チベットメロン情報その後

健幸575 No.340  「君のこと どこまで追うとわかるかな」 

タラート0909メロンこの前の記事チベットメロンに新情報です。
というか、前の記事の訂正になりますね・・・。

チベットメロンの正体は、サンタクロースメロン、クリスマスメロン  で決着がついたと思ったのですが、やっぱりメロンが気になって、日本のサイトであれこれ調べてたら、あっ! 
チベットメロン、サンタクロースメロンにそっくりな写真をみつけたのですが、名前が違う・・・。
しかもなんだかジャパニーズドメドメなお名前。
その名も「ハミウリ」と言います。
みつけたサイトは、このブログでもブログパーツを貼らせてもらっている「野菜果物図鑑」。
ウイグルからきたみたいですよ、、、サンタクロースよりは、かなりチベットに近いじゃないですか!
きっとこれに違いないと「ハミウリ」で調べてみました。

とりあえず基礎情報ということでWikipediaの「ハミウリ」によりますと・・・「中国ウイグル自治区哈密(ハミ)地区原産」だそうです。
日本くさい名前だと思ったのですが、中国の地名だったのですね。
そういえば、、、シーロムコンプレックスで売ってた時に、「テーン・チベット」と書いた隣に「แตงฮามิกัว」(テーン・ハミグア)と書いてあったんですよね、店の子に聞いたら、こっちがホントの名前って答えてましたが、タイ語で検索しても全然出てこなかったんですよ~。
とにかくタイでは新しいモノなんですね。
「HAMIGUA」という英語か「ハミウリ」で出てきます。

ハミウリもサンタクロースメロンも同じウィンターメロンで長期保存が可能、学名も一緒ですし、ほとんど同じ種類なんじゃないかと想像しております。
しかし、、、日本語は、中国語そのまんまの色気のない「ウリ」を使っちゃってるんですねー、メロンという名前をなぜ使わないか、、、これまたつきつめていくと眠れなくなりそうなのでやめておきます。
クリスマスとかサンタってのもどうかとは思いますけど、もっといいネーミング、ないんですかねぇ、スイカメロンって名前でどうなんですかねぇ、うむ、、そのまんまよね、かわいげないか・・・。

タラート0909チベットメロンウィキの続きです。
「甘みが強く、中国でも特にブランド性の高い瓜である。21世紀現在では哈密地区に中国中から果物・野菜の仲買人がハミウリを求めて集まる。また、日本でも栽培されている。」そうです。

少し前の更新でとまっちゃってますが、「ハミウリを食べる会」というサイトがありました。
これによると「すこし前までは、世界一おいしいメロンといわれながら、なかなか日本では手に入らないため、「幻のメロン」なんて呼ばれていました。
栄養価が高く、造血作用を促進したり心臓や肝臓の働きを助ける効用があることが知られています。」
だそうです。

ん? 少し前まで世界一ってことは、今は、他に世界一があるのかしら? 
とにかくおいしいメロンには違いないってことです。
タイにお住まいの方、このメロン(ウリ)をみつけたら、今のうちに買って食べてくださいーい!!

ハミ地区に限らず、多分、中国のその周辺で栽培されているものだと思いますが、チベットでも栽培されてるのかしらねぇ。。。
とにかく、日本の方がタイより先に導入されているようですから、ひょっとして食べたことがあるって方もいるかもしれないですね。

あああ・・・ さらっと市場レポートするはずが、なんだかどんどんはまってしましました。。。
きっとまだまだ調べていけば、もっともっといろんな情報が入ってくるんでしょうね。
だからこそ面白いのですが、、、本気で眠れなくなりそうなのでもうやめておきます。
どちらかというと誰か情報下さらないかしらと、思いっきり他力本願したい気分です。


読んでくださってありがとうございます!  上で押されてない方、3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking
スポンサーサイト

チャオム入りジャガおやき

★今回のテーマ★  ― チャオム(アカシア)
   「チャオム入りジャガおやき」


時々、とっても手間がかかりそうなお料理をさらっと作ってくるnamiちゃん。
「そんなに大変じゃないですよー」と言いますが、どうなんでしょう。
実際にやり始めたらそんなでもないのかしら・・・。

おやきは、長野県の名物ですが、namiちゃんも実は長野出身。
やっぱり納得のきれいでおいしいおやきです。

今日の料理は、チャオム以外にもいくらでも応用をきかせられるお料理ですので、チャオムが手に入らない方もどうぞご参考になさってください。

チャオムなんだかクセになる不思議な野菜「チャオム(ชะอม)」をテーマにしたお料理を紹介しています。
野菜といいますか、アカシアの種類の木の新芽で、刺があり硫黄のような香りがします。
さらに詳しいチャオムの基礎知識については、「チャオム(アカシア)のシリーズ開始!」をご覧下さい。



ジャガおやきっていうと、具にジャガイモ? って思いそうなんですが、外側がジャガイモなんですよ~。
ジャガ餃子ってネーミングでもいいのかもしれません。(最初、ジャガ餃子というタイトルで記事をアップしてましたが変更しました。)
まずは、完成形の外側の写真をご覧くださいませ。

チャオムジャガ餃子
by nami

このおやき、この時は、酢醤油をかけていただきました。
大人のおやきって感じの上品さで、ちょっと優雅な気分になれます。
続きの記事で、割った中身の様子が見られます。


レシピに続きますが、その前に応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking

続きはコチラ ↓↓↓  上のバナーを押してからすすんでくださいませね! ↑↑↑

 

チベットメロン - 今日のタラート(市場) シリーズ第1弾!

