タイの玄米でだまこもち風スープ

★今回のテーマ★  ― ☆玄米・雑穀☆

   タイ玄米のだまこもち風スープ


だまこもちってご存知ですか?
だまこもちをご存じない方も、きりたんぽなら聞いたことあります?
どちらも秋田名物で、お米から作る料理なんです。
その昔、マタギが山に持って行ったお弁当のようなものだったとも言われています。(マタギ= 
きりたんぽは、ご飯をつぶして棒に巻きつけて焼いたもので、それを鍋に入れたり、甘味噌をつけて焼いて食べたりします。(私の故郷、鹿角市発祥
だまこもちは、細長いきりたんぽに対して、コロコロボールみたいな感じです。
きりたんぽ鍋とほとんど材料が同じで(今現在は)、きりたんぽがない時にも気軽に作れるので、我が家は、きりたんぽより登場率が高いかも。

ついでにみつけた、あきた食の国ネット、秋田の郷土料理がズラズラッと並んでてオモシロイです。
私も知らないのがあったりして・・・ → あきた食の国ネット 秋田の味

だまこもちもきりたんぽも、米どころ秋田で新米がとれたら作るのが正統派、もっちりご飯で作るのがおいしいんでしょうが、もともとマタギご飯、いつでも気軽に作るのがいいかと。
なのでタイ米、それも健幸料理のポリシーをふまえ、玄米で作ってみました。
タイ米は、パラパラ、ボソボソしていると思ってる方も多いと思いますが、一般に食されているジャスミンライスは、炊き方次第で日本米のようにほっくり炊けます。
さらに玄米となると、もっとパラパラ、ボソボソと思っている方も多いと思いますが、これも炊き方次第ですね。
でも、炊き方のアドバイスがまだ的確にできないんですけど、、、スミマセン。
圧力鍋や土鍋で作るとやっぱりおいし~ですよ、あと高級炊飯釜も高級なだけあるのかなあと、、、。

とりあえず、だまこもち風スープってこんな感じ。

雑穀玄米だまこもち
by ☆青☆


秋田の鍋風にしたかったんですけど、、、これまたスミマセンなんですが、健幸料理研究所の活動日、他の雑穀研究に追われてたら、ぜんっぜん時間がなくって、、、ただ、まるめたところで終わってしまいました。
インスタントのきりたんぽ鍋スープがあったと思ったのですがなくって、タイのインスタント、OTAGOスープで簡単にすませてしまいました。
どっかて見たような?
玄米・雑穀シリーズの最初の方で紹介した「普段のスープにハトムギプラス!」のスープを拝借しただけです、ホント手抜きですみません。


 タイ玄米のだまこもち風スープ

<材料>
玄米、インスタントスープ、 (必要であれば)片栗粉

<作り方>
(1) ご飯が炊きあがったら、アツアツのうちにボールや鉢に入れてヘラなどでご飯を潰します。(ビニール袋に入れて揉みつぶすようにしてもいいです。)
(2) 粘りが足りないようでしたら、片栗粉を少々混ぜます。
(3) まんまるにコロコロにまるめます。温めたスープに食べる少し前に入れます。(あまり長くいれると崩れてきますし、食べる直前だと味がしみません。)


玄米でだまこもちっていうのは、実家では食べたことがないですが、イケますよ~。
父は、かたいご飯がキライで玄米もあまり食べようとしませんが、これなら気にならないかも。

ただ、、、OTAGOのあっさりスープは、やっぱりあっさりし過ぎですね。
比内地鶏とまでは言いませんが、鶏がらスープなど、ちょっとしっかりした味がついている方がおいしいですね。
具は、長ネギ、コンニャク、ゴボウ、三つ葉、セリなどを使うことが多いですが、気にせずいろんな具で自由に作っていいんじゃないかと思います。
そしたら、これ1杯で必要な栄養すっかりとれちゃいますね。

もう日本は、鍋の季節も終わりかけかと思いますが、シーズン最後の〆でいかがですか?
鍋でなくても、こんな風に1人前のスープにもできますしね。
そういえば、小さな姪っ子もお手伝いしてコロコロしてくれてました。
だまこもちは、みんなでおしゃべりしながら作れるのでいいですよ!


blogranking   にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
読んでくださってありがとうございました!
ランキングに参加しています。励みになりますので、ポチポチっと応援お願いします。



スポンサーサイト

パタヤより

ただいま、パタヤです。
おにいさん誕生日祝いで、金曜日の夜からお泊りしております。
近郊でも2泊すると、結構な長旅をした気分になれるんですよね。
これは、私からのプレゼント、忙しいのになんて優しい奥さんでしょ!(って、自分で言うか!? 単に自分が来たかっただけ

しかもなんだかゴタゴタしているバンコクから避難って気分もあったり。
でも、今日、これから夕方には戻らなきゃいけないんですけどね、、、。
赤シャツの動きの最新情報は、ツイッターでも見られますよ。
みんなが情報を提供しているので、日本語情報としては、どこよりも早くゲットできるんじゃないかと思います。
いろんな人がいるので、情報の正確さを保証できるものじゃないですが、かなり頼りにはなりますよ。
他に自分でログインできる人は、「赤シャツ」とかキーワードを入れて検索するといいと思います。
自分でツイッターやってる方は、赤シャツについてつぶやく時は、ハッシュタグ#ThaiRedJを入れるといいかと思います。 
→ ツイッター #ThaiRedJ

ついでに言うと、この情報に限らず、こうやって検索したりすると、必要な情報が手に入ったりするので便利ですよ。
その他、タイ情報は、こちらからも! → 海外生活ブログ タイ情報


さてさて、パタヤの話に戻しまして、今回のお泊りは、デュシタニ・パタヤ。
老舗高級ホテルとでもいうんですかね、とにかく大きい!
12年くらい前に社員旅行で宿泊したのですが、すっかりリニューアルして豪華になっておりました。

パタヤデュシタニ パタヤデュシタニプール

デュシタニ・ホテルは、どこもプールが大きくていいですよ。
(といっても、私は、もう泳ぐなんてことはしそうもないけど・・・
これを撮影したのは、午後2時頃だったかしら、、、とにかく暑くて暑くて、、、という中で、なんでパラソルにも入らず寝転がっている人たちがいるのか、見ている方が恐ろしくなります。
寒い国から来て、太陽がありがたくってしょうがないんでしょうけど・・・。

