飛騨高山・白川郷への旅(その1)

  • カテゴリ:日本
  • コメント:8件
  • トラックバック:0件
今日でいよいよ10月も終わりですねー。
なんか直近の話題から書いてて、もっと書きたい昔の話がどんどん埃をかぶり始めてる気がするんですが、感動冷めやらぬうちに書いてしまおうと、先日、行って来た一時帰国の話題をこれまた細切れでお届けします。
いやぁ、今になって台風にあたらなくてホントによかったー! と、、、雨が降るってこと、何も考えずに出かけてしまってたので、ホント、ラッキーでした~! ありがとー!!

今回の帰国の目的は、、、80歳を超えて三重で1人暮らしをしている義母に会いに行くためでした。
1人息子のおにいさんは、3ヶ月に1度くらいは顔を見せに帰ろうかと考えております。
正月のような大事な時期に帰ってあげられない(自分たちが遊びに行くから)という後ろめたさもちょっとあったりします。
今回、10月の3連休で日本行のチケットをとってたのですが、8月に帰ったばかりだし、特に帰ると伝えていなかったので、だったら1泊はどこかに遊びに行って、1泊だけ顔を見せることにしようという企みが…。
私じゃないですよ、おにいさんの企みですが、義母には出張のついでに寄ってあげたと、いかにも孝行ぶって恩を着せてたりして…。

では、1日フリーになったので、さてどこに行く?
飛行機は名古屋に到着するので、だったら、行ったことのない近場の世界遺産ってことで、出発直前に岐阜の白川郷に行くことに決めました。
私にとっては、岐阜は未踏の地でもあるのです。
しかし、その週は忙しくって、交通手段や宿について調べることも予約することもできぬまま、まあ、日本だからどうにかなるか…と、甘くみて出発したのでした。
車を運転できない私たちは、公共交通手段に頼るしかなく、本当は、もっと真剣に調べなくちゃいけないんですけどねー。

さて、朝8時頃に名古屋のセントレアに到着、私がセントレアの旅行案内所で岐阜のパンフレットをもらい、ついでに「白川郷には、どうやって行くのがいいですか?」と尋ねたら、「白川郷のどこですか?」と逆に聞かれ、、、えっ? 白川郷っていくつもあるの??? と、戸惑ってる間に、おにいさんは、さっさと岐阜行きの近鉄乗車券を買ってしまっておりました。
そのまま近鉄でイッキに岐阜まで行き、駅弁でも買おうか、、、と思いながら、JR駅に行ったら高山行きが即やってきたのでそのまま乗り換え、イッキに高山まで行くことができました。
岐阜から高山までって(多分、その先も)ずっと川に沿って電車が走っていて、ところどころ美しい渓谷になっています。(車窓からの写真の割にはなんとか…)

高山白川郷001   高山白川郷002

ちょっと前に福島に行って来た人が紅葉はまだだと言っていたので、この辺の紅葉は期待していなかったのですが、うっすらと色づいていて秋の風情を楽しめました、これまたラッキー!
12時過ぎにホントになんのロスタイムもなく到着! 
後で調べてみましたが、名古屋で乗り換える方法もありましたけど、到着時刻は結局一緒で、料金から行くと、岐阜乗り換えの方が安かったようです。

すぐに白川郷行きのバスを調べたら、12:50高山発、17:20に白川郷発のバスがあるじゃないですか!
今回は、すべてツイテル、ラッキー! と思って、バスのチケットを買おうとしたら、、、12:50は予約制になっていて、残り1席しかないと、、、。
ああああー、やっぱり前もって調べておけばよかった~
次の13:50のバスだと、午後3時頃に到着するので、白川郷をゆっくり見ることができないことになります。
高山に泊って、美味しいもの食べて、テレビで見た朝市とかあれこれ妄想していたのですが、仕方なく白川郷に泊ることにしました。
きっと白川郷でもいろいろ楽しめますよね!

それにしても、高山ー白川郷は、約50分の乗車なんですが、往復4,300円なんですよねー。
白川郷までの交通費も似たようなもので、なんか、日本ってホントに交通費が高いですよねー、円高に苦しむバーツ所得者には、日本は大変です。
でも高山では、外国人遭遇率が他のどこよりも高かったかも?

高山白川郷006   高山白川郷005

仕方なく13:50までのほんのわずかな時間を高山で過ごすことにし、まずは、ランチ!
あまり探している時間もないので、駅のすぐ近くのお店で目に入ったところにさっさと入りました。
駅前だけあって、なかなか繁盛してました。

高山白川郷003   高山白川郷004

おにいさんは、高山そば定食、私は高山ラーメン定食、しっかり定食でガッツリいきますよー!
ラーメンは、ちょっと味が濃い目でしたが、細い麺でツルツルとあっと今に完食!
おにいさんのお盆の中央の白い器の中、ラーメンの上の皿の右上に丸い実がいくつかのってました。
食べてみたらすっごく甘いのです。
聞いてみたらナツメだそうで、なるほどー、乾燥したのしか知らなかったけど、こんななんですねー。
そういえばタイでも中国ナツメが売ってました、もうちょっとコロンと大きめですが、こんな感じです。

さてさて、じっくり味わってる暇ものんびりしてる時間もなく、時間はすでに13時近く、50分後のバスに乗るために本気で駈け足で高山巡りです。
川の向こうに「古い街並み」があるそうで、約15分とか。

高山白川郷008   高山白川郷019

だんだん「古い街並み」っぽい家がチラホラ見えてきたと思いながら、橋を渡ってみたら、いきなり人口が増えてます。
観光バスで来てる人達がいっぱいなんでしょうねー。

高山白川郷010   高山白川郷015

高山白川郷011   高山白川郷016

うわぁ~、モロ観光地!
この古い街並みは、ほとんどがお土産屋さんになっていて、小物やお菓子やいろんなのが売られていて、みな、吸い寄せられるように店に入って行ってます。
ああ、かわいー! きれいー! 
強力な磁石の力を感じながらも、時間がないのでとにかく横目でお土産屋さんを見ながらズンズン歩くしかありません。
酒屋さんまで表に入らずに眺めるだけなんて…

高山白川郷018   高山白川郷017

でもお土産屋さんばかりではなく、ホントにここで生活してらっしゃる方もいるわけです。
右側の渋い格子の入口は、産婦人科の病院でした。

高山白川郷014   高山白川郷013

白川郷もそうでしたが、こうした古い街並にとってコワイのは火事。
消防団がとても重要なのでしょうね、いたるところで防災意識を高めるようなものをみかけました。

高山白川郷023   高山白川郷024

ここに来ると、なんか団子やら何か食べながらフラフラと歩きたいような気になってしまうのが不思議、、、みんな、手に何か持って食べてたりします。
まんまと戦略にのってるなーと思いつつも、私もやっぱりこれだけは食べておかなくっちゃ!!
時間がないといいながら、混んでる店で待って買いました。

高山白川郷026   高山白川郷027

この店の名物、飛騨牛の串焼きと飛騨牛の大玉焼き。
大玉焼きは、たこ焼きの巨大なモノのの中に飛騨牛が入っているのだそうで、、、これも食べたかったのですが、すでにお腹がいっぱい、おにいさんにも却下され、仕方なく知らない人のを写真に撮らせていただきました。
大玉はあきらめて、そもそも目的の1本350円の飛騨牛串焼きをゲット!
串焼きで立ち食いするにはモッタイナイ、、、コッテリ、う~、ワインが欲しい…。
いやいや、これを立ち食い出来てしまうことこそ贅沢ってことなのかしら。

