ふつ~にサッパリがありがたいのよ~ 【キュウリ酢の物】

アップロードファイル  キュウリというとさっぱり料理が多いですが、これもそんな一品です。
キュウリの酢の物というといろいろあるでしょうけれど、身近な野菜を使えるのがいいですね。


きゅうり酢の物 by sakko

アップロードファイル  日本の夏もそうだろうが、タイでは、サッパリしたものを食べられるのは、うれしいことだな。
タイ料理の中では、サッパリしたものというのはあんまりないからな、酢の物というのは、ホッとするね、自然と箸が向いたよ。 

アップロードファイル  タイ料理って、一見、「サッパリしてるかな?」って思うものでも、辛かったり甘かったり・・・、ふつ~にサッパリってあまりないですね。
私も野菜をたくさん食べたいと思うと、つい、ドレッシングをかける野菜サラダに走ってしまうんですが、こうして酢の物にすると、たくさん食べられていいですね。

アップロードファイル  これは、酢がきつすぎず、サラダ感覚でパリパリ食べられるところがよかったな。
アップロードファイル  副菜に何かもう一品、、、という時に、ささっと作れるのもありがたいです。


【材料】 2人前
キュウリ 2/3本、 大根 50g、 人参 2/3本
酢 大さじ半分、 しょう油 大さじ半分、黒砂糖 大さじ1(好みで適量)

【作り方】
(1) キュウリと人参は、薄く輪切りに、大根は、薄く半月切りにします。
(2) 切った野菜をボールに入れて合わせ、塩を振って軽く揉んで、しばらく(15~30分)置いておきます。
(3) 野菜の水分をギュッと搾って、あわせておいた調味料と混ぜ合わせます。


アップロードファイル  この一品もそうだが、タイキュウリでも、生のまま加工して、青臭さもなく、おいしく食べられるものなんだなあ、なかなかいい発見をしたよ。
アップロードファイル  しっかり塩もみするのがポイントでしょうか。
タイでは、1年中路地物が食べられるという恵まれた環境にあるわけですから、私ももっと積極的に活用していきたいなって思っているところです。


 (↓)毎度、クリックありがとうございます! ランキングの順位が上がりま~す!! 
            にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ       
スポンサーサイト

週末は豪勢に!海老も一緒にナス炒め

アップロードファイル  う~、9月ももう終わりなんですねぇ~。
今月は、金曜日が月末、タイでは月末がお給料日の会社が多いので、あちこちのレストランがにぎわっていたんじゃないでしょうか。

アップロードファイル  土曜出勤の会社も多いけど、銀行にあわせるから、みんな金曜のうちに振り込まれていたんだな、喜んでるだろ~なぁ。
アップロードファイル  フフ、なんか給料日っていうとそれだけで豪勢な気分になりませんか? なので、紹介するお料理も豪勢なのを選んでみました!

ナスオイスター2 by ロハ子

アップロードファイル  おっ、立派な海老が入った立派な一皿、レストランで出される料理みたいだなぁ。
アップロードファイル  そ~で~す、お味もプロ級でしたー! 
家庭で簡単に作れるの? ってビックリなんですよー、ちょっと見てみてください!


【材料】
ナス 1本、エビ 3匹、 バジル、オイスターソース 大さじ1~2、水大さじ1、
生姜、にんにく、唐辛子、油 適量、

【作り方】
(1) なすを乱切りにして、水にさらしてアク抜きをする。
(2) エビの背わたをとって、ぶつ切りにする。
(3) エビは、表・裏をしっかり油で焼きつけ、生姜、にんにく、唐辛子を加える。
(4) ナスを入れて炒め、オイスターソースで味付け、水を加えてナスに火を通す。


アップロードファイル  エビをしっかり焼くのがポイントだそうです、そこで旨みが出るわけですね。
殻つきの方が断然おいしいので、食べる時にちょっと不便でも、ぜひ、殻つきのまま料理してください。

アップロードファイル  これは、タイ料理ということになるのかな。
バジルが独特の味と香りで、エビとナスをまとめて、うまさを広げているよね。
タイには、いろいろなバジルがあるから、料理も楽しくなるだろう?

アップロードファイル  バジルもいつかじっくり研究してみたいとは思っているんですが・・・。
とりあえず、動物質のものと一緒にしっかり炒めるなら、バイ・ガパオと呼ばれるホーリーバジルがおいしいと思います。
生では苦くてまずいんですが、炒めて動物質と合体するとなんとも言えない深みが出るんですよ。
他にバイ・メーングラックと呼ばれるヘアリーバジルも合いますね、バイ・ホーラパーと呼ばれるスイートバジルは、、、生食とかスープ系の方がいいでしょうかね。

アップロードファイル  私は、「バイ・ガパオ・ムーサップ」という、ホーリーバジルの豚ひき肉炒めが大好きでねぇ、何杯でもおかわりしたくなるよ。
アップロードファイル  よく、ゴルフ終わってのランチとか、おじさんたちが注文してますよ。
普段は、タイ料理を食べないような人でも、なぜかバイガパオにはまるようですね。。
アップロードファイル  10年くらい前にタイのマクドナルドで、「バイガパオバーガー」っていうのを売ってたんだけど、知ってるかい?
なぜか一瞬でなくなって幻の一品になってしまったけどな、なかなかうまいと思ったんだが、消えてしまって残念でならないよ。

アップロードファイル  MR.CHIN、ファーストフードなんて行くんですかぁ? 
私は、避けてるのでよくわからないですけど、タイのオリジナルメニューとしては、面白い試みですね。
でも、豚肉だと豪勢な感じはしないですよね、日常食、しかもランチって感じ? 
それを豚をエビにするだけで、豪勢だーって喜んでるのは、私だけ?


ナスオイスター

アップロードファイル  たしかに豪勢に見えるなー、大きめのエビだから余計に。豚肉とは違うなー。
だが、タイでエビを食うのは、豪勢っていうほどのことではないだろう? 安く新鮮なのが手に入るわけで、好きな人には、たまらん環境だな。

アップロードファイル  でも、たまに食べるのがいいですね、やはりコレステロールが気になりますし。
タイ人にコレステロールが高い人が多いのも、やっぱりこのおいしいエビのせいかしら・・・。

アップロードファイル  タイはシーフードが安くて新鮮でうまいし、エビもイカも貝類も、、、コレステロール万歳の世界だって言われるけれど、必ずしもコレステロールが高くなる原因が、シーフードとは限らんのだよ、かえって、下げる成分が入ってるという話しもあるし、まあ、いろいろな説があるんだけどな。
料理の仕方、油の量とか、そういうことにも関係しているんじゃないかな。
そうそう、この料理、エビの変わりにイカでもうまいんじゃないか?

アップロードファイル  そうですね、偏らずにバランスよく食べていたらいいのかしら・・・食べ過ぎないようにってことですね。
この料理は、エビの量はそれほどじゃなくて、ナスというお野菜をたっぷり食べるためのお料理って感じなので、いいですね。
とにかく、いろいろアレンジを楽しめそうです、みなさんもお試しください!


