうってことで、スープに入れちゃったんですけどね、、、すっかり餃子ではなくワンタン状態です。
一応、スープとしてはおいしかったですけど、ただの納豆好きかも
納豆と春雨の組み合わせにするなら、豆腐やレンコンで固めないとムズカシイようです。
それでいくと、タヌ子さんのキムチと春雨もケッコー、大変だったんじゃないかと思うんですが、サクサクと作れてしまうタヌ子さんは、すばらしい!
そうだ! キムチ納豆春雨餃子ってのは、どうでしょう? (どこまで納豆好き?)


まだまだ続く春雨料理、さて次回は、どんなお料理が登場するのでしょうか?
お楽しみに!(って、旅行前に書けるのかしら…不安

読んでくださってありがとうございます! にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ   人気ブログランキングへ 

12/20のツイートまとめ

koppunmaak

昨日の宴会用に買った大量の野菜、残った量も大量。まったく計算せずに買ってしまいました。今週の夜は完全外食、そして金曜日から旅行、、、漬物にでもしようかな、、、。
12-20 00:02

花火があがってますね、チャオプラヤー川の方でしょうけど。
12-20 00:22

ガーン! FC2のブログ、書きかけてたところで、長くなったので下書きで一度保存しておこうと下書き保存したんですが、混み合ってるってエラーが出て、、、消えてしまいました?(涙) 余計なことしなければよかったのかしら・・・。
12-20 04:04

おはようございます。今日もまた涼しい(寒い)バンコクですね。仕事は、今年最後の週、気合を入れていかなくっちゃ。
12-20 09:17

台北旅行記、やっと最終回にたどりつきました(笑) 最後のランチは小籠包の有名店にトライ! っが・・・!? http://bit.ly/ghrxak
12-20 12:38

台北の最後の食事はやっぱり!? (台北旅行記その9)

  • カテゴリ:旅行記
  • コメント:14件
  • トラックバック:0件
台北旅行記、今回がラスト!
「台湾に行く」と話すと「いいなぁ、私もまたディンタイフォンに行きたい!」って何人にも言われました。
でぃ、でぃん、、、な、何、それ?
小籠包のとってもおいしい超有名店「鼎泰豊」だそうで、世界中にも支店があるんだそうな、、、もちろん日本にも、、ゼンゼン、シラナカッタ
そして、「台湾に行って来た」というと「ディンタイフォンに行って来た?」とやっぱりよく言われます。
ホントに有名店なんですねー、その有名ぶり、人気ぶり、しかと見て体験してきましたよ~。

市場見学にすっかり満足、ホテルに戻り、ランチ後にすぐチェックアウトできるよう荷造りをしてランチへGO!
せっかくですから永康街(ヨンカンジエ)にある鼎泰豊本店へ。
タクシーで乗り付けてみると、すでに店の前には行列が…。
し、しまった、出遅れた~ 
でもたしか12時前だったはず、、、人気の度合いを甘く見てました、スミマセン。
並ばずに入るには、朝抜きで11時に並ぶくらいの根性が必要なようです。
番号札をもらい、メニューと注文票を渡され、店の前でああだこうだと作戦会議。
小籠包は、2種類は食べたいねーと。
思ったより野菜料理が少なくて、麺やご飯、スープが中心でちょっとさみし~、まあ、小籠包がメインだからね、、、と話してる間に、どんどんどんどん人が増えて…

台湾台北旅行176   台湾台北旅行175

こんなところでぐちゃぐちゃに人にもまれるなんて~
隣の書店に避難して時間潰し。
電光掲示板で今、何番が呼ばれているかがわかります。
最初は落ち着きなく5分ごとにチェックしに行ったんですが、、、イッコーにススマナイ。
本屋での時間潰しも限界(中国語だし)の30分経過後、まだまだ順番が周って来そうもなく、誰かが「90分待ちだってよ!」なんて話してるのが聞こえ決断! やめよう!
誰から言い出したか忘れたけど、みんな同意して他の店を探すことに。
そもそも私もおにいさんも食べモノに30分以上待つということができないんです。

探そうと歩きだした目と鼻の先に立派な門構えの店があるじゃありませんか。
あまりに近いところなので、なんか便乗商売? すっごく高くてぶっかけられたらどうしよ~なんて思いながらも、他を探す時間もなく、メニューを見たら料理も豊富でそんな高いわけでもないので入ることに決定!
「高記」というお店なんですが、後で調べたらここも老舗だったんですねー、ネットで見ても鼎泰豊よりこっちが好きという人もいるようです。

台湾台北旅行184

さあ、これでやっとゆっくり紹興酒が飲める! ---と、思うでしょうが、実は・・・
パンプリちゃんのお友達が時間潰しで街に出てて、順番が来たら携帯で知らせるってことにしてたんですが、携帯がつながらない!
パンプリちゃんと私が交代で鼎泰豊に見に行ってみたんですが、私が行った時にやっと私たちの順番がカウントダウン状態になっておりました。
店の前は、さらに人数が膨れ上がって大変なことになっておりました。
みんな根性ありますねー、中にはハンバーガーを食べながら待ってる団体さんも。。。ガイドさんが配ってました。
台北ナビの記事を読むと、やはり一度は、食べておきたいなあと思いました。(でもやっぱり30分以上は待つ気はないかも)
お友達とはパンプリちゃんが2度目に様子を見に行って無事に会うことができました、ヨカッタ、ヨカッタ。

さて、高記でのランチ、これがなかなかホントに大満足だったんですよー。

台湾台北旅行183

「元籠小籠包」(180元)と「薺菜小籠包」(220元)。
やっぱり食べておきたい小籠包、十分においしいじゃないですか~!
ナンテ、実は私、小籠包音痴かも、、、と、皆があそこがおいしい、ここがおいしいと騒ぐのを聞くにつけ思うんですよねー、皮の厚みとかスープの味とかお肉のおいしさとか、こだわるところはいっぱいあるんでしょうけど、大体おいしければそれでいいというのか、あまりこだわりがないんですよねー、肉料理だからかしら。
猫舌のせいもあるかも。

