嫌いな野菜は? 好きな弁当は?

  • カテゴリ:未分類
  • コメント:12件
  • トラックバック:0件
健幸575 No.288   「同じもの見て怒るひと笑うひと」  

 「ひと」というのは、「人」でもあったり「日と」でもあったりします。なるべく怒らない人間になりたいと常日頃思っておりますが、レジで待たされたり(尋常じゃないのよ)、ささいなことでピキピキ来ることが…。 「怒っちゃいけない」と思うこともストレスになるんだそうで、我慢もよくないようです。でも、怒る人にはなりたくない、じゃあ、どうすればいいの? ってことなんですが、物の見方を変えて、そもそも怒りの感情が生まれないようにしなくちゃいけないようです。脳疲労がなくなれば、怒らなくなるみたいですが、脳疲労をなくすには、怒らないのがいいようで、、、。 脳疲労をなくす一番の方法は、1日1快食! 朝は極力抑え(食べなくていい)、昼も軽く、夜に好きなものを好きなだけ食べていれば、そのうち脳が自分に必要なものを食べたいと思うように働いてくれるようで、それがやがてストレスのない毎日に導いてくれるのだそうです。(続く) 参考: 脳疲労に克つ―ストレスを感じない脳が健康をつくる (角川SSC新書)



お気づきの方もいらっしゃると思いますが、左側の欄に人気ブログランキングの投票コーナーを作っています。
無期限で設定しておりますが、ちょうど3月31日ということで(タイでは、あまり関係ないんですが・・・)一旦、結果発表してみようと思います。
私自身の参考のため、ということで設定してみたのですが、いろいろコメント読んでると楽しいですね。
コメントは、「結果を見る」から詳しく見ることができます。
投票は、期限を定めずやっていますので、まだ投票してないという方は、ぜひ、ご協力ください!



<苦手・嫌いな野菜は?>

苦手・嫌いな野菜ってありますか? どこが嫌いなのか理由などもコメントに自由に書いてくださいね。

(1) パクチー(コリアンダー) 12件 (17.4%)
(2) セロリ 11件 (15.9%)
(3) ニンジン 7件 (10.1%)
(4) ピーマン 6件 (8.7%)
(5) ナス 3件 (4.3%)
(6) カボチャ 3件 (4.3%)
(7) トマト 2件 (2.9%)
(8) ニラ、ネギ 1件 (1.4%)
(9) 豆(野菜じゃないけど) 1件 (1.4%)
(10) その他 1件 (1.4%)  ―― インゲン
(11) キュウリなどウリ系 0件 (0.0%)


やっぱりパクチーは多かったですね、ハイ、私の周りにもたくさんいます。
タイ人の友達にもいます。
タイ人でパクチー嫌いって、日本人のネギ嫌いよりつらいんじゃないかしら・・・。
セロリも結構いるんですねー、やっぱりニオイなんですかね。

最近、タヌ子さんのブログ「異邦人の食卓」でカリフラワーが苦手だって人が結構いることを発見!
そういえば苦手だったわ・・・って感じで、そもそも存在を忘れられていたんじゃないかという気も・・・。

あっ! なぜか上記から抜けておりました。
イチバン多かった回答は、上記にはありません。
こちらです。 →   なんでも食べる 22件 (31.9%)
約3割ですね、大体、予想通りかなー?

また、新しいものを設定しました。
日頃から気になっていたことなんですが、今度は、期限付きでいこうと思います。
5月31日までとしましたが、ぜひ、ご意見をお聞かせ下さいませ!



ちなみに私は、ガッツリ系。
駅弁でも日本酒やビールと一緒にじっくり・・・って思っているのに、なぜか手にとっているのは、「はらこ飯」とか「そぼろ弁当」とか、ご飯がメインのお弁当です。


おつきあいいただきありがとうございました! 応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking
スポンサーサイト

バナナの花のふんわりスペイン風オムレツ(メレンゲ入り)

健幸575 No.287  「温度計眺める度にため息し」  

春を迎える国が多い中、、、タイは、猛暑の季節を迎えます。学校は、ただいま「夏休み」です。デパートも「サマーバーゲン」だったりします。今日の気温は、最低が25度、最高が34度、週間予報では、最高気温が32度に下がる日もあるようなのでホッとします。NHKの世界の天気を見ながら「今日も世界一だよ・・・」と、決してうれしくないのになぜか安心したりします(たまに、近隣国に負けますが)。
こんな暑い季節を迎えているというのに、突然に思い立ったようにスタッフにエアコンの調整を命じました。25度を下ったらエアコンは止めるように、と。28度になったらまたつけていい、と。先日、寒いと思ってチェックしたら24.5度、25度切ってるよと伝えると「やっぱり暑くてつらい・・・」と。慣れの問題だから、できるだけがんばるように伝えましたが、、、今日は、私が昨日のお酒が残っていて暑い、、、もっとガンガンに部屋を冷やして欲しい気分です。がまんしなくっちゃ・・・。




★今回のテーマ★  ― 食用花 
    「バナナの花のふんわりスペイン風オムレツ」


花2バナナの花は大きいので、食べられない部分をめくってもめくっても、食べられる部分は、たくさんあります。
先日、紹介したザーサイ炒めくらいでは、なくなりません。
なので、たっぷり使える料理を・・・と考えたのですが、頭の固い私は、パッタイのイメージが強くって、卵が頭から離れません。
花卵焼きどうにかするとエグミの出るバナナの花ですので、卵で合わせるのが一番失敗がないような気がします。
初めて試した時は、ただ卵と炒めたのですが、やはりおいしい!
卵の甘みとフワフワにバナナの花の食感がよくって、チャンプルーってことで出そうかな、と。
しかし、それもつまらないかと、先日、パーティー料理ってことで失敗からできた卵焼き(→)がやたら好評だったので、それをイメージして作りました。

花バナナの花卵
by ☆青☆

ただのスペイン風オムレツといえなくもないですが、一応、卵の白身を泡だててメレンゲにしているので、フワフワなんです。
こういうオムレツって、何か他に名前があります?

レシピに続きますが、その前に応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking

見て見て~! ベビーキウイですって!!

健幸575 No.286  「めでたさも かすむ食べ過ぎピーピーと」  

昨日も書きましたが、おにいさんお誕生日をブッフェでお祝いしたんですが、、、おにいさん、食べ過ぎでお腹ピーピー、夜中に何度もトイレにいってました。どんだけ食べたん? 大体、同じペースで食べていたはずなんですが、そういえば、私が生野菜サラダを食べてたとき、生牡蠣4個食べてましたね。まさか牡蠣にあたったのかと焦りましたが、牡蠣の痛さとは違うのだそうで、昼には、回復、昼はバナナだけでしたが、夜は、元気にスポーツクラブに行って来ました。昨日に限らず、ずっと宴会続きで胃腸が疲れていたのでしょう、ちゃんと信号を送ってくれるありがたい胃腸ですね。



スーパーで、面白いもの発見!
今日も健幸クイズにしちゃおうって思ったんですが、そうするとブログのタイトルで表示できないので、注目度が・・・と、多くの人に読んでもらいたいと欲を出してクイズではなく、ふつ~に紹介します。
ハイ、タイトルにあるとおり、ベビーキウイなんです。