 (↓)毎度、クリックありがとうございます! ランキングの順位が上がりま~す!! 
            にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ       

土佐の香りのポリポリきゅうり

アップロードファイル  タイのキュウリは、イボがなくて長いのと短いのが2種類あると紹介しましたが、今回、紹介するのは、短い方を使った漬物、「土佐漬け」です。
アップロードファイル  小さい分、種も小さいし、皮も薄めだから、まるごと食べるのにちょうどいいんだな。
アップロードファイル  そうはいっても、これまで、皮ごとポリポリって感じで食べたことはなかったんですけど、この土佐漬けは、きゅうりをまるごとポリポリ、、、いや、ボリボリかな? なんか、食べたーって感じがしましたね。
アップロードファイル  また、酒が飲みたーい! とか、言い出すんじゃないかい?
アップロードファイル  それは、も~そ~なんですけど、でも、この土佐漬けは、お茶にも合うような気がします。
アップロードファイル  お~、そうだねぇ、漬物ポリポリしながらお茶を飲むのも、また乙だよね~。
そういえば、なんかの番組で「漬物膳」というのを紹介していたけど、うまそ~だったぞー。

きゅうりの土佐漬け by ロハ子

アップロードファイル  なるほど、これが土佐漬けか・・・、あの、実はな、土佐漬けって言葉を初めて聞いたんだが、、、?
アップロードファイル  えっ? MR.CHINもご存知なかったんですか? ヤダー、解説してもらおうと思ったのに・・・。
ホームページや料理本を探してみたんですけど、たしかに「土佐漬け」っていう料理は出てくるんですよ、数の子の土佐漬け、いくら土佐漬け、竹の土佐漬け、沢庵土佐漬け、、、とかとか、いろんなのがありましたよ。
でも、由来とか正しい作り方っていうのがないんですよ、じっくり汁に漬けてることもあれば、和えた程度のものもあったりして。

アップロードファイル  あれだな、要は、鰹節を使うから土佐ってことなんだろうな。
土佐酢、土佐醤油、土佐煮っていうのがあるわけだし。
まあ、詳しいことはよくわからんけど、うまかったんだからいいってことにして、作り方を教えてくれ。

アップロードファイル  は~い!


【材料】
きゅうり、 鰹節、 おろし生姜、 しょう油

【作り方】
(1) 小さいきゅうりを叩き潰して乱切りにする。
(2) 鰹節、おろし生姜をたっぷり入れて、しょう油で味付けして、よく混ぜてから器に盛る。


アップロードファイル  う~む、相変わらずレシピがアバウトだけど、まあ、鰹節と生姜がポイントなんだろうな、これは、うまかったぞ、たっぷり使うといいだろう。
何気ない料理のようで、実は贅沢な一品っていう気がするな。
これは、簡単に和えただけのようだが、よ~く揉んでみるとか、30分おく、一晩おくっていうことをしても、また、味がかわってくるかもしれないね、試してみたいもんだ。

アップロードファイル  鰹節って軽いから、日本に帰ったらいくらでも持ち帰れるし、最近は、タイでも日本食ブームで、スーパーで立派な鰹節が売ってたりするんで、気軽に作れる料理かもしれないですね。
なんか、うちは、しばらく土佐漬けブームになるかも・・・。

アップロードファイル  さてさて、その時に飲むのは、お茶なのか日本酒なのか・・・!?

 (↓)毎度、クリックありがとうございます! ランキングの順位が上がりま~す!! 
            にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ       

ナンプラー&お酢でさっぱりキュウリ

アップロードファイル  キュウリとトマトというと、夏野菜の組み合わせで、サラダにしてよく食べますよね。
アップロードファイル  キュウリとトマトという組み合わせだと、中国では、卵を入れて炒めて食べるのがとてもポピュラーだよ。
アップロードファイル  あっ、中国で食べましたよ、キュウリとトマトを炒めちゃうって感覚は、一瞬、えっ? って思ったんですが、卵がフワフワでおいしかったです。
家庭料理のイメージがあったんですが、紹興に行った時に、人気のお店で飛ぶように売れているのを見てビックリしました。

アップロードファイル  キュウリとトマトだけで、いろんな風に楽しめるってことだな、で、紹介してくれる料理は、キュウリとトマトの料理なんだな?
アップロードファイル  はい、こちらです。

キュウリとトマト by sakko

アップロードファイル  う~ん、見ただけじゃ、わかんないですねー、ナント、ナンプラーが入ってるんですよ。
アップロードファイル  ナンプラーっていうのは、タイの魚醤だろ、結構、臭いがきつい調味料なのに、この料理では、臭いも魚臭さもなくサッパリ食べられたね。
アップロードファイル  そうなんですよ、和え物というか、サラダのような漬物のような、なんかサッパリというか、さわやかって感じ? 私は、パクパク食べちゃいました。
ナンプラーが入ってるから、タイ人にも食べてみて欲しいですね、生野菜嫌いの多いタイ人も、これなら好きになるかも?


【材料】
キュウリ 1本、  トマト 大きめ 1個
ナンプラー 大さじ1杯半、 酢 大さじ1杯半、  黒砂糖 小さじ1

【作り方】
(1) キュウリは、皮を剥いて種をとり、一口大に乱切りします。
(2) トマトは、ヘタをとって、一口大に乱切りします。
(3) 調味料をあらかじめ合わせて、キュウリとトマトに混ぜます。


アップロードファイル  へえ、ナンプラーと酢と砂糖だけで、あの旨みが出てたのか、ナンプラーの力ってことだな。
アップロードファイル  これなら、パパッと作れちゃうんで、忙しい時にはいいかも。
上の写真は、種がついてるんですが、みんなで食べてみて、種はない方がいいかな? って話したんです。
あっ、もちろん、これは、タイのキュウリの場合ってことですけど。
トマトも皮を湯むきした方がいいのか、そのままでいいのか、意見が分かれましたね。

アップロードファイル  そうだなぁ、湯むきした方が、全体がやわらかい感じになって、味もよくしみるだろうし、でも、皮の食感ってのも捨てがたいな、それに、皮には旨みもあるし、リコピンが豊富に入ってるんだよ。
アップロードファイル  リコピンですか?
アップロードファイル  そう、美白効果があるんだよ、紫外線から肌を守ってくれるんだ、それに抗酸化力も強いしね。
アップロードファイル  美白! タイに住む人には、必須じゃないですか!
そうですね、トマトの種類によって、皮のを剥くかどうか考えてもいいかもしれないですね。
そうそう、研究所の料理は、素材そのものを研究しようってこともあって、シンプル料理が多いんですよ。
こうやって、素材の味をじっくり味わうっていうのも大事だなぁって思いました。
みんなで意見を交換すると、それぞれ好みがあったり、発見もあります。

アップロードファイル  うんうん、楽しんでやってる様子もよくわかるよ。
素材とじっくり向き合うってことは、忙しく料理していると、なかなかできないことだからね、この調子でがんばってくれ!