台湾台北旅行177

「高式酸辣湯」(120元)
安い、しかもしっかりおいし~!
このお店上海点心が元になっているらしく、酸辣湯もやさしめのお味、酸味が食欲を刺激します。

台湾台北旅行186

「清香炒時蔬(水蓮)」(180元)
市場でとっても気になっていた野菜、「水蓮菜」の炒め物があった!
食べる機会はもうないかとあきらめていたので、とってもうれしー
これは、いつもおいてるわけじゃなくって、多分、季節の野菜ってことでたまたま水連だったんじゃないかしら、だとしたらすっごくラッキー!!
シャキシャキしてクセになる歯ごたえ、おいしかったです、タイにもないのかしら・・・。
(日本では新橋にある台湾料理屋や他の台湾料理屋さんでも食べられるようで、日本には輸出されているようです。)

台湾台北旅行187

「雪菜扁尖百頁」(220元)
これがまたおいしかった~!(この表現しかないのか?)
ここの人気メニューのようです。
雪菜というのは、多分、セリホン(雪裡紅)じゃないかと思います。
カラシナのような爽やか辛味があります。
百頁(バイイエ)というのは、湯葉のようにうす~いお豆腐です。
100ページってことで、紙のように薄いってことのようですね。

台湾台北旅行178

「蒜味白肉巻」(280バーツ元)
本日のメインってところでしょうか。
何かメインを…と思って探したんですが、あまりに立派すぎるモノが多くて(シーフードとか豚肉のドーンとしたのとか)、ランチには重すぎるなあと思いながら、やっと探したメニュー。
香味と味噌がよく合わさって、あっさりしてるんでいくつでも食べられそうなほど、頼んで大正解!

店内を見回すと、家族連れも多く、ドーンとしたものしっかり食べてました。
「東坡肉(豚の角煮)」「鼓汁排骨(蒸したスペアリブ料理)」か、、、正面のおじさんを盗み撮り。

台湾台北旅行179   台湾台北旅行180

最後は、海老の炒飯(180元)で〆て大満足で帰りました!
水蓮菜や雪菜、百頁に出会えたことを思うと、鼎泰豊に入れなくってよかったかも、と思いました。
通り過ぎた日本人カップルが「おいしかったよねー」「十分においしいよねー」と何度も言ってて、多分、同じように鼎泰豊をあきらめた人たちで、自分たちをなぐさめているというよりは、おいしかったから、あまりの混み具合の違いに納得ができないでいたんだと思います。

ランチ後は、ホテルに戻ってパンプリちゃんたちは飛行機の時間でお別れ。
私はあと3時間だけあるので、友達に頼まれていた太極拳靴を買いに西門(シーメン)駅周辺へ。
やっとみつけたお店は、日曜閉店、、、
仕方なくその辺をフラフラ、この辺りは、若者の街って感じでした。
私がどうしてもリュックにもなる3WAYのカバンが欲しくって探し回っていたので、すっかり時間となり空港へ。

ここでまた最後に事件!?
夕方で渋滞に巻き込まれた上、バスを降りる場所を間違って違うターミナルに着いてしまいました。
ターミナルが2つあるってこと、まーったく考えてなくって着いたと思って降りちゃったんです。
気がついた時には、乗って来たバスは発車してしまい、ターミナル2からターミナル1に行くのに、バスかタクシーを探すしかありません。
そしたら、親切に声をかけてくるおじさん。
おにいさんは、ホイホイついてったのですが、どうみても怪しい、やっぱり白タクで300元などとふっかけてきます。
そんな距離のわけないだろうって怒ると、だんだん値下げしてきたんですが、お金の問題ではなくって、私、妙に正義感が強いところがあって、こういうのはどうしてもイヤ!
時間がないんだから…と、おにいいさんは荷物をのせかけてます、シンジラレナイ!
飛行機に乗れなくても、こんなおじさんの車に乗るのはイヤ!
おにいさんと喧嘩しながら、結局、時間ギリギリのシャトルバスに乗り(30分に1本しかなかった)、やっとチェックイン。
搭乗時間には少しだけ時間があったので、すっかりご機嫌が悪くなったおにいさん(私だって腹がたってるってのに)をなだめるために、おにいさんが最後に食べたがっていた麺料理をすすめてみました。
さすが台湾、空港のお店もレベルが高い。
私は食べるつもりがなかったのに、おにいさんが2つ注文しちゃったんでしっかり食べました。

台湾台北旅行194   台湾台北旅行195

最後の機内食は、もはやなんの記憶もない、、、きっとほとんど食べられなかったんじゃないかと、、、タイ航空さん、ゴメンナサイ、でもワインはいっぱいいただきました。

あー、なんかこうやって書いてみると長かったような台北旅行ですが、やっぱり食べられなかったものがいっぱいあって心残りが…。
今度は、屋台でゆっくり酒を飲みたいです。。。タイから近いんだから、気軽に行きたいですねぇ。

読んでくださってありがとうございます! にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ   人気ブログランキングへ 

春雨ナムル風

  • カテゴリ:春雨
  • コメント:8件
  • トラックバック:0件
昨日の土曜日は、今年最後のウチ宴会でPCに向かう暇がなく、偶数日なのに記事をアップできませんでした、、、(そして今日もこんな時間)
ウチ宴会は、ホームパーティーなんていう洒落たものではなくって、あくまて宴会って感じなんですよね~。
ここのところ忙しくてウチ宴会もなかなかできずにおりました。
宴会料理は、気を使わずささっと作れるものでいいと思っているので、日中の忙しさはあまり関係ないのですが、何が大変って… 忙しい → 部屋を片付けられない → 人を呼べない ってことなのです。
昨日、みんなの前で宣言しましたけど、新年は、常にお部屋をきれいにしていつでも人を呼べる状態にして、もっと頻繁に宴会をしたいと思っております。
片付いたお部屋だったら、宴会からホームパーティーに昇格するかも。



★今回のテーマ★ ― ☆春雨☆

   春雨ナムル風


ただいまのテーマは「春雨」です。
春雨料理の更新は、まだまだ続きますが読者のみなさまからの募集は締め切らせていただきました。
でも、紹介したいいいレシピがあるのよ~! って方、→ 春雨料理大募集! からこっそりどうぞ。

前回は、ソーニャさんの韓国料理の春雨レシピを紹介しました。
健幸料理研究所の試食会でも韓国風料理が1品出ましたので紹介しますね。
野菜もいっぱい食べられる春雨ナムル風です。
ナムルって野菜の和え物ということのようで、野菜はなんでもいいんですよね。
野菜じゃないのでナムル風としてみましたが、野菜も入ってるしヘルシーな一品です。