ホントにお腹いっぱいのまま、バスに乗り込み、いざ白川郷へ! ーーーということで、続きはまた。
高山は、こんな駈け足で周るには、もったいな過ぎる場所でしたが、それでもちょっとでも立ち寄れてよかったです。

読んでくださってありがとうございます! にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ   人気ブログランキングへ 
ポチポチと2つ押して応援をお願いします。
スポンサーサイト

ラディッシュの蒸し煮

ふぇ~、もう10月が終わってしまう、アワワワワ…
なんか、イッキに忘年会シーズンへと突入してしまうような…。
いやまあ、私の場合年中、忘年会のようなもの?
ハイ、すべて忘却の彼方へ…


★今回のテーマ★ ― ☆ラディッシュ(ハツカダイコン)☆

   ラディッシュの蒸し煮


10月のテーマは「ラディッシュ」「ハツカダイコン」でした。
ラディッシュは、西洋ではシチューにも利用するのだそうで、加熱するとカブのような感じになるそうです。
たしかにダイコンだって加熱していろんな料理に使われているわけですし、ラディッシュは、ダイコンよりもうちょっと密になった感じなので、カブに近い感じになるんですね。

ラディッシュを飾りのようにだけ使うのは、モッタイナイ!
ただ、加熱してみるとわかりますが、色がすぐに落ちちゃうんですよねー。
ラディッシュの華やかな色が持ち味だというのに、、、でもでも、それでもいい! って思えるおいしいレシピがあるんです!

ラディッシュ蒸し煮
by cinnamon


cinnamonさんの蒸し煮っていつもおいしいんですよね~。
私が家で試しても、なんかちょっと違う・・・?
蒸し煮名人と呼んであげたい、、、って、あれ? 和え物名人とも呼んでたんですがね、おにいさんに言わせると「基礎がしっかりできてるんだよ」だそうです。
やっぱり基礎って大事ですよねー。

 ラディッシュの蒸し煮

[材料]
ラディッシュ 5個
ベビーコーン 5本、 セロリ(キンサイ) 2本、 タマネギ 1/4個、
ニンニク 1片、 オリーブオイル 適量、 塩・コショウ 適量

[作り方]
(1) ラディッシュは、半分か4等分、ヤングコーンは3等分に切ります。
(2) キンサイは、3~4cm、タマネギは薄切りにします。
(3) ニンニクは半分に割って潰します。
(4) オリーブオイルにニンニクを入れて香りが出たら材料を全部入れて油をまわし、塩・コショウをして蒸し煮にします。大体、10分くらいです。


これぞまさにラディッシュを加熱してみたら? ーーーのイメージにピッタリなお料理です。
実は、水分の出る野菜が少なかったので、焦げ付く寸前だったそうです。
焦げなくてホントによかった~! 
だって、これ、おいし~んですもの、食べることができてよかったです。
ラディッシュの色が落ちてモッタイナイ感じもしますけど、これがまたなんとも言えない渋さというか、大人の雰囲気を醸し出してません? (これじゃあ、大人いき過ぎ!)

お試しになる時は、もし焦げ付きそうでしたら、ほんのちょっと水か料理酒を加えてみてください。

ラディッシュ蒸し煮


読んでくださってありがとうございます! にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ   人気ブログランキングへ 
ポチポチと2つ押して応援をお願いします。

名残惜しんでランチ宴会(ローズガーデン旅行記9)

ローズガーデン旅行記、思いもかけずリゾート気分を満喫できて、すっかり気に入ってしまったせいで、連載がすっかり長くなりました。
今回で最終回です、ローズガーデン、みなさんにもおすすめです
でもホントにのんびりしてますから、日本人には、長期滞在は難しいのかな~という気もしなくもないですが、、、ゴルフ合宿とかいいと思いますし、家族でミニ旅行におすすめです!

ローズガーデン

さて、ファームツアーから戻り、ゴルフ組と合流してランチです。
ゴルフ場のクラブハウスのレストランでもよかったのですが、前日の昼もそこで食べてますし、ゴルフ組がホテルの方に戻ってきましたので、ホテルのレストランで食べることにしました。
いつもなら、ホテルのレストランでの食事ってなんかなんか、、、安易というか、、、って感じですが、ここは、なかなかイケるというのを2日前の夜に確認済み、もっといろいろ食べてみたいなーって思ってたのでちょうどよかったです。
すでにすっかり店の人たちとも馴染みだし。(リバーサイド宴会をしたいと駄々をこねてみたり・・・)

前日のメンバーと多少の入れ替わりがあって、総勢10名がテーブルにつきました。

ローズガーデン

さっき見てきたばっかりのタイクウシンサイの炒め物がないか聞いてみましたが、どうもなかったらしくふつうのクウシンサイ炒めが出てきました。
これはタイ料理の定番中の定番、間違いなくおいし~、飽きることがないのが不思議です。

ローズガーデン

ここのレストラン、さすがホテルだけあって、和洋中の料理がメニューにあります。
いきなりパスタをみつけ、ムクムクとパスタを食べたくなってしまった私、、、でも、流れからしてタイ料理をはずすわけにもいかないんじゃ、、、と、そこで折衷案。
きっと、こういう人がいっぱいいるんじゃないかしら。

ローズガーデン

これは、「スパゲティ・パット・キーマオ」といって、時々みかけるメニューで、本来はパスタではなく、タイ麺を使ったものがタイ料理で一般的に出てきます。
なので、パスタを使ってますが、味は完全にタイです。
味つけは、オイスターソースだったりタイの醤油だったりナンプラーだったり、それらのミックスだったりでいろいろですが、基本は辛い料理です。
「パット」は「炒める」、「キーマオ」って「酔っ払い」っていう意味なんですが、、、フラフラになるほど辛いって意味のようです。
まあ、辛いので酒がすすんでフラフラって解釈もありそうですが、、、。

次は、おにいさんのチョイスのカレー「マッサマン」、若者たちには特にウケておりました。

ローズガーデン

インド風カレーにも見えますが、タイ南部風カレーです。
「マッサマン」って、ムスリムのことらしいです。
ココナッツミルクたっぷり、コッテリ、辛くて甘いカレーです。

次は、、、ココナッツミルクがかぶってしまいましたが、子供も食べられるようにとトウガラシ抜きのヤム・トゥアプー(シカクマメのサラダ)です。
大人向きにトウガラシ入りも頼んでます、辛さの好みをあれこれ指定できるのもタイのいいところですね。

ローズガーデン

カレーを食べるのにご飯をモリモリ食べちゃったので、人数の割りには種類も少なく、みな、早々にお腹いっぱいになっちゃいました。
さすがに酒も飲みほしたので、ビールばかり飲んでたせいもありますね。
残り少なくなったウォッカ、皆の分を作るほどなかったので、ちょっとずつビールに混ぜてみたり…
名残を惜しんで最後のデザート。

ローズガーデン ローズガーデン

フルーツの盛り合わせですが、そうそう、タイってこういうプリッククルア(唐辛子塩)がついてくるんですよねー。
トウガラシと塩と砂糖を混ぜただけの調味料ですが、果物を食べるのにいちいちこういうのをつけて食べる人が多いです。
甘いフルーツにはあまりつけませんが、グアバや青いマンゴーには、必ずと言っていいほどついてきます。

さて、フルーツの盛り合わせの他にもメインのデザートが!
じゃ~んじゃじゃーん! 
メンバーの1人、工場勤務のおじさんが敷地で栽培したマンゴーをご持参、しかもカオニアオとココナッツミルクつき!!

