健幸料理研究所ネット参加者大募集!

数日前からちょっと気になってはいたのですが、忙しくてすっかり忘れてました。
健幸料理研究所の活動を始めて2年が過ぎ、遅ればせながら10,000ヒットを超えました、ありがとうございます!!

忙しさもあってなかなか思うように活動もできずにおりますが、それでもこの頃は、チャオムやミズオジギソウなど、なかなかディープなタイ野菜にも果敢に挑戦し、継続こそが力だなあと感じられる進歩ぶりではないかと感慨にふけっております。
おかげさまでランチ会もご好評いただき、多くの方に活動を支えていただいていることに感謝です。

大台越えを果たしたところで、前回の記事でも触れましたが、活動に幅をもたせる意味でも、さらに多くの人に健幸料理を知っていただくためにもメンバー以外のみなさまからのレシピも紹介していきたいと思います。

健幸料理研究所 ネット参加者募集!

イモタラート集合ますは、最初のテーマは、ジャガイモをのぞいた「いも、イモ、芋!」です。
ジャガイモ以外ならなんでもOK!! (ジャガイモを入れると大変なことになりそうなので・・・)

[参加方法]
オリジナルレシピ大歓迎!
このブログで紹介した料理のつくレポ大歓迎!!
さらに自慢の我が家の味、定番料理のコツや芋料理に関すること、食材に関する知識も歓迎します。
できれば・・・健幸料理の観点から動物質を極力避けたお料理をお願いします。
極力・・・なので、絶対ではありませんが、あくまでも芋が主役のお料理、芋をモリモリ食べられるレシピをお願いします。

(1) このページか前回の記事にトラックバックしてください。
  紹介の際に写真を加工して利用させていただくことがありますのであらかじめご了承下さい。
  
(2) koppunmaak-kenko(at)yahoo.co.jp  にメール  ((at) を@にかえてください。)
  ブログのない方も参加できます!
  記事と写真をメールでお送り下さい。写真がなければ、なしでもOKです。
  掲載の際のニックネームをお忘れなく。
  
「芋」の締め切り: 11月30日


11月から随時紹介させていただきます。
景品はありませんが(スミマセン・・・)、発表の場としてご利用下さい。
トラバ記事に関しては、ツイッターでも紹介していきますので、読者増が期待できますよ!!

まったくもってどういう展開になるのか自分でもわからないのですが、とにかくスタートすることにします、ヨロシク!!


これからもヨロシク! 応援の3つクリックをお願いします!!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking
スポンサーサイト

次なるテーマはイモ、いも、芋!

  • カテゴリ:イモ類
  • コメント:8件
  • トラックバック:1件
★今回のテーマ★  ― 芋系 

久々にタイタイした野菜ではなくって、一般にふつ~に見かけて手に入る野菜にトライです。
(やっと日本の人にもわかってもらえる~! ん、タイに住む人にもかな・・・)
題して「芋系」 ―― 芋全般ってことですよ、、、題するほどでもないですが。
でもジャガイモはパスします、これはもう途方もないことになりますし・・・。
実は、タイのジャガイモって品種がかなり限られているというのもあって、あまり面白みがないように思います。
限られている理由は、、、他にいっぱい芋があったから、、、あるいは、タイの気候にあまりあわなくって産地が限られて(高地)、高級品だったからなんでしょうかねぇ。
カレーとか煮物は、青いバナナやタロイモで代用できちゃいますものね、チップスだってポテトチップスよりバナナチップスやタロイモチップスがタイ製品としては一般的ですものね。

ちょうど先日行ったタラートにイモが大集合してました。

イモタラート集合
緑のはトウガンですので無視してください。
真ん中の一番奥に見えるのは、タロイモですね。
一応、タイが原産とも言われてますが、他にもマレー半島だとかミャンマーだとか、原産地説はいっぱいあるようです。
これは、以前に取り組んでおりますので、タロイモの基礎知識についてはそちらをご覧下さい。
わりと研究所の活動初期の頃で、私もまだ慣れなくって奮闘した記憶があります。

ジャガイモ以外でタロイモのほかに・・・となると!?
タロイモの隣というのかすぐ下にキャッサバがありますね、1本だけ。
タイ語では、「マン・サンパラン」というわかりづらい名前になってます。
タピオカ澱粉の原料です。
今は、手元に写真がないのですが、この連載中には、入手できると思います。

さらにその下は、、、わかります? 
タイ語で「マン・ゲーオ」、日本語にすると「クズイモ」ですね。
葉が葛に似ているのだそうです。
(某フリーペーパーが出している便利帳みたいな冊子の中で、タイの野菜を扱ってますが「キクイモ」と間違った表示がされてますのでご注意)

うっ、、、やっぱりタイタイマニアック路線に走っているような・・・!?
クズイモの隣を見てください。
これは、なじみがあるでしょー!
えっ? わからないですか???