 (↓)毎度、クリックありがとうございます! ランキングの順位が上がりま~す!! 
            にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ       

楽チンチーン!の温ナスサラダ

アップロードファイル  タイのナスのおいしさ、シンプルな料理のおいしさがわかってきたところで、お次は、「手抜きでもそれなりにおいしいナス料理」の紹介です。
ナスの温サラダ by ☆青☆

アップロードファイル  なんだか焼きナス料理に似てみえるねぇ。

ナスの温サラダ2

アップロードファイル  アップするとこんな感じなんですが、これは、最初から皮を剥いて、レンジでチンしただけの簡単料理なんです。
クタクタ、トロトロってところは、たしかに焼きなす料理に似てるかもしれませんけど、ちょっと水分が出ちゃってます。

アップロードファイル  珍しいね、これは青ちゃん料理だろ、電子レンジは、使わないポリシーじゃないのかい?
アップロードファイル  いえ、ポリシーってほどでもないのですが・・・。
去年、オーブン買ったら、レンジもついてきたんですけど、これまで10年くらいレンジなしにやってきたんで、あんまり必要ないんですよね。
なんて、、、実は、使い方がよくわかっていないっていうのもあるんですけど・・・。

アップロードファイル  チンするだけのレンジに使い方も何もあるのかね・・・? 
で、なんで、今回は、レンジ料理になったの?

アップロードファイル  この料理は、日本に帰った時に、義理の母がテレビで見たといって作ってくれて、簡単でおいしいし、しかも、私の大好きなザーサイが入ってたので、すっかり気に入っちゃったんです。
レシピを紹介しますね。


【材料】
ナス 2本、ザーサイ 適当、細ネギ 数本、きのこ いろいろ適当に、ゴマ油 
好みで、生姜、にんにく、唐辛子、紹興酒、しょう油 など

【作り方】 
(1) ナスは、皮を剥いて、細長に食べやすい大きさに切って、耐熱皿に並べます。
(2) 他の材料も適当に切って皿に入れ、ごま油をかけて混ぜ合わせます。
(3) 軽くラップをしてレンジで4分、一度、取り出して、かき混ぜて2分、火が通ったら出来上がりです。 


アップロードファイル  ねっ、ねっ、簡単でしょ。
アップロードファイル  私は別に、簡単な料理を手抜きとは呼ばないけれど、レシピが手抜きだな、なにもかも適当じゃないか。
アップロードファイル  いいんです、どうやったって、それなりにおいしくできますから。
もとは、ナスとザーサイとごま油だけのシンプルなもので、それだけでも十分においしいんですよ、今回は、ちょっと欲張ってみたのです。
あるもの何でもぶちこんじゃえー、みたいな。
ただ、紹興酒を入れてみたんですけど、ちょっと出来上がりが水っぽくなりすぎるので、やっぱり、入れない方がいいのかなあって悩んでいるんですけど。。。

アップロードファイル  う~ん、たしかに紹興酒が入るとうまみがアップする気はするんだがなぁ、汁物みたいになっちゃうのもあんまりよくないだろうな。
それより、ちょっとしょっぱくなかったかい? やっぱり適当、なんて言ってると、うまくいかないんじゃないの?

アップロードファイル  そうなんですけど、、、ザーサイが思ったより、しょっぱかったんです。
だけど、レシピに分量書いたって、ザーサイの塩辛さでかわってくるわけですから、あまり参考にならないじゃないですか・・・。

アップロードファイル  そうとも言えるか・・・。
しょう油は、出来上がってから足してもいいわけだから、最初は、薄味にした方がいいってことだね、後は、味見しながら勘を働かせるってことだな。
それより、「それなりにおいしい」っていうのは、どういうことだね。

アップロードファイル  それがですねー、きのこを入れるのがグッドアイデアだと自画自賛してたんですけど、この間、「ためしてガッテン」で、きのこは、低温でじっくり加熱するとうまみが出るそうで、レンジで急に過熱したりしたら、あんまりおいしさが出てこないらしいんです~。
じゃあ、このレシピ、ダメじゃん、、、って、ちょっとガックリきてるんですけど。

アップロードファイル  ああ、そういうことか、きのこの種類にもよるだろうし、まあ、それなりにおいしかったよ。
いろんな種類のきのこが入っていて、一見、豪勢な一品に見えるし、そんなのをあっという間に作れるのは、電子レンジのなせる業なわけで。
ナスに限っていえば、電子レンジで加熱しても、十分においしいと思うよ、まあ、直火で焼くのと比べたらなんともいえんが、皮を剥く時間なんかも入れても10分でできる料理とは、とても思えないうまさだよ、自信もってみんなに薦めていいんじゃないかな。

アップロードファイル ハイ、ありがとうございます。
それにしても、レンジの便利さには、感心しましたね。
私ってば、いつの時代の人なのかしら・・・。
簡単に健幸料理を・・・という観点でいくと、レンジは、これからも活用した方がいいのかもしれないし、でも、電磁波とか、いろいろ言われているのもたしかで、、、いや、それより、私は、やっぱり、誰かに教えてもらわないと、ず~っと使いこなせないままのような気がします。。。


 (↓)毎度、クリックありがとうございます! ランキングの順位が上がりま~す!! 
            にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ       

シンプルゆえに旨さが伝わるトロトロ焼きナス

アップロードファイル   今回、紹介するのは、タイのナスのよさが存分に味わえるこのお料理です!

焼きナス by ロハ子

MR.CHIN1  こりゃ、うまいぞ~! ・・・って、いや、ちょっとこの写真じゃ、なんだかよくわかんないんじゃないかな。
アップロードファイル  アハッ、、、削り節たっぷり、贅沢な一品なんですけどねぇ、、、じゃあ、これでどうです?

焼きナスアップ

アップロードファイル  おっ、ナスの姿が現れたね、こうやってみると、やはり日本のナスとはちょっと違うかな。
焼きナスにした場合、日本のナスに負けず劣らず、いや、ひょっとしたら日本のナスよりうまいかもしれんぞ、トロトロで甘みがなんともいえん。
焼きナスって料理は、シンプルな料理だけど、いや、シンプルだからこそかな、うまいもんだよね。

アップロードファイル  シンプルだけど、でも、真っ黒な皮を剥くのが、どうしても面倒な気がしてしまって、実は、私、まだ挑戦したことがないんです。
アップロードファイル  えーっ! こんな簡単でうまい料理、やったことないの~? 信じられん・・・。
アップロードファイル  ピーマンの皮を抜くのに苦労したことがあって、どうも、トラウマというか・・・。
アップロードファイル  ナスの方が簡単だよ、竹串をヘタに刺して持って、ヘタの方から剥くと、スルーって簡単に剥けるよ。
どうしても熱かったら、もう1本、竹串を使って、竹串で皮を持ち上げるようにしてもいいよ。
それでもど~しても熱いのがダメな人は、さっと氷水につけるって技もあるよ。
ただ、とにかく氷水で手を冷やしながらでも、熱いうちに剥かないと、剥きにくくなるのはたしかだな。

アップロードファイル  うむむむ、、、なんか、ちょっと男の料理っぽくありません?
ちょっと、そこのおにいさん、ナスを焼いておくれよ~、みたいな。
アップロードファイル  たしかに、酒のつまみにもピッタリの一品だから、お父さん、ガンバレー! っていうのは、いいかもしれんな。
アップロードファイル  でしょ、でしょ? あっ、でも、私も酒飲みのはしくれとして、自分でも挑戦してみます! 
そもそも、やってもみないで苦手意識持ってちゃダメですよね。
では、レシピチェックをしてみましょー!