ベビーキウイ

あっ! また大きさの比較になるようなものがないですね。
早く食べたくて、大急ぎで写したんですよね。
大きさ的には、うずらの卵くらいです。
割ってみると、、、

BABYKIWI

しっかりキウイしてます!
皮ごと食べられます。
食べてみたら・・・すっごく甘いです!!
キウイの甘みがギュギュギューッとこの小さいのに濃縮されたような感じ。
酸味は、少ないですが、それは熟し加減によるものかもしれません。

おにいさんは、「小さいうちに食べてしまうのはかわいそうだろー」なんて言うんですよ。
でも美味しいもん、、、って思って食べてましたが、よくよく考えたら、成長途中のものを収穫したのなら、こんな甘いわけはないんですよね。
こういう品種ってことですね、、、と思って調べたら、日本では、数年前から密かにブームになりかけていたようです。
なりかけ・・・というのは、流通時期が短くて知名度がまだ低いのでしょうね。

タイでは、私は、初めてみましたが、大きなスーパーだったら置いてたのかもしれません。
ニュージーランド産です。
上の量で1パック85バーツだったかな、200円くらい。
タイではちょっと高いですが、つい買いたくなる魅力があります。
ちなみに私は、バングラックのロビンソンのTOPSというなかなかマイナーな場所で買いました。
家の近所のシーロムTOPSには、置いてませんでした。

ジャムにするとおいしいらしいですが、この量で85バーツだとそんな勇気はありません。
(おにいさんが)得意の果物料理にアレンジする気にもまだなりません。
もうちょっと食べなれたら何か考えつくかな・・・?

キウイフルーツ研究室」というすごいサイトがありました。
そこで「ベビーキウイのココがすごい」というページで、とっても詳細に説明してくださってますので、詳しくは、そちらをご参照くださいませ。

ローカル市場のローカル野菜も気になるけれど、スーパーの新顔野菜、輸入野菜も気になりますね。今度は、どんな発見があるかな~と、ワクワクしちゃいます!
また面白食材をみつけたら、お知らせしますね!!

日本でも売っているお店を発見しました。
 【お買い得品】今がまさに旬の希少なベビーキウイ♪125g×2パック(KC)



読んでくださってありがとうございます! 応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking

バナナの花のザーサイ炒め

健幸575 No.285  「何度でも乾杯しよう誕生日」   

26日はおにいさんお誕生日でした。さすがにお祝いはもういいよーというおにいさん。もともと子供の頃からお祝いってやったことなかったそうです。たしかに今週は仕事が忙しくてヘロヘロ、準備できる状態でもなく、どうしようかなぁ~と思っていたら、ホテルからタダ食事のお誘い。・・・というか、3月末でメンバー期限が切れるのに特典を使ってなかったのでした。なんというグッドタイミング! ということで、フリーのスパークリングワインもいただいて、ブッフェ食べ放題を頂いてきました。まあ、乾杯ってのは、何度してもいいモンですよね。しかし、ブッフェでも生サラダにとびついて、、、家とあまりかわりのないものを食べてたりします。



★今回のテーマ★  ― 食用花
   「バナナの花のザーサイ炒め
 

前回の健幸クイズ 第10問、みなさん、いろいろ考えてくださってありがとうございます。
答えは、「バナナの花」でした~!
にぽぽさん、大当たり!
elomoさん、たの子さん、花ってところは当たりです!
ナッキーさんとゆみぴいさんがタケノコと思われたようですが、たしかにそっくりなんですよ、食感も似てます。
1枚ずつめくっていくところも似ています。
でも、めくっていったら、そのままなくなってしまいます、どこまでも花びらのようなものが重なっているのです。
タヌ子さんが茗荷っておっしゃってましたが、茗荷が巨大になった感じかも・・・。
なので、この花びらのようなものを食べるのです。
「花びらのようなもの」というのは、「苞」という花を保護するもので、大きな蕾は、苞の集まりなのです。
一枚ごとに小さな花がついています。
剥いていくと、こんな感じになります。

花バナナ

これを食べるわけ? って感じでしょうが、食べるんですねー。
あっ、食べるのは、この「苞」でして、花そのものは、市場のおばちゃんは、食べないって言ってました。
でも、この先、ややこしいので、「バナナの花」といったら、この花びらみたいな食用できる「苞」の部分だと思ってください。

タイ料理では、パッタイというタイ風焼きソバに生でついてくることがあります。
生でついてきて、どうしたらいいの? って感じなんですが、ちぎって混ぜて食べると、ちょっと甘辛いパッタイと卵によく合うわけです。

花パッタイ

これだと卵にくるまれてて麺が見えないですよね、バナナの花を実際にちぎって混ぜたところも写したんですが、あまり美しくないのでパスです。

そういうわけで、、、これからしばらくバナナの花、、、だけではなく、「食用花」をテーマにお届けしていきます。
いやぁ、健幸料理研究所もここまできましたか・・・と、自分で感慨にふけっております。
ずーっと、「いつかはやらなきゃ」と思っていた課題だったのです。
日本でも菊や菜の花を食べますので、花を食べるということは、不思議でもなんでもないことでしょうが、タイの場合、得体の知れない花ばかりで、どうしたらいいのか見当もつかずにいたのでした。
たまにタイ料理屋で食べたりしますが、そんな、おいしいものでもなく、、、苦いのもあり、、、。

「食用花」をテーマに決めて、なんの花を使おうかと途方に暮れていたら、いつもの帰宅途中、今まで一度も見たことないのに路上でいきなりバナナの花を売っていたのでした。
1個10バーツ(30円)、私のために用意されていたかのよう、、、だって、その後もまた2度と、その場所で見ることはないんですもの。(おかげで、活動日前日は、市場で探す羽目に・・・スーパーには、あまり売ってません。)
ゲットした後、とにかく何か作ってみなくては! と、恐る恐る作ってみました。
タケノコに似てるなら、タケノコと同じ料理を作ってみようかと、こんな感じで。

花バナナザーサイ
by ☆青☆

いや、いい勘してましたねー、あまりに安易かとも思いましたが、でもおいしいものはおいしいんだからいいですよね、ご飯もお酒もすすむ1品になりました!
こうやって出したら、タイ人だって、まさかバナナの花料理だとは、誰も気がつかないんじゃないかと思います。

この後、レシピに続きますが、その前に応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking

健幸クイズ、この食材は何!?

健幸575 No.284  「あれ食べたい これ食べたいも脳のせい」  

前に健幸575No.132 にて「仕方ない 霊のせいだと食べまくり」と書いたことがあるんですが、、、どうやら霊のせいではなくって、脳のせいのようですね、それなら納得!  霊と脳、、、似てないか、、、。  脳には理性の脳と本能の脳があるらしいですが、あれやこれや考えたり悩んだり、、、考えても仕方ないってわかっていてもブルーになったり、、、そういうのってなんか本能のせいのような気がするんですが、「脳疲労に克つ-ストレスを感じない脳が健康をつくる-」によると、実は理性の脳の仕業らしいですね。本能のままに生きていれば、健康でいられるはずなんだそうです。
健康!? いや、だから、私の本能が食べたいって叫んでるのよー! って思いません? でも、それって脳が疲労してバランスが欠けてる状態なんだそうで、、、。  わかりました、じゃあ、我慢します、、、って思うんですが、それこそ脳が疲労することになるんですって!?  なんか禅問答みたいですよね、じゃあ、脳が疲労しないようにストレス解消法を考えましょう!! ―――って、これも脳疲労になっちゃうらしいですよ。  「解消する」ってことは、ストレスを受けてる状態であって、そもそもストレスを感じない状態になるのが理想的なようです。さてさてあなたは、そんなのムリ! って片付けてしまいます? (次回、続けられたら続きます。)



○×△ 健幸クイズ ○×△


久々の健幸クイズです、第10問になるのかな・・・?