タイ語で「マンテート」と呼ばれている芋です。
「マン」は「芋」、「テー(ト)」は「巨大」、つまり「巨大芋」という意味で、たしかにデカイです。
ちょっと市場の写真じゃわかりづらいので改めて。

サツマイモ
これ、サツマイモなんですが、日本のよりかなりワイルドな感じですよねー。
「日本芋」の名前で日本のっぽい小さ目のサツマイモも売られています。
これまた別のタラートでみかけた茹で芋です。

サツマイモ茹で

残念なのが、タイでは、山芋は、とれないんです。
お隣(でもないか・・・)のネパールでは、おいしそうな自然薯がタラートで二束三文で売っていたんですがね、タイで山芋を買おうとすると輸入品、わずか10cmなのに1,000円くらいすることがあります。
(後日訂正: すみません、そういえば山芋の種類のマン・ムー・スアというのがあります。自然薯に似た濃い感じ。あと、中華街でふつうの山芋みたいなのが安く手に入ることがあります。)

思ったより芋の種類がいろいろあったので、また個別に基礎知識をアップしていきたいと思います。
(今回は、時間稼ぎ!?)

さてさて、、、タイは今日から3連休の人もいて、私もしっかり3連休です。
おにいさんが日本に帰国中ですので、私は、ちょっとタイ野菜の本の執筆に専念しようと思います。(毎度のセリフでスミマセン)
みなさんのところにも今月いっぱいは、なかなかお邪魔できないと思いますし、ここのブログもアップをしばらくお休みすることになると思いますが、どうぞたまには思い出したように応援にでもきてください。(あっ、先日の赤い花の記事だけアップしますね。)

さてさてさてさて、お知らせ&お願い!
健幸料理研究所の活動にネット参加しませんか?

ジャガイモ以外の芋レシピを大募集です。
ジャガイモ以外ならなんでもOK!!
このページにトラックバック、あるいは、メールでレシピと写真を送っていただければ、このブログで紹介していきたいと思います。
ブログをお持ちでない方でも参加できますよ!!
どうしても写真がない方は、写真なしでもOKです、おすすめレシピとしてお送り下さい。
締め切りは、11月30日、オリジナルレシピ大歓迎、紹介したレシピのつくレポ大歓迎!! 
11月からどんどん紹介していきますので、どんどんご応募下さいね~!
(あっ、どこぞの大手ブログみたいに景品とか賞とかはありません。。単純に発表の場としてご利用下さい。。。そんなんで集まるのかしら。。。)

応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking

奇跡のフルーツ!? - 今日のタラートシリーズ(4)

健幸575 No.343   「かわいいと飛びつき苦い経験し」  
 まあ、人間も野菜も同じことがあるってことですかね。。。

さて、前回紹介しました一見かわいらしい野菜、「ファークカーオ」と表記してましたが、すみません、ビミョーに違います、正しくは、「ファクカーオ」です。
瓜は、「ファク」といって、ハヤトウリも「ファクメーオ」、カボチャは「ファクトーン」でしたね。
あっ、ついでに ハヤトウリ料理レシピ と カボチャ料理レシピ の目次を作っていますので、ご参考になさってくださいね。

さて、先日、台所で格闘したファクカーオ、こんな姿だったわけです。
大きさの比較で、ちょうどいただいた柿(ちょっと大きめ)があったので並べてみました。

タラートファクカーオ
この大きさからして、かわいらしいフルーツのようなものを想像するわけですが、割ってみると・・・。

タラートファクカーオ
う~ん、なるほどかなり瓜っぽいですね。
この種は、ニガウリに似た感じです。
成分も同じだとしたら痩せ効果があるといわれる共役リノール酸が入っているかも、です。
「ベータカロチンやリコピンなど天然の栄養を豊富に含んでいる」と書いているサイトもありました。
(ちなみにこのサイトのファクカーオは、やたらでかいです。)
時間があったら種を取り出して乾燥させてみたりもするんでしょうが、なんせ、出勤前の朝でしたもので・・・。

料理した姿は、あまりお見せできるような姿ではないのでやめておきます。
そもそもこの種、かなりの大きさなので、取り除くと食べられる部分がとっても少なくなってしまうのです。
なので、半分はとって、半分はそのままにして種も食べてみました。
あー、そうですね、ふつうの料理では種は、一緒にしない方がいいようです、なんか食感がかなり邪魔くさいです。
でも種だけカリカリにしたらいいおつまみになりそうです。
いやしかし、そうすると取り出すの、結構大変です。
周りをガバッととってしまうと、ホントに食べるところは、ちびっとになっちゃいますしねぇ???

