奇跡の木「ワサビノキ」 - 今日のタラート(12)

あらら、今日で9月が終わってしまうのですね。
なんだか怒涛の日々でしたねぇ~、セミナーも4つもありましたし。
9月は、日本のシルバーウィークがあったのと、8月の夏休みシーズンを終えて旅行代が安くなったり、一足遅い夏休みをとった方など、とにかく来タイラッシュでした。
久々にお会いする方、初めてお会いする方いろいろでしたが、訪ねて来ていただけるのはとてもうれしいです。

タラートファクカーオ先日、お料理関係の仕事をしているというお友達の弟さんがご来タイということで、一緒にオートーコー市場に出かけました。
久々のオートーコーでしたが、オートーコーって量は少なくても珍しいものがぽこっと置いてあったりするので楽しいです。
今回も「奇跡のフルーツ」と呼ばれる「ファクカーオ(白瓜、ガック)」をゲット!
これは、先日のセミナーでウリ科の話をすることになっていたので、ネタとして使おうと思って買いました。
(右の写真の赤いのは柿です。比較のために並べてあるだけです。)
緑のうちに食べるには、ニガウリどころではない苦さで罰ゲームのようです。
赤くなったところで種を利用するのがいいようです。

さて、今日紹介するのは、これまた「奇跡」の名のつくこの野菜です。

 ワサビノキ

さてさてこれは、なんでしょう?

ヘチマん? なんかトカドヘチマがなんかやせ細ったようにも見えますが・・・!? (左の写真がトカドヘチマ)

この野菜の正体は、タイトルにもあります通り「ワサビノキ」と言います。
…と、ここまで書いて、自分で書いた「南国(タイ)の野菜たち」を引っ張り出してみたりします。
インデックスから調べられるので便利ですねぇ、なんて自慢だか宣伝だかしてみたりして

でもこれを書いた時は、自分では1度だけ一切れ食べただけで料理してなかったので、味や利用法についてつっこんだ話が書けておりません。
ただ、調べていた時に、ホントにすごい「奇跡のツリー」ということを知って、興奮したのを覚えています。
もっと詳しく書きたかったのですが、スペースがなかったんですよねぇ。

今日は、改めて紹介します。

<ワサビノキ>
Moringa oleifera Lam、 ワサビノキ科 インド原産
タイ語: มะรุม(マルン) 英語: Horse radish tree / Drumstick tree
他にマルンガイ、モリンガなどとも呼ばれています。

ワサビノキというからには、ワサビの味がするのよねってことですが、たしかに実にかすかな刺激を感じますが、辛味は特に根にあるそうです。
ワサビノキは、種、幹、枝、葉、花、根のすべてを利用できるそうです。

その他、ワサビノキがなぜに奇跡と呼ばれるか、どれほど素晴らしい木なのかというのが延々とアツく語られているサイトがいくつかありますので、ぜひ、ご覧になってカンドーしてくださいませ!

 モリンガ アフリカの子供たちを救う緑の妖精 - モリンガを超えるのはモリンガだけ
 moringa 沖縄モリンガ(ワサビノキ)
 Zija(ジージャ・インターナショナル)
 malun concierge 

上記のサイトをごくごく簡単にまとめてみますと、モリンガの何が奇跡かと言うと、まず栄養。
なんかあり得ないほどの多くの栄養素と効能があってバランスのとれた植物ってことのようです。
そしてそれだけ栄養があるのに、栽培するのに低コストで成長がはやく、干ばつにも強く、アフリカなどの食糧危機を救ってくれる期待の植物なのだそうです。(寒さには弱いらしい)
さらに水を浄化したり、二酸化炭素の吸収力が一般の植物に比べて20倍以上あって環境にもよいのだそうです。

その素晴らしい効用を手っ取り早くってことでいろんな製品が出てるようです。
タイでもお茶やサプリメントが出ています。
まあ、何か不調な所がある方はお試しになられてもいいかとは思います。
ちなみに妊婦さんは、大量に摂取すると子宮が収縮して流産の危険性があるとかなので、サプリはやめておいた方がいいようです。


やはりまずは野菜として楽しみたいと思うわけですが、ドラムスティックという名もある通り、細長くてかたいのです。
どうやって食べたらいいんでしょ?
オートーコーでちょうど皮を剥いてるところを目撃!

 ワサビノキ

もともと細いのに皮を剥いちゃったら食べるところがあるの~? という感じですが、剥き終わった実は、こうして売られておりました。

 ワサビノキ

おひとつお買い上げ~!
家に持ち帰ってじっくり眺めてみます。

 ワサビノキ

そのまま食べてみると、以前に食べたよりワサビっぽい感じがしました。
う~ん、一体、これをどうやって料理したらいいんでしょ?
タラートのおばちゃんに聞くと「ゲーンソム(酸っぱいスープ)」といういつもの答え、、、。
でもおにいさんは「ゲーンだけはやめてくれ」というリクエストをしてきます。
冷蔵庫を眺めたらエリンギと卵がありましたので、生で食べられたのだから炒めてもOKかと。

 ワサビノキ

エリンギと一緒にシンプルに炒めて味見をしたら、やっぱりワサビの味がする!
これは、ひょっとしてワサビ醤油ってことで醤油味にしようか? と。
ワサビにマヨネーズもおいしいのよねぇ~と、マヨラーの血が… ちょこっと混ぜてみました。
このままでもおいしかったのですが、すでに卵を割っていたので混ぜ入れました。

ワサビノキ

おいし~じゃん! と自画自賛。
でもでも、この野菜には大きな難点があったのです。

豆っぽくなっているところはそのまま食べられるのですが、他は筋がとにかくかたくって、とても噛んで飲みこめるようなものではなく、ペッぺとしながら食べなきゃいけません。
野菜ソムリエ仲間で食べたことがあるって人が「アーティチョークみたいにして食べた」と言っていました。
う~、これのことねぇ~ってナットク。

それでも栄養があるしおいしいし、、、と、私は喜んで食べてたのですが、おにいさんは「もっと調理前にしごくとかして、こんなことイチイチしなくても食べる方法があるだろー、じゃなきゃ、こんなの食べてられない! 大体、美しくない!」なんてことをいいます。
そんな、、、美しさが必要なの? 
そんなこと言ってたら、おにいさんは、中国人とは一緒に食事できませんよ!

でもまあ、こうして調理したベトベトのを口から出すのはたしかにどうかっていうのもわかります。
いっそみじん切りにしたら? と思いましたが、口の中でかたいのが残るのは同じでしょう。
包丁でしごいてみましたけど、そんなうまくとれるようなものではありませんでした。
残りは、カンタンに茹でてタレをつけながらしごきながら食べてみました。
いいおつまみになるじゃないですか! 
食べ過ぎも防げそうです。
何か奇跡が起こることを期待して、今後も時々買ってみようと思ってます。



読んでくださってありがとうございます! 励みになりますので、ポチポチっと2つ、応援お願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ        人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

達人たちのビーツのサラダ 4品

  • カテゴリ:ビーツ
  • コメント:6件
  • トラックバック:0件
★今回のテーマ★ ― ☆ビーツ/ビート บีทรูท ☆
   ビーツのサラダ4種


ビーツもはや「ビーツブログ」と化しているのではないかと思うほど、ビーツレシピが続いております。
でもさすがにそろそろ終盤、えっ? 終盤ってことは、まだ終わりってことではない!?
ハイ、まだもうちょっとあります。
だってビーツでフルコースって考えた場合、まだまだ出ていない料理がありますでしょ~。

ポテトサラダやトルコ風のサラダは出ていますが、ふつうにビーツを使ったサラダがまだ出ておりませんでした。
研究所の試食会では出なかったのですが、弊ブログ読者の大御所2人(!?)がビーツのサラダをご紹介くださいました!

「へそ曲がりアデリーの食べればご機嫌」のアデリーさんというのか、ブログを始められる前にソーニャさんとお呼びしていたので、ここでもソーニャさんと呼ばせていただきます。
美食家といのは、こういう方のことを言うのよね~と思わせるほど、おいしいものをいっぱい食べ歩いてらっしゃるソーニャさん、自らもお料理教室に通われて手料理もおいしそ~なものがいっぱい並びます。

ソーニャさんが通われているお料理教室「サロンド・キュイジーヌ」で教わったお料理だそうです。
えええ~、大田区池上にこんな素敵なお料理教室があったの~? 
私は、池上線の旗の台駅近くに住んでたんですが、、、なんて狭い世界に生きていたのかしら。
講師の荻野恭子先生は、世界中を旅されて各国料理を学ばれて、あの「キューピー3分クッキング」をはじめ「dancyu」など多くのマスメディアでも活躍されています。
お話を聞けば聞くほどすごくって素敵な先生なんですよね~、ソーニャさんに教えていただくまで詳しくわからずにいたのですが、私も先生の本2冊持ってました!