【材料】
ナス、おろし生姜、削り節、しょう油

【作り方】
(1) ヘタの部分に一周、切り目を入れます。
(2) 焼き網で強火でイッキに焦げ目がつくまで回転させながら焼き、ジュッと湯気が出ればOKです。弱火だと水分が流出してうまみも逃げてしまいます。
(3) 熱いうちに皮を剥きます。
(4) ヘタを切り落とし、食べやすい大きさに切って盛り付けます。
おろし生姜、削り節、しょう油をお好みの量、かけてお召し上がりください。


アップロードファイル  ナスには、かつお節が合うんだよ、ナスのうまみ成分のグルタミン酸 + かつお節のうまみ成分のイノシン酸 いや、足し算じゃなくて、掛け算効果があるだろうな。
皮を剥いたらすぐに下味をつけた方が水っぽくならずに、そのまま冷蔵庫で冷やすとおいしさアップっていう話もあるよ。まあ、これは、お好みだね。

アップロードファイル  ナスを切るときは、箸や手で裂くようにした方がいいっていう本もあったんですけど。
アップロードファイル  そりゃ、その方が味がしみやすいからだろうな。
火が通ってすっかりやわらかくなっているから、簡単に裂けるよ。

アップロードファイル  あ~、焼きナス思い浮かべてたら、日本酒が飲みたくなっちゃったー!
アップロードファイル  それを言うでないよ、う~む、タイでもっと気軽に日本酒が手に入るといいんだがなぁ。
アップロードファイル  タイで売ってるのは、あんまりいいお酒ないし、やけに高いし、、、かといって、日本から持ってくるにも限界があるし、、、お酒の機内持ち込みができなくなっちゃって、なかなか日本から来る人にも頼みづらくなっちゃってますものね、、、ないものねだりしてちゃいけないんですけどね。
でも、やっぱり日本酒と一緒に食べてみたいので、焼きナスは、今度、日本酒が手に入った時に作ることにしようかな!

アップロードファイル  そうだな、なんか近いうちに手に入る気がするよ、願えば叶う!
よしっ、その時には、焼きナスつまみに乾杯しよう、しっかりうまい焼きナスを作ってくれよ!


 (↓)毎度、クリックありがとうございます! ランキングの順位が上がりま~す!! 
            にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ       

キュウリを炊いたらキュウリたいたん?

アップロードファイル  今回は、キュウリの料理だね、それにしても、変なタイトルだね、ダジャレかね。
アップロードファイル  ダジャレじゃないですよー、ホントに「たいたん」っていう料理の名前なんですよ。
京都では、煮物のことを「炊いたん」って言うんですって! 
お惣菜屋さんでは、「○○のたいたん」って、ズラーッと並んでいるそうですよ。
「炊いたもの」からきてるらしいですが、大阪でも言うみたいですね。
私も今回、初めて知ったんですけどね、お野菜を「炊く」という言葉自体、なんか発見でした。

アップロードファイル  なるほど、煮ることを炊くと言ってはるのやな、それとも微妙にニュアンスが違うんやろか、京都らしいええ言葉やな~、平仮名なのもええな~。
アップロードファイル  いきなり関西弁ですか! ちょっと怪しい関西弁ですね、ボロが出ないうちに、お料理を紹介しちゃいましょう。
lきゅうりのたいたん by ロハ子

アップロードファイル  ほ~、ホンマ、しっかり炊いてはって、えろうおいしそやね。
アップロードファイル  ほな、作り方、、、って、私まで怪しい関西弁になっちゃうじゃないですか~。

【材料】
きゅうり、水、塩、しょう油、砂糖

【作り方】 
(1) キュウリの皮を剥いて、縦半分に切って大きく斜め切りにします。種は、とりません。
(2) 鍋に水、塩、しょう油、砂糖を入れて沸騰させます。
(3) キュウリを入れて、5~8分くらい煮ます。あれば、ゆずを入れると香りもよくっておいしいです。


アップロードファイル  5~8分くらいでええんやね、しっかり味がしみてたけど、思ったより短時間やな、味が染みやすいんかな。
いや、それよか、材料の分量が書いてあらへんがな、どへんなっとるの?

アップロードファイル  あの~、ちょっと事情がありまして、この日、ロハ子さんは、体調不良を押し切って参加してくださったもので、材料の細かい分量まで記録できなかったそうなんです。
ベテラン主婦ですからね、適量の勘っていうのが染み付いてますからね、あらためて分量を数字にするのって、大変なんですよ。
私の場合は、いつも思いつき料理で、味をみながら急に足したりするので、やはり、分量を書き出すのは苦手なんですが・・・。
アップロードファイル  ほんならしゃあへんな、みなはん、それぞれに勘を働かせてみたらいいでっせー。
アップロードファイル  ハイ、よろしくお願いします。
アップロードファイル  そういえば、このたいたん、ゆずの香りがしたけど、どないしたん?
ゆずは、タイにはないやろに、どへんやって手にいれた?

アップロードファイル  それはですね、ロハ子さんが日本に帰った時にまとめて買って帰って、冷凍してたんですって。
冷凍しても、しばらくは、香りがキープできるそうですよ、1年くらい大丈夫だそうです。
ところで、タイキュウリの種って、大きいし、水っぽいし、種というのは、そもそもキュウリ臭さがもっともあるところじゃないかと思うので、種は、取り除いた方がいいかと思っていたんですが、このお料理ですと、種が気になりませんでしたね。
MR.CHIN、キュウリの種って栄養、あるんですかね?
アップロードファイル  さすがのわいかてそれは、わかりまへん、どなたはんか、おせーておくんなはれ。
まあ、おいしく食べらはるなら、種があってもなくてもいいんやん? 
種があった方がうまいこともあるし、料理によるんやろ。

アップロードファイル  そうですね、それにしてもMR.CHIN、前回は江戸弁で始まったのに、今回は、関西弁ですか、一応、京都弁なんでしょうか?
友達に京都の人がいるし、京都に嫁いだ人もいるから、なんか、雰囲気出てるのは、わかりますよ。
「たいたん」さえ知らなかった人が、よくしゃべりましたね、京都の方、あってました?
アップロードファイル  私は、七色の言葉を操る謎の中国人やから。
アップロードファイル  七色の言葉って・・・? 
京都は、たいたん料理、おいしいのがいっぱいあるんでしょうね、これから食欲の秋だし、おいしそー!! あ~、行ってみたいです~!