健幸575 No.339  「熱帯の季節教えるマーケット」  

いきなり新シリーズですか!?
 --- って、なんで自分で驚いているんでしょうね、本当に続くかどうか自分で半信半疑なのです。
これから「今日のタラート(市場)」ということで、たまに市場の紹介をしていきたいと思ってはおります。
タイの野菜は、通年栽培が可能なものも多いので、あまり旬がどうこうというのもないのですが、それでも新種が出たり、いつもと違ったものが並んでいることがあります。
年中出回っている野菜でも、日本人になじみのないものもあるでしょうし、ちょこちょこタラートを紹介していくのもいいかなあ・・・と、前にブルネイの市場レポートをお送りしながら考えていたのでした。
何より自分の勉強になりますので。

我が家は、シーロムのインド寺(ワット・ケーク)近く、シーロムヴィレッジのそばにありまして、ラッキーなことに歩いて5分のところに小さいですがローカルなタラートがあります。
そのタラートを中心にお届けすることになります。

タラート0909野菜
朝早く行くと、あまりの活気で、おばちゃんたちに話しかけたいと思っても、ビビッてしまうこともしばしば・・・。
カメラ抱えてフラフラしてる日本人なんて、相手にしてもらえません。
1店舗だけ、朝はお休みしてて、他の店がしまった頃に夜遅くまでやっているお店があって、私は、会社帰りにその店を利用することが多いです。

タラート0909魚
お魚屋さんとお肉屋さんには、お世話になることはないと思いますが、室内のタラートには、いろいろ売ってます。

タラート0909バナナ
外にもいっぱい売ってます。
バナナは相変わらずてんこ盛りで売ってます。

さてさて、「今日の・・・」とタイトルをつけたくせに、実は、先週の写真だったりしますが、最近、よくみかける果物です。

タラート0909メロン
右側は、今が旬のロンコンです。
ずっと前から出てる気がしますが、雨季が終わればなくなるんだと思います。
ラムヤイ(ロンガン=竜眼)に似ていますが、皮が厚くて柔らかく、実はもちっとしてる感じで甘くておいしいです。
私は、ラムヤイの方が好きなんですが(食べやすいし)、私の周りのタイ人は、ロンコンの方が好きだという人が多いです。
ロンコンが出回る時期には、そわそわして値段をチェックしてます。

今日、話題にしたかったのは左の方です。
スイカのようにも見えますが(タイのスイカは、こういう形なのです)、メロンです。
「テーン・チベット」と書いています。
テーンは、瓜系に使うので、どうやらチベットメロンってことのようです。
なんでチベットなんでしょうねぇ、お店の人に聞くと、チベットから輸入してるって言うんですが、ホントかなあ???
英語でもタイ語でも日本語でもどんだけ検索しても出てきません。
キロ70バーツ、大体、この大きさだと200バーツ前後ですね、他の屋台では80バーツのところもありましたし、シーロムコンプレックスのOTOPフェアでは、120バーツでした。

タラート0909チベットメロン
切った写真を撮るのを忘れましたが、薄いオレンジのまさにメロンそのものです。
お味の方は、スイカに似たようなシャキシャキ感、フレッシュでジューシーで、甘味も控えめなんだけど甘味も感じて、そのバランスがなかなかよかったです。
どこから来たどういうメロンなのか、全くの新種なのか、、、調べるのをあきらめた頃、本棚にあった世界食材事典で発見しました。

ウィンターメロンの一種で、「Santa Clause Melon」と言うようです。
サンタクロース!? 別名クリスマスメロンとも。
北米でクリスマスの頃に出回るからのようですが、北米の旬は夏で、どうやら南米から届くのだそうです。
英語名さえわかれば、検索でいくらでも出てきます。
でも日本語では出てこないので、日本には、出回っていないのかもしれません。
う~ん、、、チベットメロンって名前は、どこから出てきたんでしょうねぇ。
中国からの輸入モノだけど中国って名前だと売れないから、同じ中国でもチベットだとありがたい気がするから・・・とか?
情報がある方がいらしゃったら教えてくださいませ!

チベットメロン=サンタクロースメロンは、メロン全般に言えるのでしょうが、カロリーが低く脂肪分もなく、コレステロールもゼロ、ビタミンCとビタミンA効力がたっぷり入っていますので、ぜひ、食前などにしっかり食べていただきたいですね。

しばらく、レシピは奇数日にして、たまにこういう記事をはさんでいく・・・というパターンでいこうと思ってます。
(う~ん、初回なので張り切りすぎました。もう少し軽めにお届けする予定です。)


読んでくださってありがとうございました。応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking

チャオムの白和え(ピーナッツバター風味)

★今回のテーマ★  ― チャオム(アカシア)
   「チャオムの白和え(ピーナッツバター風味)」


前回、卯の花チャオムを紹介しましたので、大豆とチャオムがよく合うってわかってもらえたかと思うのですが、だったら、やっぱりシンプルに白和えだってきっとおいしいに違いないって思いません?
ハイ、おいしかったです。
しかも簡単料理ですしね。
あっ、チャオムの下ごしらえがあるので、簡単だけどちょっとだけ手間ですが、、、。

チャオムなんだかクセになる不思議な野菜「チャオム(ชะอม)」をテーマにしたお料理を紹介しています。
野菜といいますか、アカシアの種類の木の新芽で、刺があり硫黄のような香りがします。
さらに詳しいチャオムの基礎知識については、「チャオム(アカシア)のシリーズ開始!」をご覧下さい。


チャオムを白和えにするとこんな感じです。

チャオム白和え
by ☆青☆

・・・なんて、私が白和えにしたのは、まだまだチャオムのおいしさがわからず、そのクセにおののいていた時点で、豆腐で和えたらクセも包みこんでくれるのではないかと思ったからでした。
思った以上においしかったんですが、クセという意味では、香りがしっかり残ってました。
おからもそうだったんですが、かえってチャオムのいいところがひきたつのかしら?
香りをいいところというかどうかは、人それぞれでしょうけどね。


レシピに続きますが、その前に応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking

続きはコチラ ↓↓↓  上のバナーを押してからすすんでくださいませね! ↑↑↑

 

健幸料理研究講座と玄米の炊き方

健幸575 No.338  「タイ野菜 みんなで学べばこわくない」  

先日、健幸料理研究所も2周年を迎え、次回ランチ会(10月13日)のお申込も徐々に集まり、バンコクでの野菜ソムリエの資格取得講座も2度目の開催が決定し(申込締切延長しました! 10月9日まで)、べジフルコミュニティBangkokでの活動も軌道に乗り、いろんなイベントが目白押しで目がまわりそうな毎日ですが、さらにスミタカルチャーセンターさんで「健幸料理研究講座」なるものを開催してしまいました。
してしまいました・・・というのは、タイ野菜の本の執筆をあと一息のところで、また手をとめてしまってのびのびにしちゃってるうえに(取り組むのに根性がいるんです)、会社の仕事も忙しくなってきたので、おにいさんには、反対されながらの試みだったのです。

そもそもシュミレーション能力に欠けている私が料理を教えるってのは、ありえない! というおにいさんの言い分。
おにいさんお母さんは、お料理教室の先生なので、その点のことがよ~くわかっているようで、私は、できあがった料理を食べてもらうのはいいけれど、お料理教室の先生向きではないのだそうです。
う~ん、その指摘、ちょっとあたってたかも、、、って状態でしたね、初回の生徒さん、ゴメンナサイ。
講義そのものはご好評をいただいたようですが、できあがった料理がねぇ、、、イマイチでしたね。
何が失敗って、玄米が・・・。