金曜日の夜は、特製宴会セットを持って、車の中で宴会をしようとしたら、道がガタガタで食べにくい、飲みにくい、ワインなんて飲もうものなら、何かのはずみでバシャ!
結局、社内宴会は途中でお開きにして、その夜は、ホテルで宴会をし、翌日、ダラダラと午前中を過ごした後、昼を食べに外へ。
今回の滞在は、とくに観光とかは何もしなくて、ただただ場所をかえて食べて飲んで寝る! なのです。

リゾートでランチと言えば、ビール とサンドイッチ よね~と、これまた芸がなさそうですが、私がサンドイッチ食べるなんて、年に何回もないんですよ~。
サンドイッチって食べた気がしなくって・・・

パタヤランチの店 パタヤランチ

さすがにこれは、満腹になりました。
フォカッチャサンドでしたが、軽くて適度な歯ごたえとハーブの香りがおいしかったです。
バンコクにあったらいいのにって思うくらい、おしゃれなケーキ&パン屋さん。
Woodland Hotelに入っているLa baquetteというお店。
そうでした、私は、ケーキを食べないので写してませんが、ケーキ類は、とってもおいしそうで、食事を終えてデザートだけ食べに来る人たちもたくさんいました。

このお店をみつけられたのは、ラッキー!
だって、パタヤのお昼って、なんかゴーストタウンみたいな感じなんですよねー。
夜通し遊んでる人ばっかりで、昼は、まだ活動してない、、、みたいな。
ビールとサンドイッチだったらどこでも食べられると思うでしょうが、そうじゃないんですよ。
その昔、朝、お粥が食べたいとさまよったこともあります。

さて、食事の後は、やっぱり食べ過ぎの感があり、散歩へ。。。
一番、暑い時間のような気もするんだけど、仕方ないですね、本気で食べて飲んで寝るだけってことができない気弱な私たち、食後の運動ってことで1万歩めざして歩きます。

パタヤビーチ遠望 パタヤビーチ3
パタヤビーチ パタヤビーチ2 

いつも所狭しとデッキチェアが並んでいるのですが、この日は、満潮近かったのかビーチ面積が狭くなってて、とってもギューギューでした。
ここに寝ていると、いろんなモノ売りがやってきます。
まずは、ビールを頼んで、ソムタム、ガイヤーンのお決まりコース ---は、さすがに今回は、しませんでしたよ。

パタヤビーチモノ売り パタヤビーチ物売り

こういう天秤や籠でちょこちょことしたものを売りに来たりもします。
誰が買うんだろ~? と、思うのですが、結構、呼びとめて買う人がいるんですよねー。

この後、午後からやってきた友達と合流して、マリオットホテルの前のアイリッシュパブでまたまたビール。
フライドポテトやチキンをつまみながら、お腹一杯だよねー、などといいながら、夕食の打ち合わせ。
パタヤだからシーフードにするか、なんかでもタイ料理のシーフードも飽きたし、おいしそうなお店がピンとこないし、、、だったらイタリアンがいいか、、、でもシーフードを食べたい、やっぱりイタリアンが食べたいと、4人でああだこうだと同じ会話を繰り返します。
とにかく、一度、解散して夜に集合。

さすがに夜のパタヤは、活気があります。
あれこれ歩いて、理想的なお店をみつけました。
シーフードが充実しているイタリアン
お店の前に立派な氷漬けのお魚が並んでいます。
これならシーフードを食べたい人もイタリアンを食べたい人も満足するでしょう。
これが、ホントに大正解!
だって、すっご~くおいしかったんですもの~

お店の名前は、「Trattoria Toscana Restaurant
以前は、わかりづらい場所にあって、こぢんまりとしたお店だったんですが、今は、ビーチ通り沿いソイ5のあたりにデーンと面しています。
そういうえば、この店、別の場所に合った時にパタヤに来るたびに通っていたのですが、いつもピザやパスタばっかりで、シーフードに挑戦したことはなかったのでした。

パタヤトスカーナ パタヤトスカーナ
パタヤトスカーナ パタヤトスカーナ
パタヤトスカーナ パタヤトスカーナ

4人でシェアしてガガーッと食べましたが、間食したフライドポテトを激しく後悔…。
とにかくお値段も手ごろで、4人で3リットルのワインをあけて、とっても大満足の夜でした!
今日は、デュシタニの中華で飲茶のランチ、まさによく食べ、よく飲み、よく寝たパタヤの旅でした。
また、いつでもフラッと来たいですね~。



blogranking   にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ

読んでくださってありがとうございました!
ランキングに参加しています。励みになりますので、ポチポチっと応援お願いします。

大麦のあれこれ(パール麦、裸麦)

今日は、予告通り、大麦について語ります!
コムズカシイ話かもしれませんので、興味ない方はとばして、応援だけしてください

人気ブログランキングへ   健康食ブログランキング

タイでは、輸入品なんですが、Perl Barley が手軽に購入できます。
国産(だと思う)のBarleyは、もっと手軽に買えます。
(あ~っ!、そのパッケージも写真に撮っておくべきでしたねぇ~。買ってくると密閉容器に移し替えてすぐ捨てちゃうんですよ~
この Perl Barley と Barley の違いがわからず、あれこれ調べてみたのですが、日本では Perl Barleyはないんでしょうね~、ネットでも本でもなかなかみつけられませんでした。
中には、ハトムギだなんて説明があるものも・・・
(どうもタイ人がそう呼んでいるというウワサが・・・)
私は、食材の本もたくさん持っているのですが、Perl Barleyについて書いてあるのは、洋書の訳本「世界食材事典―カラー版」と「マギー キッチンサイエンス -食材から食卓まで-」でした。
英語でネット検索すればもっと情報が入るんでしょうけど、ちょっとご勘弁、上記、これら2つの資料をもとに書いてみます。

そもそもオオムギというのは何? って話ですが、和名は「オオムギ」、英名は「barley」、学名は「Hordeum vulgare L」、イネ科ウシノケグサ亜科小麦属ホルディウム属に分類されます。