春雨料理20
by mimosa


 春雨ナムル風

[材料]
春雨 40g
キュウリ(タイの大きいキュウリ) 1/2本
ホウレンソウ 100g、 カイワレ 100g
コチュジャン 小さじ1、 ゴマ油 小さじ1、 めんつゆ 小さじ1/2、塩コショウ
白ゴマ 適量

<作り方>
(1)タレを和えておきます。
(2)春雨を2分半茹でて、氷水で冷やししっかり水気を切ります。
(3)ホウレンソウは茹でてざく切り、キュウリは大きめの千切りで塩でもんで水気を切り、カイワレもあらって水気を切っておきます。
(4)すべての材料を混ぜて、最後に白ゴマをちらします。


春雨を茹でて氷水にとると、よくしまってヌメリがとれ、調味料がよくからむそうです。
時間が経った方が味がなじみます。
ナルホド、春雨のツルツルとは違った魅力、でもパサパサしてるわけでもなくって、お箸できちんととって食べたいって感じ。
おつまみにもピッタリ!
ご飯もすすんじゃいますね。
ご飯に春雨料理をのっけて食べるってあまり想像できないけど、これならのっけながら食べてもおかしくないかも。
カイワレがいいアクセントになってましたが、他にも冷蔵庫の残り物なんかでもいけそうなのがうれし~ですね!

春雨料理21



読んでくださってありがとうございます! にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ   人気ブログランキングへ 
ポチポチと2つ押して応援をお願いします。  


弊著「南国(タイ)の野菜たち」には、タイの野菜情報やレシピがたくさん載っています!
日本国内の方は、アマゾンでどうぞ!(書店では販売しておりません。)
タイ国内の定価は、600バーツ、日系の本屋さんでお求めいただけます(よく売り切れになってますが、頼めば入荷します)ので、タイ在住の方はぜひお求めになってみてください!!

やっぱり悩ましの朝ご飯(台北旅行記その8)

  • カテゴリ:旅行記
  • コメント:8件
  • トラックバック:0件
師走で気ばかり焦って、やたらとミスの多いこの頃です。
メールで宴会の招集をかけて日付が抜けてたり、電話番号をお知らせするのに数字が抜けてたり、、、なんかいい加減な仕事をしてて反省…。
毎年、前からわかっていることでいつも同じ後悔をするのですが、、、クリスマスカードもまだなんです。
会社で出すので、半端な量じゃなく、自分でカラー印刷しなくちゃいけないので結構大変。
印刷屋さんにお願いすると、カラー印刷はかなりな金額になっちゃうんですよねー、うちの経理の子が抵抗したので、渋々、自分で動いてる立場の弱い副社長です。
クリスマスに間に合わないかもしれないし、宗教上、クリスマスカードを嫌がる方もいるので、シーズンズグリーティングってことにしておりますが、、、ギリギリ、来週の月曜日に発送できるかどうかって状態。
グリーティングカードも年賀状もそんな儀礼的なこともらう方はもそれほど喜んでるわけではないかも・・・と思うこともあるんですが、自己満足なのかもしれませんね。
日頃の不義理を埋めようってところもあるし、年に1回、これでしか連絡を取り合わない方もいて、返事がなくても、とりあえずカードが届いてるだけで安心したりします。


台湾旅行記、ラスト2回!

朝市を見学後、空腹ではないけど何か食べたい気もする…というビミョーな状態のお腹。
さらに先、北へ向かうと民権西路(ミンチュェンシールー)駅の近くに食事ができそうな「晴光市場」があるというので、そこをめざしてみました。
周辺まで行ってみると、、、あれ???
日曜日だからなのか、朝だからなのか、パンプリちゃんが前に来た時とは大違いで静まりかえっておりました。
ポツポツと空いてる店もありましたが。

台湾台北旅行149

これは、初日にセブンイレブンでもみかけた紫黒米ロールのおむすび版なんでしょうね、なんかパンパンですね、きっと中にいっぱい具が入ってることでしょう。
食べてみたいけど、やっぱこれ1個ですごいお腹がふくれそうなのでやめておきます。

じゃあ、帰りますか、、、と歩きながらも「素食」の看板をみつけて、一応、写真を撮ってみたり、ちょっと、ちょっと、、、と、ポツリポツリ空いているお店をのぞいていたり、、、。

台湾台北旅行154   台湾台北旅行155

朝のうちに仕込みをしてるんですね。
この先で犬が戯れておりました。

台湾台北旅行157   台湾台北旅行156

導かれるように行くと、、、朝食できそうな屋台が並んでいる一画に遭遇。

台湾台北旅行170   台湾台北旅行172

台湾台北旅行159   台湾台北旅行158

小さいながらに八百屋さん、果物屋さん、魚屋さんまであります。

台湾台北旅行162   台湾台北旅行161

う~ん、何か食べる? 何食べよう? と、またも優柔不断な私たち。

台湾台北旅行166

これって日本料理屋さん!?

台湾台北旅行165   台湾台北旅行164

おでん、寿司、冷やし中華まであります。

さっきの市場でもフルーツやジュースをつまみぐいしているし、ランチもたっぷり食べたいから、軽くね、軽く、、、と言いながら選んだ品々、3人でシェアしました。

台湾台北旅行163   台湾台北旅行169

パンプリちゃんが注文してくれた葱餅。

台湾台北旅行171   台湾台北旅行168

念願(!?)の豆花と豆漿。
他にドラゴンフルーツがあったのですが、写真がイマイチなのでパス、味もイマイチだったかなぁ、、、ドラゴンフルーツを食べたことがないというので、真っ赤なのがあったから、これは甘いに違いないと思って買ってみたら、ふつ~でした。
お口になおしにいい感じのあっさりさですね。

隣に座ったおじさん2人が私たちのことを「日本人だよ」と会話しているのが耳に入ったのですが、その言葉が、あれ? タイ語だよね、、、と、聞いてみたらタイから来ていたそうで、しばし、おしゃべりしました。
そのおじさんがこの辺りでイチオシのお店は、この市場にあるダックのお店だそうです。
台北に来た時は、必ず通うそうで、私たちにもぜひ、と言ってましたが、私たちは、もう出発しなくてはならないのよ~。