玄米玄米ご飯、私が家で炊くときは、圧力鍋かIHジャーを使っていて、水も時間も白米とほとんどかわらず、1:1.2~1:1.5 くらいでおいしくたけてるんですが、保温用に買ってあったシンプルな炊飯器で炊いてみたら、そんなんじゃあ、かたくてとても食べられたものではない! って状態だったんです。
米と水の割合が、1:2でもかたいことがあるし、炊き上がりにムラがあるし、いつも「玄米なんて簡単!」と言っていた私、ちょっと焦ってしまいました。
今回の授業にあたり、スミタさんの炊飯器でも一度実験してみたんですが、その時はかたかったので1:2.5にしたんですが、柔らかすぎでした。

みなさま、玄米ご飯は、決して敷居の高いものではなく、気軽に炊いて食べていただけるものではあるのですが、炊飯器によって特徴がありますので、最初のうちは少量でお試しになって、炊飯器と玄米と水のバランスを探してみてくださいませね。


スミタ0909今回の授業で、健幸料理としておすすめしたのが、一汁一菜、具沢山の玄米ご飯と具沢山のお味噌汁ということでした。
簡単料理のはずなのに16人分作るとなると、あれれ~? って感じだったし・・・。
提案したのは、広東菜の菜飯、具沢山トマト入り味噌汁、焼きナス(ショウガ醤油)の3品。
今回は、広東菜とハヤトウリ、ハスの茎、長ナスをタイ野菜ということで紹介しました。
教室の大きさに対して人数が多く(スミタさん、来年には新教室オープン予定だそうです)、段取り悪くて時間もオーバーしてご不便をおかけしましたが、次回の対策、しっかり考えましたのでお楽しみに!
(・・・すみません、すでに10月もほぼ満席状態で新規受付は、ほとんどできないみたいです。。。)

それにしてもタイ野菜についてもっと知りたいっていうご要望、ますます強く感じています。
みなさん、興味はあるけど、得たいの知れないものは・・・って、どうしても手が出ないってことみたいですね。
サッコちゃんの離乳食講座でもタイ野菜のお話をすると、みなさん、とても興味を持たれるようです。

う~ん、、、本をさっさと出版するのがイチバンのようですよね、、、どこか出版社さん、出してくれませんかねぇ?
出版社が決まったら、重い腰もなんとかあがると思うんですけどねぇ・・・。

そういえば、タイにいる方も色々悩んでいるでしょうが、近隣諸国の在住の日本人も同じように悩んでいるんですよねぇ、きっと。


読んでくださってありがとうございました。応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking

卯の花チャオム、ヘルシー度倍増!

★今回のテーマ★  ― チャオム(アカシア)
   「卯の花チャオム」


チャオムなんだかクセになる不思議な野菜「チャオム(ชะอม)」をテーマにしたお料理を紹介しています。
野菜といいますか、アカシアの種類の木の新芽で、刺があり硫黄のような香りがします。
さらに詳しいチャオムの基礎知識については、「チャオム(アカシア)のシリーズ開始!」をご覧下さい。


今回のチャオムの研究で、チャオムが和食に合うって知ったのは、大発見ですね。
みな相談もせずに、それぞれ自宅で悶々と(?)研究したわけですが、はからずも和食が多く並びました。
それだけ和食に似合っているってことです。

今回紹介するのは、おからと合わせたお料理です。
タイでおからが手に入るの? と思われるでしょうが、タイでもお豆腐が作られていますから、お豆腐屋さんにお願いすればわけてくださいます。
しかも無料で!
私は、買いに行くには遠いし、配達をお願いするには日中は仕事なので、ほとんど利用できてませんが、スクムヴィット近辺にお住まいの方は、「とうふ工房 卯の花」さんにお願いするといいようです。
配達をお願いすると一緒につけて下さるそうですし、FUJIスーパー店だと、前もってお願いしなくても置いてることがあるみたいですね。
伊勢丹に行くことがあったら、前もってお願いしておけば、用意しておいてくださいます。
(すみません、私、ホントにスクムヴィット情報に疎いのです。おまけに日頃は、卯の花さんが知ったら卒倒するような(?)とっても日持ちのするローカル豆腐を使っています。誰かフォローがあったらお願いね。)

チャオムおから
by nami

どこからどう見ても正統派和食でしょ!
おからが手に入るというのは、ありがたいことですね。
なんか、チャオムとおからの相乗効果で腸がツルツルになりそ~!


レシピに続きますが、その前に応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking

続きはコチラ ↓↓↓  上のバナーを押してからすすんでくださいませね! ↑↑↑

 

出た! チャオムご飯♪

★今回のテーマ★  ― チャオム(アカシア)
   「チャオムご飯」


チャオムなんだかクセになる不思議な野菜「チャオム(ชะอม)」をテーマにしたお料理を紹介しています。
野菜といいますか、アカシアの種類の木の新芽で、刺があり硫黄のような香りがします。
さらに詳しいチャオムの基礎知識については、「チャオム(アカシア)のシリーズ開始!」をご覧下さい。


前回紹介したチャオムのおひたしで、シンプルに食べてもおいしい野菜だということがわかりましたが、それをご飯に混ぜてしまうとは!
ご飯料理を得意とする私ですが、チャオムをご飯に混ぜようとは、思いつきませんでした。
作ってくれたsakkoちゃんも玄米ご飯料理をいろいろ試しているので勉強になります。

チャオムご飯
by sakko

チャオムって、思ったほどキョーレツな野菜でもなんでもなくって、なんかおいしくクセになる野菜だとわかっても、それでもついつい、チャオムご飯は、恐る恐る箸をつけたって感じの私でしたが、、、おいしい!
チャオムのパラパラした葉が、きれいに混じるので見た目もいいですね。


レシピに続きますが、その前に応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking

続きはコチラ ↓↓↓  上のバナーを押してからすすんでくださいませね! ↑↑↑

 

チャオムのおひたし

★今回のテーマ★  ― チャオム(アカシア)
   「チャオムのおひたし」


チャオムなんだかクセになる不思議な野菜「チャオム(ชะอม)」をテーマにしたお料理を紹介しています。
見た目はおかひじきにも似ていますが、野菜というよりアカシアの種類の木の新芽で、刺があり硫黄のような香りがします。
さらに詳しいチャオムの基礎知識については、「チャオム(アカシア)のシリーズ開始!」をご覧下さい。