ローズガーデン

こ、これは、私は、長らく封印している禁断のデザートではないですか~ 
カオニアオは、もち米ご飯のこと、これによく熟れたマンゴーをのせて、ココナッツミルクをかけていただきます。
トッピングに殻を剥いた揚げた緑豆菓子。。。

初めてこの組み合わせを見たり聞いたりすると、ゾッとするんですが、食べてみるとヤ、ヤバイんです~!
口の中でまったりとろり~ん
フルーツ好き、甘いもの好きで太るのを気にしている方は、こんなトンデモデザート、口にしない方がいいですよ、一度、この味を知ってしまったらその後に苦しむことになりますから!

恐ろしいことに、これのドリアン版もあります。
それはもう殺人的なデザートですが、、、これもまた、好きな人はどうしようもないほど好きなようで、、、私は、ドリアン、そんなに好きでなくてホントによかったと思えてしまいます。

甘いもの、フルーツに執着のない私でも、封印しようと心に決めたほどなのこのデザート、、、ついに封印を解いてしまいました。

ローズガーデン

ああ、やっぱりおいし~、久々だからおいしいのか? 
カオニアオがこれまで食べたのより美味しい気が・・・。
これを用意してくれたのは、おじさんのドライバーなんですが、実は、彼自らがマンゴーを育てているのです。
さすがにおいしい組み合わせを御存じのようで、カオニアオも特別みたいで、褒めたらとっても喜んでました。

そうそう、こういうのを持ち込みできてしまえるタイのレストランっていいでしょ~?

みなで川とサーラーを眺めながら、今度こそ、あのサーラーで宴会をしようと、店がサービスしてくれないなら自分たちで食べ物と飲み物持ち込んで、、、そうだ、コンロも持ちこんで鍋もしようか! などど盛り上がりながら、こうして肉体的にはとっても不健康、精神的には健幸極楽な2泊3日の旅は、終わったのでした。
長々とおつきあいいただき、ありがとうございました~!


読んでくださってありがとうございます! にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ   人気ブログランキングへ 
ポチポチと2つ押して応援をお願いします。

ラディッシュのピーナッツ和え

いよいよ月末に近く、ちょっと忙しくしております。
来月は、春雨料理を募集の予定ですが、トラックバック用の親記事のアップは、11月になってからになりますので、もう少々、お待ちくださいませ~。


★今回のテーマ★ ― ☆ラディッシュ(ハツカダイコン)☆

   ラディッシュのピーナッツ和え


10月のテーマは「ラディッシュ」、「ハツカダイコン」です。
ただいまみなさんからのレシピも募集中!  → ラディッシュ料理募集!
駆け込み応募大歓迎!
ラディッシュを使った料理や、ラディッシュにまつわる話がありましたらぜひお知らせください!!

ラディッシュは、サラダや漬物だけでなく、加熱してもおいしいということがわかってきました。
今日の料理も加熱料理ですが、レンジでチン! の簡単料理です。

ラディッシュピーナッツ
by Celery


そういえば、Celeryちゃんのお料理紹介は、はじめてかも?
健幸料理メンバーになって半年以上たっているのですが、私の本の出版などでろくに活動できてなかったんですよねー。
この間、cinnamonさんもCeleryちゃんも野菜ソムリエに引きずり込んでしまい、野菜ソムリエコミュニティでも一緒に活動しております。
なのでいつでも健幸料理を語り合うことができる状況にはいるのです。


 ラディッシュのピーナッツ和え

[材料]
ラディッシュ 200g
ピーナッツ 大さじ2、 しょう油 小さじ1、
砂糖 小さじ1、 オリーブオイル 適量、 塩・コショウ 適量

[作り方]
(1) ナッツをくだいて、調味料と混ぜて和えておきます。
(2) ラディッシュは、スライスして、塩コショウをしてオリーブオイルをまわしかけてレンジに3分かけます。
(3) すべて混ぜ合わせます。


ピーナッツの香りがいいんですよ~!
ふつうのおつまみピーナッツだそうです。
オリーブオイルのかわりにバターでも。
ラディッシュもほどよく歯ごたえがあって、なんか♪やめられない、とまらない♪ 状態に入ってしまいます。

実はこのレシピ、当初、予定していたズッキーニがテーマの時に、いろいろ探しててズッキーニ料理でみかけたものだったそうです。
それがズッキーニのテーマは、時期をはずしてキャンセルになっちゃったので(また来年?)、それをラディッシュに応用してみたそうです。
ズッキーニをラディッシュにって、なかなか思いつかない発想ですが、いやぁ、合うものですねー。
これは簡単だしおいしいし、すぐにでも試してみたくなるレシピですね!

ラディッシュピーナッツ


読んでくださってありがとうございます! にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ   人気ブログランキングへ 
ポチポチと2つ押して応援をお願いします。

ちょっとさみしい野菜畑(ローズガーデン旅行記8)

え~、もう8回目なのね、ローズガーデン旅行記…ファームの記事、今回でなんとかおわらせたい、、、。

さてさて、ガイドさんに期待しちゃいけないと言われた野菜畑、一体、どんな感じなんでしょう?
向こう側に見えるのが野菜畑。

ローズガーデン

遠くに見る分には、何が植えられているかわからない、、、ナンテ、近くで見てもわからないかも、、、
畑に全く慣れ親しんで来なかった私、やっとこの頃、葉を見て野菜がわかるようになりかけているけれど、全然、現場経験が足りません。
そんなこと思いながら、恐る恐る足を踏み入れたら、おにいさんが「あっ、これ××××だ! そうだろ?」と言います。
え~っ? こんなとこにそんなもんがあるのー?
そもそも私に聞かないで、、、わからんっす、、、な、なにこの天狗のうちわみたいな葉、、、

ローズガーデン


みなさん、この葉を見ただけで、なんの植物だかわかります?
あっ、これは野菜じゃないです、果物です。

正解は、タイ語で มะเดื่อฝรั่ง(マドゥアファラン)と言います。
学名は、Ficus carica L.、英語でfig、はい、クワ科イチジク属のイチジク(無花果)です。

おにいさんは、「イチジクなんてどこの家の庭にもワサワサなってただろ~」なんて言うのですが、秋田育ちの私は、見たことありませんでした。
畑に疎いせいではなくって、やっぱ暑いところの果物で、秋田にはなかったんじゃないかと…。
原産地は、アラビア南部です。
三重の義実家では、今年、イチジクが豊作だったそうで、ジャムにしてました。

タイでは、ロイヤルプロジェクトがイチジクを作り始めていて、ロイヤルプロジェクトのショップで目撃したことはあるのですが、まだまだ希少価値。
こんなところで作ってたなんてねぇ~。
これからいっぱい出回るようになったら、いろんな料理に挑戦できるかも!

さて、今度こそ野菜畑に足を踏み入れると、、、パッと見、やはり実がなっている様子はなく、葉ばかりが目につきます。

ローズガーデン

ふん、ふふん!
この葉は、なんだか私にだってわかりますよ~だ!(と、ちょっとホッ)
ローズガーデン ローズガーデン

言わずもがなのナスですが、、、見えるかしら?