雑穀大麦2種大麦には、二条、四条、中間、六条などいろいろな品種ががありますが、現在、主に栽培されているのは、六条オオムギと二条オオムギです。
日本では、六条オオムギを普通種としていて、単に「オオムギ」と言えば六条オオムギのことで、「六条オオムギ」と呼ぶのは六条カワムギ、「ハダカムギ」と呼ぶのは六条ハダカムギのことをさします。
オオムギには、カワムギとハダカムギとがありまして、実(頴果)と皮がはがれやすいのがハダカムギ、実と皮が癒着していて揉んでも皮がはがれないのがカワムギというそうです。
カワムギが原種に近くて、ハダカムギは、突然変異でできたようです。
え~、これより詳しい話は、、、まとめきれません(-_-;)
左の写真は、雑穀エキスパートの講義で展示されていたものです。


オオムギは、もっとも古くから栽培されていた穀類の一つで、1万年以上前に南西アジアの砂漠地帯で人間や動物の食べ物として利用されていました。
1万年前って!? わけわからないくらい古いってことですね、、、。
起源については、中近東説が有力ではあるようですが、まだはっきりしていません。

北極圏からインド北部の熱帯平原まで広く生育できるくらいに丈夫で、生育期間も比較的短く、人類にとって欠かせない食材だったようです。
古代バビロン、、シュメール、エジプト、地中海世界で主要な穀物とされ、インダス文明では米より早い時期から栽培されていました。

現在、西洋では、生産量の半分が動物飼料、3分の1が麦芽とされお酒の原料や焼き菓子などに使われています。
他には、チベットなどでは、オオムギの粉を炒った「ツァンパ」というボリッジを食べていますし、日本では、味噌の原料にもなっていますね。
世界でもっとも消費量が多いのがモロッコで、北アフリカや西アフリカでは、スープ、粥、フラット・ブレッドなどに使っています。
あとは、麦茶もオオムギですね。

さて、パールバーレー(パール大麦)と裸麦の違いですが、、、

雑穀大麦

左が裸麦、右がパールバーレーです。
パールバレーの方が大きくて色が濃いので、私は、てっきりこっちの方が玄穀に近いかと思ったんですが、違うんですって!

パールバーレーは、精白度33%前後、ぬか、胚芽などをすべて削り取っています。
日本では、精白オオムギと呼ばれているものと同じなのか、まあ、それに近いんじゃないかと思います。
5つか6つの処理工程を得て、同サイズ、同型の穀粒を作るためにさらに処理して作ったものなんだそうです。
なので、ビタミン、有機質、繊維、脂肪とタンパク質の一部と胚芽が取り除かれています。
え~!? じゃあ、栄養ないの~!? と、思うんですが、それでも白米に比べたらいっぱい、特に繊維は、穀物全体にも栄養が含まれていますので、ふすまをとってもやっぱり食べる価値があるわけです。
どこを調べてもよくわからなかったのですが、これだけ精白するというのは、カワムギなんでしょうかね!?
パール大麦は、すでに処理がされているので、料理に使いやすいそうで、特にスープによく使われるのだそうで、なめらかな感じになるようです。

パール大麦は、加熱してもナイアシン、鉄、亜鉛、マグネシウム、カリウム、葉酸、ビタミンB6、銅、リンを含み、水溶性繊維と食物繊維の供給源となります。
また、皮膚の荒れ止め、再生、下痢止め、呼吸器系器官の強化によいとされています。

一方、ハダカムギは、外皮を除去してふすまは残しているものです。
栄養成分の損失は少なく、栄養価が最も高いといえます。

う~む、なんかわかったようなわからないような、、、こういう勉強をする前でしたけどね、使ってみて食べてみて、あんまり違いがわかんなかったんですけど、、、

あっ! 今頃になって気が付きました、ガーン!!
そういえば、押し麦ってものがありましたねぇ。
押し麦は買ってなくって手元になかったので、すっかり忘れていました。
押し麦は、オオムギを精白して加熱して圧縮したものだそうです。
パールオオムギを圧縮したのとはまた違うのかしら?
薄いので扱いやすく、消化もいいそうです。
押し麦が手に入ったらまた料理して紹介したいですね。

いやはや奥が深いというのかなんというのか、野菜も果物も雑穀もそれぞれ歴史が深いもんですからねぇ、そういうの調べ始めたら大変!
専門にしている方ってすごいですね、でもきっと楽しいんだろうな~。

そのうち今度は、クスクスとブルガー麦についても説明しますね!
次回! と、宣言してしまうと大変なので、そのうちってことで
一応ね、こんな写真を撮ってみたんですよ。

雑穀比較

何がなんだかわかります?
右から2番目と3番目のアップが上のオオムギの写真ですね。

この撮影の後は、ぜ~んぶまとめてごった煮にしました。
どう使おうかと冷蔵庫にしまっていたんですが、今朝、二日酔い気味なのでご飯を炊く気になれず、楽なブルグールでリゾット風のものを作っていたんですが、そこにぶっこんでみました。
すっかり栄養満点のリゾットになって、今日のお弁当と相成りました!
ではでは、今日は、このへんで!


blogranking   にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
読んでくださってありがとうございました!
ランキングに参加しています。励みになりますので、ポチポチっと応援お願いします。


サツマイモと大麦の蒸し煮味噌味

今日は(もう昨日か・・・)、野菜ソムリエの勉強会と出版本の打ち合わせで、午前も午後も外出でした。
ランチタイムをはさんでいたので、どっかでゆっくりすれば問題なかったのですが、おにいさんがお弁当を作ってくれていたので、外で食べるとも言えず、わざわざ会社に飛んで戻ってまたすぐに出かけるというのがきつかったです。
いや、お弁当はヘルシーでおいしかったんですけどね。
私が忙しくしているので、おにいさんが手持無沙汰で(酒の相手をしてもらえないので)、何かと料理をしてくれます。
前はよく2人で台所に立っていたのですが(それぞれ別料理)、狭くてぶつかっちゃって、どっちも包丁やら火やら真剣勝負なので、お互いが悶々しちゃってたんですよね~。
いつの間にか、すっかり私が占有するようになっちゃってました。
そろそろおにいさんにお返ししようかしら!?
将来は、2人がそれぞれ余裕で料理できる広いキッチンを作るのが夢です。(その前に片付けなさいと言われそうですが
ホームパーティーをやっても、友達もいろいろ作って披露したがったりするから、広いキッチンがあると楽しいかも~

3月のテーマ、玄米・雑穀料理と菜の花系料理、ご応募くださった方ありがとうございます!
4月は、また旅行にも出るし、あれこれ忙しくなるので、とりあえず募集はお休みして、今月、ご応募くださったみなさまの料理を紹介していきたいと思います。
お楽しみに!