自分で料理したことのない、時には、食べたことも見たこともない新野菜を手にした時は、どう料理するのか途方に暮れますが、まずは、生で食べてみる、その後は、シンプルに茹でてその素材の特徴を知るというのが基本ではないでしょうか。

しかし、、、結構、クセのあるチャオムを茹でたらどんな味がするんでしょう。
タイ料理は、卵をあわせてマイルドにしたり、すっぱ辛いスープに入れたりしているのですから、シンプルに茹でただけってどうなんですかねぇ~???
どれどれ、まずは、シンプルにおひたしでいただいてみましょー。

チャオムおひたし海苔
by sakko

海苔とお醤油、マナオ汁でいただいてみます。
茹でてみると、硫黄っぽい香りはほのかに残りますが、味にクセがあるわけではありません。
思ったよりずっと食べやすい!

ではでは、ダイコンおろしでいただいてみましょうか。

チャオムおひたしおろし
by sakko


お~、これはさらにクセがなく、さっぱり!
チャオムは、ちょっと舌ざわりが悪いのですが、こうして食べるとあまり気になりません。
これなら日本料理店で出しても通用するかも!?


レシピに続きますが、その前に応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking

続きはコチラ ↓↓↓  上のバナーを押してからすすんでくださいませね! ↑↑↑


万歩計で楽しく健康!

  • カテゴリ:健康法
  • コメント:8件
  • トラックバック:0件
健幸575 No.337  「旅の友 イスカンダルへ万歩計」  

今日は、食べ物の記事ではないので、リンクだけしてかっこつけておきます。
ちょうど、シカクマメのおいしい季節ですよね、シカクマメのレシピは、こちら「シカクマメ ☆目次☆」のページからどうぞ。
ハヤトウリも今がおいしい時期ですね、ハヤトウリのレシピは、「ハヤトウリ ☆目次☆」からどうぞ。
ヘチマは、もうすぐ時期が終わりますね。「ヘチマ ☆目次☆
ああ、ナスの目次がまだでした、、、。


どうにもこうにも忙しい毎日で、この記事も手抜きっぽいですが、それよかどこで時間をみつけて運動したらいいのかと悩ましいのです。
かろうじて週1回はジムに行ってますが、やはり毎日の生活の中で時間を作るしかないのかなと、、、それにしても腹筋や腕立てって大嫌いだし、、、ということでとにかく歩くことにしました。
歩くのもそれなりに時間がかかるのですが、この時間ばかりは、健康のためのあきらめることにしました。

去年、某健康機器メーカーの高級万歩計を使って、大体、どこをどう歩けば、あるいは、どれくらいの時間歩けば何歩になるという感覚がわかって、そもそも1万歩なんて無理、、、、と、いつの間にか万歩計を使わなくなって人に貸したりしておりました。
自分が、いつもの生活でどれくらい歩くかって知っておくのって大事なので、いろんな人に貸してました。
みんな、1万歩がいかに大変かわかったみたい、、、わかって終わりかも、、、。

そこで、もうちょっと歩くのが励みになるようなものがないかと、そういえば昔、たまごっちの万歩計があったのを思い出し、探してみたら、この 常設!キッズフェア にいろんな万歩計があったので早速購入しました。
あっ、海外には送ってもらえないと思うので、日本の実家に送って、帰った時に持ち帰ったのです。

最初、おにいさんは、「買ってあげるから何がいい? と聞いた時は、「そんなもんはいらん!」と答えていたんですが、無理に買って押しつけたら、すっかりハマって嬉々として持ち歩いて、毎日、たくさん歩いてます。

食欲の秋に思いっきり食べるためにも(?)、しっかり歩いて運動の秋にするってどうでしょう?

遊歩計 宇宙戦艦ヤマト~歩いてイスカンダルへ~

私が今使用中のものです。
始めてまだ1週間です。
先日までおにいさんが使っていて交換したのです。
地球を守るためにイスカンダルにコスモクリーナーDを取りに行くのですが、イスカンダルには、メタボクリーナーDもあるそうで、ぜひ、それをゲットしたいですね。
全体の目標は、90日間でイスカンダルへ行って地球を救うのですが、途中に数日置きくらいに達成できる目標が細かく設定されていて、イベントが発生します。
なので毎日、とっても励みになります。
一度、おにさんが家に忘れて会社に来たことがあって、地球の未来がどうなるかと心配してました。


遊歩計 母をたずねて三千里~お母さんに会うまで僕は絶対にあきらめない!!~

先日まで私が使っていて、今は、お兄さんが使っています。
マルコ、、、子供なのにイタリアからブエノスアイレスって大変過ぎ! と、ぶつぶつつぶやきながら歩いてました。
しかも簡単には、お母さんに会えません。
早くお母さんに会えるよう、がんばって歩きたくなります。
この手の機種のどれもそうだと思いますが、1日の目標歩数を自由に設定できるので、1万歩と無理に設定せず、6,000歩にしていたので楽にこなせました。
実際は、平均すると1万歩は、歩いてました。

遊歩計 課長島耕作 ~歩いてサクセス! 社長への道~

もっと他に種類はないの? と聞かれるので紹介します。
島耕作が課長から社長へと昇進していくストーリー が再現されるそうです。
今、新入社員のヤング島耕作からの出発ではないのですね。
この万歩計は、どうにも仕事のことが思い出されそうで、ストレス解消にはならいような気が・・・。
島耕作が一緒にメタボに悩んでくれたらいいかもしれませんけどね。

遊歩計 天下統一~歩いて戦国の覇者となれ~

これも面白そうですね。
今度、これを買ってみようかと思ってます。
歩くことで歴史が変わっちゃって、信長が本能寺の変で死なずに天下統一しちゃったりするみたいです。
ストーリーモードでは織田信長、武田信玄、上杉謙信を選べるようです。


ポケットイン日本一周歩数計の旅

これを持って実際に歩いてみたらどうなんでしょう。
別のメーカーので、東海道を歩くのもあるみたいです。
地域情報1256箇所が収録されているらしいので、いい勉強になるかも。


ここまで、いつかアップしようと書きかけていた記事なのですが、ちょうど新機種発売の情報をゲットしたので、この機会にアップしました。
上記とお店は違いますが、、、

  バンダイ 遊歩計 ベルサイユのばら~歩いて自・分・革・命 生まれてきてよかった!~【11月予約】

ナント、ベルサイユのばらですぞ!
何をゴールに歩くんでしょうね。
タイトルがステキすぎ。
興味のある人は、バンダイのプレスリリース(←クリック)を見てくださいね、なんか、見てるだけでも楽しくなっちゃうんですけど。

そうそう、バンダイの専用ウェブサイトと連動させると、さらに楽しみがアップするようです。

今日は食べ物の話は全くないけど、健康話ってことでこれにて失礼いたします。
この週末、いっぱい歩いて早くイスカンダルに行かなくっちゃ!