瓜自体は、加熱すると大分苦さが和らぎます、喉もイガイガしませんでした。
みりんで甘味を出して和風の炒め煮にしましたら、まあ、ニガウリがOKなら食べられます。
豆腐や卵があったらもっとおいしく食べられたんでしょうね。
ニガウリよりもっと瓜っぽい、食感的にはヒョウタンに似ています。
・・・って、ヒョウタン食べる人少ないから、この説明が通用する人って少ないですかね、なんか加熱してもツルンとしつつも歯ごたえがあるんですよ。

<ファークカオ> ウリ科ツルレイシ属(ニガウリ属)
英語: Spring Bitter Cucumeber
学名: Momordica Cochinensis Spreng.
日本語: ナンバンキカラスウリ、ナンバカラスウリ、モクベツシ
原産地: 中国説、カンボジア説、その他東南アジア説などあり

この写真の状態は、未熟な状態で、熟すと赤くなります。(上の柿くらいに)
熟した実は、乾季の最初の頃が時期のようです。
どちらも茹でてナムプリックにしたり、熟したものは、スープにします。
ベトナムでは、めでたいときの赤飯の色つけに使うそうです。

とまあ、ここまでは、新日本製薬のサイトなどを参考に簡単に調べてたんですが、驚くべき事実を発見!!

別名、ガック(GAC)と呼ばれてるようです。
なんとまあ「天国からのスーパーフルーツ」(←ガック、フルーツで検索)と呼ばれています。
スーパーフルーツということで、クコなどと一緒にジュースになってG3 と呼ばれる無敵のアンチエイジングジュースになっちゃってます。
他にサプリメントやらパウダーみたいなのもありますし、どちらも日本で売られています。
なんかいっぱいあるので、テキトーにサイトを貼っておきますので興味のある方はどうぞ。

あまりの効能に私は、クラクラしちゃいます。
リコピン云々なので、やはり熟したものを食べるんでしょうね、きっとそっちの方が食べやすい気がします。
果物といってもそれでOKなのかも・・・熟したファクカーオに出会うことはできるのかしら・・・?
でも熟したのをファクカーオ(白瓜)って言うのも妙ですね。
  (後日注: カーオは白ではなくご飯という意味のタイ語でした。)

そうそうちなみに1個20バーツ(50~60円)でした。
1個20バーツって高くない? と、一瞬思ったのですが、市場でその値段でたった1個を買うのに値切るのはあまりに見苦しいかとやめておきました。(基本的に市場ではあまり値切らないんですよ、元が安いから)
そんなありがたい果実なら、高くても仕方ないんですかねぇ。。。

  GAC・CHI ガックサプリメントジュース
  ディファレント株式会社 奇跡のフルーツ! ガックパウダー
  ベトナム生活 天国の贈り物 ベトナムフルーツ ガック
  天国からのスーパーフルーツ ガック
  サプー.com ガックフルーツオイルカプセル

あああ、前回紹介した赤い花の話題までたどりつきませんでしたね、では、また。

読んでくださってありがとうございました。応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking

これは何!? 今日のタラートシリーズ(3)

健幸575 No.342  「初モノに勝った負けたの台所」  

先週は、野菜ソムリエ「ジュニア・ベジタブル&フルーツマイスター」の通信講座バンコク2期のスクーリング講座が開催されました。
私の講師デビューでもありましたが、なんとか無事に終了してホッとしております。
ホッとしているとはいっても、準備やら何やらで忙しく、仕事も1日休んでますので、ただ今、ヒーヒーの状態です。
月末にはカルチャーセンターの講座もありますし、来月は、病院で講演しますし、その準備もしなくっちゃ・・・。
お友達ブロガーのところにも訪問できず、どうにもさみしいようなやきもきした思いでおります。
ブログにアップしたいネタは、いっぱいあるんですけどねぇ。。。
講座の詳細については、ベジフルコミュニティBangkokのブログで書きたいと思ってます。

そもそも家でブログのアップをしたいと思いつつ、講座の前後、日本から来られた協会のスタッフとベジフル入門の中村敏樹先生と一緒に市場(タラート)巡りをして、珍しい食材をゲットしたので、それの調理に奮闘していたのです。
市場巡りの話もいろいろ勉強になったので後で・・・って、なんだか全部後回しでスミマセン。