 
 
トルコ料理やロシア料理を教えてくださる日本人の先生って数少ないですよね~、そんな先生直伝のソーニャさんお料理!
でもお教室で習った料理なので、そのままレシピ公開というのはどうかということで簡単にご紹介です。

ビーツソーニャさんサラダ ビーツのサラダ

こちらはサラダですが、ビーツを千切りにしてまず炒めます。
ドレッシングと和えてヨーグルトをかけていただきます。

ワーイ! 簡単レシピですね!!
きっとドレッシングがちょっと違うのでしょうが、私たちがうちで楽しむ分には、ふつ~のドレッシングで十分においしそうです。


ビーツソーニャさんサラダ2  ビーツと野菜のサラダ

ビーツ、じゃがいも、人参、グリンピースをそれぞれ茹でて、みじん切りの玉葱と一緒にフレンチドレッシングで和え、みじん切りのゆで卵を飾ります。

こうして最後にさっと混ぜるなら、全部が真っ赤っかにならずにすむのですね。
全部が真っ赤っかというのはいかにも元気色ですが、ひいてしまう人もいますし、他の料理とのバランスを考えた時、こういう風にアクセント的にビーツが生える料理っていいですね。



次は、いつもお世話になってます「異邦人の食卓」のタヌ子さん!
タヌ子さんは、こちらでビーツ料理を募集する以前から、よくビーツ料理を作ってブログにアップされておりました。
やっぱりヨーロッパは、ビーツ環境が違うのでしょうねぇ。
タイもいっぱいあるのだから、これからもっとしっかりビーツを使っていきたいところですねぇ。

ビーツタヌ子さんサラダ ビーツとリンゴのサラダ

[材料]
ビーツ 2個
林檎(なるべく酸味の強いもの) 2個、 クルミ(剥き実) 8個
レモン汁 大さじ1強、 ニンニク 小1片、 エシャロット 1個(タマネギで代用の場合は小1/2個)
イタリアンパセリ 2枝、 クルミオイル 大さじ3(他の植物油でも可)、 塩・胡椒 適宜

[作り方]
(1) ビーツはかぶるぐらいの水に丸ごと入れて、1時間ほど茹でて皮を剥き、細い棒状に切ります。
(2) 林檎の皮を剥いて、ビーツと同じぐらいの大きさに切ります。エシャロットは薄くスライスします。
(3) ボールにニンニクの摩り下ろしを入れ、塩・胡椒とレモン汁、クルミオイルを加えてよく混ぜます。
(4) ビーツと林檎とエシャロットを加え、一混ぜします。
(5) 最後に粗めに崩したクルミをトッピングします。


タヌ子さん料理ってなんかおっしゃれ~♪ なんですよねー、クルミとクルミオイルっていいですねぇ~。
何がすごいってビーツもだけど、ビーツのスプラウトをさりげに飾っております。
ビーツはやっぱりスプラウトも赤いんですねぇ、種を買って育ててみたいです。


ビーツタヌ子さんサラダ ビーツのパンプキンシードサラダ

[材料]
ビーツ 2個(茹でたものをサイコロ型に切る)
紫タマネギ(薄くスライス)、 塩・コショウ 適量
ワインビネガー 大さじ1/2、 パンプキンシードオイル 大さじ1、 
トッピング: パンプキンの種、ビーツスプラウト、茹で卵 適量

[作り方]
全ての材料を混ぜてトッピングを飾ります。


ナント、クルミの次は、パンプキンにパンプキンオイルです!
オイルを使い分けるワザは、私にはできそうもないですが、パンプキンオイルとビーツの相性は、バッチリなんですって!
単にオイルとビネガーのドレッシングでもいろいろ楽しめるのですね。

こうしてみるとビーツ料理、ホントに手軽にできそうですよねー。
そう見えるだけ?
いえいえ、手や台所が赤くなって大変! なんてこともありませんし、ホントに手軽に使える材料なんですよ~、ぜひ、みなさん、挑戦してみてくださいね!

さて、今回はサラダですので、次回は・・・残る料理も少なくなってきましたので、何か想像つきます?
次回もこのグルメな達人お2人の料理です、お楽しみに!
>

読んでくださってありがとうございます! 
どうか押し忘れずにポチポチと2つ押してくださいませ~!   

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ

今のうちに食べたい果物 - ロンコン

昨日、一昨日は、野菜ソムリエコミュニティBangkokによる「もっと楽しくベジフルライフ! in Thailand」セミナーでした。
私は、ウリ科の野菜について説明させていただきましたが、いつもの如く早口で恐縮でございました。
ご来場いただきましたみなさま、ありがとうございます!

そうそう、なんか、今朝、NHKのあさイチを見てたら、ホットケーキミックスがブームなんですって!?
まったくその方面に疎い私、ホットケーキミックスは、タイでは安いものではないので(売ってる店はあっても輸入品)そんな身近に感じるものでもなく、このブログで登場することはないよねぇ、、と思ったら、ありました!
先日紹介したタヌ子さんの「ビーツ入り蒸しパン」は、ホットケーキミックスを使ってらっしゃいました。
でもホットケーキミックスを使うとビーツの赤が消えてしまうという不思議な話でしたね。

さて、今日は、一般記事の日 --- と、いつの間にかレシピの記事とそれ以外の記事を交互にするようにしていたんですが、気がついてました!?
いや、まあ、それもまた崩れる日がすぐくるかもしれませんけど、、、

最近、タラート(市場)シリーズをやっていないのでやりたいところですが、今日は、移動タラートでもいうんでしょうか、タラートまで行かずとも豊富にそろっている果物をご紹介!

ロンコン

これは、シーロムのTOPS(シーロムコンプレックスではない)の前、私の通勤路。
いつもいろんな果物屋台やサンドイッチやら豆乳やら串焼きやら、、、が並んでおります。
ちょっとしたこういう屋台でも季節を知ることができるので、ここを通るのは楽しみだったりします。

ロンコン

最近、目立つのは、ザクロとハミウリ。
ザクロは、インドから来た真っ赤な種類と中国から来たと言う薄いピンクのが出回っています。
ハミウリは、以前、「チベットメロン」といてこちらで紹介しております。
昨日、一昨日のセミナーでも食べていただきました。
食べ比べの人気投票をしたんですけど、なんか、私が買ったのがハズレだったようで(熟し加減が)、、、人気がイマイチでちょっと残念! 
本当は、もっともっとおいしいんですよー!!

そうそう、今日、お伝えしたかったのは、こちらです。

ロンコン

龍眼(リュウガン、ロンガン、ラムヤイ)に似ていますが、「ロンコン」と言います。
日本語では、、、やっぱり、ロンコンなんでしょうかねぇ。
他に近い種類に「ランサート(ランサ)」というのがあって、そっちの方が日本では知られているようなんですが(とっても低い知名度でしょうが)、ロンコンとランサートは、よく混同されるようです。
私も目の前に並べられなきゃわかんないかも、、、高くて美味しい方がロンコンです。
日本では、同じ仲間だからランサで通しちゃっているのかもしれません。

ロンコンは、ブドウのように房になってます。

ロンコン

いや、これは作りモノですけどね、ラヨーンの果樹園に行った時にみかけたオブジェ(!?)です。
この時期(6月)には、まだロンコンは、ちょっとしかなってなかったのでした。
でも、今は、いっぱい!

ロンコン

ロンコンは、甘過ぎず酸味がほどよくおいしいのですが、、、難点は、皮を剥く時、手が汚れるのです。
ちょっとベタベタするし、、、食べ終わったら、必ず手を洗いに行かなければいけません。
あと、種が苦いです。
種食いの私でもこの種は、パスです。

ロンコン

面倒くさがりの私は、買うのを躊躇するのですが、タイ人によくもらって食べる機会が多いです。
タイ人は、ロンコンが大好きな人が多いようで、常に値段のチェックをして、キロ単位で大量に買ってたりします。
友人が、ロンコンが大好きだと言うので「でも面倒じゃない?」と聞いたら、「メイドが剥くからいいの」という答えが、、、

旬は、6~9月のようですので、もう1回くらいは食べておこうと思います。



読んでくださってありがとうございます! 励みになりますので、ポチポチっと2つ、応援お願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ        人気ブログランキングへ

ビーツパスタとビーツ春雨

  • カテゴリ:ビーツ
  • コメント:10件
  • トラックバック:0件
いよいよ明日22日と明後日23日、もっと楽しくベジフルライフ! in Thailand」セミナーが開催されます! 
弱冠お席に余裕がありますので、滑り込み申込受付ます! vfcbangkok@livedoor.com / 084-730-3870

ーーーというわけで、今日は準備もあるので手抜きでささっとアップ!
あ~、料理が手抜きって意味…でもあったりする!?



★今回のテーマ★ ― ☆ビーツ/ビート บีทรูท ☆
   ビーツパスタ
   ビーツ春雨


ビーツを使ってご飯にするときれいなピンクになるので、他にもピンクに染めてしまお~! と、考えたのがパスタと春雨。
でもさすがの私も(?)長いパスタがピンクってどうよ~? って気もしたので、ショートパスタを使ってみました。

ビーツパスタ
by ☆青☆


 ビーツのパスタ

[材料]
ビーツ 1/2個(50g)
パスタ 200g、 オリーブオイル、ニンニク、塩、コショウ、クレソン (豆?)