お腹もふくれて、台湾流朝ご飯を満喫したところで、おにいさんの待つホテルへ。
初地下鉄です。

台湾台北旅行173   台湾台北旅行174

地下鉄もきれいですね。
でも2度乗り換えしたら、ケッコー時間がかかってしまいました。
ここでまたリズムがビミョーに狂い始め、、、ランチがまた… ということで、最終回に続きます。



読んでくださってありがとうございます! にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ   人気ブログランキングへ 
ポチポチと2つ押して応援をお願いします。

韓国風春雨料理

  • カテゴリ:春雨
  • コメント:6件
  • トラックバック:0件
★今回のテーマ★ ― ☆春雨☆

   ソーニャさんの韓国風春雨料理


ただいまのテーマは「春雨」です。
春雨料理の更新は、まだまだ続きますが読者のみなさまからの募集は、明日(15日)で終了させていただきます、
まだまだ駆け込むぞーという方、→ 春雨料理大募集! からお願いします。

健幸料理研究所の試食会でのメンバー料理も続きますが、せっかく応募いただいた読者のみなさまの料理を今年のうちに紹介してしまいたいので、どんどん紹介していこうと思います。

まずは、たくさんのレシピを紹介してくださった「へそ曲がりアデリーの食べればご機嫌」のアデリーさん、私は以前からのお名前でソーニャさんとお呼びしております。
尊敬すべき美食家で酒飲み(?)で、そしてお料理もしっかりなされるソーニャさん、すでにこのブログでお馴染の(?)クロアチアのタヌ子さんもブログをぜひとリクエストしてらっしゃったのですが、今年、ついにブログを始めてくださり、いつも楽しませていただいております。
ーーーというか、ブログの前でウットリすることばかり・・・。
今日は、ソーニャさんのお料理の中から、まずは2品、紹介させていただきます。
そういえば、まだ韓国風が出ていないなぁ・・・ということで、韓国風春雨料理です。
韓国料理ってお野菜たっぷり、唐辛子もたっぷり、見てるだけであったかくなりますね

ソーニャさん春雨チャプチェ チャプチェ

<材料>
春雨、牛薄切り肉、タケノコ、ニンジン、生シイタケ、
赤ピーマン、キュウリ、キヌサヤ、白胡麻、摺りゴマ
ごま油、砂糖、しょう油、ニンニク(おろしたもの)、塩、コショウ

<作り方>
(1) 牛肉は細切りにして、ごま油、砂糖、しょう油、おろしニンニクに浸けておきます。
(2) 熱したフライパンにごま油を入れ、材料を各々塩・コショウで炒め、ボウルに入れておきます。
(3) 同じフライパンで牛肉を炒めて、肉だけをボウルに入れます。
(4) 肉の炒めた汁に戻した春雨を入れて汁を吸わせるように炒めて、水分がなくなったらところでボウルに戻します。
(5) キヌサヤは塩ゆでして、細切りにします。
(6) ボウルに摺り胡麻を入れて、良く混ぜてお皿に盛り付け、絹さやと白胡麻を飾り付けます。


チャプチェは、春雨を炒めた韓国料理です。
タイのヤムウンセンに並ぶ、春雨が主役のお料理ですね。
韓国料理で使われる春雨はサツマイモでんぷんが多いようで、タイの緑豆春雨よりも太めでモッチリしている気がします。

外でチャプチェを食べる度に、今度、作ってみよう…と思いながら、なかなか作れずにいたので(レシピを探すのがメンドーで)、ソーニャさんのレシピ、とってもうれしいです!

イッキに炒めるのではなく、それぞれの材料の味を春雨にしみこませる感じなんですね~。
お肉が使われてますが、お野菜たっぷりなのでヘルシーですね!
私が家で作る場合は、牛肉なし、、、それでもおいしくできるかしら?


ソーニャさん春雨ユッケジャン ユッケジャン

<材料>
春雨、牛肉薄切り、豆モヤシ、生シイタケ、ニンジン、ニラ、
ズッキーニ、エノキダケ、長ネギ、赤パプリカ
しょう油、ごま油、すりゴマ、おろしにんにく、粉トウガラシ

<作り方>
(1) 牛肉を適当に切り、ボウルに醤油、胡麻油、すりごま、おろしニンニク、粉唐辛子に漬け込んでおきます。
(2) 生シイタケは1センチ、ニラは3センチくらい、ニンジンは縦に切ってから斜めに切ります。
(3) 熱した鍋にゴマ油で牛肉を炒め、火が通ったら野菜も炒めて、水を加えて40分以上煮込みます。(ズッキーニの白い部分が溶けかけたぐらいが美味しいです。)
(4) 春雨を戻して器に盛って、ユッケジャンをかけます。


家で韓国料理というと、キムチ鍋かナムルくらいしか作れずにいたので、これはうれしいレシピです。

ソーニャさんは、冬になると沢山作って、翌日は春雨やうどん、3日目はご飯に卵、、、というように楽しむそうです。
ああ、ご飯もたしかにおいしそ~。
日本では冬のイメージですが、韓国では、暑い時期にスタミナをつけるために食べるそうです。
汗をかきながらアツアツをフーフーいいながら食べるわけですね、タイも暑いのに年中鍋やスープを食べてますから似てますね。

読んでくださってありがとうございます! にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ   人気ブログランキングへ 

このブログで登場するタイの野菜については、弊著「南国(タイ)の野菜たち」に基礎知識やレシピが載っていますので、そちらを参考にしていただければうれしいです。
日本国内の方は、アマゾンでどうぞ!(書店では販売しておりません)
タイ国内の定価は、600バーツ、日系の本屋さんでお求めいただけます(よく売り切れになってますが、頼めば入荷します)ので、タイ在住の方はぜひお求めになってくださーい!!