読んでくださってありがとうございました。応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking

チャオム(アカシア)のシリーズ開始!

★今回のテーマ★  ― チャオム(アカシア) 

チャオムWom チャオムWOMさてさて、新しい食材の食品です。
チャオムと言いますが、写真を見せて「これな~んだ?」なんてクイズにしても、タイに住んでる人でなければ、誰も答えられないだろうというような食材です。
タイに住んでたって知らない人、多いでしょうねー。
ただ、WOM Bangkok 9月号で紹介しましたので、タイ在住の方は、読んだ方もいらっしゃると思います。
紹介したお料理、試した方は・・・います??? 
試した方がいたら、ぜひ、コメントしてくださーい!!

タイ語で「チャオム」と言います。
キリンさんが大好きなアカシアの種類です。
つまり、野菜というより木なんです。
タイ人って、よく木の新芽を食べますよねー。
それにしてもどうしてこんなに臭くて刺のあるものを食べようなんて思ったのかしら・・・。
キリンが食べてるの見て、食べようと思ったのかしら・・・?
いや、タイには、キリンはいません。
そういえば、象さんも食べますね。

ケニアに遊びに行った時、大草原の中でやっと育ったアカシアが、必死に鋭い大きな刺をつけて自らを守っているのに、キリンがバリバリ食べているのが印象的でした。
そんなに食べたら砂漠化しちゃうよ・・・と、心配になるほどに。
サバンナの写真で、上の方にだけ葉をつけて傘のような木ありますでしょ、あれがアカシアです。
サバンナ・アカシアというようですが、面白いブログがありましたので興味ある方はどうぞ。(→パンサーのマイナー植物園

アカシアは、日本にもある木だと思いますが、関東以北では育たないそうで、ニセアカシアがアカシアとして伝わって、勘違いされているものも多いそうです。
う~ん、、、うちの実家のあたりにアカシアの並木があって、アカシア祭りなんてのがあるんですが、あれってニセだったってこと!? (調べてみたらニセアカシアでした・・・)

アカシアの木や花の写真があれば紹介したいところですが、私の手元にはないので、とにかく食材としてのアカシアの写真は、こんなんです。

チャオム

刺があるのがわかります?

これからの連載は、タイ以外の国にお住まいの方には、全くカンケーなく興味も惹かないと思いますが、、、まあ、しばらくお付き合いくださいませ。
さすがにそんなにいっぱいお料理があるわけでもないですから、何回になるかしら・・・?


チャオムの基礎知識に続きます。応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking


タイ風ピリ辛ナスサラダ(ヤム・マクアヤーオ)

健幸575 No.336  「秋来たり ブログ巡りで季節知る」  

タイにも一応、季節はあるのですが、暑季、雨季、乾季の3つでして、日本のような四季を楽しむという風情のあるものではありません。
かろうじて乾季は、ちょっと涼しく秋っぽくなるのですが、カレンダーでいうと11月になってからです。
雨季が終わった真っ青な空は、まさに秋の空っぽくて、その空を確認するのが毎年の楽しみだったりしますが、まだ、ちょっと先ですね。

雨季は、5月~10月くらいで、日本が初夏だ盛夏だ、残暑だと、暑い暑いといっていてもこちらは大して毎日変わらず、秋の気配だの秋が深まっただのというのも、やっぱりわからず過ごすのです。
そんなんでボーっと過ごしていると、日本や世界の多くの国で味覚の秋を迎えているのも忘れてしまいそうになるのですが、みなさんのブログやテレビで秋の訪れに気づかせてもらっています。
そうかー、秋刀魚の季節かー、ナス料理の紹介が増えたなーと、あくまでも食べ物中心だったりしますが。(本当は、どうせ食べられないものも多いので、忘れたままの方がいいのかも・・・)

ちょっと便乗して、ナスは、健幸料理研究所でも扱ったので、目次をアップしようかと思ったのですが、一つ、紹介したいレシピがあることを思い出しました。

ナスヤムマクア
by ガウさん

タイ料理で「ヤム・マクアヤーオ」、タイ風ピリ辛ナスサラダですね。
どちらかというとピリ辛ですから夏向きかもしれませんが、夏が終わって疲れている身体に活をいれてくれるかもしれません。
タイのナストロトロに香ばしく焼けたナスがなんとも食欲を誘います。
タイのナスは、緑色の長なすが一般的で、この不思議な姿からなかなか手を出せないタイ初心者もいるようですが、特に焼いたときのトロトロウマミ加減は、日本のナスよりおいしいと思うほどです。

研究所で出た料理ではないですが、ナスをテーマにしていた時に、お友達がとっておきのレシピを教えてくれたのでした。(つまり、すっごい前です。)
お友達といっても、本人ではなく、お料理上手なタイ人のご主人が作ってくれたものです。
肉やエビなども使っているのですが、とにかくおいしいので、こうしてナスやハーブをたっぷり食べられるならいいんじゃないかと思います。
ちょっとアバウトな部分もありますが、せっかくなので、紹介させていただきます。

  ヤム・マクアヤーオ(タイ風ピリ辛ナスサラダ)  by ガウさん 

[材料]  <→ >は、日本で作る場合の代わりになるものです。
タイ長ナス 3本 <→ふつうのナス>
タレ:  ・ ホームデーン(赤タマネギ) スライス <→タマネギ>
     ・ 細ネギ 2cmくらいにカット
     ・ 干しえび 10匹くらい  少し炒めてかりっとさせておきます。
     ・ 豚挽き肉 20gくらい  水を入れていためておく。油抜き
     ・ 砂糖 (パームシュガーでも) 大さじ1
     ・ ナムプラー 大さじ2~3
     ・ マナオ(タイレモン) 絞り汁 <→レモン汁>
     ・ プリックキーヌー(青唐辛子) 4粒くらい <→赤唐辛子>
     ・ ニンニク  つぶしてみじん切り