右の丸いナスは、英語で「Thai Eggplant」と呼ばれているほど、タイらしいナスと言えます。
でもタイには、まだまだたっくさんの種類のナスがあるんですよ!(ナスの目次のページへ
WOM Bangkok」のコラム10月号と11月号は、タイのナスについて紹介してますので、手に入れられる方、ご覧くださいませね!

ハイ、次はオクラです。
オクラは、アオイ科トロロアオイ属なんですが、以前は、ハイビスカス属に分類されていました。
たしかにお花は、ハイビスカスにそっくりですね。

ローズガーデン

さらに畑を歩いていると、なんか??? 貝???

101010ローズガーデン156 101010ローズガーデン150

田畑にいる貝というと、タニシのようなクルクル巻貝しかないのかと思ってましたら、なんか、海のような貝殻が散らかっていてビックリです。
多分、ナコンパトムあたりでも海抜が低くて、海水が入ってくるので、こういう貝が見られるんじゃないかと思います。
しっかり食べられるそうですよ。

あ~、えーっと、あとは、なんだか同じように見えるナンキョウだののショウガ系ハーブがいくつか、、、説明受けたけど、もう区別がつきません、、、

101010ローズガーデン157 101010ローズガーデン161

さて、ぐるっと畑を周ったら、、、ゴールというのかスタート地点に戻りました。
水をいただいて一休みしたらツアーの終了、船に乗ってホテルに戻ります。

101010ローズガーデン163 101010ローズガーデン173

来る時ににも見かけた、水路に生い茂っているこの植物、、、ひょっとして!?

101010ローズガーデン177 ローズガーデン

パックブンタイ聞いてみたらやっぱり!
これは、クウシンサイ(パックブン)です。(クウシンサイの目次のページへ
クウシンサイは、日本でもよく見かけるようになりましたが、これはちょっと種類が違って、タイクウシンサイ(パックブン・タイ)と呼ばれています。
ふつうのクウシンサイ(パックブン・チーン)より葉が大きく、緑が黄緑がかって、茎も太く繊維質です。
シャキシャキしておいしいんです。

どのクウシンサイも水辺にできると聞いてはおりましたが、これって、モロ水中じゃないですか!
今、ちょうど川の水量が多いということもあるでしょうが、こんな風に水際になってるんですね~。

さてさて、やっとファームツアーの旅行記も終わりました。
後は、懲りもせず最後の食事をレポートしてローズガーデン旅行記は終わりとなります。
あと1回だけ、おつきあいくださいませ~!!


読んでくださってありがとうございます! にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ   人気ブログランキングへ 
ポチポチと2つ押して応援をお願いします。

ラディッシュのバター醤油炒め

日本から戻りました~!
あ~、行く前はとっても億劫でしたが、行って来てよかったー!
まあ、それもこれも予定を変更して、思い切って世界遺産の白川郷を観に行って来たからこその満足度です。
超特急でしたが、日本の秋を満喫できてうれしかったです。
これまた写真いっぱい! いつか報告できるかしら???

日本から戻って、息つく間もなく月末のお仕事が~!
ここんとこの記事は、順調にアップしてるように見えるでしょうが、前もって書きだめしたものだったりします。
でも昨日の分は、間に合いませんでした。
さて、また日常が戻ります、はりきっていかなくっちゃ!



★今回のテーマ★ ― ☆ラディッシュ(ハツカダイコン)☆

   ラディッシュのバター醤油炒め


10月のテーマは「ラディッシュ」です、「ハツカダイコン」とも呼ばれていますね。
そういえば健幸料理研究所の活動、すっかり月単位になっちゃってます。。。
でも毎回料理がたくさん集まるので、ブログにアップするペースとしてはちょうどいいかな?
ただいまみなさんからのレシピも募集中!  → ラディッシュ料理募集!ラディッシュを使った料理や、ラディッシュにまつわる話がありましたらぜひお知らせください!!
締切は10月末ですよ~!

前回は、ラディッシュを炒めてみたら? ということで、ぺペロンラディッシュを紹介しました。
今回も炒め物です。

ラディッシュバター醤油
by cinnamon


見た目じゃわからないでしょうが(だから、わかるわけないんだってば!)これは、バター醤油で炒めてあります。


 ラディッシュのバター醤油炒め

[材料]
ラディッシュ 3個
バター 小さじ2、 しょう油 少々

[作り方]
(1) ラディッシュをスライスします。
(2) フライパンにバターを溶かして、ラディッシュを炒めて、しょう油をまわしかけます。


実は、cinnamonさんには珍しく、しょっぱかったんです。
「すみません、醤油の加減が分からなくて…薄く切りすぎたし…」と謝っていたんですが、こちらも「うっ、しょっぱい!」と思わず口にしたくせに、なんかおいし~と、つい箸が…???
そりゃバター醤油ですからね、おいしいに違いないのです。

もっと味が薄い方がいいかなーと話していたのですが、この味の濃さでご飯の友(共)として食べるのもいいかも?
炒めてあるけど、見た目、漬物風にも見えるし???

もともとラディッシュは、売ってる単位も多くないから、大量に使うって感じでもないでしょうからね、こういう使い方っていいような気がします。
おかずとして食べるなら、もう少し厚めに切って、薄味にする、という風にかえてみてもいいんじゃないでしょうか?
火が通ったラディッシュのやわらかい食感もなんかクセになります。

ラディッシュバター醤油


読んでくださってありがとうございます! にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ   人気ブログランキングへ 
ポチポチと2つ押して応援をお願いします。

10/25のツイートまとめ

koppunmaak

今日の食材51:??????????(トゥア・ファクヤーオ):ナガササゲ:Yard long bean:Vigna sesquipedalis:アフリカ原産だが、莢を野菜として食べるのは、中国に由来。ソムタムのつけあわせに生で出てくる。http://bit.ly/ddqf1s
10-25 13:00

日本から帰ってきました~! 結局、名古屋に着いたその足で高山、白川郷へ、平瀬で1泊して三重の義実家で1泊、あっという間でしたが、初岐阜は有意義でした。
10-25 21:00

日本でみかけたと聞くことはありますが、茨城にもあるのですね! もっと南のイメージでした。 RT @murakastyle: ヤムトゥアプー大好き!最近、茨城でも見かけます♪RT @koppunmaak: 今日の食材49:??????(トゥア・プー)シカクマメ
10-25 22:36

今朝、四日市からセントレアに高速バスで向かう途中、信号待ちで外を見てたら、左折した車が歩道にガタガタ、下手だ運転だと思ったら、バンパーが外れていきなりグシャグシャ、正面衝突したように壊れました。横を通った車がぶつかったのでした。あっけなく壊れるものなんですねー。
10-25 22:53

ぺペロンラディッシュ

タイは、10月23日がチュラロンコーン大王記念日(CHURALONGKORN DAY วันปิยมหาราช)で祝日です。
タイって土曜日がお休みのところは、土曜日に祝日があたるとちゃんと振替になるのです。
なので、多くの会社は月曜日が振替で3連休のところも多いのです。

チュラロンコーン大王は、チャクリー王朝の第5代の国王、つまりラーマ5世です。
記念日は、チュラロンコーン大王が逝去された日にあたります。
ラーマ5世は、タイの近代化の祖といわれ、とても尊敬されている王様なのです。
日本とも縁があって、名古屋にあるお寺(覚王山日泰寺)に仏舎利(釈迦の遺骨)を寄贈されたそうで、このお寺には像があるそうです。

私、その名古屋を通過して、ただいま三重にいるはず、、、です。
ここんとこの記事は、予約記事になってますので、コメントのお返事が遅くなるかもしれませんがあしからず。


★今回のテーマ★ ― ☆ラディッシュ(ハツカダイコン)☆

   ぺペロンラディッシュ


ただいまのテーマは「ラディッシュ」、「ハツカダイコン」です。
みなさんからのレシピも募集中!  → ラディッシュ料理募集!
ラディッシュを使った料理や、ラディッシュにまつわる話がありましたらぜひお知らせください!!