[作り方]
(1)パスタを通常の時間通りに茹でます。
(2)ビーツをみじん切りにし、ニンニクの香りをつけたオリーブオイルで炒め、パスタの茹で汁を少量加えてやわらかくします。
(3)茹であがったパスタを加えて混ぜ、塩コショウで味を調え、緑を飾ります。


緑は、たまたまクレソンがありましたが、パセリやパクチーでもいいでしょう。
なぜか白花豆っぽいのが見えてるんですが、、、記憶喪失 
ご飯の時に試してみたいって思ったから、試してたのかしら、、、すっかりピンクですね。
さっと作れるように先にみじん切りにしちゃいましたが、あらかじめ丸ごと加熱してあるのを使ってもいいと思います。

ビーツ春雨
by ☆青☆


 ビーツ春雨

[材料]
ビーツ 1/2~1個
春雨 2人前、 干しシイタケ(戻しておく) 1個、、
ショウガ 親指大、トウガラシ お好みで、
しょう油 大さじ1、 日本酒 大さじ1、 みりん 大さじ1、

[作り方]
(1)春雨をきめられた手順で戻して茹でておきます。
(2)ビーツと戻した干しシイタケを千切りに、ショウガは針状の千切りに、トウガラシはみじん切りにします。
(3)干しシイタケの戻し汁に全てを入れて、しょう油、日本酒、みりんで味を調えます。


なんか、すんごいいい加減、、、どんだけピンクになるかコワイものみたさだったかも。
パスタやサラダご飯と違って、ビーツは、色づけだけでなく、しっかり千切りにして一緒に食感を味わいました。
ビーツがもっと柔らかくてもいいという人もいましたので、お好みで。
ショウガをきかせたさっぱり春雨です。

では、本日は、これにて失礼!


読んでくださってありがとうございます! 
どうか押し忘れずにポチポチと2つ押してくださいませ~!   にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ  人気ブログランキングへ

「南国(タイ)の野菜たち」 あらためましてご紹介!

先月、2010年8月に出版いたしました「南国(タイ)の野菜たち」をあらためて紹介させていただきます。
<まるごと・タイランド・ムック・シリーズ>
編集・制作 まるごとタイランド、 
文・料理指導 青澤直子 (←野菜ソムリエ☆ナビにリンク、本には写真載ってませんので…
発行所 株式会社ウィズモバイル 
定価 タイ国内 600バーツ 日本 2,100円+税

発売開始から1ヶ月、飛ぶように!  …は、売れてないかもしれませんが、 それなりに着々とお買い求めいただいているようで大変ありがたいです。
先日、まるごとタイランドの社長にお会いしましたが、タイ国内での売れ方は、これが日本ならベストセラー状態だとおっしゃっていただきました。
お買い求めいただきましたみなさま、本当にありがとうございます!

この先も長く地味に売れていく本だと思っておりますので、すぐに宣伝せずにおりましたが(どこでどう売っているのかよくわからなかったこともあり)、先日、社長さんにお会いして出版祝いもしましたので、あらためて宣伝させていただこうと思います。
なんか先週は、読売新聞の東南アジア版で広告を結構大きく出していただいたようです。
あとまるごとタイランドの最新号でも紹介記事を載せてもらっています。

タイでは、伊勢丹にある紀伊国屋書店や東京堂書店で販売しております。
品切れのこともありますが、注文していただければ取り寄せてもらえます。

また、私に直接連絡いただけましたら、5冊以上お求めの場合は、1冊サービスいたします。
ご友人の分をまとめられたり、お店などで店頭に置いてくださるという方、直接、私までご連絡ください。
また、地方でなかなか手に入らないという方も代金を銀行振り込みにてお支払いいただけましたら、郵送致しますのでご連絡ください。
連絡先 081-836-6350 / koppunmaak-kenko(at)yahoo.co.jp (at)は@に変換してご利用ください。

チェンマイでは、「Green Days カフェ&ゲストハウス」さんで販売していただいております。
なんだか結構なハイペースで売れているようで、とっても感激です。
チェンマイの野菜は、この本に書いているのよりさらに奥が深くて、もっともっと勉強しなくっちゃって思ってます。

また、日本の方は、大手書店で販売の予定とは聞いておりますが、どうも置いていないような… 
目撃情報待ってます(笑)
これも社長の話によると、先週、追加分を発送したそうですので、もう少し、日本でも買ってもらえるようになるかと思います。
(それにしても郵送代がメチャクチャ高いんですってねー)

アマゾンは、こちらから → 南国(タイ)の野菜たち
ただし、少量しか在庫しないようで、すぐにというのか常に売り切れになってます。

出版元のまるごとタイランドさんのサイトからでしたら常時お求めいただけます。

以下、ちょっとアマゾンの「中味検索!」っぽくしつつ、裏話を加えて紹介してみますね。
写真をクリックすると拡大してご覧いただけます。

南国の野菜たち1  南国の野菜たち12

「はじめに」と「おわりに」の部分は、まさに製作のはじめからおわりまでこねくりまわしておりました。
伝えたいこと、いいわけしたいこと(?)いっぱいあるんですよねー、健幸料理のこととか野菜ソムリエのこととか、タイ人の食生活、食文化のうつりかわりとか、日本人社会のこととか、食の安心・安全とか栄養のこととか、でもそんなの書き出したら大変なボリュームになってしまうので、バッサリ切ることにしました。
本文を読んでいただければ、それなりにきっと伝わるものがあるんじゃないかと期待して…。

南国の野菜たち2  南国の野菜たち5
こういう本を作る上で一番大事なのは目次だそうで、まずは目次からとりかかりました。
どういう野菜をとりあげるか、何品の料理を載せて、何ページ使うか、見開きでうまい具合に見えないといけないですし、最初の頃は、この部分をぐちゃぐちゃぐちゃぐちゃ、、、とても時間をかけております。
タイ野菜でもほとんど手に入らないものはカットしましたし(私も扱ったことがないし)、フリルレタス系のタイ野菜ではないものも入れています。
何を入れて何を省くか、どういう分類でどの順で掲載するのか、誰に相談しても誰か答えをだしてくれるものでもなく、そうか~、これは私の本なんだとあらためて自覚させられました。
南国の野菜たち3  南国の野菜たち6
南国の野菜たち4  南国の野菜たち7
南国の野菜たち8  南国の野菜たち9
南国の野菜たち10  南国の野菜たち11

内容をどうするべきか、あれこれ悩みましたが、私は、私が欲しい本を作ればいいんだ! と思いたってスッキリしました。

これまでこのブログを書く時にタイの野菜について調べようと思っても、日本語の名前がわからず大変だったこととか、タラートでおばちゃんに「○○の野菜はあるか」と聞いても伝わらなくって困ったこととか、タイ人に見たこともない野菜をもらって途方に暮れたこととか、タイ料理店に行って日本からの友達にこの野菜は何かと聞かれて何年もいるのに答えられずにつまったこととか、、、タイの野菜のことをもっと知りたい! と思ういろんな状況がありました。
そうした状況の時に便利な1冊があれば…と。
この本の宣伝をする時には、「多くの人にリクエストをいただき」とよく書いてますけど、たしかにリクエストをいただいたんですが、私自身が一番強くこういう本が欲しかったとリクエストしてたってことですね。

お料理レシピは全部で90品!
すべて健幸料理、つまり動物質はあまり使っていないのですが、そこの部分は、あまり強調していません。
健幸料理が広がるのはうれしいですが、まずはとにかく野菜に親しんでいただきたいと思ったのでした。
レシピは、健幸料理研究所で作って、こちらで紹介したのが大部分ですが、前から「いちいちブログ見てらんないから本だして」と言い放ってくれた方もおりましたので、これはご要望に添えたのではないかと思います。

そうそう、大事なこと、、、この本にあるレシピには、タイ料理、エスニック料理は特に掲載されていません。
どちらかというと和洋中の家庭料理的なものばかりです。

タイ料理の本は、すでに巷にいっぱいあるのでそちらをご覧いただければと思います。
なのでタイ料理を作りたいと思ってこの本を手にされる方は、ちょっと違うかも、、、ですのであらかじめご了承を。
でも野菜情報は、十分に役に立つと思いますけどね。

4日間の撮影で健幸料理研究所のメンバーと野菜ソムリエコミュニティBangkokのメンバーに助けていただきました。
なんの料理をどの順に作って出すかというスケジュールをたてて、さらに材料をそろえてイッキに作るのは大変でしたが、みんなとワイワイ台所に立って作れたのは、とても楽しかったです。
台所は、お友達の豪華なコンドーと咲乃やを借りて撮影したのでした。
写真は、まるごとタイランドさんのカメラマンさん、さすがプロ!
時々、ダメ押しされたりしながら、お皿選びや盛り付けのアドバイスをいただきました。

あ~、ホントに長かったです~。
でも完成したのを見ると、あっという間だったような、、、いや、やっぱりそんなことはないかしら、、、まあ、とにかく完成してよかったです!
なんだか今は、自分の手を離れた子供を見守るような気分なんですけど、、いやしかし、間違いもありそうだし、まだまだ責任いっぱいのようです。

早速にサイトで紹介してくださっている方もいます!

 ゆみぴいの「Yummy Yummy キッチン♪」  
 いつもお世話になってるブロ友のゆみぴいさんです。

 挑戦してみます笑「チェンマイ★すぐれ本ゲットv」
 チェンマイ在住の方でGreen Daysさんで購入いただきました。

 のんほいBANGKOK「南国(タイ)の野菜たち」
 ツイッターでフォローしあっているBangborさんです。

チェンマイ発CHAO ちゃ~お「南国(タイ)の野菜たち」
 チェンマイのフリーペーパーでご紹介いただきました! 
 これを読んで買いに来られた方がいたとGrenn Daysさんがおっしゃってました。

みなさま、ありがとうございました!