[作り方]
(1) ナスを焼く前にフォークなどさして 爆発しないように空気穴をつけて焼きます。直火でもいいですが、トースターでも簡単に出来ます。
(2) 茶色になって中まで火が通ったら(10分くらい?) 皮を剥きます。食べやすい大きさに切って皿に盛っておきます。
(3) タレの材料をすべて混ぜあわせ、ナスに絡めて出来上がりです。お好みでパクチーやピーナッツなどを乗せます。


ナスヤムマクア2ナスを焼いて剥くのってメンドーだなーって思ったんですが、トースターでできちゃうって聞いて、試してみたら、今では私もすっかりトースター派です。
トースターだからなのかこのナスの特徴なのか、黒くはならず茶色になって、剥いてもやっぱり茶色っぽくて、見た目はどうかなーって感じですが、味はいいんです。
アツアツのうちに剥いてタレをからめた方がいいのでしょうが、それがつらくてしばらく冷ましてしまいましたが、ちょっと冷めてからでも簡単に剥けました。

ナスと言えば焼いて生姜醤油、煮びたし、味噌炒め、、、と、いろんな料理がありますが、たまには、エスニック風に楽しんでみるのもいかがでしょうか?


読んでくださってありがとうございました。応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking


ブルネイ旅行記(最終回) 熱帯の市場

  • カテゴリ:旅行記
  • コメント:13件
  • トラックバック:0件
健幸575 No.335  「旅先の市場が語る暮らしぶり」  

ゆっくりのんびり過ごしたブルネイ9日間、あまりイベントもなかったのでさくさくと旅行記を書けるかと思ったのですが、なんだかんだと引き伸ばして気づけば6回目、今回が最終回です。
そもそもタイの野菜本の執筆のために引きこもるのが大きな旅の目的でもありましたので、本や事典で目にするだけで、見たこともなかった野菜・果物に出会えたりして、なかなかいい勉強になりました。
・・・というか、タイ野菜に結構、詳しくなってたつもりだったのですが、まだまだ修行が足りないぞとガーンとやられたー! って感じでもあります。
ブルネイの農業事情については、(←)このリンク先が詳しいので興味のある方はご覧くださいませ。
最後の市場訪問、写真におさめたのをズラズラーッと、場合によっては野菜図鑑のように紹介していこうと思います。

 ブルネイ市場30 ブルネイ市場8
ブルネイ市場7
これがブルネイの首都、バンダルスリブガワンの中心にある市場です。
新興商業地区ガドン地区にも大きな生鮮市場がありましたが、ここは、気軽にふらっと立ち寄れるのが魅力です。
多くの人は、水上集落にあるおうちからボートタクシーを使ってやって来ます。

タイでなじみのある野菜も多かったのですが、お手上げ状態のわけのわからない野菜も多かったです。
聞いてみるにしてもキリがないほどで・・・。

ブルネイ市場9ブルネイ市場10

ブルネイ市場11ブルネイ市場12

椰子の種類なのか木の実なんでしょうけど、、、と悶々。

 ブルネイ市場22  ブルネイ市場21
 ブルネイ市場23  ブルネイ市場14
ブルネイ市場13
どんどんわけわからない世界に入っていく気分です。
上のツルっぽいのは、カボチャのツルでしょうか。

左のピンクのは、ミョウガモドキかもしれません。
タイやミャンマーにもミョウガにそっくりなミョウガモドキと呼ばれる野菜があるそうで、ショウガ科のamomum maximumという学名を持っています。

それとも単純に何かの花の芽かもしれませんが・・・。

 ブルネイ市場20  ブルネイ市場19

なじみの野菜をみるとなんか安心します。
いやいや、どんどん次にすすまなくっちゃ!

ブルネイ市場26これは、タイではチャプルー、日本語でいうとハイゴショウといわれる葉じゃないかと思うのですが、、、。
表をむいてないのでよくわかりませんでしたが、こんな風に大きな葉っぱが集められていることから察すると、薬味を包んで食べる(ミャン)ためのハイゴショウか、ビンロウジを包むキンマの葉のどちらかのような気がします。
どちらもコショウ科で、食べるとホントにコショウのようなピリ辛さがあります。
でもキンマの葉は、かたいので食べるというより、やっぱりビンロウジを巻いてガムのようにクチャクチャするためのものなのでしょうね。

ブルネイ市場16ついに登場!? スベリヒユ!! (だと思う・・・)
クロアチアにお住まいのタヌ子さんのブログでみかけて、ずっと気になっていた野菜です。
野菜というかほとんど雑草のようなものみたいですが、茹でるとぬめりが出ていかにも栄養がありそうだし、それより何よりおいしいんですって!
タイにもありそうですが、市場に出すほどでもない・・・って感じなのかもしれません。
買って食べてみたかったのですが、旅先のホテル滞在では無理かとあきらめました。

 ブルネイ市場18  ブルネイ市場15
ドリアンやジャックフルーツに似てますが、向こう側の細長いのは「コパラミツ」というジャックフルーツ(パラミツ)と同じクワ科の果物だと思います。
ジャックフルーツもそうなんですが、熟したものをフルーツとして食べてもおいしいですが、未熟なところをまるごと(皮は剥いて)野菜としても活用しています。
おばちゃんが、皮を剥いて切って、使いやすいようにして売ってます。
ブルネイ市場31何かを切っているといえば、このおばちゃんも切っています。
白いものですね、なんだかわかりますか?
これは、椰子の若芽です。
タケノコみたいな食感にココナツの甘味が加わっておいしいです。
タイの市場でも同じように売っていますし、スーパーでは、瓶詰めになったものが売っています。
瓶詰めになっている様子は、ホワイトアスパラの様でもありますね。
食べ方は、それこそアスパラガスやタケノコのようにいためたりサラダにしたり、いろいろ楽しめます。
南米(ブラジル?)では、パルミットと言われ、やはり好まれて食べられているようです。

ブルネイ市場17これもなかなか得体が知れない感じなんですが、どうやら豆の種類らしいです。
後ろにボケて写っているのが、殻を剥いた後の豆です。
タイ語では、ルークニヤン(ลูกเนียง)と言い、日本語では、ジリンマメと呼ばれています。
日本語にされてもさっぱりわかりませんが、、、とにかく巨大な豆のようです。
ニンニクに煮たきついニオイがあるそうで、大量に食べると腎疾患の恐れがあるので、食べ過ぎないように、食べる時は、水をたくさん飲むといいそうです。
そこまでして食べたいものなんですかね、、、。