新しい課題でしばらくお届けするんですが、、、月末は、仕事がヒーヒー状態なので、クイズにして簡単に逃げてしまいます。
さて、これは、何でしょう?
新しく課題とする食材のうちの一つです。

花

簡単過ぎ?
このブログを2007年から見てる方は、わかるかも!?
でも、見たことない人には、なんなのかわけわかんないですかね、昔、私がそうでしたもの。
わからない方、想像力を働かせてみてくださいね!
あっ、これじゃあ大きさがわかりませんね、すみません。
ラグビーボールよりは、ずっと小さいですが、マンゴーよりはずっと大きいです。
例えが変!? 

ヒント: 
「簡単過ぎ?」と書いたのは、南国にいる人にとっては、とってもとっても身近なものだからです。
でも、都会に住んでる分には、そんなよく目にするってわけでもないですし、在タイ日本人で食べたことがあるって人は、少ないと思います。
ヒントってことで、もうちょっと写真をお見せしましょー。

花2

いやぁ~ん、エッチ!  って気になるのは、なぜ?

わかってる! って人は、次回以降にお料理をお届けしますが、ご自分なりにどんな料理ができるかな~って考えてみてくださいね!
でもって、いいお料理がひらめいた方、知ってるよーって方、ぜひお知らせください!
レシピや写真、あるいはリンク先を教えていただければ、紹介させていただきますよー!!

・・・と言いながら、大きな期待はしてないんですよ、スミマセン、なんせ、自分が見た目で苦労しましたからね。
でも、そんな期待が裏切られるといいんですけどねー。


答えは、次回のお楽しみ!! 
3月26日(木)は、更新できそうもありませんが、答えを待ちながら、応援の3つクリックをお願いします!
27日の午前には、答えとレシピをお届けします!

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking

酒庵「咲乃や」のご紹介!(タイの日本食&酒処)

健幸575 No.283   「お疲れと脳をねぎらう時代かな」  

最近、「脳にいいこと」だけをやりなさい!  と  脳疲労に克つ―ストレスを感じない脳が健康をつくる (角川SSC新書)」 という本を読みました。これまでいろいろと説明のつかなかった心身の不調が「脳」という言葉で説明がつくようになってきているようです。メタボもウツも通じるところがあるような気がします。ウツの友達にすすめたら「ウツの時は、本も読めない」とのことでしたが、元気になったら読んでみるそうです。メタボの友達にもすすめてみたいですが。前者の「脳にいいこと・・・」は、どちらかというと精神世界的な部分があって、後者の「脳疲労・・・」の方は、科学的というわけでもないですが、精神世界がダメな人でも受け入れられそうです。著者の横倉恒夫医師が日経新聞で連載していたのを読んでいて、連載中は、どうも眉唾っぽい気がしてすぐに信じられなかったのですが、連載の最後に「健康とは、ありとあらゆるものに感謝できる心と体」と書いてらっしゃるのを読んで、この先生の本をもっと読んでみようという気になったのでした。面白いことがたくさん書いてあるので、徐々に紹介していけたらいいなあと思ってますが、簡単にいうと、生活習慣病や肥満、更年期障害、うつ病など、現代人のさまざまな不調は、脳の働きのバランスが崩れた脳疲労のせいだということなのです。私の万年ダイエッター状態も脳疲労のせいかも! と、単純な私は、いきなりその気になっています(そういう単純な人間に脳疲労があるのだろうか???)

あっ! 野球、勝ちましたね!! すごい接戦! 実況で見てた方は、どんだけハラハラしてたんでしょうか、私は、ネットでチェックしかけてやめておきました。友達からの知らせでバンザイ! です。NHKのニュースは中途半端でどこまで詳しく放送してくれるかわかりませんが、それでも今晩は、おいしく乾杯できそうです、ありがとー! こういうありがとーがたくさんある毎日ってうれしいですね!



咲乃や名刺
健幸料理研究所が場所を借りているのが、日本料理屋の「咲乃や」という店なのですが、たまに咲乃やのマスターの岡本さんも課題のお料理に挑戦してみたり、お店の新作料理ができたら食べさせてくれたりします。
先日、新作ということで出してくださったカブの料理がおいしかったので、「そうだ、ブログで紹介しますね、ついでに店の紹介もしておきますねー!」と話したので、本人は、まったくネットにさわることもないようなんですが、お店の宣伝を兼ねて簡単に紹介しますね!

まずは、先日、研究会で新作として出していただいたお料理。

咲乃や蕪料理

カブのお料理です、新作なんで、名前は・・・まだなかったような?
カブとトマトと卵と、ちょっと洋風な味付けでパクパク、カブの葉までしっかりいただきました。
カブの葉は、おいしいものだったんですねー。
この時、私たちはそれぞれの課題料理を食べた後だったのですが、これを食べて「やっぱりプロの味・・・」と、うれしいような悔しいような(?)思いで食べたのでした。
カブは、タイでは、一般には手にはいらないのですが、日系のスーパーだと買えるようです。
今なら咲乃やでこの料理をお願いすれば作ってくれますよ!(カブが手に入った時だけでしょうが・・・)
ちなみにこれは、2人前の盛りなので、1人で頼むと、もう少しこぶりのものが来ます。

咲乃やの料理、、、と思って、これまで飲み会で行った時の写真を掘り起こしてみたりしたんですが、、、酒ばっかり・・・。
咲乃やぶっかけうどんいや、別に意図的に料理を写さなかったわけではないですが、基本的にいい日本酒が入った時に行くことが多いので・・・。
咲乃やは、お酒の持ち込みOKですし、マスターも日本酒にこだわりがある人ですので、日本酒談義に花が咲きますよ! 
これから、日本酒の販売にも力をいれていくようですので、ますます楽しみ!

ここの蕎麦は韃靼そばで、店主が毎日手打ちをしている売り切れご免の絶品ですが、うどんもおいしいです。
このぶっかけうどんは、生卵でズルズルっといただきます。
納豆は、私が勝手につけたオプションですが、これまたウマい!