ふたたび朝市へGO! (台北旅行記その7)

  • カテゴリ:旅行記
  • コメント:10件
  • トラックバック:0件
今年も残すところわずか、、、私は、24日(金)が仕事納めになるので、実質労働日はあと10日です。
12月、2度目のタイの3連休  は、社員旅行でカンチャナブリに行って来ました(案の定、ネットは使えず、、、)。
カンチャナブリはもう何度も行っているし、一時帰国の疲れもあり、一緒に行くはずだった方が風邪で前日にキャンセルされたり、行く前は、社員サービスの義務のような感覚であまり期待をせずに出かけたのですが、これが想像以上に楽しく贅沢な旅になりました、なんてったってタイで温泉ですからね!
詳細は、、、来年になりそうな気がしてますが、、、すっごく楽しかったので、なんとかレポートしたいと思っています。

その前に台湾レポート ―――、まだひっぱってますが、今回を入れてあと3回あります。。。ヨロシク。  
(写真はそれぞれクリックするとちょっと大きくなります。)

2泊3日なんてホントにあっという間、、、まだまだ食べてないものがいっぱい!
初台湾の私は、当然のように故宮見学に出掛ける予定だったのですが、それだけで半日が潰れてしまうのが気になりました。
タイのように朝早くからオープンするならいいですが、9時からしか開かないみたいだし、行って戻ってきたら、パンプリちゃんたちはもう帰る時間です。
私以外は全員行ったことがあるというし、きっとまたいつでも来られる、、、と、故宮はあきらめることにして、やっぱり朝ご飯と朝市に出かけることにしました。

まず向ったのが雙連(スァンリェン)駅周辺の市場。

台湾台北旅行089   台湾台北旅行090

ここは、朝市だけでなく、夕方までにぎやかなのだそうです。

台湾台北旅行094   台湾台北旅行095

台湾台北旅行097   台湾台北旅行096

いちいち、タイより安いとか高いとか大きいとか比較してしまう私、、、。

台湾台北旅行092   台湾台北旅行091   

これ何? なにナニ? と見てたら、ちゃんと中から見やすいように出してくれました、みんな親切です。
これは、ユリ根です。
高級食材のイメージ、タイでは、会社の近くの高い潮州料理屋で食べたことがある程度のような、、、。

台湾台北旅行093

あ~、ため息もののヤムイモ、、、下の黒いのが台湾産、右上の白いのが日本からの輸入モノだそうです。
日本からのでも安い!
タイなんて、10cmで1,000円近くすることあるんですよ~!
この衝撃があまりに大きかったので(!?)コラムを執筆しているフリーペーパー「WOM Bangkok」で、次回のテーマはヤムイモにしちゃいました。
(後日補記: ヤムイモというのは、山芋(長芋)、自然薯、大薯などの総称です。「ヤマイモ」を総称として使うこともありますが、ナガイモのことをヤマイモ、自然薯をヤマノイモと言ったりして名称が混乱しているので、総称は、ヤムイモとしております。)

台湾台北旅行098   台湾台北旅行099

実演販売してたおに~さん、、、私、こういうのコロッといってしまう方で、しっかり買いましたよ。
ソムタムピーラーに近いのだけど、もっとしっかりしてて立派な千切り、麺のような長さにできます。
野菜麺を楽しめそうです。

台湾台北旅行100   台湾台北旅行101

ライトの具合で夜市っぽい、、、パンプリちゃん、おじさんのところでファラン(グアバ)を購入。
タイでは、ナムターンプリッククルア(砂糖と塩と唐辛子を混ぜたもの、正式名称は不明)をつけて食べますが、台湾の調味料もおいしいんですって!

台湾台北旅行102   台湾台北旅行108

青菜がどれもイキイキ。
右の野菜がとっても気になったのですが、よくわかりません。
葉の表と裏が緑と紫で別々です。
後で調べると「紅鳳菜(ホンフェンツァイ)」という野菜で、英名が「Gynura」、日本名は「金時草」「水前寺菜」「ハンダマ」などと呼ばれています。
なんだかポリフェノールがたっぷり、すごく栄養価が高そうな気がしますねー、タイでは見たことないです。

台湾台北旅行103   台湾台北旅行142

左側の写真の真ん中、コロンとしたのはヘチマです。
台湾のヘチマは立派なんですよねー。
右のがヒョウタン、これまた立派、模様つきのはとってもきれ~で飾りたくなります。

台湾台北旅行105   台湾台北旅行104

食べながら売るあたりは、タイと似てますねー。

台湾台北旅行111   台湾台北旅行112

この市場は、ここで食べるというより、みんな持ち帰りしているようです。
右側の肉団子なのか魚団子なのか、とにかくホカホカほっくりしてて大玉でおいしそ~、つみれ文化はタイにもあるんですけど、やっぱり台湾のは大きいんですねぇ。

さて、下の左の赤黒いのは、なんでしょ~?
これを茹でて皮を剥いたのが左側の写真です。

台湾台北旅行110   台湾台北旅行107

タイで見かけることは少ないのですが、タリンチャンのマーケットで発見したことがあります。
日本語では「菱の実」、タイ語では「グラジャップ」  英語では、ウォーターチェストナットと言います。
英語のウォーターチェストナットは、大黒クワイのこともいうので混乱しないように。
どっちもホクホクしてたしかに栗のような芋のような感じ、ご飯にいれてもよさそうだなーと、その日に帰国予定なのでひとつかみ買ってみましたが、その日、1日持ち歩いてたらやっぱり家に着いた時には匂ってました、、、無念。

台湾台北旅行115   台湾台北旅行116

マコモダケとトウミョウ。
トウミョウがどさっと売られてるのいいですねぇ。

台湾台北旅行117   台湾台北旅行136

卵(ピータンと塩卵)や魚も売ってます。

台湾台北旅行129   台湾台北旅行131

左は、私の本では「ミズワラビ」と紹介したのですが、、、「クワレシダ」というらしいです。
右は、台湾の野菜でA菜と呼ばれるもの、台湾ではポピュラーな野菜のようで炒めものにピッタリです。

そろそろ何か口にいれたいような、、、と思ったら目につきました。
さて、これはなんでしょう?

台湾台北旅行138

ヒント!? ---いや、答えは、

台湾台北旅行153   台湾台北旅行139

パッションフルーツジュースです。
種もまんま入ってますが、別に気になりませんでした。
いつかのセミナーで、「パッションフルーツをジュースにするには、種はどうしたらいいんですか?」 と質問を受けたことがありましたね。
「種ごとででもいいと思うけど、気になるならそのままジューサーやミキサーにかけるか、茶漉しやザルにのっけておけば種だけ残って中身だけジュースのように飲める」と回答した記憶がありますが、毎回、同じパターンではなく、種あり種なし、いろいろ楽しんでもいいような気がします。

さてさて、他にもいろいろ写真撮りましたけど、まあ、このへんで、、、。
市場の端から端まで歩きましたが、ホントに人がいっぱいでにぎやかでしたねぇ。

台湾台北旅行146   台湾台北旅行147

あれっ? 朝ご飯、まだ食べてなーい!
グアバとパッションフルーツジュースはいただきましたけど、、、それで十分なような、まだ食べたいような、、、ということで、次回に続きます。

読んでくださってありがとうございます! にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ   人気ブログランキングへ 
ポチポチと2つ押して応援をお願いします。

エスニック春雨、もっと気軽にナンプラー!