 (↓)毎度、クリックありがとうございます! ランキングの順位が上がりま~す!! 
            にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ       

お茄子と味噌の出会いには・・・

アップロードファイル  なんだい、なんだい、ナスやキュウリの料理の紹介っていうから楽しみにしていたのに、サボってちゃいけないよ。
アップロードファイル  すみませ~ん、土日は、ちょっと忙しかったんです~、それにパソコンが違うと、なんか勝手が違って・・・。
っていうか、MR.CHIN、なんか、江戸弁になってません?
アップロードファイル  いや、ちょっと、江戸に留学してたもんで、時々ね。それより、そういう細かい指摘はいいから、ほら、ほら早く。
アップロードファイル  江戸に留学ってなんなんですかー! でも、気の短いところは、たしかに江戸っこみたいですね。
じゃあ、早速、お料理写真のアップです。

ナスとレンコン  by sakko

アップロードファイル  おっと、どアップだね、ああ、これは、おいしかったね~、ピリ辛味噌炒めだろ、味噌とナスって、やっぱり相性がいいっていうのがわかったけど、レンコンが加わって、食べ応えのある一品になってたね。
アップロードファイル  そうですね、ご飯と合うんですよね~。
私なんて、ナスの味噌炒めというと、ピーマンしか思いつかなかったのに、レンコンと人参という組み合わせもあるのか~って、感心しちゃいました。
食材とか調味料の組み合わせって、つまり、食材同士の出会いってことですけど、料理人が頭をやわらかくして、いろんな出会いを作ってあげなきゃって思いました。
ピッタリのモノに出会うと、ホント、お料理が喜んでる感じで、おいしさアップですものね。
それでは、レシピを紹介しますね。


【材料】 2人前
長ナス 1本、 人参 30g、 レンコン 50g、 唐辛子 1本、 ごま油 適量、 
味噌ダレ(味噌 大さじ2、 みりん・酒・砂糖 各大さじ1)

【作り方】
(1) ナスと人参は、2~3cmの長さに短冊切りします。
(2) レンコンは、5mm幅の半月切りにして、酢水につけておきます。
(3) フライパンにごま油をひき、唐辛子を入れて、ナスを加えてしんなりするまで炒めます。
(4) 人参とレンコンを入れて更に炒めて、合わせておいた調味料を加えて混ぜて、さっと炒めてできあがりです。


アップロードファイル  ほ~、人参とレンコンが後になるのか~。
アップロードファイル  だから、シャキシャキ感があったんですね、ナスの柔らかさとレンコンと人参のシャキシャキがまた面白くてね、なんか、やわらかいナスが、レンコンと人参を包んであげているような感じでしたね。
アップロードファイル  私は、辛いのが好きだから、もっと唐辛子を入れて作ってみたいね、味噌と辛みというのも、またいい組み合わせでねぇ、うまいよ、きっと。
アップロードファイル  えっ? MR.CHINもお料理するんですか~?
アップロードファイル  そりゃそうだ、旨いものを食べるには、自分で料理するのがイチバン! 
それに、私だって健康に気をつけてるからね、この頃は、ここのレシピを参考に、タイの食材を使いながら、料理を楽しんでるんだよ。
だから楽しみにしてるんだから、がんばってアップしておくれ。
簡単な料理が多いし、アレンジもしやすいから、なかなかチャイダイだね。

アップロードファイル  チャイダイって、いきなりタイ語を入れてもわからないじゃないですかー。
「使える」「使い物になる」というような意味で、一応、褒め言葉ってことですかね、喜んでおきます。
じゃあ、そのうち、MR.CHINのお料理も食べさせてくださいね。
アップロードファイル
  いやいや、そしたらほら、えらそうなことが言えなくなるからね、まあ、私は、私の楽しみってことで・・・。

 (↓)毎度、クリックありがとうございます! ランキングの順位が上がりま~す!! 
            にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ       

キュウリにイボがない!

アップロードファイル  タイのキュウリの紹介をしま~す!
アップロードファイル  おっと、いきなり始めちゃうのかね、タイのキュウリは、日本のと違うから、これまた面白い研究になったんじゃないかね? 

アップロードファイル  そうなんですよ~、研究し甲斐がありました。
 私、タイに来た当初は、ナスもショックでしたけど、キュウリにもショックを受けました。
 キュウリというより、まさにウリそのものって感じで、和食には、到底合わない気がしたし、正直、大味な感じがして、あまり買う気には、なれませんでしたね、ピクルス用なのかとも思ってました。
アップロードファイル   タイでは、チャーハンとかご飯もののつけあわせで、生のスライスがよく出るじゃないか、私は、生でもよく食べるけどね。

アップロードファイル  最近は、「日本きゅうり」の名で、チェンマイあたりの涼しいところで作ったキュウリが、タイのスーパーでも売られていますね。
 でも、見た目は日本のキュウリですが、中のみずみずしさがイマイチだったりするのもあって、当たり外れがありますね。
 だったら、タイのキュウリの方がおいしいかな、と思うのもありますから、料理によって使い分けたりしてます。
 私は、生で食べる時、緑色が欲しい時には、日本キュウリを買っちゃいますけど、加熱や漬物用には、タイキュウリの方がおいしい気がしますね。
 それより、タイのキュウリは、ヨーロッパのキュウリと同じなのだと思ってましたが、たしかに大きさや太さは似てても、ヨーロッパでもキュウリには、イボがあるみたいで、タイのものとは違うようなんです。
 タイのきゅうりは、タイだけのものなんでしょうか?
アップロードファイル それは、あれだな、たぶん、インドのキュウリと同じじゃないかな、インドで見たのは、タイのとそっくりだったよ。

アップロードファイル なるほど~、そうですよね、キュウリは、インドが原産地と言われてますし、タイは近いし、環境も似てますものね。
 そうそう、タイのキュウリって、こんななんです。

タイのキュウリ

アップロードファイル  まさにツルツル、日本では、いいキュウリを選ぶ条件に、イボがしっかりしているものがいいなんていうけど、タイでは、通用しないな。
アップロードファイル  カゴに入ってるのと入っていないのとで、長さが違うのがわかると思いますが、タイでは、それぞれ別の品種として扱われています。
 今回は、長い方を主に研究してみました。


 続いて基礎知識です。でもその前に! 応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking

タイのナスは、長くて緑

アップロードファイル  もう9月も末だというのに、日本は、残暑がまだ厳しいところもあるようですね、体調管理にご注意ください。
 野菜中心の健康食を食べていれば、免疫力もつきますから、ぜひ、普段の食生活に野菜をたくさん摂り入れてくださいね。
アップロードファイル  今度は、ナスとキュウリを取り上げるんだって? 日本では、夏野菜のイメージだけど、タイは、1年中夏だからいいね。
アップロードファイル  まずは、ナスから紹介していきますね、日本でも、まだまだナスは、おいしい季節だと思いますから、今回のメニューは、お役に立つのじゃないかしら。
ナスといえば、タイに来たばかりの頃、麻婆茄子を作ろうと思ってスーパーにナスを買いに行ったら、日本でふつうにみられる、紫のナスがなくて途方にくれたことがありました。
アップロードファイル そうそう、タイで売ってるのは、日本では、ヨーロッパ系といわれている長ナスで緑色なんだよね。
 でも、他にも紫で手の指くらいの長さの小型のものとか、まん丸でピンポン玉くらいとか、親指の爪くらいの大きさとか、変わったナスがたくさんあって、ナムプリックとかゲーンとか、それぞれの特徴をいかして、たくさん食べられているよ。