ラディッシュ、加熱したらどうなのかしら…というところで、テーマ野菜に選んでみたのでした。
だから、そろそろ加熱した料理も紹介しなくっちゃ! ですね。

しかし、、、安易というのか、こんな簡単なのでいいのかしら、、、って料理なんですけど、、、い、いいんでしょうか~!?

ラディッシュぺペロン
by ☆青☆


タイトルでおわかりになるでしょうが、ニンニクとトウガラシで炒めただけです。
レ、レ、レシピ、、、省略しちゃっていいですか?

加熱時間が長いと、色が落ちてしまうので、オリーブオイルにニンニクとトウガラシの味がうつったら、塩を加えてイッキに炒めるのがよさそうです。
生のシャキシャキとはちょっと違って、やわらかいのもまたいいかなあと、さっとでも味がしみてていいですよ。

皮を剥かなくていいのでさっさと作れます。
手ごろな大きさですし、箸やすめの一品にもってこいだと思いません?

ラディッシュぺペロン



読んでくださってありがとうございます! にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ   人気ブログランキングへ 
ポチポチと2つ押して応援をお願いします。

果樹園巡り(ローズガーデン旅行記7)

思いがけなく長引いておりますローズガーデン旅行記、オーガニックファームが面白かったので、しばしおつきあいくださいませませ。
まあ、こういうファームの記事って、要は自分の勉強のためだったりするんですよね。
写真を見返していても、知らなかったこと、忘れてたこと、いろんな知識や気づきに出会えてうれしいです。

さてさて、水牛たちに別れを告げて炎天下、来た道を戻ります。
来るときは右側ばかり見ていたので、戻りの道で右側に注意してみると、これまたいろんな樹木が目に入ります。
聞けばガイドさんは説明してくれますが、見どころがいっぱい過ぎて、聞かなきゃそのまま過ぎてしまうこともあります。
そもそもタイ人には、珍しくもなんともない樹木もあるんでしょー。

ローズガーデン

これは、ジャックフルーツの木です。
まだまだ小さいですね、信じられないくらい大きくなるのですが、幹からほぼ直接に実がなる様子がなんとも奇妙でなりません。
大きくなると木が気の毒な状態になるそうですよ。

以前、ジャックフルーツを何度か紹介してたかと思うのですが、食べたことのない方には、わけのわからない果物でしょうねー。
南国(タイ)の野菜たちの本の中で、前にも紹介した「ジャックフルーツ寿司」というのを掲載しようとたくらんでいたのですが、ページ数が足りず、果物系はとにかく後回し…ということで、カットとなりました。

ローズガーデン

P1094951.jpgチョンプーマミアオこれは、チョンプーマミアオの花の蕾です。(ดอก ชมพู่ มะเหมี่ยว)
チョンプーというのは、ローズアップルと呼ばれる、リンゴによく似た実で、左側の写真です。
残念ながらチョンプーマミアオの実は、すごい前に食べた記憶はありますが、ありがたみもわからず味も覚えておらず、、、写真もありません
ふつうのチョンプーよりも丸っこくて、もっと色が濃いのは覚えてます。
さらに甘いとも酸っぱいとも言われてて、どっちなんだい! って感じですが、まあ、要は味が濃いってことなんでしょうか???
5月にチェンライに行った時に、花を見ることができました。
右がその写真ですけど、花も食べられるみたいですねー。

ローズガーデン

写真を撮りながらボケボケして歩いていると、ツアー参加者のおばちゃんが何かの豆をとっておりました。
このおばちゃん、スルドイ質問をいろいろしてくれるので、ガイドさんもいろいろ話してくれてとっても助かるのです。
なるべくこのおばちゃんにくっついていようと思うのですが、写真を撮ってるとついつい置いてけぼりになります。
さて、この豆、食べられるって言うんですが、豆の木って何かあったかしら?
そうそう、ありましたよー、これこれ、

ローズガーデン

アンチャンは、蝶豆、バタフライピーとも呼ばれる、レッキとした豆科の植物でした。
へぇ~、アンチャンの豆も食べられるんですねぇ~、ここで、じゃあ・・・と、豆を採取しないところが私の弱いところか・・・

アンチャンの花と豆がうまく一緒に写せるところを探していたら、またもや遅れをとって、追いついてみると皆が何か食べているではありませんか!

ローズガーデン

この実、「มะดัน: マダン: Garcinia schomburgkiana Pierre」と看板がたっておりました。
おにいさんがヒーヒー言いながら食べてるのを分けてもらうと…  スッパームーチョ!
でもなんかなつかしい味もするんですよねー、なんだったっけ、なんだったけ、、、とおにいさんとウンウン唸ってみましたが、青リンゴ? 青梅? なんかそんな感じ??? って感じ…。

ところでこのマダン、後日、インジャルーン市場という大きな市場に参りましたらいっぱい売ってました。
どうやら季節ものなんですねー。
写真撮ったり、味見させてもらったりしてたら、タダで持ってっていいよー! と、市場のおばさんがどさっとくれました。
ありがとー! おばちゃん!!
なんかすごく栄養があるらしく、目にもよくって整腸作用があるのだとか。
(英語でガルシニアと言いますが、日本で一時流行ったガルシニアとはちょっと違うかと…調べがつきません)

し、しかし、、、このスッパムーチョ、私には手に負えそうもなく、それでも挑戦するべきか??? と悩んでいたら、弊社のスタッフが喜んで全部もらってってくれました。
どうやらトムヤムに入れたり、酸味を出すのに使うのだそうです。
タイ人ってホントに天然の甘辛酸を上手に使いこなしていると感心しちゃいます。

そういえば、似たようなスッパムーチョ果実にマヨムやタリンプリンというのがありますが、それとは違うの???
いや、もちろん違いますけど、、、と思ったら、これがタリンプリンの木だとか。
まだ実がついてないです、残念無念

ローズガーデン

ちょっと炎天下でボーっとしてたので、上の写真、ホントにタリンプリンだったか自信がなくなってもう一度確認しなくっちゃと思っていたところにうれしいプレゼント。
おじさんが何か取り出しています。

ローズガーデン

これは、ココヤシではないですか!
大胆にナタでガシガシ、、、

ローズガーデン

軽快に器用にザックザク、、、

ローズガーデン

1人に1個、ヤシのジュースをいただきました。
ホテルから来たスタッフは、このために来たのね、、、というくらいにお世話してくださいました。

ローズガーデン

椰子を手にした途端、「冷たいかなぁ?」と口走った私におにさんが 
いやぁ、なんか椰子のジュースって冷たいイメージで、なんかマジックを期待しちゃったんですよねー、そういえば街で売ってるのって氷漬けにしてましたね…

も~、私、果実・果樹のことはホントに疎くって、まだまだ修行中の身なんですよー!
その代わり、野菜なら任せて! 
あれ? そういえば、野菜を見てませんねー?
ここには野菜はないの???