これからも時々、本の話題を載せていくことになると思います。
もしよろしければお買い求めくださいまし~
どうぞお手に取られた方は、ご意見などお寄せいただけましたら大変にありがたいです。


読んでくださってありがとうございます! 励みになりますので、ポチポチっと2つ、応援お願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ        人気ブログランキングへ

09/17のツイートまとめ

koppunmaak

おはようございます。乾季のような涼しさ、、、毎朝1杯の水がすすまず、思わずあったかいお茶を飲んでます。
09-17 09:08

昨日は、いいお酒ばかり飲んだはずなのに、、、気持ち悪い、、、
09-17 11:54

すっごい酒飲んで騒いだ次の日って痩せてたりします。。。
09-17 11:54

二日酔い気味の日のランチは、エンタフォーが定番。今日は、ウンセン、略してウンフォーでした。
09-17 14:51

ウンセンは、ふつうの麺より10バーツ高い。今日の店、全て5バーツ値上がりしててウンフォーは、45バーツでした。でも50人以上入る店で、常に超満員、具が豊富だからですかね。@チャルンナコンロード
09-17 14:54

ほんわかやさし~色のビーツの炊き込みご飯

  • カテゴリ:ビーツ
  • コメント:4件
  • トラックバック:0件
来週は、在タイ野菜ソムリエ企画の「もっと楽しくベジフルライフ! in Thailand」セミナーがあります!

[日時] 第1回目 9月22日(水) 13:00~15:00 / 第2回目 9月23日(木) 10:00~12:00
[場所] バンコクロータスホテル  [会費] 500バーツ
[申込先・問い合わせ先] vfcbangkok@livedoor.com / 084-730-3870
お名前(漢字・フリガナ)・ご連絡先(お電話番号・メールアドレス)・出席希望日、複数でお申込みの場合は、代表者様以外の方のお名前・ご連絡先等もお願いします。

今回、フリーペーパーへの宣伝ができなかったところがあり、まだご存じない方も多いようで、お席の方にも余裕があります。
どうぞお知り合いにお声をかけてくださいませ~!

ーーー 来週は2日連続でこのセミナーがあり、翌週も私が1人で話す2時間の果物セミナーがあり、しかも月末、仕事の多忙期で、、ブログ、アップできるかしら…!?



★今回のテーマ★ ― ☆ビーツ/ビート บีทรูท ☆
   ビーツの炊き込みサラダライス


前回、ビーツのサラダご飯を紹介しましたが、想像以上の濃い色にドギマギ…。
元気になりたい、パワーをつけたい時にもってこいで、パーティーのアクセントにはなるでしょうが、日頃の食卓にのぼったら、どうも落ち着かない感じもしますねぇ。

日本人は、やっぱりやさし~いろがホッとするかも…。
そしたら「異邦人の食卓」のタヌ子さが、やさしい色のライスサラダを作ってくださいました!

 ビーツタヌ子さん炊き込みご飯  ビーツタヌ子さんサラダご飯

左の写真が作りたて、右が冷蔵庫にしばらく置いた状態なんですって。
時間がたった方が色がしっかり固定されるんですねぇ~。

 赤いライスサラダ

[材料]
ビーツ 1/2個(小)(約60g)
米 1合、 赤玉ねぎ 1/2個、 パセリ 1束、 茹で海老 15尾ぐらい
黄パプリカ 1/2個、 ケイパー 大さじ1、 茹で卵 2個
ドレッシング: 白ワインヴィネガー 大さじ1、 オリーブオイル 大さじ2、 塩・胡椒 適宜

[作り方]
(1) ビーツは皮を剥いて、細かいキューブ型に切ります。
(2) 米を研いでビーツを加え、水を通常より多めに入れて炊きます。
(3) 赤玉ねぎはみじん切り、パセリは粗みじん、黄パプリカは小さめのキューブ、茹でエビは6尾残して、残りは食べやすい大きさに切ります。
(4) 炊きあがったご飯にケイパーとドレッシングを加えて混ぜます。
(5) 茹でエビ6尾と1/4に切った茹で卵を飾ります。


これもってピクニックに行きたい気分~!

実は、私も炊き込みご飯をやってみたんですが、他にもごちゃごちゃ具を入れちゃって、なんだか食欲がわかなかったので却下しちゃったんですよね~。
タヌ子さんは、さすが美しく作られますねぇ~。

あと、このご飯のお共に!? 漬物も作ってらっしゃいます。

ビーツタヌ子さん漬物  ビーツとダイコンの漬物

[材料]
ビーツとダイコン 合わせて400g 
塩 大さじ1、 水 1カップ、 酢 大さじ2、 
みりん 大さじ2、 砂糖 小さじ2、 赤とうがらし 1本(種をのぞいて輪切り)

[作り方]
(1) ビーツとダイコンの皮をむいて、薄い輪切りにします。
(2) 容器に並べて、塩水を加え、軽い重石をして一日おきます。
(3) 酢、みりん、砂糖を混ぜます。
(4) ビーツとダイコンの水気を切って、トウガラシを散らして(3)を入れて、再度軽い重石をして漬け込みます。翌日から美味しく食べられます。


ダイコンがすっかりピンクに染まってますねぇ~!
ビーツは、私の田舎でもカブを漬ける時の着色料として使うらしいですが(ビーツは食べないらしい)、ホントにこれほどしっかり色がつくんですね。

タヌ子さん、ありがとうございました!
きっと今頃、日本かしら、、、しっかり日本の秋(残暑?)を楽しんでくださいませね!!

読んでくださってありがとうございます! 
どうか押し忘れずにポチポチと2つ押してくださいませ~!   にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ  人気ブログランキングへ

NYから上陸 - DEAN & DELUCA

毎週、月曜日は禁酒日として、割と定食とかきちんとしたものを食べることが多くなっています。
先日も何を食べようかと思案してたら、友達が日本人会の向いにニューヨークから来たというおしゃれなカフェができたから行ってみて! と教えてくれました。
バンコクは、おしゃれなカフェってまだまだ少ないんですよ~。

DEAN & DELUCA というお店。

私は聞いたことがなかったのですが、後日、別の友人がここのバックを持っていたので、早速に食べに行ったのかと聞いてみたら、バンコクのお店のものではないようです
そこにいた人たち何人かが知ってましたから、有名なお店なのですね、全然、知らなかったです~
ホント、こういう流行りとかに弱い、ミーハーなくせに。

日本にも支店がすでにいっぱいあったんですね、ディーンアンドデルーカと読むんですか、いやぁ、知らなかったです~
日本で飲み屋にしか行かないから、こういう情報疎いのかも…。

P8303924.jpg

日本人会本館からスカイトレインのチョンノンシー駅を挟んだ向かい側にあります。
ここは、マハナコーンプロジェクトのショールームで、リッツカールトンレジデンスなんかが入居予定のはず。
バンコクで一番高いビルになるんだそうです。
なんでみんな高いの目指したがるんですかねぇ。
このショールームに仮店舗としてできあがったわけですが、仮店舗にしては立派、でもやっぱアバウトな気も、、、。
仮店舗といっても建設プロジェクトの終了は2014年らしいので、それまで使うわけだから、立派なのもナットクです。

バンコク店の情報は、コチラから

お友達の情報によると、ランチタイムはファラン(西洋人)を中心にいっぱいらしいのですが、月曜日の夜は、閑散としていて、なんだかとっても目立ってしまったので、つい写真も遠慮がちに…。
店内全体を撮り損ねてしまいました

P8303912.jpg  P8303908.jpg

注文システムもよくわからないまま眺め、何を食べようかと思案。
サラダはどれもおいしそうですが、パンのコーナーには、全く興味のない私。
サンドイッチにはちょっと惹かれるけれど、夜にサンドイッチというのがどうにも食べた気がしなくてダメなんですよねぇ。
結局、お勧めを聞きながら、2人でサラダとスープを何品かオーダー、なんかそれなりのお値段でした。

P8303919.jpg

まずは、お手並み拝見のグリーンサラダ ―――  ドレッシングがしょっぱい。

P8303917.jpg

クルミのサラダ ―――― これもちょっと味が濃い。
せっかくの大好きなクルミが、、、組み合わせは、とってもよかったんですけどね。

P8303918.jpg

私のリクエストで頼んだクラムチャウダー ―――― もっとしょっぱい
クラムが大きくて立派なのは一瞬喜んだんだけど、、、とにかくしょっぱい。

まあ、私たちはちょっと塩分にうるさいけど、それにしても、、、
タイ人好みだとこうなっちゃうのかしら・・・?
ひょっとしてサンドイッチで食べるのが前提になってて濃い目の味つけになってる???