★今回のテーマ★  ― ☆玄米・雑穀☆

   サツマイモと大麦の蒸し煮味噌味


この前に粟味噌を紹介しましたが、今回は、大麦と味噌の組み合わせです。

麦と粟とでどう違うんだってツッコミいれないでくださいね、私が自分でいれてますから!
日本で一般に食べる粟とは違うので、その辺誤解ないようにお願いしますが、歯ごたえが違うんですよね、って、ありきたり!?
麦の方がやさしい感じがしましたかねぇ、まあ、味付けがそもそもひかえめなんですけどね。

この料理、雑穀エキスパートの資格を取りに行く前に作っていたんですが、私は、てっきり小麦だと思っておりました。

雑穀裸麦


実は、Perl Barleyと書いた商品を買っていたので、それが大麦、それより小さいのを小麦と呼ぶのだろうと。
商品はタイ語だったので、読もうともしなかったんですよね。
っていうか、何という無知!

だってねぇ~、小麦って小麦粉は知ってるけど(当たり前か!)、小麦そのものって見たことないんですもの~
雑穀エキスパートの授業で、大麦の「はだか麦」が現物で置いてあって、あれっ? これ、小麦じゃないの!? と、気がついたのでした。
Perl Barleyと呼ばれる商品、まあ、つまりパール大麦ですね、それと大麦の「はだか麦」と言われるもの、その辺の基礎知識については、次回、レポートいたします。
なんかホントに学校のレポートって状態で、調べまくらないとでてきませんでしたよ~! っていうか、まだまとまってませんが。

雑穀ムギ味噌
by ☆青☆


このレシピは、粟と同様、まとめて炊いておいたものを使いました。
はだか麦の炊き方は、数時間浸水した後に、数倍の水で好みの硬さになるまで弱火で炊くだけです。
やはり、炊くときに油を混ぜておくと、冷えてもあまりくっつくことがなくていいかも、です。

 サツマイモと大麦の蒸し煮味噌味

<材料>
大麦(炊いたもの) 大さじ3
サツマイモ 150g、 味噌 大さじ1、ゴマ油 適量、

<作り方>
(1)厚手の鍋にゴマ油を熱し、乱切りしたサツマイモと大麦を炒め、油が全体にからんだら水をと一緒に厚手の鍋にいれて、半分がひたるくらいの水をいれ、塩をふって蓋をし弱火にかけます。
(2)沸騰していい香りがしてきたら蓋をとり、かたさと水分量を確認し、ちょうどよければ強火にして味噌いれてからませ、水分がなくなったら火をとめます。


サツマイモがアマアマでビックリしました。
やっぱりじっくり蒸すと甘味が増すんですねぇ~。
その甘味と一緒に麦も味噌にしっかりからまっておいしくいただけました。
ショウガ汁でアクセントをつけてもいいかもしれません。
大麦とサツマイモは、それぞれ栄養いっぱいでビタミンCも豊富なんですが、ただ、どっちもタンパク質があまりないんですよね。
味噌で少しでも補給って感じでしょうかねぇ!?

ではでは、次回は、大麦レポートです!(いつになるのかしら  )




blogranking   にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
読んでくださってありがとうございました!
ランキングに参加しています。励みになりますので、ポチポチっと応援お願いします。




素肌美人をめざして! 粟味噌レンコン

NHKでもタイのニュースを流しておりますねぇ~、日本にいるみなさんには、どう映っているのでしょうか。
先週から反政府団体の赤シャツ軍団がデモを行っているのですが、今日の今日まで遭遇することもなく、平和に過ごしていたのに、さっきついに遭遇してしまいました。
デモというか、もうすっかりお祭りのパレードみたいです。
それにしてもうるさい、うるさい、も~、ほんっとに迷惑、どうにかこの騒動、終わらないものですかねぇ

ツイッターで、デモを目撃した日本人観光客が怖くなって帰国の日を早めたという話がありました、モッタイナイ!
多少、交通規制があったりして不便になることはありますが、基本的に今回は、彼らはあくまでも「平和なデモ」をめざしていますし、外国人に危害を加えた場合の懲罰は重いので、不用意に自分から近づいていくようなことをしない限り、大丈夫だと思うんですけどねぇ。
だって、生活している私たちが、別に危ない思いをしているわけじゃないですし、、、まあ、とはいえ、私が保証する話じゃないし、責任持てませんけどね。
タイ情報に興味がある方は、コチラからいろんなブログが見られます。→にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ



★今回のテーマ★  ― ☆玄米・雑穀☆

   粟味噌レンコン


前回、粟(アワ)の肉味噌風を紹介しましたが、今回は、応用編。
応用といっても簡単なんですけどね、肉味噌を野菜にからめていただきます。
え~、冷蔵庫にあったのは、レンコンでした。

雑穀粟味噌レンコン
by ☆青☆


しっとりしているので、レンコンにもよくからみます。
せっかくレンコンを使ったのだから、レンコンの穴に詰めてみたら面白かったかもしれません。

粟は、ビタミンEを多く含んでいます。
雑穀は、ビタミンCをあまり含んでいませんので、ビタミンCたっぷりの野菜と一緒にとるといいですね。
レンコンは、ビタミンCが多く、加熱しても減らないのでまさにピッタリ!
ビタミンCとEの組み合わせは、美肌を体の中から作るんですよ~!(と、先日のセミナーのウケウリ)

他にレンコンには、野菜には少ないビタミンB12が含まれていますが、これは鉄の吸収を高めてくれます。
粟は、雑穀の中でも鉄が多いので、この組み合わせは、貧血の方におすすめですね