同じタイミングで質問攻めおばちゃんも「野菜は?」とガイドのおじちゃんに詰めよってました。
おじちゃんによると、野菜畑はあるのだけれど、今はあまり野菜がなっていないのだそうで、期待はしないでって感じ。
「それは暑さとか水害とかのせい? それとも季節のせい?」と思わず突っ込んでみましたら、単にタイミングの問題だったようです。
主に年に4回のサイクルであれこれ野菜を作って収穫しているのだそうですが、今は、ちょうど収穫が終わって何もない状態なんだって…

さて、この後、期待をしてはいけない野菜ツアーへと参ります。。。。みなさんも期待をしないでお待ちくださいませ。



にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ  人気ブログランキングへ ポチポチと2つ押して応援をお願いします。

クスクスラディッシュサラダ

いよいよ月末に近く、おまけに23・24・25日は3連休なのでちょっと忙しくなります。
しかもこの3連休は日本、今晩、名古屋に向かって飛びます。
ああ、なんの準備もできてないんですけど~。
これからしばらく予約記事になってますので、コメントのお返事が遅くなるかもしれませんのであしからず。


★今回のテーマ★ ― ☆ラディッシュ(ハツカダイコン)☆

   クスクスラディッシュサラダ


「ラディッシュ」「ハツカダイコン」をテーマにお届けしています。
ただいまみなさんからのレシピも募集中!  → ラディッシュ料理募集!
ラディッシュを使った料理や、ラディッシュにまつわる話がありましたらぜひお知らせください!!

ラディッシュ料理のいいところは、簡単なことですね。
皮をむく必要がなく、そのまま使える手軽さがいいです。
大きくないので、手のかけようがないというのもあるかも…。

まずは簡単に生のまま使えるお料理を紹介しております。
和え物が2品きましたんで、次はサラダですかねぇ、やっぱ。

ラディッシュクスクス
by ☆青☆


輪切りにしてサラダにすることも多いでしょうが、ゴロゴロの食感を楽しむのもいいかと、クスクスと合わせてみました。


 ラディッシュとクスクスのサラダ

[材料]
ラディッシュ 100g
クスクス 1/4カップ、  水 1/3カップ
オレンジジュース 100cc、  マナオ汁 大さじ1
ハチミツ 小さじ1、  塩 適量
パクチー(パセリ) 1束

[作り方]
(1) 熱湯にオリーブオイルと塩を入れて、クスクスを入れ蓋をしておきます。
(2) ラディッシュとパクチーを粗めのみじん切りにします。
(3) オレンジジュースを煮つめて30~50ccにし、ハチミツとマナオ汁を混ぜます。
(4) すべての材料を混ぜ合わせてできあがりです。


え~っと、この写真は、パクチーを入れ過ぎで、パクチーサラダのようになってしまいました。
パクチーサラダとして食べるなら、それはそれでいいんですが、せっかくオレンジジュースを使っているので、オレンジの香りを楽しむには、パクチーは控えめの方がいいようです。

ああ、おまけにラディッシュが主役のはずなのに、ただの引き立て役になってる…
色でも味でもラディッシュがいいアクセントになってるんですけどね、モリモリ食べる方法としてクスクスを組み合わせたつもりだったんですが・・・。

私にはめずらしく甘めのサラダです。
オレンジ、そのままだとホントに感じないので、ちょっと煮つめた方がいいですね。
買ったオレンジがイマイチの甘味だったので、ハチミツを加えてみましたが、オレンジの味にあわせて調整してください。
他にもどんなドレッシングでも楽しめますので、いろいろお試しになってみてください。
パクチーもパセリにかえてもいいと思いますし、緑を単にアクセント的に使うのであれば、あさつきなどでもいいかと思います。

ラディッシュクスクス



読んでくださってありがとうございます! にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ   人気ブログランキングへ 
ポチポチと2つ押して応援をお願いします。

タイの農園につきもなのは(ローズガーデン旅行記6)

ローズガーデン旅行記として連載していますが、なんだか旅行記のカテゴリにするのもどうしたものかという状態、情報が大分細切れになっちゃってて…
その分、レシピの記事と交互にマメにアップしますのでよろしく~!

さて前回、道の向こうに何かが見えたところで終わりましたが、何だかわかりました?

ローズガーデン

ハイ、タイにはいーーーっぱいいる水牛さんたちです。
タイの田舎を車で走ると必ず目に入ってきます。
なんかのどかでいいんですよねー。
ウィキで調べたら、こんなことが書いてました。

「スイギュウは粗末な食べ物で成長して肉や乳を得られるだけでなく、ウシよりも沼地での行動に適応しているため水田での労働力としても有用であり、経済的に非常に優れた動物である。」

粗末な食べ物か、、、いえ、ここの水牛の主食はバナナなんです!
水牛の肉ってかたいらしいですが、バナナで育った水牛っておいしそ~!?

ここでは、バナナの餌あげができます。
5歳の子の手にもバナナが渡されました。

あっ!

ローズガーデン

やっぱコワイですよねー、気をとりなおしてもう一度。

ローズガーデン

ハイ、今度はよくできました~

この水牛君、ホントにバナナが好きみたい、見て見て、このうれしそ~な顔!

ローズガーデン

動物となると余計熱心にカメラのシャッターを切ってしまう私ですが、いつまでも居座るわけにもいきません。
名残惜しみつつ、、、水牛さんたち、さようなら~

ローズガーデン

案山子を見るのもどんだけ久しぶりかしら…。
5歳の子のお母さんがドロシーの話をしてあげてて微笑ましかったです。

ローズガーデン

ここの稲は、もう育ち過ぎたものばかりで、刈り取りはしないようです。
ツアーは、ここでUターンです。

旅行記時もここでUターンとなるか???
続きはまたね~! 
(今日は、水牛写真をアップしたかっただけだったのね、、、)


読んでくださってありがとうございます! にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ   人気ブログランキングへ 
ポチポチと2つ押して応援をお願いします。

ラディッシュとワカメの梅和え

ローズガーデンの記事の途中ですが、予想外に長くなってますので、お料理レシピと交互にお届けしております

★今回のテーマ★ ― ☆ラディッシュ(ハツカダイコン)☆

   ラディッシュとワカメの梅和え


ただいまのテーマは「ラディッシュ」です、「ハツカダイコン」とも呼ばれていますね。
みなさんからのレシピも募集中!  → ラディッシュ料理募集!
ラディッシュを使った料理や、ラディッシュにまつわる話がありましたらぜひお知らせください!!