咲乃やダイエット 咲乃やジャンク

左がある時の新作メニュー、ちょっとピリ辛のコンニャク料理で梅の香りとレモンの酸味もきいて、ダイエットにピッタリ!
でも、最近見てないので、本人も存在を忘れちゃってるんじゃないかしら。
「メニューにない料理」っていうのは、そのまま忘れ去られる可能性があって危険!?
右は、私が健康、健康って言ってるのをよくもまあ無視して出してくるわよねとぼやいてるのにも構わず出してきたサービス品、魚肉ソーセージとおかき(お煎餅のね)の和えもの? 
ジャンクっぽいんですがね、不思議な味なのに、みんな妙にハマって食べてました。

咲乃や乃ちゃん
咲乃やのアイドル、タイでは実は、有名人(?)の岡本乃咲くん、「だいさく」と読むそうです、だいちゃんと呼んでます。
ご飯を食べにやって来ます。
なので妙に舌が肥えてます、おまけに小さい時からおやつはほとんど果物しか食べてないそうで、2人の板さんが作った料理も、どちらがどうとズバリとあててしまうのだそうです、恐ろしー!
なぜに有名かというと、咲乃やの宣伝広告にいつも彼の顔写真と直筆の宣伝文句が載ってるからです。

乃ちゃんに負けじとがんばっているアイドル、咲ちゃんも紹介しておきましょー!

咲乃や咲ちゃん1  咲乃や咲ちゃん2

2枚ありますけど、1匹です。
ナマズ系かしら・・・、人をちゃんと見て近寄って、口をパクパクさせたりするんですよ。

あっ! そうだ、もう一つ、咲乃やの自慢の料理がありました。
料理っていのか、、、やっぱり料理ですよね。

咲乃や中落ち

マグロの中落ちですね、海苔に巻き巻きして食べます。
マグロはねぇ・・・といいながら、たまにはね、と言って食べてしまいます。
私の「たま」は、なんか頻繁にあるような・・・。
あっ、でも高いのでやっぱりそんな頻繁いはないです、誰かが頼んだ時に便乗していただくだけですし。

え~、咲乃やでは、他にも健康そうな料理から不健康そうな料理まで、いろいろ揃ってます。
多少のわがままや注文は聞いてくれますので、食べたいものがあったら相談してみてはいかがでしょうか?
まずは、売り切れ御免の蕎麦を逃さず食べてみてくださいね。
咲乃やの詳細は、ココをクリック (手抜きですみません。)


読んで下さってありがとうございます。3つクリックお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking

ハクサイ ☆目次☆


ハクサイ 目次のページ 


ハクサイタイのハクサイは、小ぶりのモノが多いこともあり、日本のように切って売っているのは、見かけませんね。
小さいとはいえ、1個買ったら、残ってしまってどうしよ~という方も多いのではないでしょうか。

ハクサイを買ってすぐに全部使わない場合は、買ったらまず中心の部分を取り出してください。
そこがイチバン甘みがあるので、おいしいところを先にいただきましょう! ---というのもありますが、それだけでなく、外側の葉の栄養がたんぱく質として内側の葉に送られて、グルタミン酸や糖に皮って中心の小さな葉に送られているのだそうです。
なので、中心部をとってしまえば、外側の葉は、うまみを残したままいられるというわけです。
なので、「白菜は、中心部から食べる!」を頭に入れてくださいね。

実は、これは、ためしてガッテンの本に書いていた「白菜のすごい活用術1」なんですが、さらに白菜をおいしくいただく「すごい活用術2」もありました。
それは、余熱後150度のオーブンで10分加熱した白菜は、うまみが凝縮して(33%増)、なおかつシャキシャキ間が残っておいしいのだそうです。
その後は、どんな料理にでも使えますので、ちょっとメンドーですが、余裕のある方は、ぜひ、お試しを!

ハクサイニンジンハクサイ椰子「白菜とワカメ、ニンジンの胡麻和え」
「白菜とツナの煮物」

粒々ゴマが楽しくって、磯の香がするサラダ感覚で食べられる和え物と甘みがホッとするツナとの煮物です。

ハクサイ粥Ⅱハクサイ豆乳「白菜の豆乳煮」
「白菜たっぷりクリーミー雑穀玄米粥」
 
豆乳料理2品。
白菜と豆乳ってとっても合いますね、湯葉っぽさが楽しめる豆乳煮と体の中から元気になりそうな雑穀玄米粥です。

ハクサイロール「和風ロール白菜」
肉なしでも食べごたえがしっかり! 
お鍋の具が白菜に包まれたような(?)具沢山な白菜ロールです。

ハクサイ味噌漬けハクサイラーパツァイⅡ「白菜の味噌漬け」
「辣白菜(ラーバイツァイ)」
 
おつまみや箸休めにちょっといただきたくなる小鉢料理、、、と言いながら、思わずたくさん食べてしまいそうな珍しい白菜の味噌漬けと中国料理のラーバイツァイです。

ハクサイチコリ風ハクサイミネストローネⅡ「白菜のチコリ風サラダ」
「白菜のミネストローネ」

西洋ではまだポピュラーではない白菜、でもちゃんと洋風におしゃれに変身しちゃうんですよ!


ハクサイマンゴーハクサイナムプリックパオ「白菜のマンゴーソース和え」
「白菜たっぷりタイ風汁なしラーメン」

日本人によるタイ風白菜料理です!

ハクサイ中華サラダ2ハクサイゆかりサラダ「中華風白菜サラダ」 
「白菜のゆかりちゃんサラダ」

白菜を生で楽しみましょー! ということでサラダ2品です。
油揚げやひじきなど、いかにも日本的食材を使ってますが、、、やっぱりおいしいんですよねぇ~。

ハクサイ鍋焼き「白菜たっぷりイタリアン鍋焼き」
白菜とトマトの水分だけでいただく鍋焼きうどんです。


応援ありがとうございます! 
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking

タイの果物事情&カヌン料理

健幸575 No.282  「お誕生月めでたいと 飲み食いし」  

3月は、おにいさんが生まれた月なのですが(誕生日はまだ先)、「お誕生日」だけでなく、「お誕生月」として、なんだかずーっとおめでとうを言っているような気がします。本人は、祝って欲しいわけでもないようですが、私が勝手に便乗していろんな飲み会にしちゃっているような気も・・・。 先週の金曜、他の友達との合同でパーティーをしました。サービスアパートの2ベッドルームを格安で借りて、完全に持ち寄りのアメリカンスタイル、座るところもないくらいでしたが、みんなとにかく楽しそうで開いてよかったです。このパーティー開催が、私からのお誕生日プレゼントなのです。 しかし、、、ここんとこずーっと食べ続け、飲み続けの気分、しかも日ごろ封印している肉類やジャンクフードまで、、、 どうやら3月いっぱい続きそうな・・・。ちなみに日曜日は、1週間の疲れをとるためにいつも夕食は抜いているのですが、今日は、いつにも増して食事を抜くことがホッとするような・・・。でも、ここんところの食べ過ぎを思うと、1食くらい抜いたところでどうにもならないような気も・・・。



飲み疲れ、食い疲れのところに、他にもイベントがあったりして、PCすら開けられずにいた週末でした。
これは、日曜日分の更新ってことですでに月曜になった深夜ですが更新しております。

そろそろタイは果物のおいしい季節が近づいてきました。
今年は、乾季が例年より涼しい日が多く、とても過ごしやすくてうれしかったのですが、南国の果物にとってはそうでもないようで、今年の出来具合が懸念されています。
さらに水不足もあり、ドリアンなどは、例年より甘みが少なくなりそうだとか。
ここのところ、暑い日が続いて「いよいよ猛暑だ・・・」と覚悟しても、次の日には、意外に涼しかったり、珍しく雨が降ったり(一瞬ですが)という不安定なお天気です。
今後のお天気次第で、豊作になるのか不作になるのか、農家もさっぱりわからないらしいです。

昨年は、ランブータン(タイ語で「ンゴ」と言います、「ン」から始まるんです)が激安で叩き売り状態で、そのせいで、果樹園をやめてゴム園に転じた農家が急増しました。
マンゴスチンとロンガンの収穫は安定しているらしいですが、収穫期の人手不足や肥料などのコスト上昇により、農家の収入減が懸念されています。
豊作でも不作でも悩ましい果物農家さんをぜひ、応援するために「とにかく果物をたくさん食べよう勝手にキャンペーン」をします。

ジャックフルーツこの果物、何かおわかりになりますか?