今朝はですねぇ、下記のような野菜と格闘していたのです。
なんで闘いになってしまうんでしょ・・・仲良くすればいいのにねぇ。

タラートファークカーオ
まるでフルーツみたいでしょ、大きさもかわいらしくって、河豚みたいだって言う人もいました。
こんな野菜、未だかつて見たことありません。
そういう意味で初モノです。
調べてみたら「ファーク・カーオ」といいます。
それって・・・ 「白い瓜」という意味じゃないですか、全然、なんなのかわかんな~い!
まあ、瓜だっていうのは、わかりましたけど。
今朝、これを料理してみたんですが、その前に生で食べてみたらニッガーーーーイ!
今も喉がイガイガしてます。
種がニガウリそっくりだったんですが、まさか身までこんなに似てるとは・・・いえ、ニガウリ以上の苦さです。
この野菜の正体、ちょっと調べかけてるのでまた後でご報告します。
でもわかる人がいたら教えてくださいね!

これは、完全に負けです、まあ苦い苦い苦瓜だと思って食べるとか、そこを上手に工夫すればいいんでしょうが、ただの炒め煮にしたら、おにいさんにお弁当のおかずにするのは拒否されました。
罰ゲームみたいなものですからね。

タラートグラジアップ
これは、身近なはずなのにずーっと見たことがなくって、今回、初めてタラートで発見しました。
なんだかわかります? タイ在住者なら当てられるかな?
熱帯にはありますよね、エジプトでも乾燥したのはみかけました。
今朝は、この食材にも向き合っていたのです。
さて、どんなものができるのでしょうか?
これは、まあまあいい線いって勝った! って感じです。

続きは、、、もう何もかも「あ~と~で!」って感じでスミマセンがまたの偶数日にでも。

読んでくださってありがとうございます!  上で押されてない方、3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking

パッガチェーの炒め物

★今回のテーマ★  ― ミズオジギソウ(パック・ガチェー)
   「パッガチェーの炒め物」


ミズオジギソウを使ったお料理、早くも最終回です。
さすがにそんなにいっぱい取り揃えることはできませんでしたが、かなり手強いとびびってた割には、それなりに揃ったんじゃないかと思います。

ミズオジギソウタイ野菜上級編ともいえる「ミズオジギソウ(パック・グラチェー、Water Mimosa)」をシリーズでお届けしてきました。
白い綿のようなスポンジのような「浮き」がついた見た目とってもワイルドな野菜です。
ミズオジギソウの基礎知識については、こちら「はじめまして、ミズオジギソウです。」をご覧下さい。


ミズオジギソウが手強いのは、白い綿の浮きの延長にある茎をどう扱っていいかというところなんだと思います。
ワイルド感をアップさせているのはまさに茎の部分でして、そこが悩ましい感じなんですが、ナント、思い切って茎を使わず、葉だけを使った料理が登場しました。

ミズオジギソウ炒め
by sakko

目からウロコ気分です。
葉だけを使うことで、なんだか別の野菜みたいです。
そう、たしかに葉と茎では食感がまるで違うので、別々に料理しちゃってよかったんですよねー。
これはもうまったくふつ~にふつ~の炒め物、手強いタイ野菜が入っているなんて思えません。


レシピに続きますが、その前に応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking

続きはコチラ ↓↓↓  上のバナーを押してからすすんでくださいませね! ↑↑↑

 

水おじぎ草の山菜風煮

★今回のテーマ★  ― ミズオジギソウ(パック・ガチェー)
   「水おじぎ草の山菜風煮」


ミズオジギソウタイ野菜上級編ともいえる「ミズオジギソウ(パック・グラチェー、Water Mimosa)」をシリーズでお届けしています。
白い綿のようなスポンジのような「浮き」がついた見た目とってもワイルドな野菜です。
はたしてこれをどう料理するのか???
ミズオジギソウの基礎知識については、こちら「はじめまして、ミズオジギソウです。」をご覧下さい。

ミズオジギソウってどんな味? と問われたら・・・?
他に何かと似ているというのが思いつかず、私は、うまく説明できずにおりました。
いつも参考にしている「東南アジア市場図鑑(植物編)」(吉田よし子・菊池裕子著)によると、「マメ科独特の青臭いような、けれどコクのある味と香りがある」とのことで、そういわれるとそんな感じ!