ラディッシュ料理のいいところは、皮をむく必要がなく、そのまま使える手軽さと、少量でもお料理を華やかにしてくれるところでしょうか。
前回も和え物を紹介しましたが、和え物と一口にいってもいろいろあるもので、今回は純和風の和えものです。

そうそう、タイでは、いつでもラディッシュが手に入るのですが、、、の、はずなんですが、、、あれれ? この健幸料理の活動日の直前、ラディッシュが消えた!?
10日ほど前のセミナーの試食料理にラディッシュを使った時は、難なくラディッシュが買えたんですが、なぜなんでしょう???
健幸料理の前に、誰かスパイでもいるのか??? 
よく、テーマ野菜がスーパーから消えるんですよー(スパイしてどうするっていうの )。
スクムビット地区は全滅だったようで、シーロムのTOPSで買った私が、みなさんにお分けしました。
しかし、、、シーロムのTOPS(シーロムコンプレックスではなく、もっと奥の方の地元人しか利用しないようなTOPSがあるのです)、管理が全然できてないので、中には腐りかけのヤワヤワで汁がでかけてるのが平気で置いてあったりする状態。
一応、選り分けて買いましたけれど、これがタイなんですよねー。

ラディッシュワカメ梅和え
by cinnamon


さすが、和え物名人
しか~し、これは困った! 日本酒が欲しくなる~!!


 ラディッシュとワカメの梅和え
[材料]
ラディッシュ 3個くらい
ワカメ 適量、 タマネギ 1/4個、 梅 1個
削り節 1/2、 しょう油 少々、 マナオ汁 小さじ1

[作り方]
(1) ワカメを水で戻します。
(2) ラディッシュをスライスして塩もみしておきます。
(3) タマネギは千切りにしておきます。
(4) 梅はたたいて、削り節としょう油と和えて、材料を混ぜ合わせてマナオを絞ります。


さっぱりしてとても食べやすかったです。
ワカメの酢のものはよくありますが、酢を梅にかえると、ほどよい甘味と梅の香りが味わえていいですねぇ。
なんかそれだけで、ぜ~たくな気分になれちゃう。

このラディッシュ、上記に書いた通り、鮮度がイマイチなのか辛味をあまり感じなかったんですが、ちょっと辛味があるとさらにおいしく味わえると思います。
でもツンとした辛味がない方が、お子さんも喜んで食べるかな?
ラディッシュの辛味は、品種や季節にもよるのだそうです。
みなさんは、どちらがお好みですか?

ラディッシュワカメ梅和え


読んでくださってありがとうございます! にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ   人気ブログランキングへ 
ポチポチと2つ押して応援をお願いします。

炎天下のファーム見学(ローズガーデン旅行記その5)

オーガニックファーム訪問記、大きな写真で紹介したいし、一つ一つの野菜の話などを書きたいなあと思ったら、どうやらとっても長くなりそうなので、レシピと交互にお届けします。
しばらくすごい勢いでお届けしますので、しっかりついてきてくださーーーい!

さてさて、オーガニックファームツアー、すっかりお腹がいっぱいになったところでやっと農園部分を歩きだしました。

ローズガーデン

農園ガイドのおじさんとホテルから2人、参加者は、私たちをいれて12人くらい、私たちというのは、おにいさんとお友達とそのお嬢さん(5歳だっけ?)です。

ここは、オーガニックファームで、ケミは使ってないということを簡単には言っていましたが、ツアー中、声高に叫ぶようなところはほとんどありませんでした。
オーガニックファームの中には、自分たちの素晴らしさをアツく語るあまり、自分たちだけが特別で正義だという姿勢を示すところがあって、正直私は、ここんとこ、なんだかなぁ~という気がしていたのです。
いや、ホントに志は素晴らしいと思うし、私ももちろん食べてますし(おいしくって高過ぎないならね)、増えていったらいいとは思うのですけど、あまりに農薬を悪のように言って、農薬を使ってる農家さんを見下すような態度ってどうよ、という感じなのです。
農業は、農薬を使ったって使わなくたって大変なことで、私は、全ての農家さんに感謝したいと思うので、あまり行き過ぎたオーガニック礼讃というのかオーガニック信仰は、ちょっと考えた方がいいんじゃないかと思うことがあるわけです。
(もちろん、農薬の問題はわかってますよ。他に自然農法というのがあったりしますが、そんな話をしだすととんでもなくなるのでやめときます。)

まあ、そんないろいろ思うところがあるこのごろだったので、ここのとっても自然体なところがいいなあと思いました。
まあ、ここの農園、農業で生きていこうって感じではないから、ちょっとのんきなのかもしれません。
ただ、ここが紛れもなくオーガニックなんだろうなあと思うのは、、、ホテルの部屋やサーラーにいても実は風向きで感じるのですが、、、田舎の香水のニオイがするんですよねー
これがローズガーデンホテルの最大の難点かも…。

さてさて右手に見えてきたのが、、、

ローズガーデン ローズガーデン

梨や桃みたいに袋がけしています。
袋がコンビニの袋だったり紙だったりいろいろってところがいいですねー。
これは、病害虫から守るためだそうです。
でもこれじゃあ、なんの果物かわからな~い!
どうやらこれは、ファラン(グアバ)なのだそうです、へぇ~、こんなに大事に育てられるものなのですねー。
そういえば、そもそも傷みやすいのでそっと扱わなきゃいけない果物でしたね、売り場でも1個1個パッキングされてたりします。

ファランについては、今年3月に開催された野菜ソムリエコミュニティBangkok主催の「もっと楽しくベジフルライフ!」で発表しましたので、そのまとめの記事をどうぞ~!
ファランって、すっごいビタミンCがたっぷりの果物なんですよ~!!

次に現れたのが、、、

ローズガーデン

う~ん、う~ん、、、
私、この木、どっかて見たことあります、どこだっけー? なんだっけー?

ローズガーデン

ああそうだ~、マフアン(スターフルーツ)です。
今年行ったラヨーンの果樹園で見たのでした。
木や葉っぱをみただけで、なんの果物かわかるようになりたいものですが、土に触れずに育ってしまった私には(山の子なのに)なかなか難しいですねー。
なんとも頼りない野菜ソムリエです。。。
スターフルーツについては、これまた「野菜ソムリエコミュニティBangkok」のブログで「ラヨーン果樹園見学」の記事に詳しく書いてますのでご覧ください。
あと、フリーペーパー「WOM Bangkok」の9月号にも書いてますよー!

ところで、、、緑いっぱいで涼しげに見えるでしょうが、、、この日も暑かったです。
5歳の子が「暑い、暑い」とホントにつらそうで気の毒でしたが、「みんな同じなの!」と冷たくいう鬼のようなおばちゃん、、、ごめんね、私も暑かったのよ。
それにしてもゴルフじゃないからと日焼け止めを手抜きした私、鏡を見るたびにギョッとしてます。。。

ローズガーデン

右側に果樹園がひろがっていたのでした。
さて、もう一つ、紹介しておきましょー。
次は、おなじみの果物です!

ローズガーデン

ハイ、パパイヤですね。
品種を聞いたら、いろんな品種が混在してるのだそうで、たしかに見た目にもいろんな形のがありました。
白い布も病害虫予防なんですかねぇ、聞きそびれました。

さらに歩いていきますと、、、

ローズガーデン

向こうに何かが見える!
続きはまた今度にしておきます~


読んでくださってありがとうございます! にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ   人気ブログランキングへ 
ポチポチと2つ押して応援をお願いします。

ラディッシュのエスニック甘酢和え

ローズガーデンの記事の途中ですが、予想外に長くなりそうなので、お料理レシピと交互にお届けしていくことにします。
16日の土曜日にはお友達の結婚式、17日には、シーロムでインド寺のお祭りがあって、それもお届けしたいところなんですけどね~。
しばらくすごい勢いでアップしていきますので、しっかりついてきてくださいね!