P8303915.jpg

おすすめのレモンとハーブのチキン、これはおいしそ~ですよね。
 ――― あれ? 味がしない、、、 
舌が麻痺しちゃったんでしょうかねぇ。
サラダの味が濃いので、一緒に食べてちょうどよかったです。
そうそう味だけでなく、お肉がパサパサだったから、ドレッシングと一緒でよかったんですよ。

店内がガラガラだったせいもあり、店員の教育もまだまだで、その時点でそんな有名店とも知らず、なんだかガッカリして帰った私たちなんですが、、、そうか~、有名店なんですよねー。
多分、私は、もう二度と行かないかも・・・この店でこの味でこの値段じゃあねぇ~。
ただ、私の場合、お菓子系を食べないので、店全体の正当な評価ができません。

まあ、この店は、料理だけでなく、グッズとかコンセプトが素晴らしいお店なんでしょうね。
日本のお料理教室とか、面白そうですよ。

まだオープン間もないので、だんだん洗練されていくのかも、、、と期待したいです。

P830391.jpg

これで十分にお腹はいっぱいになるのですが、なんか虚しさが残ってしまいました。

でも見ていると、店内で食事をする人は少なかったのですが、ポツポツとテイクアウトをして行く人がおりました。
それがみんな太ってたよねぇ~。
こういう人たちって美味しいもの情報にとっても敏感なんでしょうね、お金も惜しまないみたいだし。
だからきっとやっぱりおいしいのかも…です。
サイトでのお客のコメントを読んでても、コーヒーがおいしいだのどのスイーツがおすすめだのとあるので、私のようなチョイスはあんまりしないのかも、、、

P8303922.jpg

なんか、冴えないレポートになってしまいました、すみません

あっ わかりました。
このメニューでもお酒があればきっと満足したはず、、、
やっぱり私には、おしゃれなカフェなんて似合わないようです、これは失礼

あら、今チェックをしたら、バンコクの日本人の間で有名なサーヤちゃんもレポートしてました。
サンドイッチの味が薄いって…???
店内の様子が見られます。「サーヤのバンコクだらだら日記『Dean and Deluca at チョンノンシー駅』」

こっちの記事からも店内が見られるかも。

読んでくださってありがとうございます! 励みになりますので、ポチポチっと2つ、応援お願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ        人気ブログランキングへ

ビーツのサラダご飯

  • カテゴリ:ビーツ
  • コメント:6件
  • トラックバック:0件
今日は、ジュニア野菜ソムリエ&ベジフルビューティーベーシックの通信講座バンコク第1期の試験日でした。
私は、試験監督でしたが、みんな実力を発揮できたかどうかドキドキ。
これらは、日本野菜ソムリエ協会が認定する日本の資格ですが、通信講座(DVD)で授業を受けていただき、タイで試験を受けて合格すれば資格を取得できるようになりました。
今後は、随時募集の予定ですので、興味のある方は私か協会の方にどうぞ!
バンコクでは、勉強会や交流会をマメに開催しておりますので、取得後もしっかり学び続けることができます!
一緒に野菜・果物について楽しみながら学びましょう!!
野菜ソムリエさんたちの活躍の様子はコチラ (私も載ってます)
タイの野菜ソムリエコミュニティBangkokの活動の様子はコチラ (あまりマメに更新できてませんが)



★今回のテーマ★  ― ☆ビーツ/ビート บีทรูท ☆
   ビーツのサラダご飯


どこまで続くの? って状態で、ビーツ料理をテーマにお届けしています。
ビーツの基礎知識については、こちら「ビーツ、ビート、ビートルート!」をご覧ください。
これまでもいろんなビーツ料理を紹介しておりますが、ご飯ものがまだでしたね。
まずは、サラダご飯をご紹介!
いつもニンジンで作るご飯を応用してみました。

ビーツご飯
by ☆青☆


うわぁ~、ちょっとホントにキョーレツに赤いですねー、すんごい元気色! 

 ビーツのサラダご飯

[材料]
ビーツ 1/2個(50~60g)
玄米 1合、日本酒 大さじ1
酢 大さじ3、 ヒヨコマメ 大さじ1、 白ゴマ 大さじ1、 ナッツ(カシュナッツ) ひとつかみ

[作り方]
(1) 玄米を気持ち分かために炊きます。
(2) ビーツをすりおろし、酢に浸しておきます。
(3) ビーツを酢ごとご飯に混ぜて冷まし、ヒヨコマメを加えます。


このご飯には、ハトムギ、オオムギ、アマランサスの雑穀をついでに混ぜちゃってます。
当初の予定では、白花豆だったんですが、在庫切れでした。
白花豆がうっすらピンクに染まるのか、あるいは白のいいポイントになるのか、、、と思ってたんですけどね。
カシュナッツは、すっかりピンクに染まっちゃってます。

生のビーツをすりおろしたわけですが、ビーツの土臭さもなくさっぱりとおいしく食べられました。
パーティーで喜ばれそうなご飯です。
さらにレモンを添えてもよさそうですね。

黙ってお弁当に入れたら、開けたらビックリかも!?

ビーツご飯




読んでくださってありがとうございます! にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     人気ブログランキングへ>

極太ラーメンのようなパスタ ー フジッリ・ルンギ・ブカティ

バンコクから日本というか東京に久々に帰ると、いろんな浦島症状が現れます。 
イチバン戸惑うのは、やはりケータイでしょうか。
もはや進化にはついていけませんが、それだけじゃなくて、電車や人前でふつうにケータイで話してはいけないっていうことも戸惑いだったりします。
タイでは、も~、いつでもどこでもカンケーありませんから、日本で公共の場で電話がかかってくるとどうしようかとドキドキしちゃうのです。

あと電車のシステムというのか(こんな言葉を使っている時点でどうかって感じですが)、切符を買うのが精いっぱい、世の中のひとは、何してるの? みたいな感じがあります。(スイカとかね)
私は、バンコクでもガンガン歩いているので、みなが歩くのが速いのはOKですが、人の多さにはクラクラ、あと、エスカレーターでボーっと立ってちゃいけないというのは、時々、忘れて慌てることがあります。
そうそう、着る服も考えちゃうんですよね、同じ気温でもバンコクで着ている服をそのまま着ると、なんか変じゃないかと気になってみたり。

あと、外国人が少ないって思ったりします。
外国人がいると、やっぱ目立ちますよね~。
駅でも街の中でも、日本語しか表記がなかったりして、外国人には不親切ですよね。(大分、改善されてますけど、まだまだです。)

バンコクは、自分たち日本人もそうですが、とにかく外国人が多い。
しかもタイ語を話せなくても暮らして行けてしまうところがすごいですね。
日本だと、「ここは日本だ、日本語話せ!」っていうくせにねぇ~。

10年くらい前は、日本にしかないものがたくさんあって、不便だと思うこともありましたが、今やスーパーで手に入らない物はない状態。(それでも不便だとこぼされる方もおりますけどね。)
日本人だけでなく、他の国の人に対しても同じようなサービスがなされている状態で、輸入品がたくさん容易に手に入ります。
それが、日本では見かけないようなものが何気に売っていたりするのでカンドーなんです。
まあ、住んでいる外国人からみたら、すごく便利で助かるって感じですが、多くのタイ人からみたら、日本で紀伊国屋スーパーや明治屋なんかの高級スーパーでホイホイ買い物しているように見えるのかもしれません。

でもホントにとにかく国際色豊かっていうのは、こういうことよねーって思ったりします。
         (国旗、あるだけのっけてみました)
NYとか人種のつるぼっていうけれど、バンコクの方がすごいんじゃないかなぁって思います。
外国人といっても西洋人だけではないし、その西洋人でも英語が通じない人が多いのもバンコクらしさかしら。
おかげで英語コンプレックスが解消されました。(解消せずにもっと努力するべきな気も…)
そういえば、最近は、るつぼ(メルティングポット)とは呼ばず、サラダボウルって言うらしいですね~。
溶けあう必要はなく、お互いを尊重しあえばいいってことのようです。

いやはや、なんでこんな長い前置きになっちゃったのかしら。
やらなければいけないことがたくさんある時に限って、こういうどうでもいいことをつぶやいて時間を使いたくなったりするんですよね。

本日は、ただ単純にこんなのみつけた~! って紹介しようと思ったのです。
うちの近所のローカルなTOPSスーパーに置いてありました。

パスタフジッリルンギブカティ  

何ですかコレ?
パスタ売り場に売ってましたし、このメーカー、間違いなくパスタでしょうね。
不思議なモノはとにかく買ってみるに限ります。

パスタフジッリルンギブカティ

まるで超極太のラーメンのようなパスタです。
写真でわかるかしら、1本が半分に折れ曲がっているので長いです。
くるんくるんをまっすぐにしたら、どんだけ長いんでしょ。

パッケージに書いていたのは、「Fusilli Lunghi Bucati」です。
調べても日本語ではそんなに出てこないんですが、「フジッリ・ルンギ・ブカティ」と呼ばれているようです。
「Fusilli」は、マカロニみたいなショートパスタでクルンクルンになっているもので、それは馴染みがあるかと思うのですが、それの長い版らしいです。
Lunghi は、Long という意味で、Bucati は、、、わかりません、クリーニング屋ってでてきちゃうんですけど???

Fusilliは、英語では、カール、またはクルルとも呼ばれているんですよね、日本語のクルクルに似ててちょっと愉快。
Fusilliというのは、イタリア語のfuso=紡錘という言葉からきているそうです。
よくよく見ると、中が空洞になっているような、、、一体、どうやって作っているんでしょう?

短いフジッリだったらサラダにも合いますが、長いフジッリ・ルンギは、しっかりからむソースがいいんでしょうねぇ~。
どうやって食べようかしら…なんて考えていたのに、ある日、1人で家にいた時、空腹でご飯炊くのがメンドーでどうしようかと思った時に目に入り、つい、後先考えずに手をだしてしまいました。

パスタキノコフリッジルンギ

購入当初の予定では、クリームソース系でワインと一緒に優雅に行くはずだったんですが、、、なんかちょっと違うんじゃないの~!?
冷蔵庫にあったのは、鍋をするつもりで買っていたいろんなキノコとネギ。
キノコとなるとどうしても和風味に走ってしまう私、その上、どうしてもネットリとからませたかったので、あんかけ風にしたら、なんだかホントにパスタを食べているというよりは、極太ラーメンのような状態…
うぅぅ、、、色気も何もないですね。 (ラーメンという表現を使う時点で終わってる…?)
ホントに太くて食べ応えがしっかり、讃岐うどん好きな方はハマるかも!?
いつものように、親指と人差し指で輪を作ってふつうに1人前の量を茹でたつもりだったんですが、クルクルに騙されてました、すんごくお腹いっぱいになります。
見た目なんですけど、それなりにおいしかったです、まあ、キノコですから大きな間違いはないですね。
茹で時間は、11分、しっかり茹でた方がよさそうです。

まだまだたくさん残っていますので、今度は、もうちょっと色気のある一品に仕上げてみたいと思っています。

日本でもブログ書いている人がいるので、どこかで売っているのでしょうが、楽天やアマゾンではみつけられませんでした。。。
タイ在住の方、こういう面白食材をみつけたら是非、楽しんでみてくださいね~!