長野出身のnamiちゃんが、このミズオジギソウの味というか風味をうまく利用したお料理を出してくれました。

ミズオジギソウ山菜風
by nami

しっとりしたたたずまい、、、そう、山菜に似てるんです!
何かひっかかってたものがすっとした気分です。
もっと早くに気がつけって感じですが、ともかくこれで山菜料理を応用した料理にも使えるきがしてきました。
このお料理は、まさに山菜風の煮物です。


レシピに続きますが、その前に応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking

続きはコチラ ↓↓↓  上のバナーを押してからすすんでくださいませね! ↑↑↑

 

イタリアンパッガチェー

★今回のテーマ★  ― ミズオジギソウ(パック・グラチェー)
   「イタリアンパッガチェー」


ミズオジギソウタイ野菜上級編ともいえる「ミズオジギソウ(パック・グラチェー、Water Mimosa)」をシリーズでお届けしています。
白い綿のようなスポンジのような「浮き」がついた見た目とってもワイルドな野菜です。
はたしてこれをどう料理するのか???
ミズオジギソウの基礎知識については、こちら「はじめまして、ミズオジギソウです。」をご覧下さい。

ミズオジギソウは、炒め物にいいとわかったので、無謀な挑戦でイタリアンにしてみようかと・・・。
超タイドメ野菜のミズオジギソウがイタリアンっぽく変身できるんでしょうか?

ミズオジギソウイタリアン
by ☆青☆

イタリアンと言えばトマトです、単純ですみません。
でも、イタリアンにしきれないところが私・・・。
いかにもタイ野菜というミズオジギソウについおじけづいてしまったというのか・・・。


レシピに続きますが、その前に応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking

続きはコチラ ↓↓↓  上のバナーを押してからすすんでくださいませね! ↑↑↑

 

ベビーコーン ☆目次☆


ベビーコーン  目次のページ 


このブログの目次として利用できるようにと、ひそかに作っていた健幸料理研究所のホームページがあるのですが、ブログに目次のページを作ったのですっかり更新しなくなっておりました。
間もなくサイトを閉じようと思うのですが、まだこっちの目次のページにない野菜・果物のお引っ越しをしようと思います。
とりあえずコピペで暫定的なものですがアップしておきます。


ベビーコーンサラダ2 サラダと炒め物でベビーコーンのフルコース完成!?
ベビーコーンおつまみ 餃子の皮でベビーコーンの一口おつまみ  
ベビーコーン甘酢漬け 甘酸っぱさにキュン! ベビーコーンの甘酢漬け
ベビーコーン蒸しグラタン  飲茶気分の蒸しグラタン もちろん、ベビーコーン入り!
ベビーコーンパスタ ベビーコーンのパステルパスタ!
ベビーコーンおひたし ベビーコーンを和食でいただき! 第2弾
ベビーコーンきゅうり ベビーコーンを和風でいただき!
ベビーコーン入り玄米ごはん ツブツブ楽しい! ベビーコーン入り玄米ご飯
ベビーコーン焼き  香りがたまらない、こんがりベビーコーン焼き!
ベビーコーン集合 ベビーコーン 
ベビーコーンだよ! 赤ん坊でも若者でも大人に負けないよ!  (ベビーコーンの基礎知識編)



読んでくださってありがとうございます! にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ   ブログランキング   FC2ranking

ミズオジギソウの白菜まきまき

★今回のテーマ★  ― ミズオジギソウ(パック・グラチェー)
   「ミズオジギソウの白菜まきまき」


ミズオジギソウは、タイなど東南アジアでのみ食されているものですから、日本の方がお目にかかることはないだろうなあと思ってましたが、みつけました!
日光種苗さんが「ペット植物」としてミズオジギソウ紹介して、種を売っています。
これによるとホウレンソウをしのぐβカロテンの含有量とのこと、やっぱり栄養があるんですねぇ~。
ミズオジギソウも触ると葉を閉じるんですね、自然な状態で見たことなかったので、なぜだか閉じないものだと思っておりました。
う~、ぜひ、自然な状態のものを触ってみたいですねぇ。

ミズオジギソウタイ野菜上級編ともいえる「ミズオジギソウ(パック・グラチェー、Water Mimosa)」をシリーズでお届けしています。
白い綿のようなスポンジのような「浮き」がついた見た目とってもワイルドな野菜です。
はたしてこれをどう料理するのか???
ミズオジギソウの基礎知識については、こちら「はじめまして、ミズオジギソウです。」をご覧下さい。

今回のミズオジギソウ料理研究で、私が作った料理は炒め物ばっかりなんですが、、、メンバーからこんな上品なお料理が出てきました!