アップロードファイル  私は、ふつ~の日本のナスを食べたいだけだったんですが、、、仕方なく、緑の長ナスを買ってみたら、あら、おいしい! 日本のナスと遜色ないので、ビックリしました。
アップロードファイル  火を通したときの甘味は、日本のナスよりむしろうまいんじゃないかと思うよ。
 タイ人がよく食べる辛いサラダの「ヤム・マクーアヤーオ」なんて、まさに焼きナスの旨さを存分に生かした絶品、辛さをおさえたら、日本人も病みつきになると思うよ。

アップロードファイル  私も大好きです! 今回は、その長ナスに取り組んでみたんです、こんな姿をしてるんですよ。

タイのナス

アップロードファイル 青ちゃんの野菜の画像には、なぜか、いつも七味唐辛子の瓶が一緒に写ってるね。
アップロードファイル  大きさをわかってもらうために、何かテキトーなのがないかと思って、、、家にあって思いつくのが、これしかなかったんです。。。それより、ナスの基礎知識、ざっと紹介しますね。

[学名] SOLANUM MELONGEANA LINN.
[英語] LONG EGGPLANT
[タイ語] マクーア・ヤーオ
[植物学上の分類] ナス科 ナス属
[その他の名称]  (泰)マクーア・ファラン (日)コラム、ヨーロッパナス、(仏・独)AUBERGINE

[原産地] インド、ミャンマー
[生産地] タイ国中
[食べ頃] 年中栽培
[購入場所と値段] TOPSスーパーマーケット 2本入り 27バーツ、29バーツ
[購入時の注意] 
傷がなく、全体にハリとツヤのあるもの、虫食いなども外からチェックしてみましょう。
水分が多いので、持ってみて大きさに見合う重みのあるものがいいです。

[野菜の歴史など]
原産地はインドで、かなり古くから栽培され、中国には、5~6世紀、日本にも8世紀に伝わりましたが、ヨーロッパには13世紀、北米には16世紀と、アジアよりはるかに遅れて伝わりました。

[見た目の特徴]
黄緑に近い緑色で、長さは、20㎝くらい、若干、曲がっているのもあります。
他に紫色の長ナスもタイで栽培されているようですが、バンコクでみかけたことはありません。

[味の特徴]
日本の紫ナスより悪が強い気がします。
皮は、少し厚めですので、剥いて食べることが多いです。
生のナスは、アクもあり、それほど味はありませんが、火を通すと、うま味成分のグルタミン酸が増えておいしさがアップします。

[一般的な料理方法]
煮る、焼く、炒める、揚げる、和える、漬ける、など、どんな料理にも向きます。
油と相性がいいと言われ、炒めものや揚げ物が多いようです。

[取扱いのポイント]
ナスは、スポンジ効果で油でも水分でも吸収してしまうので、油の量を抑えるためには、ヘタとはなつきをとって、電子レンジで30秒加熱、裏返してさらに30秒加熱して調理するといいと言われます。(日本のナスは、1分くらい)
油をよく吸うのであらかじめ使う量を決めておいて、油がなくなったからといって、途中で足さないようにした方がいいでしょう。
アク抜きは、栄養と味を損なうことにもなるので、長すぎてもいけませんし、切った端から変色していくというほどでもありませんので、料理方法によって使い分けた方がいいかもしれません。
切り口に塩をふるという方法もあります。
また、タイのナスは、よく虫がいるので、表面の虫食い跡をよくチェックして、切った時にも気をつけてみた方がいいかもしれません。
心配な場合は、縦に半分にすると、虫がいる場合は、ほとんどみつかります。

[保存の仕方]

乾燥しやすく低温に弱いので、15度くらいで保存するのが望ましく、冷蔵庫では温度が低すぎるので、長持ちさせるには、ポリ袋(ラップ)と新聞紙で二重に包んで保存するのがベストです。
早く使う場合は、室温に置いても大丈夫です。

[栄養性・機能性]

ビタミン、ミネラルの含有量は少ないですが、体を冷やす作用がありますので、利尿や鎮痛に効果があります。むくみの予防や血圧降下作用、動脈硬化の予防にもなるといわれています。


アップロードファイル へぇ~、よく調べたね、いつもどうやって調べてるの?
アップロードファイル えっ・・・、いつも気にはなっていたのですが、たくさんの本を参考にして、あっちこっちからひっぱってきてるので、あと、昔、読んだ記憶とか、テレビで見た記憶とか、人から聞いた話とか・・・。
 ウンチク系は、ためしてガッテンとか日経ヘルスが多いですね。
 参考文献、きちんと示さないとダメですか~?
アップロードファイル いや、まあ、青ちゃんの参考文献を参考にしてみたい、と思う人もいるんじゃないかと思ってね。
 まあ、機会があったら、紹介してみたらいいよ。
 それにしても、ナスについてる虫なんて、いちいち気にする必要ないだろー。
 ナスを食ってる虫なんだから、うまいはずだよ。

アップロードファイル  え~っ、まあ、そうなんですけどね、、、たしかに、すでに知らずにいくらでも食べちゃってるのかもしれないし、、、でも、料理してる時に、コンニチハ! なんて出てこられると、びっくりしちゃうんですよー。
アップロードファイル 虫がいる野菜は、うまくて安全な証拠、それに、あんまり神経質になってたら、タイじゃ、生きていけんぞー。
 それより、早く料理を紹介しようよ、おいしい料理がいっぱい集まったじゃないか。

アップロードファイル ええ、でもまだ、キュウリの紹介もしなくちゃいけないんですよ~。
 来週は、研究所の活動がお休みになるので、ちょっと時間をかけてじっくり紹介していきますから、のんびり待っててくださーい!