冷蔵庫に偶然あったレンコンですが、なんだか素晴らしい組み合わせになりました


 レンコン粟味噌炒め

<材料>
粟味噌 大さじ3
レンコン 100g、 ごま油 少々、 唐辛子(みじん切り) 少々

<作り方>
(1) レンコンは、乱切り、薄切り、細切りなどお好みに切ります。
(2) ごま油で唐辛子のみじん切りに軽く火を通してから、レンコンを強火で炒めます。
(3) レンコンに火が通ったら、粟味噌を加えてさっと炒めてできあがりです。


レンコンの他にナスでもよく合いそうです。
粟のプチプチした食感を楽しんで、味噌がよくからんでおいしくいただけます。


blogranking   にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
読んでくださってありがとうございました!
ランキングに参加しています。励みになりますので、ポチポチっと応援お願いします。



肉味噌風に粟で味噌

★今回のテーマ★  ― ☆玄米・雑穀☆

   肉味噌風粟味噌


日本で雑穀エキスパートを受講して、タイとの違いを実感したのは、雑穀のお値段。
ひょっとして日本では玄米や雑穀を食べるのってハイソなの? と思うほど、お高いのですね。
昔は、白米に劣る貧乏人の食べ物として虐げられて、やがてその存在も忘れされれるほどになっていた雑穀なのに、今や高級品!?
健康のためにと買われている方も多いでしょうが、もっと需要が増えて栽培が楽になって農家も消費者もハッピーになるといいですね。
なので、みなさん、今はちょっとお高くても、しっかり食べてください!

タイは、日本のように流通している雑穀の種類は多くないですが、もっと手軽に購入することができます。
雑穀エキスパートの授業では、雑穀の現物を展示してくださっていましたが、タイで雑穀の知識をインプットした私には、あれれ? なものもありました。
その一つが粟(あわ)です。
日本で粟というと、こんなんです。
雑穀日本粟


タイで売られている粟は、こんなんです。
雑穀タイ粟


あらら、アップの度合いが違うので、単純に大きさの比較はできないんですが、要は、タイで買う粟ってなんか殻がついているっぽいってことなんです。
脱穀前の玄粟というそうですが、玄粟で検索すると鳥の餌としかでてきません。
でも玄粟ってことは、玄米と同じで、それだけ栄養素がしっかり残っているといえます。
鳥にばっかり食べさせるなんてモッタイナイ!?
日本は、一般に売られている粟やお料理本に載っているのは、モチアワが多いようです。

さて、この玄粟ですが、ご飯と同時に炊くとちょっと硬さが残ります。
硬いのが好きな私なんかはそれでもいいくらいですが、うちの父親あたりはダメかなって感じです。
粟もご飯に混ぜるだけでない使い方を探してみたいと思って考えたのは、、、実は、やっぱり平凡かしら? 肉味噌風に仕立てることでした。

雑穀粟味噌
by ☆青☆


このレシピは、粟は、まとめて炊いておいたものを使いました。
粟の炊き方、ズボラ☆青☆風は、よく洗ってテキトーに水をいれて鍋にかけ、好きな硬さで止めてお湯をすてるというもの。
足りなかったら水を足します。
さすが玄粟、他の雑穀よりもちょっと時間がかかりました。
炊くときに油を混ぜておくと、冷えてもあまりくっつくことがなくていいかも、です。

 肉味噌風粟味噌

<材料>
粟(炊いたもの) 大さじ 3
ニンニク 2かけ、 ネギ 3本、 ごま油 大さじ1
味噌 大さじ2、 酒 大さじ1、 黒砂糖 大さじ1

<作り方>
(1)  ごま油でニンニクを弱火で炒め、香りができたら葱を加えてさらに炒めます。
(2)  味噌と酒、黒砂糖を混ぜいれて、練るようにフライパンで火を通します。
(3)  粟を加えて全体に混ぜ合わせてできあがりです。


肉味噌風なので、ご飯や豆腐、麺料理にもピッタリだと思いますが、この時は、何か野菜系と組み合わせたいと思って、冷蔵庫にあったジャガイモを使ってみました。
カナッペ風になっていますけど、こんなんじゃなくて、乱切りの粉吹き芋や温野菜サラダのタレみたいにして使っていただいてもいいですね。

この粟味噌は、ちょっと味噌が足りなかったかも、、、です。
粟は歯ごたえがあって、お肉を食べてるような満足感があります。
自己流肉味噌レシピをお持ちの方は、そのレシピでひき肉を粟にかえていただけばいいんじゃないかと思います。
豆板醤をいれたり、ケチャップやらソースやらいろいろ入れるレシピがありますからねぇ。
自分だけのオリジナル粟味噌を作るっていいですね!


blogranking   にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ読んでくださってありがとうございました!
ランキングに参加しています。励みになりますので、ポチポチっと応援お願いします。





雑穀エキスパートになりました!

今日は、うれしいお知らせです!
私がうれしいってだけの自己満足なお話のような気がとってもしますけど (^_^;)

2月の終わり、タイでのベジフルセミナーを目前に控えた忙しい中、強行スケジュールで日本に一時帰国していたのは、実は、「雑穀エキスパート」のセミナーと試験を受けに行っていたのでした。
雑穀エキスパートは、日本雑穀協会が認定している資格です。
資格には3段階あって、雑穀エキスパート、雑穀アドバイザー、雑穀クリエーターがありますが、クリエーターの講座は、まだ開催されていません。

雑穀エキスパート資格は、健幸料理研究所を始めて、ずっと興味があったのですが、頻繁に開催されるわけでもないので、なかなかタイミングがあわずにいたのです。
今回、健幸料理で雑穀を扱ったこともあり、ちょうどタイの3連休に合わせた日程で、こりゃ、このタイミングを逃しちゃいけないんじゃないかって気になって、急遽、エアチケットを手配してでかけてきたのでした(ホントに混雑している時期で、チケットがとれたのが数日前という綱渡り!)