スーパーでは、カットして売られているのがほとんどで、市場にでも行かないと、なかなか元の姿をみることができないのですが、、、ジャック・フルーツといいます。
タイ語では「カヌン」、日本語では、「パラミツ」と言うそうです。
元の姿は、ちょっとドリアンにも似た巨大なトゲトゲのある状態。
木から生えてる姿がとてもユニークなんですよ、でも写真はないので、Wiki「パラミツ」でどうぞ。
いつも行く近くの市場の入り口で、いつも大きな実をカットして売ってるんだから、その写真を撮っておけばよかったのですが、、、なんか、あまりにいつもの光景になっていたので、写真を撮ろうってアイデアも浮かんでませんでした。
今度、いいのが撮れたらまた紹介しますね、でも木から生えてる姿は、ムリですが・・・。

ジャックフルーツ4右は、ある日の我が家のおつまみ、この時は、そのまんま食べてました。
口に入れた時、ちょっとクセのある香りが鼻のあたりにフワッとくることがありますが、別にイヤな香りでもなく、食べてみるとほのかな甘みと酸味のバランスがとれたおいしい果物です。(たまに、やっぱりイヤって人もいますね。。。)
ドライジャックフルーツは、タイ土産にピッタリ、みな、食べたことのない味に「???」気分で何口か口にし、そのうち病み付きになってしまってますよ。
あっ、あとジャックフルーツの種は、茹でるとお芋みたいにおいしいんです。
それから未熟の実でスープやカレーなどのお料理することはあるらしいですね、なかなか手に入りませんが・・・。

ジャックフルーツ2
自称果物研究家のおにいさんは、このジャックフルーツにマヨネーズやらチーズやら味噌をつけたりのっけたりして食べていましたが、最終的にご飯、しかも酢飯が合うのではないかと言い出しました。

なので、実験。
酢は入っていませんが、その時ちょうど作っていた菜飯を入れてみました。
あら、ほんと、よく合います。
おにぎりっぽく豪快に食べるにはいいですが、ちょっと食べづらいかも・・・。

では、半分にして、お寿司だとご飯が下ですが、ジャックフルーツは、重そうなのでご飯を上にしてみました。

ジャックフルーツ3   ジャックフルーツ5
オードブル風ですね、あら、おいしい!
これは、パーティー料理にもピッタリです。
得意になって、先日のパーティーで話をしてたら、タイ人は、カオニヤオ(餅米)と一緒によく食べるのだそうです。
な~んだ・・・。
でも、きっと甘い餅米でデザート感覚なんじゃないかしら・・・。
まあ、いろんなバリエーションを楽しむってことで、ジャックフルーツを食べられる東南アジアやアフリカ、ブラジルなどにお住まいの方、ぜひ、身近に楽しんでみてください!
(大きな声では言えませんが、元(現!?)マヨラーの私には、マヨネーズがとてもよく合うと思いました。何か他の野菜と一緒に食べるのもよさそうです。チーズもやっぱり合います。)


ご訪問、ありがとうございました! 応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking

白菜のつぶつぶゴマ和え&ツナの煮物

健幸575 No.281  「ヘルシーと飲んだ緑茶が極甘で」  

この前の記事の豆乳に砂糖が入っているってことにコメントをいろいろいただいて、レスにも書きましたが、タイの飲み物は、ほとんど砂糖入りが基本です。牛乳もすごいですよ~。でも、やっぱり衝撃的なのは、緑茶ですかねー。健康志向と日本ブームとで緑茶がすごい売れ行きなんですが、ほとんど砂糖入り。日本からの旅行者が、知らずに買ってよく仰天してます。缶コーヒーも甘いです。「ブラックコーヒー」と書いているので、喜んで買って飲んだら、普通よりもさらに甘い! 思わず吐き出しそうになりました。ミルクが入っていないので、たしかに色は、ブラックですから、間違いではないんですが・・・。タイ人もコーヒーをよく飲むようになって、コーヒースタンドもあちこちにできてますが、必ず「マイ・ワーン」(甘くなく)と言わなければいけません。忘れると大変なことになります。あと、フルーツや野菜100%ジュースもとにかく甘いです。まあ、甘くないふりして実は糖分がいっぱいっていう日本と比べてどっちがいいかもわかりませんがね。飲むなら水ですね、水がいいです。




★今回のテーマ★  ― 白菜 
    「白菜とワカメ、ニンジンの胡麻和え」
    「白菜とツナの煮物」


白菜料理もいよいよ最後となりました。
これからは、キャベツがおいしくなる時期ですが、白菜もたまには思い出して使ってあげてくださいませ。

ハクサイニンジン
by Sakko
ハクサイ椰子
by ♪B♪


レシピに続きますが、その前に応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking

白菜の豆乳料理2品、ホッとしますよ~♪

健幸575 No.280  「すっぴんがいいよと我は思いけり」 

この頃、鏡をみて笑うようにしているので、なんか、自分の顔を鏡でじっくり見る機会も増えているんですが、、、いつまですっぴんでいいのかしらとちょっと考えてみたり。まあ、すっぴんでいるのは、恥知らずってことなので、もはや今さらお化粧しよって意識をもつのもどうかと思うんですがね、ここまで来てるわけだし。
口のうまい人は、「お化粧しなくてもいられるからいいわよねー」って言ってくれますが、そう言ってくれる人の方がよほどきれいなお肌してたりするんですよね。でもって、日本から来た人は、すっぴんの人間みると、ビックリするようです。なので、すっぴんがいいと思ってるのは、どうやら自分だけのようなんですが・・・。類友で、私の周りは、あまりお化粧にこだわらない人が多いので居心地いいんですが、たまに会う奥様たちの中には、いつもきとんとお化粧している方もいて、いろいろ考えさせられます。そういえば、義母は、毎朝、しっかりお化粧してますね、近所しか出歩かないときでもね、80歳を過ぎてますが。
お化粧、してもいいんですけどね(メンドーだけど)、私が怖いのは、化粧した顔に見慣れると、もう化粧しない自分の顔をみられなくなるんではないかと・・・。実は、バリバリのつけ睫毛にあこがれてみたりもするんですが、あれ、一回しちゃったら、もうはずした自分の顔が見られなくなりませんかねぇ?