読んでくださってありがとうございます! 励みになりますので、ポチポチっと2つ、応援お願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ        人気ブログランキングへ

ビーツでケーキ!? その他、ビーツの色のヒミツなど

  • カテゴリ:ビーツ
  • コメント:10件
  • トラックバック:0件
★今回のテーマ★ ― ☆ビーツ/ビート บีทรูท ☆
   ビーツ入りチョコレートケーキ
   ビーツ入り蒸しパン
   ビーツ入りルバーブのジャム


ビーツ
ビーツを使った料理、読者のみなさまにもレシピ提供をお願いしたのですが、ビーツ自体がなかなか手に入らないようで、テーマとして難しかったようです。
でも、これまで紹介してきたように、ビックリするほどいろんな料理を楽しめるっておわかりいただけたかと思います。
ビーツをみかけてもなかなか手が出ずにいたという方、どんどんチャレンジしてみてください。
ナンテ、まとめに入っているようですが、まだまだ続きます。
ビーツの基礎知識は、コチラからどうぞ。

今回は、ビーツのおやつ・デザートシリーズ第3弾です!
シリーズというわりに、この回で終わりですけど、すんごいレシピをいただいちゃいました。
クロアチア在住「異邦人の食卓」のタヌ子さんが届けてくださったビーツ料理 --- ちょっとちょっと聞いてよ~(と、思わずおばさんモード)、ビーツでケーキですって!

下記の料理名をクリックしていただけると、タヌ子さんのレシピのページにジャンプしますが、ここでもあらためて紹介させていただきます。

ビーツタヌ子さんケーキ ビーツ入りチョコレートケーキ

[材料]
ビーツ(生) 100g(小1個)
ブラックチョコレート(カカオ80%ぐらいのもの)100g
卵 1個、 きび砂糖 60g、 オリーブオイル 40ml、 
小麦粉 80g、 ベーキングパウダー 小さじ1/2、 アーモンドパウダー 20g
 
[作り方]
(1) オーブンを160℃に温めておき、チョコレートは湯煎で溶かしておきます。
(2) 生のビーツをすりおろします。(縦に半分または4分の1に切ってからすると楽です。)
(3) ミキサーに卵、砂糖、オリーブオイルを入れ、よく混ぜます。
(4) 小麦粉とベーキングパウダーを混ぜたものを加え、更に均一になるように混ぜます。
(5) アーモンドパウダーを加えて更に混ぜたら、おろしたビーツとチョコレートを加えてしっかり混ぜます。
(5) オリーブオイル(分量外)を塗った型に流し込んで45分ほど焼きます。

アーモンドパウダーがなければ、ローストしたモノでもいいので、フードプロセッサでひいて利用するといいそうです。

ちなみに、、、ビーツの味は、よくわかんないみたいです。
チョコレートの味に染まっちゃうんでしょうかね、ビーツの微妙な渋みがチョコレートと似てるからかしら…。
でもこうしたスイーツ系でしっかりお野菜がとれるって素晴らしいことです。
人間が1日に食べられる量って限りがありますからね、スイーツ食べたら、その分、食事が入らなくなりかもしれない、、、でも、野菜が入っているならなんだか安心して食べられちゃいますね。、
野菜嫌いの人にもこういう風にして食べてもらえたらいいですね。
野菜嫌いの人に、これを食べてもらって気がつくかどうか試してみたいかも…。


次は、タヌ子さんがビーツのピンク色を出そうと挑戦した蒸しパン!

 ビーツタヌ子さん蒸しパン  ビーツタヌ子さん蒸しパン2
左の生地の時点では、とってもきれいなピンクなのに、あら不思議!?
焼きあがったらピンクは、すっかりどっかにいっちゃったそうです、一体どこへ???
どうやらホットケーキミックスで作ったらしいのですが、その中のベーキングパウダーが原因なのではないかと。

ビーツの赤い色は、ベタレインという色素によるものです。
ベタレインのうち赤紫になるのはベタシアニンと呼ばれますが、ビーツにオレンジや白もあるのですが、それは、ベタシアニンの量が少ないのだそうです。
このベタシアニンは、アルカリ性に反応すると黄色になってしまうのだそうです。
だからこの蒸しパン、黄色になっちゃったんですねぇ~
酸性だとより鮮やかな赤になります。
もし、ビーツの赤がアントシアニンによるものだったら、青い蒸しパンになっちゃってたかも…!?

タヌ子さんのビーツでデザート、まだあるんですよ!
ルバーブのジャムにビーツを入れると色がきれいになるんですって。

 ruba-bu   ビーツタタヌ子さんジャム 
ビーツジャム
左がルバーブだけ、右がビーツを加えたジャムだそうです。

ルバーブって、日本ではまだなじみがないようですね。
タイでも西洋人御用達のヴィラスーパーあたりではよくみかけますけど、ちょっとお高めかなぁ~。
ルバーブには、赤茎種と緑茎種があるそうですが、赤は、アントシアニンによるものだそうです。
じゃあ、ルバーブとビーツのミックスにアルカリ性を加えたら何色になっちゃうのかしら~!?

それにしても色を楽しめるっていいですね!

この白いのは、ヨーグルトではなくって、クスクスで作ったクリームだそうです。
牛乳粥のイメージに近いかしら?
風邪をひいた時にこんなのが出てきたら、おいしいクリームときれいなピンクですぐに元気になれそ~!
レシピは、こちらからどうぞ。

タヌ子さんからいただいたビーツレシピは、まだまだありますので、追ってまた紹介していきたいと思います。
タヌ子さん、ありがとうございました~!


読んでくださってありがとうございます! 
どうか押し忘れずにポチポチと2つ押してくださいませ~!   にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ  人気ブログランキングへ

一生に一度(!?)のスイーツブッフェ ー 2010年夏の思い出(最終回)

  • カテゴリ:日本
  • コメント:8件
  • トラックバック:0件
今日は、健幸料理のブログでこんなものを紹介していいのか・・・と迷ってしまうような内容です。
健康話を期待してこのブログにやってきた方は、本日は、お引き取りくださいませ。

前日に続き、「金にものをいわせてご機嫌をとるしか能のない叔母ちゃん」(おにいさんが私のことをこう表現)は、姪っ子2人を連れて東京を歩きまわりました。
せっかくの機会なので、2人の希望をできるだけ叶えてあげようと、リクエストを聞いてみると、、、高1の子は「自由が丘でスイーツ巡り!」なんてこを言いだしました。
あんた、秋田から出てきて、台風が接近して涼しいはずのこの日でも暑い、暑いを連発しているくせに、自由が丘をぶらぶら歩いたりできると思ってんの~? なんてことは、言いません。
でも、この叔母さんに向かってスイーツ巡りだなんて!
まあ、私は、コーヒーを飲んでればいいんですけどね、、、実は、小2の姪っ子がスイーツ類、あんまり食べないのだそうで、こりゃ、無理でしょー。

なんでも自由が丘は、中学校の修学旅行のグループ自由行動の時間に行きたいと調べていた場所なんだそうな。
でも、「山手線から出てはいけません」ってことで、渋々とあきらめたんだとか。
だから余計に憧れの地のようになってしまったのね。
たしかに私にとっても自由が丘は甘く切ない青春時代  を送ったなつかしの場所だったりするんですが…(ウソ、女友達と買い物してただけです。家と会社の施設のテニスコートが近かっただけ)

頭ごなしに却下するのもなんなので、代替案を考えました。
実は、その日、野菜ソムリエ協会に顔を出さなければいけないので、ちょうど東京に住んでいる従妹とその娘(同じく小2かな?)を呼び出して、午前中は109で時間をつぶしてもらっておりました。
久々にお友達に会えた小2の姪は大喜びで。
そうそう、おにいさんは、早々に友人たちと約束をいれて、この女子会から逃げました。

東京見物15さて渋谷でランチタイムということになり、、、叔母ちゃんは、決心しましたよ。
きっと私にとっては一生に一度のことだろう、経験するのも悪くない、、、と、ぶつくさ言いながら決めたのは、スイーツブッフェ。
渋谷には、「デザート王国」と「スイーツパラダイス」の2つのスイーツブッフェがありますが、近くて若者向きだというスイーツパラダイス(略してスイパラだそう)に決めました。
90分1本勝負(!?) 大人1,480円です。
スイーツ以外にもふつうにサラダやパスタ、サンドイッチもあるというのでちょっとホッとして出かけました。