 (↓)毎度、クリックありがとうございます! ランキングの順位が上がりま~す!! 
            にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ       

あらためまして、はじめまして

oneesan1 健幸料理研究所が始まって、1ヶ月が経ちましたねぇ、早いものです。
 自称精鋭メンバーでやっておりますが、みんな真剣で励みになります。
 あっ、いきなりの登場となりますが、私は、所長の☆青☆、このブログの製作者でもあります。
 この1ヶ月は、ブログも始動期間という感じで、やっと慣れてきたところなんですが、もっと読みやすく、わかりやすいように、会話形式で進めていこうかと思い立ちました。
 しばらく実験的にこの形式でいきますので、ヨロシクです。

MR.CHIN1 会話形式って、誰と話をするわけ? だったら、私がお相手してあげましょう。謎の中国人MR.CHINです。
one<br />esan1 自分で謎だなんて名乗っちゃうんですか~(笑) なんで中国人なの? って、つっこみが入る気がするのですが。
アップロードファイル 何をおっしゃる、中国4千年の歴史、健康についても食についても、語らせるに私ほどふさわしい人はいないでしょう。
アップロードファイル えっ、そうですか? まあ、たしかにタイは、中国の影響をずいぶん受けてますものね。
アップロードファイル タイだけじゃないよ、日本だって影響を受けているはずだし、いやいや、それより、私は、世界中まわってるからね、なんだって詳しいよ、おまかせなさい。日本食にもうるさいよ~。
アップロードファイル  たしかに、ちょっとお顔が丸くて、食通って感じですね、健康面は、大丈夫なんですか~? よろしくお願いしますね。
 この先、また、新しいキャラも増やしていきたいと思ってますが、とりあえず、しばらく2人でがんばっていきましょー。
 それにしても、絵文字って便利ですね、2つとも☆青☆が作ったんですけど、☆青☆はちょっと似てるんじゃないかと自画自賛!

アップロードファイル そ~かねぇ? いやいやそれより、そんなのんきなこと言ってないで、もっとページを充実させるようにがんばりなさい。
 目次なんかもあると助かるんだけどねぇ。
アップロードファイル そうなんですよね、でも、まだまだブログ操作は、未熟なもので、、、。
 そうのうち、レシピもあふれかえっちゃって、収集がつかなくなるんじゃないかと心配してますので、その前に、なんとかしたいとは、思っています。
 とりあえず、みなさんには、当面は、カテゴリで野菜を選んでみていただくことになると思います。

アップロードファイル 小さすぎてなかなか気付かないと思うけど、各記事の右隅に「コメント」というのがあるので、そこをクリックするとコメントできるようになってるんだよ。
 読者のみなさんもぜひ研究所の活動を支えるという意味でも、このブログを盛り上げるという意味でも気軽にいろいろなご意見を送ってあげてください。
アップロードファイル はい、 紹介したお料理についての意見、アドバイスをいただけるととてもうれしいです。
 ふだんは、仕事をしながらなので、どれだけ更新したり、お返事ができるかわかりませんが、よろしくお願いします。
 よ~し、では、張り切っていきましょー!


 (↓)毎度、クリックありがとうございます! ランキングの順位が上がりま~す!! 
            にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ       

おひたしは、どうでしょう?

まだまだ研究し続けたいカナ料理、研究所としての研究は、とりあえず出しつくしましたが、☆青☆に未練がいろいろありますので、時折、アップしていきたいとも思っています。
もちろん、研究所でも再度、取り組む予定です。

これは、研究途中に自宅で試した分です。
かなおひたし by ☆青☆

茹でて水気を切って、ダシしょう油に立ててみたのですが、、、繊維質の多い茎なので、しょう油を吸うわけもなく、かっこつけで立ててみだたけ・・・って感じになってしまいました。
(おひたしによっては、これでダシしょう油をスーッと吸っていきわたらせるのもあるんですよ)


カナ湯葉包み by ☆青☆

茎に歯ごたえがあるので、短めに切って食べるのがいいかな、と思いました。
若いカナの葉と茎を一緒に食べてしまうよう、卵で包むとかいろいろ考えましたけど、これってどうです?
卵じゃないんです、湯葉です、生湯葉。
豆乳をじっくりあっためて作った、お手製の湯葉です。
スーパーで売っているOHAYO豆乳で作れちゃいました。
単に豆乳を火にかけて忘れていたら、立派な湯葉ができてたってだけなんですけど、ちょっと感激!
そ~っと取り出すのがちょっとムズカシイですが、崩れたら崩れたで、味に変わりはないですから、挑戦してみませんか?
生湯葉だなんて、なんか贅沢な気分になりません?

あっ、カナの話題でしたね、カナと生湯葉、合いますよ、おいしかったです。
歯ごたえのあるおひたしが好みの方、お試しください。
歯ごたえが苦手な方は、葉だけ利用するというのもありですね。

研究所の活動時には、卵巻きを持っていったのですが、うまく巻けずにバラバラ事件になっちゃって、イマイチ、これは、アップを控えた方がよさそうです。。。(-_-;)

ではでは、次回からナスときゅうりです!


応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking

酢味噌で上品にいただくカナの茎

カナは、茎がおいしいということで、タイでは茎の料理がよく食べられていますが、今回、茎だけを使った料理は、まだ紹介していませんでしたね。
私のお気に入りの中華のレストランのカナの茎のオイスターソースがけは、絶品です。
茎のかたい部分を惜しげもなく向いて、それでも尚立派な茎が、ドーンと出てくるのですが、野菜を食べたぞーという満足感でいっぱいになります。
今度、食べる機会があったら、写真を撮って紹介したいですね。

カナの茎は、茹でるだけでおいしい、余計な料理はしなくていいってくらいで、もうマヨネーズでいいじゃん、、、、って、それ言っちゃあ、おしまいでしょう、みたいな感じなんですが、だって、それくらいクセはないけどうまみがあって、何にでも合うおいしさなのです。

かな酢味噌和え by おにいさん

【材料】 
カナの太い茎の部分 3本 (1本5~10cmくらい)
白味噌 大さじ2杯、  酢 大さじ 1杯弱(お好みで)
みりん 小さじ 2杯、  酒 大さじ 1杯、 砂糖はお好みで、白ごま

【作り方】
(1) カナは、太い茎の部分だけを皮のまま熱湯で3分茹でて、ザルにとって冷ましておきます。
(2) 白味噌、酢、みりん、酒を混ぜて鍋で沸騰しないように注意しながら弱火にかけ、アルコールを飛ばして全体をなじませてまろやかにします。
(3) カナの皮の繊維の部分を取り除き、食べやすい大きさに切って小皿に盛り、酢味噌をかけ、白ごまをふって出来上がりです。

【ポイント】
● カナは、太さがモノによって全然違うのでゆで時間は、目安です。やわらかめがよけれあば5分くらい、さっさと作りたければ、先に皮を剥いてから茹でて、2分くらいでいいかと思います。(実は、この時は、5分くらい茹でたもので、柔らかくて、もっと歯ごたえが残るくらいがいいという声が多かったのでした。。。)
● 皮の繊維は、ためらわず思いっきり白いところまで剥いてください。ケチって繊維が残ると、食感がシャリシャリと残って、サラダみたいな別物の料理になってしまいますし、繊維の残りが多いと、口の中でいつまでもモグモグってことになります。
● 酢味噌は、味噌の味によって他の調味料の加減がありますので、味見しながら作ってください。しゃぶしゃぶしすぎてると思ったら味噌を足すとか、、、すみません、テキトーにどうぞ。
(この時は、買ったばかりの白味噌に酒粕が入っていて、思いもかけない展開に悪戦苦闘してました。 おいしい味噌を使えば、おいしくなりますよ、たぶん誰でも、それなりに。。。)

酢味噌でも辛子酢味噌でもゴマ味噌でもマヨネーズ味噌でも、はたまた味噌でなくたって要は、なんでも合います。
でもまあ、味噌を使うと、なんか上品な和食の雰囲気が出るような気がして、おもてなしとか、ちょっと気取った風に演出できるかなあと思うのですがいかがでしょう?
日本では、カナが高級品であるというのも、流通の少なさだけでなく、その味にもあるのではないかと思いました。
カナを贅沢に食べられる地域に住んでるのって、ありがたいことですね。
そうそう、上記の写真は、ちょっと緑のあしらいなんかがあってもいいかなあと思うのですが、タイどっぷりの今の☆青☆には、緑のあしらいっていうと、パクチーしか思いつきませ~ん!