  • カテゴリ:春雨
  • コメント:8件
  • トラックバック:0件
タイは、今日も祝日です。
憲法記念日なのだそうで、絶対王政がなくなった日でもあるんだそうです。
弊社は3連休、毎年、この時期、社員旅行に出かけます。
今年は、カンチャナブリに行って来ま~す!
うちのスタッフたちと行く旅行は、ローカルローカル、全食、タイ料理なんですよね~。
おいしいのが食べられるといいけど。
カンチャナブリのホテルのネット環境がさっぱりわかりませんので、返事が遅れたり、みなさまのところに訪問できないかもしれません、日曜の夜には帰ります


★今回のテーマ★ ― ☆春雨☆

   エスニック春雨


ただいまのテーマは「春雨」です。→ 春雨料理大募集!
春雨を使った料理や春雨にまつわる話がありましたらぜひお知らせください!!(12月15日まで)

ヤムウンセン
タイで春雨というと、まず浮かぶのが「ヤム・ウンセン」ですね。
「春雨サラダ」「春雨のピリ辛サラダ」なんて訳されることがありますね。
ピリ辛度合いが店によって全然違って、本気で容赦がない時もあり、まったくさっぱりサラダではないこともあります。
でも、辛くないヤム・ウンセンが出てきた時、タイ人の友人が「こんなのヤム・ウンセンじゃない!」と怒っておりました。

激辛好きの私ですが、「ヤム・ウンセン・マイ・ペッ」も好きだったりします。
「マイ・ペッ」は、「辛くない」という意味なんですが、多分、春雨好きだからですかねぇ、酔ってる時の〆のいっぱいでスルスル食べたい時とか、、、。
そんなメニューがあるわけではなくって、そうやって特別注文するのです。
タイは、どんな風にも融通がきくのでありがたいですが、「マイ・ペッ」なんてなんで注文するのか、日本人は、辛いのが苦手なのねー、みたいに思われてるんでしょうねぇ。

春雨は、自己主張しませんので、脇役になることも多いですが、いろんな味にかえられるのでいいですね。
今日は、ヤム・ウンセン・マイ・ペッにちかい、エスニック春雨を紹介します。

春雨料理35

by cinnamon


  エスニック春雨

[材料]
春雨 20g
キンサイ 1本、 キュウリ(タイ小) 2本、 ニンジン 40g、
ナンプラー 大さじ1、 酢 大さじ1、 塩・コショウ 少々、 しょう油 少々

<作り方>
(1) 春雨を茹でます。
(2) 野菜は千切りにします。
(3) すべて和えるだけ、油なしです!


とってもさっぱりのサラダ感覚です。
「ヤム・ウンセンを作ろう」とか「タイ料理を作ろう」なんて構えずに、ナンプラーをこうして普段使いの調味料にできるといいですね!

春雨料理34


このブログで登場するタイの野菜については、弊著「南国(タイ)の野菜たち」に基礎知識やレシピが載っていますので、そちらを参考にしていただければうれしいです。
日本国内の方は、アマゾンでどうぞ!(本のタイトルをクリックしてください。)
タイ国内の定価は、600バーツ、日系の本屋さんでお求めいただけます(よく売り切れになってますが、頼めば入荷します)ので、タイ在住の方はぜひお求めになってみてください!!


読んでくださってありがとうございます! にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ   人気ブログランキングへ 
ポチポチと2つ押して応援をお願いします。

台北最初で最後の晩餐は!?(台北旅行記その6)

  • カテゴリ:旅行記
  • コメント:12件
  • トラックバック:0件
無事、秋田から戻りました!
日本滞在は、実家がメインでしたから大してレポートすることもないのですが、そのうち簡単にレポートできればなあとも思います。
まずは、台湾旅行記を続けます。

無念な素食ブッフェでとりあえずお腹はいっぱいだけれど、なんとなく気分が消化不良のまま、、、夕食までアウトレットに行ってみたり、街をブラブラ買い物をしました。
台湾、買い物楽しいですねー、日頃、買い物しない私でもあれこれみちゃいますもの。

台湾台北旅行081   台湾台北旅行082

晩御飯前にマッサージに行って、最後に買い損ねたものをそれぞれ買って集合するとちょうど夕食の時間
ーーーという予定だったのですが、、、
マッサージ店に歩いて行ったのがまたも失敗、思ったより遠くて時間がかかり、マッサージ店もとても丁寧でやはり時間がかかり、、、終わってみたらすっかり真っ暗。
ちなみに行ったのは、 パンプリちゃんが評判がいいところを調べてくれた 六星集足體養身會館・南京會館、たしかにすごくよかったですよ!
終わったところで、私たちにはあり得ない大雨!

まあ、雨はいいんですけどね、もう買い物して晩御飯食べるだけだから、、、で、私は、とにかくどうしても買いたかった中国野菜の本を探しに「誠品書店」という大きな本屋へ。
かなり大きな本屋さんで、時間があるならゆっくりしたかったですねー。
ここで探したのは、自分の「南国(タイ)の野菜たち」の中国語版みたいな本はないのかと思ったんですが、、、なし。。。
せめて農業関係の本でもと思ったけれど、やっぱりなーい!
本の出版の前にも台湾に詳しい人に聞いてさがしてもらってたのだけど、やっぱりないものはないらしい・・・。
だったら、、、台湾在住の日本人には、私の本、おすすめなんですけど!?

パンプリちゃんたちは、最後のお買い物でデパートへ。
それぞれ買い物が終了したら、若者の街、忠孝敦化(ツォンシャオドゥンホワ)周辺の「葱花」って店で集合しようということに。
もはや店をじっくり選んでる時間もなくなってきていたのです。
本屋から店に向かったら、ホントに若者でいっぱい! 
メニューは、台湾料理というより創作料理中心で、、、若者向け居酒屋ですよねー。

パンプリちゃんたちももうすぐ到着するだろうと、「ビール、ピッチャー、イチバン大きいの 」って頼んだら、ナント!