 東京見物12  東京見物13
 東京見物14  東京見物16

どうも私の心が表現されてしまっているのか、ちっともおいしそうな写真になってませんが、店内はきらびやかなピンクの世界、目がまわりそうなスイーツの数々でした。
女子率98%ってところですかね、彼女と一緒に来ている男性と親と一緒に来ている男の子が片手ほど。
おじさんは、おりませんでした。
おじさんでもスイーツ好きはいるでしょうに、でもこの店は、きついでしょうねぇ~。

ここでハッと気がついたのですが、渋谷という場所、スイーツブッフェ、、、ひょっとして私って浮いてない!?
慌ててあたりを見回したら、おばさまたちもいらっしゃってなんとかセーフ!?
あと1人で入っている人も結構いるんですよねー、そういう人は、ものすごい量、食べてます。
1人、本当にすごい人がいて、髪の毛くるんくるん、フリフリブリブリのファッションの女性で、痩せているのに、とにかく淡々と皿を何枚も積み上げていっている姿が圧巻でした。
よく観察するとスイーツ山盛りの合間にパスタやスープをちょこっと食べて口直しをしているようです。
プロですね、私は、そっちを見てる方が楽しいくらいで、世にも珍しいものを見た気分でした。

肝心の姪っ子は、私が高校生だったらもっと気合いを入れて食べるよ! って思わせる程度にしか食べず、やはりそれなりにダイエットも気にしているのか、自由が丘まで行かなくてよかったと思ったのでした。
下の姪っ子は、ポッポコーンばっかり、、、元、とれてないでしょー、まあ子供料金だからいいけど。
私は、もっぱらサラダとパスタでお腹いっぱい、、、元、とれたかしら、、、

それにしても日本は、すごいことになっていたのですね。
スイーツ流行りとは聞いていたけれど、この店も支店があちこちにあるようだし、一昔前を考えたらとってもリーズナブルな値段で、誰でも気軽にいくらでもスイーツが食べられてしまうなんて…。
私は、一生に一度だと思っておりますが、きっと世の中にはマメに通っている方もいるんでしょうねぇ。
昔、こんなのがあったら、何かストレスある度に通ってしまって大変なことになっていたかも・・・。(OL初期は、まだ甘いものを食べてました。)
まあ、若いうちに何を言っても聞かないとは思うからうるさく言わないけど(私もそうだったし)、30歳くらいになったらちゃんと考えてね、なんて老婆心。

 東京見物17  東京見物18

お腹いっぱいになって次にめざしたのはフジテレビ。
これは小2の子のリクエストで、日テレにも行きたいって、、、時間、あるのかしら?
台風接近中で時折雨が降るのですが、うまい具合に建物に入っている時に降ってくれて、外に出たら虹が(ちょっと見づらい、、、タイではあんまり見ないのでつい撮ってみました。)

フジテレビの展望台に上がって、踊る大捜査線だのなんかのクイズだの(忘れた)のセットというのか展示を見て周ってるうちに時間は、どんどん過ぎていきます。

 東京見物19  東京見物20

やっとの思いで日テレにたどりついたのですが、宮崎駿デザインの日テレ大時計、ちょうど18時のからくりが終わったところでした~
さすが夏休み、平日だけれど、しかももう夕方なのにどこもかしこも順番待ち、日テレは、とにかく「DERO」を見たいんだそうで、ホントにここに並んだだけで、本日、終了となりました。

いや、もう十分です、かなりクタクタ、、、私は並ばずにビールを飲んでおりました。
夕食は、一応、姪っ子のリクエストで洋食風ということで、仕事が終わって駆けつけてくれた友人が近場の汐留で探してくれた「南欧キッチン 麦房家(むぎぼうや)」に入りました。

 東京見物22  東京見物21

猟師のパエリアとスペインおばさんのトルティージャ。
パエリアには、店名にあるように麦(ハトムギだったかしら?)が入って、ほどよい歯応えを作っておりました。
他にニースサラダとオリーブも注文。
新橋に勤務していたOL時代にこんなお店があったら通ってたかも…、なんせあの時は、汐留もまだなくって、完全な親父の街でしたからねぇ。(いつの時代だ!? えー、もうそんな昔なんだ~?)

叔母ちゃんは、最後の夜だとはりきってワインガブガブいきたかったんですが、スイーツブッフェがまだ残って、疲労困憊している子たちはほとんど食べず、、、ワインは1本にとどめて引き揚げました。
ホテルに戻ってから、三軒茶屋で飲んでいるおにいさんから連絡があり、合流しないかと誘われましたが、私自身もも~ヘロヘロで、私にしては珍しく飲み会をお断りしてしまいました。
この日も15,000歩は、軽くクリア。

こうして正味1日半の東京見物は、あっという間に過ぎ、翌日は、姪っ子たちは秋田へ、私たちは三重へと新幹線に乗り込んだのでした。
ここでカメラを返したので三重の写真はなく、これにて夏の帰国話は終わりです。
おつかれさま~!(と、自分にむかって言いたくなります。)


読んでくださってありがとうございます! 励みになりますので、ポチポチっと2つ、応援お願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ        人気ブログランキングへ

真っ赤なビーツの赤ワイン煮

  • カテゴリ:ビーツ
  • コメント:4件
  • トラックバック:0件
★今回のテーマ★ ― ☆ビーツ/ビート บีทรูท ☆
   ビーツのコンポート


栄養たっぷりなビーツを利用したお料理を紹介しておりますが、前回からおやつ・デザートのシリーズになってま~す!
野菜を1日350g、果物を150g以上とりましょうとはいうけれど、食事だけでとるのが難しいこともありますよね、特に食が細い人とか子供たちは。
そんな時におやつやデザートに野菜や果物が使われていたら、無理なくしっかり食べられていいですよねー。

ビーツの基礎知識については、コチラをご覧ください。→ 「ビーツ、ビート、ビートルート!
そうそう、ビーツ料理、これまでもいっぱい紹介しておりますが、ピンクのポテトサラダがとても評判いいようです。
ただ、前回紹介した時にポテトサラダにドレッシングをなじませて、冷ましてからビーツを混ぜると書いてしまったのですが、ポテトが冷めると混ぜにくくてムラになるそうですので、あったかいうちに混ぜてください。
教えてくださったソーニャさん、ありがとうございます!

さて、今回紹介するのは、コンポートです。
これまで、「リンゴのコンポート」や「トマトの紅白コンポート」、「葡萄とプルーンのコンポート」、さらに!「ヒョウタンのコンポート」なんてものまで紹介してまいりましたが、ビーツもなんとかなるんじゃないかと閃いて、試してみました。

ビーツのコンポート
by ☆青☆


ビーツの土臭さが苦手な人がいますが、せっかく栄養のあるビーツなのでなんとかおいしく食べてもらいたい。
だったら甘くしちゃえば、、、という単純な発想でもあるんですが、大当たり~!

 ビーツのコンポート

[材料]
ビーツ 1個(100g)
赤ワイン 60cc、水 120cc、 黒砂糖 大さじ2、 塩 ひとつまみ、
シナモンパウダー 少々

[作り方]
(1) ビーツは、ペーパータオルか新聞紙を濡らして包みさらにアルミホイルで包んで160度のオーブンに30分かけます。
(2) 赤ワインと水を煮立て、黒砂糖、塩、シナモンパウダーを溶きます。
(3) ビーツの皮を剥いて適当な大きさに切り、赤ワイン液に入れて一煮立ちしたら、火を止めて冷まし味をなじませます。


コンポートを作る時は、お酒と水の割合は、大体1:2くらいにしていますが、1:1の時もあるし、1:3の時もあるし、食べる人の好みでもいいんじゃないでしょうか。
お酒を使っても1:3くらいだとあまり気になりませんので、お子さんでも大丈夫かと…。

ふつうの野菜は、生で煮こみますが、ビーツは、皮を剥いて煮ると赤い汁が流れ出てしまうので、先に加熱して最後にちょっと加えて、時間をおいて味をしみ込ませるようにしました。
すでに柔らかくなっているので、味がしみやすかったようです。

赤ワインのコンポートを作る時は、いつもついでにプルーンを入れちゃいます。
プルーンがぐぐっと品よくおいしくなりますよ。

このビーツのコンポート、アイスクリームをのっけて食べたらもっとおいし~かも! (そりゃそうだ)



もっと楽しくベジフルライフ! in Thailand」セミナーのお知らせ

デトックスをテーマにした在タイ野菜ソムリエたちによるセミナーです。

[日時] 第1回目 9月22日(水) 13:00~15:00 / 第2回目 9月23日(木) 10:00~12:00
[場所] ノボテルロータスホテル
[会費] 500バーツ
[申込先・問い合わせ先] vfcbangkok@livedoor.com / 084-730-3870
お名前(漢字・フリガナ)・ご連絡先(お電話番号・メールアドレス)・出席希望日・参加人数の有無
複数でお申込みの場合は、代表者様以外の方のお名前・ご連絡先等もお願いします。


読んでくださってありがとうございます! にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     人気ブログランキングへ>

2010年夏の思い出(4) -東京見物

  • カテゴリ:日本
  • コメント:4件
  • トラックバック:0件
3泊といっても正味2日のあっという間の秋田の滞在、その後は、高1と小2の姪っ子姉妹(わりと年が離れてますよね)を連れて東京見物となりました。
上の子の高校入学祝いをしていなかった叔母ちゃんは、大奮発しちゃったのです。
演劇部に入ったという姪っ子のために、東京の舞台でも見せてやろうかと、、、。
そしたら小2の子も一緒ってことで、一瞬、うっ、、、と思ったけど、親から離れるのもいい経験だろうかと、おばバカな叔母ちゃんは、よ~し! とまとめて2人面倒を見ることにしました。