★今回のテーマ★ ― ☆ラディッシュ(ハツカダイコン)☆

   ラディッシュのエスニック甘酢和え


ラディッシュヒョウタン甘酢今度のテーマは「ラディッシュ」、「ハツカダイコン」とも呼ばれていますね。
漬物かサラダが一般的ですが、西洋ではシチューにも利用するという記事を読み、もっといろんな使い方ができるのではないかと、挑戦してみることにしました。
さすがにズラーッと並ぶという状態ではありませんでしたが、3人で作ってあれこれ楽しい料理がそろいましたよー。

ただいまみなさんからのレシピも募集中!  → ラディッシュ料理募集!
ラディッシュを使った料理や、ラディッシュにまつわる話がありましたらぜひお知らせください!!

先日の在タイ野菜ソムリエによるセミナー「もっと楽しくベジフルライフ!」でウリ科の野菜についてお話しましたが、その時にご試食いただいたヒョウタン料理にラディッシュがとても上手に使われていました。
右上の写真がそうですが、レシピは、野菜ソムリエコミュニティBangkokのブログで紹介していますので、そちらをご覧ください。

同じように和え物ですが、これまた違った感じです。

ラディッシュエスニック和え
by cinnamon


ヒョウタンレシピもcinnamonさんだったんですが、こちらも彼女の作。
和え物名人と呼んであげたい!

ラディッシュの赤が加わると、一段と華やかな感じがしますね。
なんだかハッピーな気分になる和え物です。
見た目ではわからないでしょうが(当たり前!)、エスニック味なんですよ~。


 ラディッシュのエスニック甘酢和え

[材料]
ラディッシュ 4~5個
ニンジン 10cm、 キュウリ 1本、 
キンサイ 少々、 ショウガ 1片、 
甘酢: 砂糖 大さじ1、 酢 大さじ1.5、 ナンプラー 大さじ1、
トウガラシ 1/2本(みじん切り)、ニンニク 1/2片(みじん切り)、 

[作り方]
(1) 甘酢の元を作っておきます。
(2) 野菜はすべて塩もみしてしばらくおいて水気を切って、甘酢に和えます。


そうなんです、ナンプラーが使われているんです。
エスニック味だけど、タイ料理とは違う良さが出てます。
ホントにおいしくって、食べだしたらとまらなくなりそうでした。
作り方も簡単!
お好みでトウガラシやニンニク、調味料の量を調整してみてください。

ラディッシュエスニック和え


読んでくださってありがとうございます! にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ   人気ブログランキングへ 
ポチポチと2つ押して応援をお願いします。

オーガニックファームツアースタート!(ローズガーデン旅行記その4)

週末、ローズガーデンに行って来た記事をお届けしていますが、3日目は、ゴルフ組とは別行動でオーガニックファームに行って来ました。
張り切って写真を撮りすぎたせいですごい枚数になってしまって、どの写真を使おうかと選んでいたら、選ぶ作業とまとめる作業が億劫になってきたので(コラコラ、、、めんどくさがりですみません )、あまり選ばずにどどーっと紹介することにして、記事は短めに何度かに分けてお届けすることにします。

前日、終日大宴会状態でバタンキュー、めずらしく夜の10時には寝てしまったようで、朝、これまためずらしく日の出の時間に目が覚めました。

ローズガーデン ローズガーデン

う~ん、今日も暑い日になりそ~! 

朝10時、ホテルのツアーで、川向こうにあるオーガニックファームに出発です。
大人1人200バーツ、子供は150バーツでした。
早目に船着き場に行って川を眺めていたら…

ローズガーデン ローズガーデン

昨日のおばあさんが、今度は、孫だかひ孫だか、少年に連れられてやってきました。
おばあさんを送り届けた少年が上流に向かって船を漕いで帰る姿も、なんか絵になりますねぇ~。

ローズガーデン ローズガーデン

しっかり救命具をつけて船に乗って出発、川向こうのさらに細い支流に入っていきますと、蓮池が見えました。
この蓮池、本来は、歩いてそばまで行けるそうですが、この日は、水量が多過ぎてすっかり川の中にある状態。
そういえばそうですよねー、蓮の葉は水面に浮くのではなく、すくっと立ってるものですからね。
これじゃあ、睡蓮みたいに葉っぱが浮いてるみたいに見えちゃいます。

あらら、今、蓮の葉をウィキで調べたら面白い情報がありました。
「はすっぱな女」なんて言葉がありますが、あれは、「蓮の葉女」からきれいるんですって!
「お転婆、生意気、媚を売る、馴れ馴れしいなど軽はずみな言動をする女性や浮気性や根無し草のように住処を転々とする女性をさす」って、、、そういえば、そういう使われ方してますよね、全然、いいイメージじゃない。
語源はいろいろあるみたいですがはっきりしていないそうです、、、(詳しくはウィキをどうぞ)

動く船の上から望遠レンズで必死に花を撮ってみました。

ローズガーデン

きれいな花だなーと思っていたら、上陸したらいきなりこの花がお出迎えです。

ローズガーデン

ピンクの花びらは、さっき見てきた蓮の花、青いのは、「アンチャン」の花、日本語では「蝶豆」、英語では「Butterfly pea」と呼ばれている花です。
白いのは、「ケ―」と呼ばれる花で、「白胡蝶」「Vegetable hummingbird」「Sesbania flower」と呼ばれています。
これは、飾りではなく、、、

ローズガーデン

お花の天ぷらになるのです。
味? ---ほとんどしませんでした。
ハチミツをつけて食べるので、ハチミツの味って感じ…

次に歓迎してくれたのは、、、

ローズガーデン

これまた蓮の花のつぼみとアンチャンの花、レモングラスです。
ハイ、これはご想像の通り、

ローズガーデン

お茶になるのです。
ポットの蓋をあけてみせていただきました。

ローズガーデン ローズガーデン

アンチャンもレモングラスもそのまま入れてるだけです。
蓮の蕾だけは、乾燥させたものを使っているのだそうです。
アップの写真を撮り忘れましたが、上の写真で透明な瓶に入っているのがそれです。
蕾の中の花托みたいなところも全部使うみたいです。

レモングラスは、いかにもタイらしいハーブティーって感じですね。
細かく切ったりせず、大胆にそのまんま入れちゃってます。

アンチャンは、薄いブルーのお茶になりますが、マナオ(レモン)を絞ると紫にに変化します。
味は、ほとんどしないので、お茶として楽しむのは、色を楽しむという感じでしょうか。
乾燥したのも売っていますので、いいお土産になりますよー。

まだまだ歓迎が続きます、、、なかなかツアーは始まりません。
あ、いえ、これ自体がツアーの一環、料金に含まれているんでしょうけどね。

ローズガーデン ローズガーデン

焼きバナナです。
酸味と甘味が濃くなってそのバランスがクセになる感じ、モチモチした食感です。
こんな風に串にさしてたらかわいいですねー、これならおうちでも試せそう!
こういうおやつだったらホントにヘルシーですね。
焼きバナナは、整腸効果がアップするみたいですよ。

ーーということで、まだファームまで行ってないんですけど、今日はここまで!
お花の天ぷら、お茶をじっくり味わえたのでうれしかったのでしたー!


読んでくださってありがとうございます! にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ   人気ブログランキングへ 
ポチポチと2つ押して応援をお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。