台湾台北旅行085

台湾、たしかに野菜も果物も大きいと思ったけど、ビールまで~!? 

昼間のモドキ料理にうんざりしてた私は、シンプルな野菜料理が食べたくて、創作料理のお店にもかかわらず、シンプル料理を探して注文。
最初、雰囲気的にこの店に入ったのは失敗だったのではないかと思っていたのですが、料理を食べてみたら、まあまあでしたね。

台湾台北旅行083

臥底茄子 (茄子の豚挽肉マーボーソース炒め)
炒め物なのかしら? よく冷えておりました(笑)が、おいしかったです。

台湾台北旅行086

これはおにいさんが注文したオードブルなのですが、ゴメン、なんだか食べる気になれない、、、。
どうもオードブル系は、冷蔵庫に入れて冷やしてたのをそのまんま出しましたって感じなんですよねー。
それでも手をつけないのも、、、と、にこごりっぽいのをいただきました。
おいしかったんですが、他にもいっぱい注文したので残りは後まわし、、、と思ったら、結局、二度と箸をつけられませんでした。

台湾台北旅行088

豆腐の煮物だったか、あっそうだ、バジル炒めみたいなものです。
台湾もバジルをケッコー多用するのだそうです。
豆腐づかいは見習いたいことがいっぱい。
    
台湾台北旅行087

これは大好きなインゲンの炒め物、インゲンがかなり大ぶりでワイルドです。
おにいさんは最初、インゲンの味がきつ過ぎると言ってましたが、食べてるうちになぜだか箸がすすんじゃってました。
私は、最初からパクパク。

台湾台北旅行084

さらに、切干大根入りご飯!
これは、おいしかったです~。
ご飯を食べると、お腹がきつくなるとわかっているのにやめられない、、、つまみにもイイ感じ。
でも味が濃いわけでもないのよね~。

パンプリちゃんたちの到着を待ちつつ、ゆっくり食べればよかったのだけど、、、すでに時間が時間だったのでお腹がすいてたせいか、イッキに食べてあっという間に満腹状態。
パンプリちゃんたちから「まだ大丈夫ですかー?」と連絡が来た時には、「もう大丈夫じゃないです、、、帰ります」と。
彼女たちはまだ食べてないからつきあってあげたらよかったのだけど、苦しさの限界に来ておりました。

ビールは2人で2リットル飲み、1リットルは残しちゃいましたが許されますかねぇ。
食事は、オードブルはかなり残りましたが、他は、それなりに片づけました。
どんだけ苦しいか想像がつきますでしょ!?

外に出たら雨もやんでいたので、ホテルまでだいぶあったのだけど、苦しさをどうにかしたくて歩いて帰りました。
前日は、食事らしい食事はしていないので、これが唯一の台北での晩餐かと思うと、なんかちょっと、なんだかなぁ~って思いが残ったのは否めず、、、せめてもうちょっとビール以外のものを・・・ってことで、ホテルのバーでワインを飲み直して、苦しいと言いながら果物の盛り合わせをいただいて寝たのでした。

振り返ってみるとホントに充実した長い1日でしたね~。
次回、最終日です。


読んでくださってありがとうございます! にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ   人気ブログランキングへ 
ポチポチと2つ押して応援をお願いします。

春雨でデザート!? 春雨シャーベット

  • カテゴリ:春雨
  • コメント:6件
  • トラックバック:0件
昨年、祖母が亡くなって1年になります。
この忙しい時期に日本に帰国したのは、祖母の1周忌に出るためです。(免許は、もっと別の時でもよかったわけで・・・)

それにしてももう1年ですか~、去年もあわただしかったけど、今年はもっとですね~。
祖母が亡くなって間もなく、今年の紅白出場が決定した「トイレの神様」をたまたま聞いて、号泣しちゃいましたよ~。
なんか、いかにも「泣かせ」って感じだったので、かなり構えて聞いてたんですが、、、泣かされてしまいました。



しかし、、、トイレの掃除は、運を呼ぶとも言われているのに、、、あまりまじめにしてません。
そういえば、便秘に苦しんでた時、トイレを大事にするといいと言われ、一生懸命掃除してた時があったかも…。
それが、気のせいなのかどうか、要は、それほど真剣に便秘対策をしていたからだと思うのですが、今では快腸な毎日です。

トイレに神様はたしかにいるような気がして、美人になるかどうかは別として、私は、レストランのトイレとか、すご~く気になりますねー。
トイレがきれいなレストランは、何度でも通いたくなります。。。っていうか、キタナイトイレの店は、たとえ店内がきれいでももう行きたくないって思ってしまいます。



★今回のテーマ★ ― ☆春雨☆

   春雨シャーベット


ただいまのテーマは「春雨」です。→ 春雨料理大募集!
春雨を使った料理や春雨にまつわる話がありましたらぜひお知らせください!!(締切12月15日)

お料理ブログだというのに、トイレの話題を書いてしまったので、お口直しのレシピをお届けしましょう。
春雨でデザートってできないかしら、、、と、今回のテーマに取り組む前に話してたんですが、みなギブアップ。
だけど、おにいさんだけが果敢に挑戦したんです。

春雨料理14
by おにいさん


春雨でシャーベット、、、想像つきます!?
みんな、かなり恐る恐る口にしておりましたが、ん、いける! とのこと。

 春雨シャーベット

[材料]
春雨、黒砂糖、ソムオー(ザボン・ポメロ)  

<作り方> 
(1) 春雨を規定通りに茹でて水気を切り、細かく切ります。
(2) ソムオーバラバラにして混ぜて、タッパーなどに入れて凍らせます。


おにいさん料理なので、レシピがいい加減ですみません。
このレシピ、怪我の功名っていうんでしょかねー、本当は、かたまらせてカットして、、、という、私が以前に紹介した春雨田楽のようなものを作ろうとしたのですが、細かく切ってタッパーにいれたら、全然、かたまらなかったのだそうです。
空気と接し過ぎなのか、黒砂糖がいけなかったのか?
そこでかたまらせるために冷凍してしまったと、、、たしかに、かたまりました。

春雨のデザートと言われると、ちょっと不気味だったりするので、何も言わないで食べてもらった方が純粋に楽しめるかも…です。
何も言われなければ、なんか不思議な食感のデザートって感じです。
でもソムオーの味が効いてて、ちゃんとおいしくできあがってます。
凍らせた効果か、食感がふつうの春雨と違ってかためで食べ応えがありました。
最後の口直にいいようです。
ダイエット中のデザートとか、白ワインのあてにいいかも!
それなら春雨とわかっていても、食べてみようと思うかも、、、ですね。

ただ、わざわざ自分で作るかどうか??? なのです。
やっぱり春雨を無理してデザートにしなくていいような気もするんですが、それは頭が固すぎでしょうか!?
春雨好きの冒険好きの方(!?)、ぜひお試しを~!!
(あー、なんか記事がいい加減になってるかしら…、おにいさん、ごめんねー、一時帰国前の予約投稿なのです、失礼!)