朝、早くに家を出て、盛岡から新幹線でイザ、トーキョー!
しかし、自分たちだけグリーン車な叔母夫婦だったりします。
(ジャパンレールパスという外国人用の安い周遊券があってグリーン車乗り放題がとってもお得だったりするんです。私たちはタイの永住権を持っているのでこれを利用できるのです。)
ちょっと早目のランチ。
東京見物01 東京見物02

やっぱりおにいさんは、あれこれつまめる幕の内風、私はガッツリ丼モノ風。
盛岡では、どうしてもこのイクラ丼系に手が出てしまいます。
ええい、もう野菜だバランスだは、この際、いいことにしましょー。

東京駅で新幹線を降りたら浜松町へ直行、劇団四季のライオンキングを観ました。
いろいろ候補はあったけど、小2の子もいるし、劇団四季はやっぱチェックしとかなくっちゃね。
オモシロイ! とか言いながら、途中、すっかり寝てしまっている叔母ちゃん…
いや、ホントに面白かったですよ、舞台装置もすばらしいし。
私は、キリンさんになってみたい。(観た人にはわかる)
その後、渋谷まで出てホテルにチェックイン。

★渋谷駅からそのまま歩いてチェックイン、雨に濡れることもなく荷物が多い人にもとっても便利です! 
ここの何がよかったかって、家族や友達同士で利用できる3ベッドルームや4ベッドルームがあるんです。
おにいさんと私、高1と小2って、どういう部屋にしたらいいの~? と悩んでましたが、4人で泊れたので助かりました!
都心でこういう部屋があるのってすごくいいですね。★


さてさて、ほとんど休む間もなく浅草へ!
下の姪っ子は「また電車~?」とうんざりし始めておりました。
姪っ子よ、これが東京ってものなのだよ。

浅草に着いたらすっかり晩御飯どき、、、お昼が新幹線の中で早目だったので、とにかく食べようということになり姪っ子たちのリクエストを聞いたら「寿司!」って…
秋田の山の中ではおいしいお寿司をなかなか食べられない、おまけに兄(彼女たちの父)が酢アレルギーで寿司を食べられないので、寿司屋に入ることがないんだそうな。
しかし、浅草の情報は何も持っていないので、駅の地図で鮨屋をチェックして、後は歩いて決めました。
「天然本まぐろの店 築地すし鮮 浅草雷門店」

東京見物03 東京見物04

これで今日は野菜なし、決定か・・・しかしまあ、「回転してない寿司は初めて!」と喜んでいるからいいのかな・・・?
マグロ、マグロとうるさい下の姪っ子、じゃあ、「マグロづくし」というのを分けようかとしたら、ワサビがダメって。
う~ん、子供ってめんどくさいもんですねぇ。(って、世の親たちに怒られそうですが…)
存分に食べさせた後は、お約束の雷門。

東京見物05 東京見物06 

おみくじを引いて帰りたかったのだそうな。
お店はほとんど閉まっていたけれど、彼女たちが欲しがっていた和のセンスのいい扇子(ダジャレじゃない)がズラッと並んだお店があって、すっかりハマってました。
暑いので学校にみんな扇子やうちわを持ってってるんだって。

そしてこの後は、水上バスでお台場へ行って東京タワーへ…の目論見は大甘チャンでした。
ネットがなくって水上バスの時間を調べられず、とにかく乗り場に行ってみたのだけど、船着き場だという気配さえないかのように静まり返っておりました。

仕方なく電車で東京タワーへ。
大門から歩いたのだけど、、、遠い、、、
タイだったら絶対タクシーの距離です。
せっかく久々に間近に見て上までのぼった東京タワーですが、人に借りたカメラで写真がイマイチ過ぎてパス!
夜景を楽しんだ後は、、、また歩いて駅か、、、東京人、すごいですね。
渋谷のホテルが駅から近くてホントによかった~

この日、楽勝で15,000歩以上歩いてました。
よく小2の姪っ子がついてきたもんだと思います。
かなりヘロヘロになってたようですが、叔母ちゃんとおじちゃんは、ホテルで2人がくつろいだのを見届けたら急に薄情になって2人を置いて渋谷の街へ!
やっぱあの寿司だけじゃあね~、酒も飲み足りないしね~、せっかくの東京の夜だしねぇ~。

東京見物09おにいさんは、野菜、野菜、、、とぶつくさ言っています。
ラーメン屋の誘惑にも負けそうでしたが、お腹はすでにいっぱい、やはり酒がメインの店はないものかと、、、
それにしてもラーメン屋と串焼きの店ばっかだねーと渋谷の夜の街を徘徊してたら「やさいや」の文字が目に飛び込んできました、これだ~!
どうやら正式名称は、「やさいや 鉄板焼きベジダイニング 優」だったようです。

外が見える2階のカウンターに座ったら、他にカップルが2組。
う~ん、こういう雰囲気自体、なんだかすっごい久しぶりかも。。。
かといって、別に甘いムードになることもなく、白ワイン1本! といきなり注文。
左は、お通しで出てきたお粥、疲れたからに優しかった~

東京見物10  東京見物11

フルーツトマトの梅酒漬け・・・・・・・・・・ 680円
特製ナムル 自家製ラー油和え・・・・・・・・ 550円
旬菜浅漬け・・・・・・・・・・・・・・・・・ 680円(写真なし、撮ったはずなのに)

おいしそうなメニューがズラーッと並んでいたけれど、寿司がまだ消化しきれていないし、夜の11時だし、疲れもあるしで軽めのものだけ頼みました。
ソラマメのメニューもあったのに売り切れでした…

3品ともおいしかったです。
日本は、こういう野菜をしっかり食べさせるお店が増えて来ていますね。
野菜ソムリエも一役買っているようでうれしいです。(この店も野菜ソムリエ認定レストランになっておりました。)
今度は、お腹をすかして行きたいですね。

さて、ヘロヘロの1日目に続いて2日目は、どうなることやら???
それにしても浅草も東京タワーも久々に行けてよかったです、こういう機会でもなければなかなか行かないでしょから。

読んでくださってありがとうございます! 
どうか押し忘れずにポチポチと2つ押してくださいませ~!   にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ  人気ブログランキングへ

おやつにうれしいビーツチップス!

  • カテゴリ:ビーツ
  • コメント:6件
  • トラックバック:0件
★今回のテーマ★ ― ☆ビーツ/ビート บีทรูท ☆
   ビーツチップス


果菜や根菜っておやつやデザートに応用しやすいので、ヘルシーなおやつを食べさせてあげたいって思うママさんやダイエットが気になる方にもうれしい食材ですね。
ビーツでもおいしいおやつができます!
何品か集まっていますが、今回は、ビーツチップスをご紹介!

ビーツチップス
by naho


野菜ソムリエコミュニティBangkokメンバーのnahoちゃんが作って来てくれました。

nahoちゃんは、いろんな野菜のチップスをよく作って来てくれるんです。
さてさて、ビーツはどんなお味か? ワクワク 

 ビーツチップス

[材料]
ビーツ お好きなだけ
黒砂糖 適量

[作り方]
(1) ビーツの皮を剥いて薄切りにします。
(2) 黒砂糖1に対して水2の割合で、煮立てて黒砂糖を溶かしてシロップを作ります。
(3) シロップが冷めたら30分ほどビーツをつけます。
(4) キッチンペーパーで水気を丁寧にとって天板に乗せて、100度のオーブンで表を1時間、裏返して30分焼きます。


焼き時間や甘味づけなどは、ビーツの甘さや厚みによっても違うと思います。

シロップにつけないのも試食しましたが、ビーツといっても甘味が少なかったので、素のままのはとてもシンプルな感じでした。
それより、とにかくビーツと黒砂糖がよく合うってことがわかりました。
なので黒砂糖バージョンをおすすめします!
でも、ああ、塩味バージョンも試してみたいかも!

このチップス、お子さんももちろんOK!
nahoちゃん家のお子さんは、いつもこんなおやつが食べられていいですねぇ~!
他にも会がある度にいろんな野菜のチップスを持ってきてくれるんですよ。
私もこんなママが欲し~ 

たくさん作ると、並べたり裏返したりするのが結構大変なんですけど、「大変でしょー」って言ったら、「好きですから!」という気持ちのいい答えが返ってきました。

お料理の作業って、楽し~! って思いながらすると面倒な作業も気にならずにできますね。
野菜のチップスは、ひっくり返す手間だけで、あとはオーブンが働いてくれるので、待ってればいいだけなんですよね、私ももっと楽しも~っと!!

ビーツチップス


もっと楽しくベジフルライフ! in Thailand」セミナーのお知らせ

デトックスをテーマにした在タイ野菜ソムリエたちによるセミナーです。

[日時] 第1回目 9月22日(水) 13:00~15:00 / 第2回目 9月23日(木) 10:00~12:00
[場所] ノボテルロータスホテル
[会費] 500バーツ
[申込先・問い合わせ先] vfcbangkok@livedoor.com / 084-730-3870
お名前(漢字・フリガナ)・ご連絡先(お電話番号・メールアドレス)・出席希望日・参加人数の有無
複数でお申込みの場合は、代表者様以外の方のお名前・ご連絡先等もお願いします。


読んでくださってありがとうございます! 
どうか押し忘れずにポチポチと2つ押してくださいませ~!   にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ  人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。