ミズオジギソウのハクサイ巻き
by nami

あらまあ、白無垢でも着ているような、なんだかずいぶん上品にお化粧しちゃったんじゃありません?
ナルホド、葉がちょっと固くて舌触りの悪いミズオジギソウですから、こうやって優しく包んであげたら食べやすくなりますねー。
しかも白菜だったら、風味をあまり損ねることもなく、ミズオジギソウを楽しむことができます。


レシピに続きますが、その前に応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking

続きはコチラ ↓↓↓  上のバナーを押してからすすんでくださいませね! ↑↑↑

 

ミズオジギソウと糸こんにゃくの醤油炒め

★今回のテーマ★  ― ミズオジギソウ(パック・グラチェー)
   「ミズオジギソウと糸こんにゃくの醤油炒め」


水おじぎ草は珍しいものかと思いますが、おじぎ草をご存じない方もいらっしゃるようですね。
タイの旅先でみかけて撮ったものですが、わかるかしら・・・。(ちょっと光の加減が・・・スミマセン)
タイでは、郊外に行けばよく見られます。
よく見られるのだけど、気がつく人は少ないようです。
こんな感じの花と葉をみかけたら、ぜひ、触ってみてください。
シュルルル~と葉を閉じちゃいます。

オジギソウ

ミズオジギソウさて、これからタイタイの野菜、ミズオジギソウをシリーズでお届けします。
(タイ語では、同じ言葉を繰り返して強調することがあります。なので、いかにもタイらしいというのを「タイタイ」と言います。でも、それをタイ人も使っているかどうかは??? です。)

ミズオジギソウの基礎知識については、こちら「はじめまして、ミズオジギソウです。」をご覧下さい。

ワイルドなミズオジギソウ、タイ人は、ファイデーン(強火でガッと炒める料理法)にして食べるようです。
ということは、炒め物にするといいようですので、後は、何と合わせるか・・・。
そこで思いついたのが糸こんにゃくでした。
こんにゃくということで、なんとなくお醤油味にしてみたくなったんですが、果たして、ミズオジギソウに合うのかどうかと、ドキドキ・・・。

ミズオジギソウコンニャク醤油炒め
by ☆青☆

いやぁ~、合います、合います、おいし~です。
これ、センミー・パック・グラチェーに負けないくらいおいしいかも!?
コンニャクだからヘルシーですしねぇ。


レシピに続きますが、その前に応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking

続きはコチラ ↓↓↓  上のバナーを押してからすすんでくださいませね! ↑↑↑

 

はじめまして、ミズオジギソウです。

★今回のテーマ★  ― ミズオジギソウ(パック・ガチェー) 

前回のテーマ野菜は、チャオムというタイ野菜の中でもなかなかディープな野菜を取上げましたが、、、上には上があって(!?)、さらにディープな野菜を紹介します。
タイ語でパック・グラチェー(ト)(ผักกระเฉด)またはパック・ガチェー(ผักกะเฉด)という野菜です。
「または」というのは、どっちが正しいのかわからないのです。
私が最初に見た辞書は、グラチェーでしたが、ネットで検索するとガチェーが多い気がします。
最後のトは、タイ語の特徴でほとんど聞こえないのですが、それと同じくパックのクも後ろの音にまぎれて省略されたように聞こえます。
グラチェーのグラがガに縮まって、「パッガチェー」と聞こえるのかと思ってましたが、書くのも読むのも「กะเฉด (ガチェー)」と、ら抜きも使われてました。
このシリーズでもわかりやすく「パック・ガチェー」という言葉を使っていくことにします。

日本語では、ミズオジギソウと呼ばれています。(←これはお辞儀じゃなくってお詫び?)
その名の通り、オジギソウの仲間で、葉もオジギソウに似てますが、オジギソウよりかなり巨大です。
水に浮いてなっていることが多く、白い綿のような「浮き」がついています。
これがディープ度を倍増させてるんですよね~。
いきなり市場に行って、この野菜に手を出せる外国人は、なかなかいないんじゃないでしょうか。

まずは、写真でその奇妙なお姿を見ていただきましょう。

ミズオジギソウ

この白い部分は、「浮き」でスポンジみたいになっていて食べられません。
食べられないって・・・ じゃあ、どこを食べるの~? って感じですよねー。

ミズオジギソウ

この葉と茎の部分を食べるわけです。
茎もぽきっと折れるところは食べられます。
なんともたくましい感じで、舌触りがあまりよくないのですが、そのワイルドさに惹かれてしまうという感じがします。