春雨料理17


読んでくださってありがとうございます! にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ   人気ブログランキングへ 
ポチポチと2つ押して応援をお願いします。

やっとありついた念願の素食だけど、、、(台北旅行記その5)

  • カテゴリ:旅行記
  • コメント:6件
  • トラックバック:0件
ただ今現在、秋田にいる予定ですが、台湾旅行記を続けます。
ランチは、今回の旅行の本目的の素食レストラン、朝に下見して決めていたホテル近くのお店へGO!!
でも、買い物もしたし、ちょっとホテルに一度、戻ろうかと、、、タクシーでビューン!
宿泊してたのは、Brother Hotel(兄弟大飯店)、日本語も通じるし、スタッフも親切で、駅1分、バス停もすぐでとても便利でした。(写真左)
右の写真が、めざした素食ブッフェのお店「蓮香齋」です。

台湾台北旅行073   台湾台北旅行074 

ワクワクと階段を下りて正面の受付に行きました。

台湾台北旅行075

--- っが!    もうランチは終わりっていうんです~、えーっ!?

時計を見たらもう1時半を過ぎてるじゃないの~、ここは2時までだそうです。
ガーン、、、 

誰も時計を気にしてなかったんですね、朝、しっかり食べ過ぎて腹時計もあてにならず、朝を食べなかったおにいさんは、空腹のピークはとうに過ぎていたようで機能せず、、、ホテルにのんきに戻ってる場合じゃなかったのでした~

あきらめてトボトボ歩いていた私たちに向かって、2時で閉店で料理は片づけるけど、それでいいならこっちこっち、こっちに入って席に座って食べなさい、さあ、さあ、急ぎなさい、急いで急いで、、、と、階段降りて右側の奥の方の店に案内してくれました。
入ってみると、もんのすごーい広いスペースに人がビッシリ!
言葉がさっぱりわからなかったのですが、どうやらこっちのインターナショナルブッフェの店でいいなら入っていいよってことだったようです。
こうなったら素食云々言ってられない、このままだとランチを食べ損ねてしまう、、、ということで、席について料理をとりにいきました。
もはや補充はされないようでちょっとさみしいですが、超満員で人気があるだけあって、いろんな料理がズラーッとならんでいます。

台湾台北旅行076

スープだけでもこんくらいあって、飲茶も充実!

台湾台北旅行077

せめて素食メニューを選ぼうと思ったのですが、海老だの鶏だの書いてて、やっぱ肉魚が多いですねー。

台湾台北旅行078

ちょっと残念に思いながら食べてみたら、、、ん??? これ、やっぱ素食じゃない!?
これが噂に聞く台湾素食なのよ~!
海老とか鶏とか豚とか、みんな「モドキ」ってことで表示しているだけで、全部、植物由来だったのです。
ただミルクはいいようで、ハーゲンダッツのアイスクリームがありました。

ーーーと、ここで、写真はダメと止められてしまいました。。。
料理はこんなものではなく、もっともっとたくさんあったんですよー、麺も食べたし、ああ、人がどんだけ入ってるか、店内の様子も写すべきでした。
これだけたくさんの人が素食を食べに来ているって、ちょっと信じられない気がします。
それを見られたことが収穫かも。

さらに驚いたのが、2時きっかりにどんどん料理が片づけられ、それは、タイ人にはありえない素早さで呆然と見るしかないほど、、、。
おばさんが慌ててやってきて、もう片付けて台車にのってる皿を指差し、あそこからとって来なさい、早く早くとせかしてくれます。
皿にとってさえしまえば、あとは3時まではいていいよ、とのこと。
片づけの勢いを見てると親切だかなんだかよくわかんないんですが、おばさんたちはとっても親切でした、ありがと~!

台湾台北旅行079

台湾台北旅行080

手分けして、大急ぎであるものをとにかく皿に盛り付けた状態で、ビミョーに残飯ぽい雰囲気になってますが、、、しかし、味にはかわりありません。
おいしいもの、おいしくないもの、、、いろいろっすよ、やっぱりそりゃ、これだけあるとね~。
でも全部、とにかく肉や魚は使っていません。
デザートにチョコレートフォンデュがあったらしいのですが、時間切れで止められていて、わびしくトマトやパイナップルを食べました。
でもトマトが妙においし~、やっぱり台湾だわ~。

それにしてもなんか、このシチュエーション、どっかで…!?

そう、台北旅行記の初めに紹介した「台湾素食―たいわんすーしー。目からウロコの健康食」の作者とまんま同じシチュエーション。



台湾の素食店情報のはずなのに、閉店ギリギリに入店して、焦って食べてよくわからなかったなんてのが漫画になっているのです。
私は「そんないい加減な情報ってある? もう一度、その店で食べ直してちゃんとしたおいしさを伝えるべきよ!」なんて怒ってたんですけど、、、同じじゃん、、、祟りじゃ~!
いや、自業自得です、ちゃんとこういうことがあるって警告してくれてたのに無視したのがいけなかったのです。
そもそも、、、タイでランチタイム1時半に閉店だと断られること、滅多にないんですよ、タイボケですね。

まあ、しっかり食べられたとしても撮影禁止だったので、ろくなレポートにはならなかったと思いますが、みなさんから「台湾旅行記、楽しみにしてますね!」と言われる度、この店の苦い経験(!?)を思い出して、期待に応えられるレポートにはならないのよ、、、とため息ついたりしてました。

でもって、どんだけ味わえてるかわかりませんが、台湾素食の感想、、、。

モドキ料理は、もういらなーい!
 です。(まずいわけでもないんですがね...)


読んでくださってありがとうございます! にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ   人気ブログランキングへ 
ポチポチと2つ押して応援をお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。