エキスパートの資格は、2日間の講義の後、最後に試験があります。
なので、事前に渡される教科書で自分で勉強しておかなくてはなりません。
でも、セミナーの準備に忙しく、なかなか思うように勉強ができず、こんなんでいいのかなぁ~って状態で飛行機の中とホテルとでほとんど一夜漬け。
ちょうど真央ちゃんが銀メダルの時だったので、テレビも気になっちゃってねぇ~。

今回の健幸料理のテーマで、雑穀を一つ一つ眺めるようになって、かなりわかったような気にはなっていたのですが、いやいや、やっぱり講義を受けると全然違います。
その道に精通している先生たちのお話は、どれもこれもが面白くってためになりました。
まあ、試験の結果はともかく、勉強できたことが素晴らしいなあとつくづく思う講座でした。
そういいながら、結果が出るまで、怖くってこの場で発表できませんでしたけどね、やっと実家経由で認定証が届きました。

素晴らしい講義内容ですので、受講の機会がある方には、おすすめします。
講義は、雑穀についての全般の知識、雑穀10種の特徴、雑穀の文化、栄養、機能、健康、美容、調理などの科目があります。
教科書は、講義で先生がおっしゃってましたが、1時間程度の講義で教える内容ではなくって、つい大学の授業のように作ってしまったとのことで、それだけ充実した内容です。
参考までに試験はですね、選択記入式の30問でした。
○×とか4択とか、勉強して覚えているかどうかってことで、考えても仕方ないことが多いので、簡単でなくてもさっさと終えてしまいます。(退出は30分経過後からですが、15分で終わってました。)
さすがに情報満載の教科書からあれもこれも出るわけではないので、基本を押さえておけば、合格は大丈夫だと思います(と、合格したからエラソー)。

私が特に感動したのは、永山久夫先生の講義。
後期高齢者と言いながら、決してそのようには見えない若々しさでパワフルにお話をしてくださいました。
周りの人を幸せにしてあげてください、そのために自分がしあわせでいてください、そのためには心と体にいい食べ物を食べましょうという話を最初にされました。
すごくシンプルな話のようで、ズシンと心に響きました。
先生は、長寿の研究もされているので、もちろん食事だけでなく運動もしてねってことでしたよん。

というわけで、これからは、雑穀エキスパートとしても、みなさんにレシピの提案や健康情報をお届けしていきたいと思っていますのでよろしく~!


blogranking   にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ  読んでくださってありがとうございました!
ランキングに参加しています。励みになりますので、ポチポチっと応援お願いします。



さりげに雑穀入り!? ヘルシーミネストローネ

★今回のテーマ★  ― ☆玄米・雑穀☆

   雑穀入りミネストローネ


何度も書いている気もするんですが、玄米や雑穀の話でよく聞くのが「ご飯に混ぜると、(家族は)雑穀の姿が見えただけで食べようとしないんですよ~」っていう言葉。
え~っ!? それってワガママじゃん、、、と、人の旦那や子供のことをああだこうだ言うのも失礼な話なんですが、、、。
食事って大事ですからね、作る方は、だからこそ健康的なものをと思うのですが、食べる方にしてみれば、だからこそ好きなものを、おいしいものをという言い分もよくわかります。
家族団欒の楽しみの場で、健康志向はいいけれど、なんだか餌のように健康だからと押しつけられるのはごめんってことですよね。
健康とおいしさの両立、それが健幸料理のめざすところです。

そんな健幸料理にピッタリなのが「雑穀」かもしれないと、雑穀研究をしていてワクワクしています。
雑穀って、それだけ食べろと言われたら、やっぱり食味や食感に難があります。
でも雑穀って小さい分だけ、さりげに料理に混ぜちゃうことができるんですよね。

雑穀ミネストローネ
by cinnamon


 雑穀入りミネストローネ

<材料>
雑穀ミックス 15g
 (ひえ、いり黒大豆、ハト麦、赤米、黒米、大麦、もちあわ、アマランス)
玉ねぎ 1個、  えのき 1/2袋、 オイスターマッシュルーム  1/2パック
大根 5cm、 トマト缶  1缶(400グラム)、 パセリ 少々、 
トマトケチャップ  大さじ2、  ソース 大さじ1、  塩・こしょう 少々

<作り方>
(1) しめじ、えのきは3cmの長さに、大根は1cm角に切ります。
(2) 鍋にトマト缶(トマトをつぶして)、きのこ、雑穀、大根、玉ねぎを入れ、塩を少々入れて弱火にかけます。
(3) 20分くらい煮たら、調味料を入れます。パセリのみじん切りを散らして、出来上がりです。


ミネストローネは、日本の味噌汁の感覚で、具はなんでもOKなんですが、よくパスタが入っていることがありますね。
でも、このレシピは、パスタのかわりに雑穀、、、というほど、雑穀は存在感をもっているわけではありません。
あんまり存在感を際立たせると、ミネストローネというより、リゾットみたいになっちゃいますからね、このさりげなさがいいような気がします。
これなら雑穀の穀物くささが苦手な人でも大丈夫!
なんか面白い食感の食材が入ってる? って感じで食べられます。
あと雑穀ミックスの商品によっては、豆が入っているのでこれまたミネストローネにはピッタリなんですよね。
その他の具は、冷蔵庫にあるものなんでもお好きなように利用してください。
このレシピですと、油も使っていないのでホントにヘルシー、でも雑穀が入っているので満足感はしっかりあるのです。

それにしてもトマト缶って便利ですねぇ~。
以前は、缶詰めって何かしら手を加えてあってあまりよくないんじゃないかって誤解していた部分があるんですが、缶だからこそフレッシュなうちに無添加で加工できるので、かえって栄養価が高くおいしく保存できるということを知りました。
冷凍食品も然り。
(もちろん、手を加えた製品もいっぱいあって、その中には、どうかと思うものもありますが。。。)

一見、手がかかりそうな雑穀料理も(実際は、全然、手間じゃないですよ)、手軽な食材と組み合わせて作っていくといいですね。
雑穀は、ある日、はりきってお料理してたくさん食べるというよりも、さりげにスプーン1杯でいいので、毎日食べるようにした方が健康効果としては高くなると思います。