私がよく行く「クルア・ジェーゴー(Je Ngor's Kitchen)」というタイ・シーフードのお店のメニューに「センミー・パッガチェー(Sen Mi Phakkrachet/Fried Vermicelli & Mimosa with Prown)」(←イチバン上の写真)というのがあるのですが、これがなかなか人気のメニューで、日本人の知り合いを連れて行ってもみんなおいしい、おいしいと食べます。
みな正体を知らずに食べているんでしょうが、この奇妙な風体を見たら驚くでしょうねぇ。
私もその料理の大ファンで、だからこそ挑戦してみようと思ったのでした。

タイ料理は他に茹でてナムプリック、生でカノムチーンに入れたり、ゲーンソム・パックガチェー、パット・パックガチェー・ファイデーンなどがあります。
ヤムウンセン、ヤムプラムックなどのヤムに入れたりもするそうです。


ミズオジギソウの基礎知識に続きます。応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking

続きはコチラ ↓↓↓  上のバナーを押してからすすんでくださいませね! ↑↑↑
 
 

チャオムのワサビオイル&ひじきチリオイル和え

★今回のテーマ★  ― チャオム(アカシア)
   「チャオムのわさびオイル和え」
   「チャオムとひじきのチリオイル和え」


今回は、おひたしに負けず劣らず簡単料理!
でもってチャオムの魅力が最大限にいかされてる料理じゃないかと自画自賛!?
パーティー料理であちこちでお出ししてますが、好評なんですよねぇ~。
「みんなの喜ぶ顔がみたい!」とお料理に励む方がいると思いますが、まさに私もみんなの驚く顔を楽しみに、トゲトゲもものともせず下ごしらえからがんばっちゃいます。
先週の我が家の宴会では、1パックだけ買って出したのですが、みんなに「おいし~、何これ? もっとないの~?」って言われてしまいました。
1パックでも食べられる部分ってちょっとしかないんですよね・・・。

チャオムなんだかクセになる不思議な野菜「チャオム(ชะอม)」をテーマにしたお料理を紹介しています。
野菜といいますか、アカシアの種類の木の新芽で、刺があり硫黄のような香りがします。
さらに詳しいチャオムの基礎知識については、「チャオム(アカシア)のシリーズ開始!」をご覧下さい。


まずは、わさびオイル和え。
これは、前にランチ会でお出しして、好評でした。

チャオムワサビマリネ2
by ☆青☆


次は、それをちょっとアレンジしてひじきを加えたものです。

チャオムひじきチリ
by ☆青☆

これは、かなりひじきたっぷりになっちゃってますが、もっとチャオムがいっぱいでもいいと思います。
パーティー用に大量に作ったのですが、ひじきってふくれるんで、ついつい見当違いをしちゃったんですよね。。。


レシピに続きますが、その前に応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking

続きはコチラ ↓↓↓  上のバナーを押してからすすんでくださいませね! ↑↑↑

 

ナス(長茄子・丸茄子etc) ☆目次☆


ナス  目次のページ 


ナスタイのナスボケボケしてると秋茄子の季節も過ぎてしまいそうです。
タイに秋なんてないと思われるでしょうが、果菜がおいしいのは、やっぱり雨季の間のような気がします。
タイのナスは、日本のナスとはちょっと違うんですよねー、長かったり丸かったり、これもナス!? と思うような形のものがあります。
最近、紫の米ナスみたいな大きなナスも見かけるようになりましたが、主流は、緑色の長ナスです。
タイにいる方で、日本のようなナスがなかなか手に入らないと残念に思っている方、料理にあわせてタイのナスを利用してみてください。
特に長ナスは、加熱して食べると、日本のナスよりおいしいです。
日本にいる方、ちょっと形は違いますが、ナスレシピの参考になさってみてください。
ちなみになぜかレシピがないのですが(何度も作ってるのに!)、長なすをゴマ油で焼いて生姜醤油で食べるか、カポナータが私の大好物です。


ナスサラダタイ風ピリ辛ナスサラダ

タイ料理の定番のヤム・マクアヤーオを自宅でチャレンジ!

ナスの温サラダ楽チンチーン! 温ナスサラダ

電子レンジでさっとできてしまうトロトロナスの温サラダです。たっぷり食べることができます。

焼きナスアップシンプル! トロトロ焼き茄子

トロトロにおいしく香ばしい焼茄子は、シンプルにショウガ醤油でいただくとさらにおいしさがわかります。

ナスオイスター2ナスと海老のオイスターソース炒め

タイバジルとあわせてタイ料理っぽい炒め物です。

ナスとレンコンナスとレンコンの味噌炒め

ナスの味噌炒めの定番はピーマンですが、いろんな野菜で楽しめるんですよね、これはレンコンとニンジンの組み合わせですが、シャキシャキ感が加わっておいしいですよ!