 ブルネイ市場27  ブルネイ市場25
野菜の他にもいろいろ売ってるんですが、ビックリしたのは、左側、、、鹿の角です。
頭の骨までくっついてます。
こんなの売ってていいんでしょうか、、、何に使うんでしょうか・・・。
右側のオールのようなものは、大中小、いろんなサイズのものが野菜売場にいっぱい売っていました。
野菜に関係があるようです、、、何をするんでしょう、、、。

 ブルネイ市場28  ブルネイ市場24
ブルネイ市場29
なんだかとにかくわからないものだらけの市場巡りでした。
もっと地元の人と話してみればよかったんでしょうけど、最初から言葉が通じないだろうし、、、とあきらめていたのと、ブルネイの人、押し売りをしてこない分、特別愛想よくしてくれるわけでもないんで、なんとなく話しかけづらくって・・・。
ホテル滞在で買う予定もないものを根掘り葉掘り聞く図太さもなかったのです。
結構、写真をバシバシ撮ってあるくのだってなんとなく遠慮しそうになりましたからね、でも最後だからと撮りまくってみたのでした。
ああ、もっと図太くならないと本気で野菜・果物を極めたり出来ませんよねぇ。

ここまで市場の話をひきのばしたのは、いろいろ調べようとしたからなんですが、どうにもこうにも限界がありました。
ほとんどの情報は、吉田よし子さんと菊池裕子さん共著の「東南アジア市場図鑑(植物編)」(弘文堂)を参考にしました。

ここで紹介した野菜やブルネイについて、何か情報がある方、いろいろ教えてくださいませね!

やっとの思いでアップをしましたが--- ブルネイの市場よりタイの市場をレポートして! って声が聞こえてきそうですね。
タイの市場もそのうちレポートしようと思いながら、、、ええ、そのうちなんとかトライしようと思ってますのでお楽しみに!

読んでくださってありがとうございました。応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking

ヒョウタン(ユウガオ) ☆目次☆


ヒョウタン  目次のページ 


ヒョウタン、なかなかなじみのなさそうな野菜に挑戦してみました。
ふつう、ヒョウタンと言えば、お酒や飲み物を入れるくびれのある入れ物を思い出すでしょうが、干ぴょうのもとであるユウガオもヒョウタンの一種です。
変わった形でなんとなく手が出にくいのですが、実際は、皮も食べられるほど薄くて扱いも簡単、食べてもクセもなくおいしくって、これは、頻繁に食卓に登場させられる重宝な野菜に出会ったと、ちょっと得した気分です。

ヒョウタンコンポート2ヒョウタンコンポート

ヒョウタンでデザート!? 低カロリーのヒョウタンだからこそ、デザートにして食べられるなんてうれしいですね。

ヒョウタン焼焼ヒョウタン

ヒョウタンを焼いてみたら? これぞまさにヒョウタンのおいしさをじっくり味わえる料理法ですね。
塩でシンプルに、いろいろなタレでも楽しみたいです。

ヒョウタン田楽ヒョウタン田楽瓢箪田楽

ナスにも似ているヒョウタンなので、田楽もあうはず・・・と、そしたらやっぱり! のおいしさです。

ヒョウタン蒸し煮2ヒョウタンの蒸し煮

こんな蒸し煮があったのかーと目からウロコの料理法、ヒョウタンのおいしさがよく出ました。
簡単なのにおいしい、いろんな野菜にも応用できそうです。

ヒョウタン梅ドレサラダヒョウタンショウガヒョウタン漬物
ヒョウタンをサラダや漬物で!
ヒョウタンが生で食べられるなんてビックリ! 皮付きのままで食べられるなんてさらにビックリ!!
あっさりサッパリ、サラダも漬物もモリモリ食べたくなります。

ヒョウタン味噌炒めヒョウタンマナオ炒めヒョウタンの炒め物
皮を剥くのも楽だし、手軽に使えるヒョウタンなので、さっと一品作りたい時の炒め物にピッタリです。

ヒョウタン煮びたし2ヒョウタン直煮ヒョウタンの煮びたし2品

ヒョウタンの煮物というか煮びたし、同じヒョウタンを使って和風味なのに、ちょっとした違いで違った雰囲気になるものです。

ヒョウタンステーキヒョウタンステーキ

こんなステーキならどれだけ食べても太りません!

ヒョウタンカレー炒めヒョウタンのカレー炒め

手軽な炒め物です。ほんのりカレーの香りがかわる炒め物は、食欲が出ますね!



まだちょっと続きがあります。その前に3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking

 

ブルネイ旅行記(5) テングザルツアー

  • カテゴリ:旅行記
  • コメント:10件
  • トラックバック:0件
健幸575 No.334  「テングザル 君の生き方憧れと」  

ブルネイテングザルツアー先日から、とびとびで8月に行ったブルネイツアーの様子をお届けしています。
今日は、あんまりお料理や食べものの話はありませんので、あらかじめご了承を。
8月14日(金)にテングザルツアー、マングローブ・リバー・サファリに行ってきました。
サファリっていうけど、2時間程度、ロングテールボートで行って帰ってくるだけでなので、ツアーに頼まなくても、川で船止めてるおじさんと交渉すれば、連れてってくれたかも・・・です。

ブルネイテングザル4テングザルの話、会社で発行している月報に書きましたら「私もテングザルのようになりたい」というメールをお客様からいただきました。
テングザルって平和をこよなく愛する動物で、闘いを嫌い、逃げるが勝ちを貫いてこれまで子孫を反映させてきたのだそうです。
ちょうどNHKでやってたんですけどね、その戦わずにすますために、自分の食習慣まで変えてしまって、他の動物が食べない未熟や毒のある果実を食べるようになったのだそうです。
ところが、そのせいで胃腸の消化機能までかわってしまって、逆に熟した果実を食べられなくなってしまったんだそうで、動物園で熟したバナナをあげたら、死んでしまったという哀しい話があります。