手軽な雑穀ミックスを使ってもいいし、お好みのブレンドを自分で作ってもいいので、いつでも常備しておくといいですね。


blogranking   にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
読んでくださってありがとうございました!
ランキングに参加しています。励みになりますので、ポチポチっと応援お願いします。




春なのに~お別れですね~♪ 

先週は、お騒がせしましたが、週末にになって、やっと顔のボコボコが落ち着いてきました。
あんだけひどかったのだから、どうせならすっかり生まれ変わったような肌にならないかと思ったのですが、んなわけなかったですね。
完全に病後の荒れ果てたお肌って状態です、回復するのかしら~
体の方は元気いっぱい、飲み食いなんの支障もないのですが、とても人様の前に出られる状態ではなかったので、飲み会1件、ドタキャンしてしまいました。
どんなに熱があってもお腹ピーピーでも飲み会のドタキャンなんてしたことないのに・・・。
おまけに病院の世話にならない記録も中断、約10年ぶりにお薬を処方していただくことになりました、さすが病院の薬は、効いたようです。
先生は、パッとみてさくさく処方箋を書いてくださいました、よくあるんでしょうねぇ~、マンゴーかぶれ。
食べて平気な人でも、枝葉に触ったり、皮をむいた汁が顔についたりしちゃうとかぶれちゃうようですのでお気を付けくださいませ。

        

さてさて、タイトルにもある通り、今日は、ちょっと残念なお知らせ。
健幸料理研究所設立当初から一緒にがんばってきてくれたサッコちゃん(sakko)が本帰国となってしまい、赤シャツ騒動で揺れる日曜日、日本へと飛んでいってしまわれました~
健幸料理研究所を始めてもうすぐ3年、もうちょっと一緒に活動したかったのにねぇ、こればっかりはどうしようもないですね。
せめて本の出版を見届けていただきたかったのですが、私がボケボケしてたので、サッコちゃん、ごめんなさいって感じです。

健幸料理研究所を始めた時は、まだどういう形で活動するかもはっきりしない手探り状態だったのですが、サッコちゃんのおかげで私も励まされてここまできたって気がします。
私自身もまだまだ料理初心者と呼ぶべき状態で、動物質を極力使わず、揚げものもしない、そんなんで万人にウケル料理が作れるのかなあと、理想だけは高いけれど、なんだか不安なスタートだったのです。
そんな時に私のめざすところは間違いではないと、勇気づけてくれたのがサッコちゃん、2人でできるだけ多くの人に健幸料理を広めたいねと語り合った日々・・・。
ちょっと思い出に浸って、活動初期のころのサッコちゃん料理を紹介します。

GOYA4記念すべき(?) サッコちゃん最初の料理 「ゴーヤのフルーツ和え

苦い料理ばっかり食べ続けて、この料理が出た時は、ホッとしました。
苦いゴーヤこれなら子供も食べられます!

長ささげピーナッツお酒が飲めないはずのサッコちゃんが考案!? 「長ササゲとピーナツの和え物

オリーブオイルと蜂蜜を使って、なぜだかビールにピッタリのおつまみ風。
さっと作れるのがありがたいです。

ベビーコーンおひたし目からうろこの煮びたし「ベビーコーンの煮びたし

ベビーコーンが苦手という方、炒める以外に思いつかなかったという多くの人たちが感心しまくりのベビーコーンの煮びたしです。
サッコちゃん担当の好評のコラム、フリーペーパー「バンコクマダム」さんの「食楽子育てライフ」の記事でも紹介しているレシピです。

ハーブカボチャパクチーラオを上手に使った「カボチャのハーブドレッシング和え

この写真は、健幸料理の宣伝やらセミナーの宣伝によく使わせていただきました。
ディルを使っているといえば、おっしゃれ~なイメージでしょ、タイでは「ラオスのパクチー」という意味の「パクチーラオ」と呼んでいます。

そしてなんといってもサッコちゃんの大ヒットレシピはこれ! 「まるで肉じゃが!? 青パパイヤの煮物

パパイヤ肉じゃが風

今でこそ青パパイヤを煮物にしたり、炒めたりと自由に当たり前のように使っていますけれど、青パパイヤ研究でこの料理が出てきた時は、目からウロコどころか魚がまるごと飛び出てきたようなショックを受けました。
このお料理のおかげで、タイ野菜・果物への向き合い方がさらに自由になったような気がします。
固定観念を取り払って、なんでも試してみなくっちゃ! って気になった思い出のレシピです。


サッコちゃん自身も活動を広げて、離乳食のセミナーやワークショップを開催したり、バンコクマダムに記事を書いたりして、多くのママさんたちの頼れる存在になっておりました。
先日のベジフルセミナーでは、ママさんたちも参加できるようにと、サッコちゃんに託児をお願いしたのですが、さすがプロというべき対応をしてくださって、サッコちゃんの活躍の場は、バンコクでどんどん広がりそうなのに、なんとも残念なお別れです。
単に保育士として子供の面倒をみるということではなく、食の面からサポートしてくれる貴重な存在だったと思います。
ママさんたちにとっても大事な人がいなくなって、ずいぶんと困ってしまわれるのではないでしょうか。
私は、育児の点では全くシロートですが、タイの野菜・果物に限らず、食の全般については、日々修行中ですので、わからないことがあったら聞いてくださいませね!

サッコちゃんは、早速に4月からは保育士として働き出すそうで、日本では、これまで以上に忙しい日々を送ることになると思いますが、タイでの経験を活かしてがんばって欲しいと思います。

健幸料理にかかわっている限り、きっとずっとつながりがあって、これは、しばしのお別れだと思っています。
サッコちゃん、また会える日を楽しみにしていま~す!


blogranking   にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
読んでくださってありがとうございます。やっぱり応援があるとがんばれまっす~ 
ブログ村ランキングも復活! 上のボタンをポチポチッと応援お願いします!

雑穀ミックスで手軽にヘルシーサラダ!