 (↓)毎度、クリックありがとうございます! ランキングの順位が上がりま~す!! 
            にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ       

グリルトマトのカナの葉包み

前回もカナの葉特集でしたが、今回は、カナの濃い美しい緑をしっかりと見てやってください。

かなオーブン by sakko
 
ど~です? きれいな緑でしょー、どんなお野菜でも豪華に変身できそ~!
この後に、カナの葉でトマト1個をくるりと包んだら、トマトがドレスを着たみたいにとっても素敵になったんですけど、、、食べちゃいました。 まだ、画像をマメに撮るクセがついてないですね。


【材料】
カナの葉 4~5枚  カナの太い茎 2本分 トマト 中3個
塩 適量、エキストラバージンオイル 少々

【作り方】
(1) トマトは、横半分にし、塩をふり2~3時間置いておきます。(できれば、前日にしておくといいです。)
(2) カナの茎は、2~3cm幅に切っておきます。
(3) 180℃に温めておいたオーブンに、トマト、カナの茎を入れ、オリーブオイルを潤うようにかけ(これが難し~)、約1時間グリルします。
(4) カナの葉は、沸騰した湯にさっと通して冷水にとり、水気をふいて広げておきます。
(5) お皿に葉を広げて、トマト、茎を盛り付けて出きあがり!

【ポイント】
●お好みで塩コショウ、バルサミコ酢やお好きなタレ少々と一緒に食べてもいいでしょう。


実を言うと、☆青☆は、この料理を最初見て、茎を皮ごとグリルしたと聞き、エーッ! と驚いてしまいました。
だって、繊維がいっぱいで、私は、太い茎とさんざん対戦(?)して悩んでたところでしたから。
だから、これは、食べる時に皮をむかなくてはいけないと思いましたが、でも、食べてみたら、そのままでもイケるかも・・・。
さすが1時間グリルしただけはあるとういか、しかも皮つきのままグリルしたおかげで、中のうまみがしっかり残っているのです。
どうしても皮の繊維が気になる人は、手でもナイフとフォークででも、簡単に剥けますから(これも意外な発見でした)、取りのぞいてください。
ただ、お料理の時は、皮つきのままの方が、栄養も逃げずにすむのでいいですね。


 (↓)毎度、クリックありがとうございます! ランキングの順位が上がりま~す!! 

        にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ           

カナの葉、うまく使えるかな~?

何度も書いてますが、カナの葉というのは、とにかく立派なもので、しかもタイ人は、それをあまり利用していないとか・・・。
何かうまい使い道はないのかと、今回、☆青☆は、葉の研究に力をいれてみました。
手っ取り早いのは、スープですね。
思ったよりクセがないので、和風、洋風、中華風、どれでも合いますが、やっぱ中華風がもっとも合う気がします。
和風の場合は、一度、別に茹でてから刻んで入れるといい気がします。
カナスープ

これは、しいたけでダシをとって、しょう油味にして、卵を溶いて入れた和風中華スープです。
葉をもっとこまか~く刻んで、表面にフワーッと浮かんで緑におおわれるのもきれいで面白いです。

他に試してみたかったのが、高菜のような使い方ができないかとということで、茹でて塩水につけてみました。30分くらいかな? 
一晩漬けたままにもしてみましたが、緑の色が鮮やかなままでしたので、使い道が広そうです。
とりあえず、ご飯に組み合わせて、押寿司にしてみました。

押し寿司かな?

レシピにならなくってすみませんって感じなのですが、、、ご飯は、玄米と黒米、雑穀をテキトーに混ぜています。
それに酢と白ゴマ、黒ゴマをたっぷり。お好みでお砂糖や塩もどうぞ。
黒米が入ると、ご飯がモチッとするのと、甘みがでるので、私は、お砂糖は、使わないんですけどね。
押寿司の型があれば便利ですが、なくてもタッパーなどでできますよ。
下に葉を並べて、ご飯を入れて、さらに細かく刻んだ葉を並べてまたご飯をかけてギュッと押して、ひっくり返してできあがりです。
切り分けるのがちょっと難しいですね、包丁を濡らしておく必要があります。
そうそう、押寿司の型やタッパーもちょっと湿らせておいた方がいいです。
この時は、恐る恐る作ったせいもあり、葉をケチってしまいましたが、せっかくのカナの葉を楽しむには、もっとしっかり葉を使ってもよかったと思います。
でなくちゃ、「カナの押寿司」である意味がないですものね。

お寿司じゃなくても、、、ってことで、おにぎりです。
こっちの方ら楽チンですね。
ご飯は、なんでもいいと思いますよー、酢飯でももちろんいいし、味付けご飯とか、ごま塩タップリとか。
カナ包みおにぎり

ご飯をくるんで、ギュッと握ると、葉がギュッと締まって、ご飯にぴったりフィットするのです。
必要以上に中のご飯をギューギュー握らなくてよいので、かえっておいしいおにぎりになるような気がします。
おにぎりって、実は、おいしいですけど、栄養が足りないですよね、、、これなら、野菜もとれるってことでよいと思いません? しかも簡単だし!

・・・ということで、どれもレシピというより、単なるアイデアの紹介ですが、思った以上に応用範囲が広いってことなのです。

ついでに・・・カナの葉シュウマイやロールカナなんてどうでしょう?
かなシュウマイ ロールかなぁ

な~んてねぇ~、紹介はしてみたものの、、、ど~もイマイチでした
アイデアは、いいんじゃないかと思うんですけど~。
ふつ~にシュウマイやロールキャベツ風にしたら、それなりにおいしくなったかも、ですが、肉を使わないってことにこだわって、全粒粉とタロイモを使ったんです。
レンコンでもよかったのだけど、レンコンがなかったし・・・。
全粒粉とタロイモのバランスが悪いのか、そもそも味付けの問題もあり、あと、蒸しすぎで葉の色がかわっちゃったのも問題で、あぁ~あ、な結果でした。
料理がうまくいかない時って、へこみますね。
でも、絶対、おいしいのを作れそうな気がするので、私の研究テーマにしていこうかと思ってます。
再チャレンジだー!
う~、やっぱ、肉を使わなくちゃ、おいしいって言ってもらえないのかしら・・・って、いやいや、負けちゃいけない、☆青☆は、肉なし料理にこだわってみます!


(↓)より多くの人に見てもらいたいと思い、ランキングに参加しています。クリックで協力をお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ にほんブログ村 料理ブログへ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。