★今回のテーマ★  ― 白菜
   「白菜の豆乳煮」
   「白菜たっぷりクリーミー雑穀玄米粥」
 

水曜日の更新のはずが、、、日付が変わってしまいました。ちょっと更新、遅れがちです。

タイのフリーペーパー「WEB」(リンクしようと思ったらサイトがなかった)で豆乳特集をしていて、なんだかうれしかったので、今日は、白菜と豆乳を使った料理を紹介します。
WEBの記事によると、タイの若者の間では、「豆乳は、年寄りの飲み物」的なイメージがあるようで、昔ながらの豆乳屋さんが消えているとか・・・。
タイでは、牛乳騒動というのがありまして、とにかく学校では、牛乳を飲むようになってるんですがね、、、豆乳にすればいいのにねぇ。
もっともヘルシー志向で市販の無糖の豆乳も売られるようになってきているので、屋台が減ってるのは、その影響かもしれません。
ちょっと前までは、スーパーでおいしい無糖の豆乳を探すのって、一苦労だったんですよ。
屋台の豆乳で無糖を買えますけど、なぜだかタイ人だか中国人好みの焦げ臭さがついているものが多くて、お料理には、使えなかったんですよねー。
最近の無糖豆乳流行りのおかげで、お料理にいろいろ使えるようになってありがたいです。

ハクサイ豆乳がけ
by ♪B♪

ハクサイ粥
by ☆青☆

スーパーなどでペットボトルで売られている豆乳ですが、「大豆100%」って書いてあるので何も考えずに買うと、極甘だったりするんです。
タイの場合、砂糖は、成分に入らない!? でもよくよく見ると、砂糖10%とも買いてたりするんですがね。
とにかく油断ならないのですよ、必ず「NO SUGAR」を確認しないといけません。

この後、レシピに続きますが、その前に応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking

バンコク中華街&ジョクキッチン

健幸575 No.279  「腹ふくれご馳走食って口さみし」  

もうさんざん食べてお腹いっぱいで、これ以上入らない! って思うのに、、、何か口直しが欲しい時ってありますよね。口直しといっても、別にまずいものを食べたわけではなくって、十分においしいものを食べた後でも欲しくなることがあったり・・・。人によっては、それがデザートだったり、最後の〆といってラーメンやお茶漬け、そばうどんとか・・・。単純に習慣的なもので、脳がなんかおかしな司令を出しちゃってるんですよね。ホントに腹八分にしたいって思ってるんですけどねぇ・・・。



先日の「バンコク中華街探検」の続きです。
当地のフリーコピーDACOの中華街特集で紹介されていたJOK KITCHENに行って来ました。
お客から注文することはできず、新鮮な材料で作るJOKおじさんのお料理です。

ヤワラートジョクキッチン  ヤワラートジョクキッチン2
ヤワラートジョクキッチン3  ヤワラートジョクキッチン4

え~っと・・・野菜は、ほとんどありません。
タイ人も中国人も、、、いや、日本人もか・・・、ご馳走といえば、肉か魚介類! なんでしょうね。
まあ、たまのことなので、私も堪能しました。

上からプリプリ海老入りワンタン、ダックの燻製の甘煮、その向こうに写ってるのは、魚の揚げ物ですが、これまた味がよくしみててジューシーでカラッとしてておいしかったです。
下が揚げた海老と銀杏&広東菜(だったかな?)、メインが蟹の爪の蒸し煮、醤油と香味油がけってところでしょうか。
ドドドーンって感じで出てきて、あまり説明はなく、こちらも呆然と見ながら、ガガガーッと食べてしまう・・・って感じで、あっという間に食べ終えてしまいました。

4人なので、これだけで十分にお腹がいっぱいになったのですが、やっぱり最後に炒飯か麺料理が食べたいなあと・・・、見ると、隣のテーブルに炒飯とスープが運ばれて来ています。
早速注文したら、モッレーオ!(売り切れ)だって・・・。
馴染みの客があらかじめ頼んでおいたのか、人数にあわせて出してきたのか・・・。
多分、あらかじめ頼めば出してくれると思うので、お客は注文できないとは言ってますが、交渉の余地はありだと思います。
それから酒類はビールのみなので、持ち込み必須です。
私たちは、1人が近くのセブンイレブンまで走ってシーバスを仕入れてきました。
ちなみに、、、、このお料理で、たしか1人1,000バーツくらいだったかと・・・ああ、私が払ったんじゃないので忘れちゃいました。

ヤワラートソイこのお店ですが、友人たちが怪しくって入れなかったというソイ(路地)にあります。
ソイの名前は、Trok Issaranuphap で、入口には看板があったと思います。
怪しくてもなんでも、このソイを入らないとたどり着きません。
このソイは、先日書いた乾物屋の並ぶソイの対面とういのか続きにあるのですが、食料品店は少なくなって、不思議な中国グッズがいろいろ売られています。
もうすぐ日本人のお彼岸のような中国人の墓参り行事(清明節)があるので、それに関連したグッズが多かったのだと思います。
ソイを出た大きな通りにもそういうお店がズラーッとならんでいました。
おままごとのようなセットもありましたが、みな、あの世で使えるようにとお供えするようです。
ヤワラート飾りもの

大きなソイには、こんな店もありました。
ヤワラート仏壇  ヤワラート置物
仏像屋さんかと思いましたが、ガネーシャなどヒンズーの神様の像もあったので、なんでも像屋?
なぜか、キリンやシマウマまで・・・。

おまけ
ヤワラート栗  なんか目が回りそうな写真ですよね。
ヤワラート栗売り中華街では、焼き栗のお店があちこちにあります。
店によっては、「ガオラット・イープン(日本栗)」とうい名前も、、、日本人が勝手に「天津甘栗」と言ってるのと同じようですね。
日本の栗を使っているわけではなくて、日本でポピュラーな焼き栗ってことだと思います。

バンコクの中華街は、日本の中華街とも違うし、中国そのものとも違う、混沌とした不思議な世界でもあります。
久々の中華街でしたが、刺激をもらいに、もう少し頻繁に訪ねてみようかなとも思いました。
その時は、またレポートしますね!


面白かったと思っていただけたら3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking

和風ロール白菜、もちろん肉なし!

健幸575 No.278  「目を細め眺む小さなバレリーナ」 jumee☆ballerina1p

昨日は、お友達の招待でBANGKOK CITY BALLET のコンサートに行って来ました。お友達のお嬢さんにとって、最後の公演となるので、花束抱えて行って来ました。 中学に入るにあたって、他のお稽古もあれこれある中、続けたくても続けられない状況のようでした。でも、バレエをやってたことは、彼女にとってきっといい思い出になるでしょうし、身体的にもよかったのではないかと思います。
それにしても、よくまあこれほど・・・と思うほど、日本人の子供たちがズラーッと揃っておりました。しかも2日にわけて開催されてるんですよー。一番下は、何歳かしら、就学前のややお遊戯っぽいものでしたが、ちょっと漫画を見てるような愛らしさでした。大きい子たちで、トウで立ってる子たちを見ると、よくがんばってきたねーとか、なんかウルウル。上手な子、びっくりするほど美人な子、失敗して笑ってる子、困ったちゃん顔の子、いい表情で笑ってる子、ホントに楽しませてもらいました。もちろん、プロも混じってますので、それは素晴らしくウットリさせてもらいました。
私も自分に女の子がいたら、絶対に、バレエを習わせていたと思いますね。それくらい憧れのものです。バレエ漫画は、ほとんどそろえてますもの。何年か前、大人のバレエ教室に行きましたが、古傷の膝がいっぺんに痛みだし、泣く泣く断念したのでした。体重減らしてからじゃなきゃ、やっぱりきついってのがありますね。最近は、大人のためのバレエ教室も多く開催されているようですね、お子さんに夢を託すのもいいですが、ご自分でなさってみるのもいいんじゃないでしょうか? (←ちょっと違う!?) 