★今回のテーマ★  ― ☆玄米・雑穀☆

   雑穀サラダ


久々に雑穀レシピの紹介です。
雑穀は、ご飯に混ぜて食べるだけではなく、もっと楽しめるんですよ! という、レシピの紹介です。
先日もハトムギサラダを紹介しましたが、今日は、便利な雑穀ミックスを利用したサラダです。
日本には、雑穀ミックスがいろんな種類売っていていいですねぇ~。

雑穀ミックスサラダ
by cinnamon


この時に利用した雑穀ミックスは、私が日本からのお土産でcinnamonさんに差し上げたものを利用してくださったのですが、同じ商品をネットで検索したのですが、ネットでは販売されていないようです。
小豆や黒豆、赤米や黒米が小さく砕かれたものが入っているので、調理するのに時間がかからず便利です。
自分で雑穀をミックスする際にも、大きいのを砕いて使うというのも調理の時間を短縮できて、小さい雑穀との仕上がり時間をそろえられるので、いいアイデアですね。

 雑穀入りサラダ

<材料>
雑穀ミックス 大2~3
サラダ菜ミックス 適宜
ドレッシング:
オリーブオイル 大さじ2、  赤ワインビネガー 小さじ2 
マスタード 小さじ1、 塩・こしょう 少々

<作り方>
(1) 鍋にお湯を沸かし、塩をひとつまみ入れ、雑穀ミックスを5分くらい茹でます。(お好みのかたさに)
(2) ドレッシングの材料を混ぜ合わせます。
(3) 器にサラダ菜ミックスを盛り、雑穀ミックスをのせます。
(4) ドレッシングをかけて、いただきます。


雑穀にドレッシングがしっかりからまって、サラダを食べるのにピッタリなんです。
これは、結構、歯ごたえを残した茹で加減です。
その方がしっかり噛むことになって、雑穀をしっかり味わえることになります。
雑穀の味わいといっても、実は、ただ食べるだけだとそんな味があるって感じでもないんですよね、どっちかっていうとドレッシングの味がよくしみておいしいって感じで。
でもしっかり噛むことによって、なんか穀物の素朴な甘味を感じることができるんです。
よく噛むことでお腹もいっぱいになりますから、ダイエットにもピッタリ!
そろそろ春が近づいて厚いコートを脱ぐ季節、ダイエットを考えている方には、こんなヘルシーなサラダがおすすめですよ!


読んでくださってありがとうございます。ブログ村ランキングも復活! ポチッと応援お願いします! 
blogranking   にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ



セミナー終了! ホッとしたらマンゴーアレルギー!?

すっかりお休みしたままのブログ、なかなか復帰ができませ~ん(^_^;)
いやぁ、ホントにこの10日間ほどは、ジェットコースターに乗ってる毎日って気分でした。
日本に飛んで帰って来て、セミナーがあって、大宴会があって、朝からの料理教室があって・・・。
体はすご~く疲れていそうなのに、とりあえずいろんなイベントが一息ついた今でも、どっと疲れが来るって感じでもないので、このまま大丈夫かな? ---と、昨日まで思っていたんですが、ついに異常事態発生!

昨日から顔がボコボコなのです。
特に右目の下がひどくって、目は半開状態、お岩さんみたいな顔になってます。
かゆいし、人と顔を合わせる気になれないし、困ったもんです。

じんましんかかぶれか汗疹か・・・?
暑くなってきたので、汗疹かなぁと思ったんですが、さすがに顔だけ汗疹ってこともないですよね。

じんましんだとしたら、、、基本、動物質はあんまり食べてないんですが、、、と思い返してみたら、そういえば、一昨日の夜は、外出して遅くなったので、外で中華丼を食べました。
営業終了時間間際だったせいか(?)、大サービスで頭つきのエビが2匹もついてきました。
別に甲殻類アレルギーというわけではないですし、エビに異常は感じませんでしたが、頭をとるとき、おもいっきり味噌が汁の中に流れてって、イヤだなぁって思ったんですよねぇ。
カニやエビの味噌(正確には味噌じゃない)は、傷みやすいんですって!

でも、あのエビ味噌だけでどうこうってこともないかなぁ、、、と考えてみると、ありました、しっかりと心当たりが! 

マヨンチット マヨンマンゴー一昨日、マンゴー系の果物(マヨーンチット)を扱ったんですよね。
ご存じでした? マンゴーってウルシ科なんですよ、なのでマンゴーアレルギーの方も多いのです。
これまでも何度もいくつも食べてるので、食べることに問題はないはずなんですが、写真撮影をしようと、枝や葉を触りまくったので、その手で汗をかいた顔を拭いたりしたのかもしれないし、みんなに食べてもらおうと皮を剥いたからかも・・・。
食べたせいでかぶれる場合は、口の周りからとも言うので、食べたのが原因ではないと自己分析。
マンゴーが葉つきで売られていることはあまりありませんが、マヨンは、枝葉つきで売っていますので、みなさま、お気を付け下さいませ。
(おにいさんが、「いつも皮を剥いてあげてるのはオレだからね、慣れないことするからだよ」と威張ってます。)

いずれにしてもここんとこの不規則な生活、知らずに疲れもたまっているのだろうし、そのせいで多少便秘気味だし、やっぱりそういういろんなことが原因のような気がします。
通常だったらなんてことなかったかもしれませんが、、、ああ、不覚!
でもまあ、がんばってる自分の体には、ありがとうって言ってあげなくっちゃねぇ。

とりあえず、「病院の世話にならない記録」が途切れるのは残念ですが、顔のことなので、病院に行くことになりそうです、あ~あ・・・。

ベジフルセミナーそれにしても、これが「美肌セミナー」の日でなくってほんっとによかったわ~。
こんな顔して美肌も何もないですからね、おまけに司会だったし。

セミナーの方は、おかげさまで無事に終わりました!
かなりひいき目入ってますが、多くの方に喜んでいただけたと思います。
未熟な点もまだまだありますが、大成功って言っちゃっていいんじゃあないでしょうか!?
(写真は、開始直前のドキドキ状態で会場を写したものです。)

一昨日も反省会があったり、昨日は、健幸料理の活動があったりで、まだゆっくりブログの更新ができません。
でもって、ちょうど一息ついたGOODなタイミングで、本の出版の話も出版社からのOKが出ましたので、いよいよ本格的に動き出しそうです。
しばらくスローペースの更新になりますが、思い出した時にのぞきにいらしてくださいませ。


読んでくださってありがとうございます。ポチッと応援お願いします! blogranking  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。