ナスパスタ2丸茄子とパンプキンのトマトパスタ

タイのグリーンカレーでおなじみのナスなので、煮込み料理にピッタリも納得! 
トロトロになるとプチプチしたタネの食感も楽しめます。

ナス田楽2丸茄子田楽のフィンガーフード

コロコロとかわいい大きさの丸茄子を豆腐とあわせてフィンガーフードにしてみました。

ナスチャンプルー3丸茄子と豆腐のオイスター風味チャンプルー

豆腐と卵の定番の組み合わせにオイスターソースを加えることで、ふわっとやさしいチャンプルーになっています。丸茄子の皮を剥いているので、食べやすいです。

ナス味噌巾着2味噌茄子巾着

味噌味の丸茄子が巾着の中に! トースターで焼くので簡単です。

ナス煮びたし3丸茄子の煮びたし

コロコロのかわいい形をいかした煮びたしです。


ナス情報、まだまだ続きます。その前に3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking

 

巾着チャオム納豆

★今回のテーマ★  ― チャオム(アカシア)
   「巾着チャオム納豆」


この料理は、まだチャオムに苦手意識いっぱいの時に考えた料理です。
チャオムのキョーレツなニオイも納豆と合わせたらどうにかなるんじゃないかと思ったのでした。
さて、結果は???

チャオムなんだかクセになる不思議な野菜「チャオム(ชะอม)」をテーマにしたお料理を紹介しています。
野菜といいますか、アカシアの種類の木の新芽で、刺があり硫黄のような香りがします。
さらに詳しいチャオムの基礎知識については、「チャオム(アカシア)のシリーズ開始!」をご覧下さい。



チャオムと納豆を和えるだけでなく、さらに巾着にしてしまいました。
どんだけチャオムをこわがってたの? って感じ???
いえ、チャオムと納豆を合わてみたいとは思ったのですが、納豆和えは、あまりにつまらないかと思ったので手をかけてみたんですよ。

チャオム納豆巾着
by ☆青☆

さてさてチャオムの味は?

-------- えっ? チャオム???

それなりの量は入れたつもりだったんですが、納豆にすっかりやられてしまったようです。
いっそ納豆を入れずに巾着にすればよかったですね。
それかやっぱりただの納豆和えか・・・。
手をかけ過ぎってことでしょうか。
こんなシロモノですが、一応、レシピ出しておきます。


レシピに続きますが、その前に応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking

続きはコチラ ↓↓↓  上のバナーを押してからすすんでくださいませね! ↑↑↑

 

ジャックフルーツ - 今日のタラートシリーズ(2)

健幸575 NO.341  「タラートに今日の元気を買いに行く」

いきなり始めたタラートシリーズ、前回のネタがまだありますんで続けていきます。

タラート0909食器
このタラートには、食器や洋服もちょこちょこと売ってます。
ついでに商売ってことなんでしょうが、結構、売れてるからスゴイです。
朝早くから食器買ったり洋服買ったりするって、よく考えたらちょっと不思議な感じがしません?
これは朝7時前ですよ。
日本の朝市を知らないのですが、同じようなものですか?

ジャックフルーツ以前、ジャックフルーツ(タイ語でカヌン)を紹介したことがあるのですが、中の実だけを紹介して、外側をお見せできずにおりました。
いつでもタラートで見られるからそのうち紹介しようと思っていたのですが、そう思うとなかなか見かけないもので、、、やっぱり季節というのもあるんでしょうかね。
最近は、やたら目にします。

タラートジャックフルーツ
これがジャックフルーツの実を剥いているところです。
こんだけ大きいものを1個買って家で剥くなんて考えられないですよねー。
この台の下にちょっと見えてますが、、、

タラート0909カヌン
丸ごとのジャックフルーツが置いてました、ものすごーく大きいです。
こんなもん、この台の上にのっけるだけでも大変そ~。
ナタや斧でも使わないと割るのも大変なんじゃないかしら・・・。

この時は、もう帰り際で時間がなかったので遠くから写真を撮っただけで終わらせちゃいましたが、ジャックフルーツ屋さんで茹でた種を売ってくれるところがあります。
ジャックフルーツの種は、茹でるとお芋みたいにホクホクするんです。
塩茹でするだけでおいしいです。
そうだ! 炊き込みご飯にしたらいいかも。
茹でてない種も売ってくれるかしら? 今度、トライしてみようと思います。

読んでくださってありがとうございました。応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。