★今回のテーマ★  ― 白菜
   「和風ロール白菜」
 

今日は、ちょっと手がこんでいるので、1品だけ紹介しますね。

ハクサイロール
by MOKO

ロールキャベツは定番でおいしいのは、みなさんご存知でしょうが、ロール白菜もおいしいですよ~。
白菜のやさしいお味がよくわかる一品、蒸し料理なので、余計に引き立てられている気がします。
健幸料理なので、もちろん肉なし、でも満足度満点のロール白菜ですよ!

この後、レシピに続きますが、その前に応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking

バンコク中華街探検

健幸575 No.277  「隠れ家の店はいずこか迷いけり」  

ここんとこ、隠れ家的と呼ばれるような看板も出していないお店というのに続けて行く機会がありました。料理屋と飲み屋ですが、飲み屋の方は友達に連れて行ってもらったのですが、タウンハウスで同じような作りが並び、看板も出していないので、これは、一人だとたどり着かなかったかも・・・。隠れ家のようなお店っていうのはわかるけど、ホントに隠れちゃってますよねー。知る人ぞ知るってことでいいと割り切っているんでしょうね。そういえば、エジプトで行ったレストランも看板も何もなくって、探せずに帰りそうになってました。
料理屋の方は、おにいさんが下見に行っていて、私は、その情報をもとにたどり着きました。タラート(市場)のど真ん中に小さな看板があるだけのお店です。おにいさんと友人夫婦と現地集合だったのですが、おにいさんが先に到着。「絶対にたどり着けないから電話して教えてあげなさい」とおにいさんがしつこく言います。電話をしたら、近くまで来ているようだったので、「店の前で待ってますねー」と電話を切ったのですが、私が詳しい説明を省いたことにおにいさんは、怒ってます。中華街の狭くて暗い路地なのですが、地図通り歩くだけだし、店の看板が小さ過ぎてわかりづらいけど、店の前で待ってるんだから大丈夫! と、それに何度も電話するのは、せかすようで気が引けたんですよね。
ところが、待てど暮らせど・・・、ついにHELPの電話がなりました。大きな通りまで迎えに行って、会うことができましたが、彼らが言うには、どう考えてもこんな怪しい通りのはずはないと思って、その周辺の通りをグルグルしていたのだそうです。そんなに怪しいかなぁ・・・? 後でおにいさん、「日本人のふつうの感覚がわかっただろ、どうして人の言うことをきかないんだよ、おねえさんは、もうふつうじゃないんだから・・・云々・・・」とお説教でした。



先日、当地のフリーコピーDACOの中華街特集で、面白そうな店が載っていたからと、友達が根性で予約(正確には秘書が)してくれたので行って来ました。

完全予約制、1日4組しかとらず、オーナー&調理人のおじさんが気が向いた時しか商売をせず、常に予約待ち(場合によっては何ヶ月先も)。
おじさんの本業は、食品の貿易らしいのですが、そこで目が肥え、舌が肥え、いい食材で料理を作って知り合いに食べさせてたら、知り合いだけでも順番待ちとなり、ついでってことで商売にしたらしいです。
でも、あくまでも趣味の延長のようなもので、メニューもお客がオーダーすることはできず、その日の材料次第、でも新鮮な食材とうまい料理は保証するから! ってことのようです。

店の名は、JOK KITCHENと、おじさんの名前が入ったお店です。
その前に中華街探検をしてた私、いろいろ写真を撮ったのに、この店は、おにいさんとギャーギャー言い合ってたもので、隠れ家的な店の隠れ家度を撮るのを忘れてしまいました、、、後悔。

お店に入る前、久々の中華街を探検。
その昔、、、おにいさんは、誰よりも中華街に詳しい人になりそうな勢いで、中華街巡りをしていたのですが、SARS騒ぎの頃から、パタッとやめてしまって、すっかりご無沙汰になっていたのです。

ヤワラート2  ヤワラート3
左が大通り(ヤワラートまたはチャイナタウン)、右は、飲食屋台の並ぶヤワラートソイ11。
ヤワラートソイ11の対面のソイ6を入ると、、、

ヤワラート4  ヤワラート管物や
乾物を中心としたお店がズラーッと並んでいます。
生鮮食料も売っているのですが、時間が夕方だったので、ほとんど店じまいしちゃってました。
しかし、それでも結構な店が開いていて、ついついキョロキョロしちゃいます。
その度に店の人に話しかけられるのがつらい。

ヤワラート乾物屋この左側の黄色いのは、ガポプラー(グラポプラー)と呼ばれる魚の胃袋(浮き袋とも)で、それをを揚げたものです。
中華料理でよくスープや炒め物で供されます。
ガポプラーナムデーン」のスープがあれば、私は別にふかひれスープなんぞ食べたいとも思いません。(単にナムデーン好きという話も・・・ナムデーンの説明は、ゴメンナサイ、よくわかってないです。左のクリックで写真を見られます。)

これまでずーっと、ガポプラーって何の魚を使っているのか謎で、料理店の人に聞いても誰もわからなかったんですが、こうして売っているということは、お店で出されるガポプラーもこういう所で仕入れていたわけで、何の魚かなんて知る由もなかったんでしょうね。
しかし、揚げ物だから、あんまり時間経つとよくないような・・。
写真撮って眺めてたらおばちゃんが寄ってきたので、なんの魚か聞いてみたら、、、やっぱりわからないそうです。
なんでもいいのかな・・・要は雑魚!? 余った部分を集めてるのかしら・・・。

ヤワラートシイタケおばちゃんが寄ってきて話したついでに、おいしそ~な干ししいたけの素性も聞いてみました。
100%中国に違いないと思ったんですがね、、、チビ干しシイタケは、日本だっていうんですよね、ホントかなー? 
でも珍しいので、つい買ってしまいました。
親指の先くらいの大きさでコロコロしててかわいいんです。
そのまんま切らずにスープでも炒め物にでも使えそうです。
そのまんまと言っても、もちろん戻さなくっちゃいけないですけどね。

ヤワラートシイタケさて、これは、なんだかわかります?

私は、大好物だというのに、タイに来てこの中華街に足を踏み入れるまでは、元の形というものがわかりませんでした。
桃屋のしかしりませんでしたからね。
まるごとのザーサイ、日本では、そんなに見ることないですよね?
一度、ハマッて日本に買えるときの土産にしてたんですが、これまたSARS騒ぎや中国食品のあれやこれやで、土産に出来なくなってしまいました。


やっぱりというかなんというか、、、ここまでですでに長くなってしまいましたので、肝心の隠れ家のお店の話も含めてまた次回にします。
月曜日は、レシピをアップの日ですので、火曜日に続きをお届けします!


途中ですみません。 
それでも面白かったと思っていただけたら3つクリックをお願いします!