延々と続くマングローブの川を船で走り、1時間もしないうちにテングザルがよくみられるという場所に到着。
人家からあまり離れていないのにビックリです。
最初のところは、あまりに遠くに見えていて、動いてる! って程度にしかわからず、近づいて来てくれそうにもなかったので、次の群れを探してまた移動。
次の群れは、かなり近くにたくさん見れて、思わず興奮しちゃいました!
 ブルネイテングザルツアー ブルネイテングザル2
 ブルネイテングザル1 ブルネイテングザル3
いやぁ、いくらおとなしいとはいっても、やっぱりサルなんですねー、木から木へとピョンピョンです。
テングザルの立派な鼻は、オス特有のモノで、オスは、群れに1匹しかいませんので、オスをみつけなくては、本当にテングザルを見たとはいえません。
おーい、オス! ボス! どこにいるのー?
ブルネイテングザル6 呼んだ~?
さすがボスらしく、どっしり構えておりました。

マングローブの森には、他にもいろいろな生物がいます。
 ブルネイテングザルツアー2 ブルネイテングザルツアー3
テングザルを見るためにとめていたボートのそばに、悠々とやってきた鳥。
ふと気がつくと、その鳥を狙っているオオトカゲ。
ガイドは、オオトカゲが珍しいのか、やや興奮気味に写真を撮っておりました。

約2時間でツアーが終わったので、その後、ガドン地区にあるザ・モールというデパートに行って来ました。
ホテルから5キロ以上あるようで、ホテルの人には、タクシーで行くように散々言われましたが、どうせ暇だし・・・と、歩いて行って来ました。
 ブルネイガドン地区 ブルネイニューモスク
ブルネイガドンデパートたしかに遠かった、、、というか、暑かった、、、まあ、タイと同じくらいなんですがね、タイで真昼間から散歩するなんてないですからね。
上のモスクは、ニューモスクでちょうどお祈りの時間だったのか、ものすごーーーい量の車が止まっていました。
あまりにすごい量の車なので、単なる駐車場として利用されているのかな? とも思ったのですが、帰りに見た時には、車がなくなっていたので、みんな車でお祈りに来てるってことですね。
このモスクは、5,000人収容できるそうです。

ザ・モールは、ブルネイで唯一のマクドナルドがあるそうで、ザ・モールを探すのに思わずマクドナルドの看板を目印に探してしまいました。
ここは2004年にできたばかりの新しいショッピングコンプレックスで、若者もたくさんいました。

ブルネイガドンデパート2おしゃれな雰囲気いっぱいなんだけど、、、売っている女性向けの服は、ほとんどこんな感じで・・・。
たまに若者向けのジーンズやTシャツも売ってますけどね、8割がこんなお店なので、どうにも何かを買おうって気にはなれず、、、でも、見てて楽しいので、デパートの上から下までくまなく歩いてみました。
スーパーもホテル近くのスーパーよりも充実していて、かなりの時間を過ごしてしまいました。
向こうのスーパーは、カビが生えた野菜も平気で並んでいたのですが、こちらはまだまとも。
この日の夕食は、ここでゲットした塩とマヨネーズで、キュウリとトマトとセロリでした。

食べ物の話題がないのもなんなので、翌日の食事を紹介しておきましょう。
この日は、結婚記念日だったので、一応、儀式ってことでホテルのディナーを食べようかと。
ブッフェだったんですが、まあまあ、それなりだったんですけどね、、、酒がない。
しかもお酒にピッタリなおつまみ風が並んでるじゃないですか!
これならアラカルトでドーンと一品食べた方がよかったかなと、、、禁断症状が出そうなところを必死に抑えていただきました。
 ブルネイディナー1 ブルネイディナー2
 ブルネイディナー3 ブルネイディナー4
このラムだかマトンだかが、お祝い気分を盛り上げてくれましたが、、、一切れ食べたけどかたかったです。
ホテルのボールルームでは、盛大なパーティーが2つ開かれていて、スタッフは、ちょっとてんやわんやしてましたが、、、でも当然のようにお酒のないパーティーなんですよね。
どうにも想像がつきません。
でも、酒ありパーティーに比べたら、給仕から後始末から、ホスト側はさぞや楽なんでしょうね。
酒飲みってグダグダ後ひくし、、、う~ん、酒を飲まない立場になって初めて気がつくんですが、、、また飲んだら忘れるんでしょうね。

ブルネイ土産ブルネイの旅は、おすすめかどうかよく聞かれますが、動物好きの私は、このテングザルを見られるだけでも行く価値あり! と、たとえ酒が飲めなくたって2泊くらい我慢してでも行くべき!! と答えます。
まあ、1週間もいる必要はないと思いますけどね、、、ひたすらのんびりしたい人、お酒を抜きたい人にはいいかも・・・。
今回のお土産、テングザルのぬいぐるみ。
おにいさんは、バンコクに戻って、彼(ぬいぐるみ)専用の小さな籐の椅子を買ってあげてました。
ではでは、次回、最後にもう一度、市場レポートをお届けする予定です。

読んでくださってありがとうございました。応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking

ヒョウタンコンポート

★今回のテーマ★  ― ヒョウタン
   「ヒョウタンコンポート」
 

ヒョウタン料理集合写真ビックリひょうたん(ユウガオ)レシピをお届けしてます!
今回が最終回です。
ヒョウタンについて興味のある方は、こちらから「ヒョウタンの基礎知識」をご覧下さい。


ヒョウタン特集が始まる最初に、ヒョウタン料理の集合写真を紹介しましたが、その時、多くの人が「気になる」とおっしゃっていた料理。
もったいぶっていたわけではありませんが、デザートでもあるので、イチバン最後の紹介となりました。
アップの写真だとよくわかると思うのですが、ヒョウタンで作ったコンポートです。

ヒョウタンコンポート
by Kさん

Kさんは、この時、ゲストとして遊びに来てくださっただけなので、レシピの提供はお願いできず、、、でも口で説明していただいたものを後で再現してみて、ちょっと私流が加わってますが、なんとかレシピを完成させました。
でも、やっぱりKさんの方がおいしかったんですけどね・・・。
Kさん、この時、パンまで焼いてきてくれてたんです。

手作りパン

手間のかかる天然酵母パンです。
じっくりゆっくりありがた~く味わいたいパンですね。
ヒョウタンのコンポートともよく合っていました。
こんなお料理やパンをささっと作れてしまうKさんは、お忙しい方ですが、頼もしい助っ人として、これからも時々、参加していただきたいです。
そもそもこんなお花の飾りとか、ちょっとした盛り付けなのに、これまでの研究所にはなかったセンスで、ぜひ、ご指導いただきたいものです。
あっ、このおいしそうなパンのレシピはありませんからね、あしからず。

レシピに続きますが、その前に応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking

続きはコチラ ↓↓↓  上のバナーを押してからすすんでくださいませね! ↑↑↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。