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking

おつまみ風白菜料理 味噌漬け&辣白菜

健幸575 No.276  「マスクして帽子眼鏡の街歩き」  

今日は、仕事が終わった後、スポーツクラブに行くつもりだったのですが、「どうせ歩くなら外を歩こう!」とおにいさんが言い出しました。健康にめざめる前は、常に美味しい店を探し求めていて、あちこち歩き回っていたのですが、外食が減ってすっかりご無沙汰となっていました。
チョンノンシー駅からラマ3方面に向かったのですが、目新しい店もなく、かれこれ1時間、、、空気は悪いは、お腹はすくはで、あたりも暗く人気もなくなり、だんだんと機嫌が悪くなってきた頃 、おにいさんが「もうどんな店でも次にエアコンのきいたレストランがあったら入ろう」と提案してきました。何もありそうもない暗い道を歩き、最後は、タクシーに乗って家の近くの店に行くことになるかも・・・と思いながら歩き続けたら、やっと明かりが見えました。全く期待しないで入ったら、なかなかの老舗のタイ料理屋、辺鄙な場所なのにそれなりに混んでました。「ルアントーン」というお店ですが、ネットで探してもみつかりませんので、宣伝する必要もないのでしょう。なつかしい正統タイ料理って感じです。(興味がある方、ラマ3交差点「タワンデーン」の対面の店です。)
タイヤムタクライ  タイパックブントート  タイプラムックカイ
(レモングラスのサラダ、空芯菜の天ぷら、子持ちイカのレモン煮)
歩いてきた甲斐があったということでメデタシ、メデタシ。しかし、、、バンコクの中でもナラティワートは特に空気が悪い! おにいさんは、街歩きを復活させたいようですが、ナラティワートに限らず、マスクをしないとどうにも健康に悪そうです。これから暑くなるので、サングラスも必要だろうし、帽子もかぶるとなると・・・かなり怪しいですよね。花粉症の人の散歩も同じようなものでしょうか、花粉症の人は、散歩自体ムリですか・・・?  



★今回のテーマ★  ― 白菜
   「白菜の味噌漬け」
   「辣白菜(ラーバイツァイ)」
 

―――ということで(!?)、今は、とーーーってもお腹がいっぱいの状態なので、、、白菜料理も軽いつまみ系を紹介します。

ハクサイ味噌漬けⅡ
by ♪B♪
ハクサイラーパツァイ
by ☆青☆

お腹がいっぱいでもこれならついつい箸が出てしまうかも・・・。
白菜の漬物というと、なんとなく塩漬けのイメージですが、味噌漬け、おいしかったです!
辣白菜も一応、白菜の甘酢漬けと訳されることもありますので、今日は、白菜の漬物2品のご紹介ってことでしょうか。

この後、レシピに続きますが、その前に応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking


果物あれこれ マヨーンチット、ミニマンゴー、ミニパイン

健幸575 No.275   「果物を勧め メンドーとかえされ」  

外食が多く、野菜を十分に食べられないという人には、果物をおすすめしています。特に午前中に200g程度(バナナ1本とミカン1個分)の果物を食べてしまえば、1日に必要な野菜果物の量をクリアしやすくなります。でもね、かなりの割合で「果物はメンドー」の返事が返って来ます。それか「果物嫌いなんだよねー」とか。 私もおばあちゃんっ子だったので、果物は常に剥いて目の前に用意してあるもので、気持ちは、わからなくはないんですよね・・・。でも、最近は、自分の体のためでもあるので、いろいろチャレンジしています。カットした果物もたくさん売ってますから、なんとか賢くたくさん食べていただきたいと思います。

日経新聞によると、最近は、包丁不要の果物がよく売れているそうです。特に「デコポン」が人気みたいですね。デコポンの本名(?)は、「不知火(しらぬい)」というのですが、1991年に初めて市場に出てデコポンという名ですっかり定着したようです。温州ミカンをのぞいたかんきつ類の中では、伊予かんに次いで2位の生産量(3位が甘夏)になるそうです。伊予かんも甘夏も皮をナイフで剥かなくてはならないので、人気が落ちているのだそうで、デコポンが1位の座に躍り出るのも遠くないのかもしれません。他に「せとか」や「紅まどんな」なんていう包丁を使わずに食べられるのが生産を伸ばしているそうです。(日本にいないと、新品種って浦島太郎状態なんですが・・・。愛媛の友達が言ってましたが、最近、温暖化のせいもあり、ふつうの蜜柑がとれず、こういう新品種がどんどん増えているそうです。)
他にもブドウも皮を剥かずに種もなく丸ごと食べられるのが人気で、栗も渋皮がむきやすい「ぽろたん」に注目が集まっているとか。
メンドーの一言で廃れていく野菜や果物があると思うと哀しいような複雑な気分ですが、とにかくたくさん消費してもらうために農家さんもいろいろ苦労されているわけで、新しい品種は、それはそれで応援したいですね。



果物の話題になったので、最近、タイでみかけた果物を紹介しますね。

タイミニマンゴー
なんだ、ただのマンゴーじゃないの・・・ って思った方、よく見てくださいね。
写っている手と比較してみてください。
タイでもあまりみかけないミニマンゴーです、、、というか、私は、はじめてみました。
見た目、かわいいってだけで、美しくないですが、食べてみたらとーっても甘かったです。

タイミニパイン
これまたパイナップルですが、やっぱりミニサイズ、しっかり甘みがありました。
なんかミニって未熟なうちの早採りかなと、すっぱいんじゃないかと構えちゃうのですが、こういう品種なのでしょうね、すっかり熟して甘いです。

タイミニパイン2
タイでは、こうやって屋台で売ってて、その場で切って食べやすくして売ってくれます。
1個10バーツ(30円弱)、ミニとはいっても1人で食べたらお腹いっぱいになりますから、とってもお得ですね。

お次は、ミニじゃないんですが、、、

タイマヨーンチット

枇杷!? びわ? うわぁ~、タイでもビワが食べられるの~? と、喜んだのは、一瞬でした。
これは、枇杷とは、全くの別モノ。
マヨーンチット(MAYONGCHIT)と呼ばれるもので、英語だとMARIAN PLUM のファミリーだと言われています。(「マ」にアクセント、「ト」は、ほとんど消えます。)
ほとんど似たものにマヨン、マプラーン、マプリンと呼ばれるものがありますが、品種が違います。
マヨーンチットは、少し大きめで、3月と4月が旬、まさに今ですね、スーパーでも見かけた人がいるのではないでしょうか。
得体が知れぬと手を出さずにいた方、ぜひ、試してみてください、おいしいです。

お味はですね、、、これは、英語で別名 PLUM MANGO とも呼ばれているんですが、たしかにマンゴーのようです。
マンゴーにオレンジ系か何かのさわやかさが加わった上品な感じ。
おにいさんは、これを見た瞬間に「あっ、この葉っぱ、マンゴーと同じだ、やっぱマンゴーの種類だろ」と言っておりました。
私は、マンゴーの葉ってよくわからない・・・っていうか、そういう興味を持たずにいたので、負けた・・・ って気分。
種もマンゴーとそっくりで、この小さな実に、結構大きな種が入っているので、食べるところは少ないです。
皮もマンゴーっぽいですから、剥いて食べてください。
どうやら東南アジア限定のようです。
デコポンを食べられないかわりに、マヨーンチットでも食べることにしましょう。


いつも応援ありがとうございます。
今日は、果物のお話でした。面白かったら3つクリックをお願いします!

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。