臭いけどはまってしまう豆「サトー」

  • カテゴリ:マメ類
  • コメント:4件
  • トラックバック:0件
またまたご無沙汰しております。
時々横目で眺めながら、、、またアップできてない、、、とためいきつきつつ、日常のあらゆることの優先順位がわけわからずにいる不器用な私です。

簡単な近況報告を申し上げますと、健幸料理の店を間もなく開店てきそうなところにきております。
店のことを書くとまた長くなるので、ホントにオープンの目途がたったらお知らせしますね。
ただ、正式開店の日が見えてきてそこで改めて思ったのですが、やはりこのブログは、私の原点だったはずなのよねぇ~と。
愛読してくださった方がどれだけいらしたかわかりませんが、私は、ここに書くことで学ぶことができたんだなあと思います。
・・・というわけで、野菜情報、すでにフェイスブックにアップした記事に手をいれながら、既読感がある方もいるかもしれませんが、自分の復習のためにもやはりもう一度、書いていこうと思った次第です。
でもすぐに忙しくてまたブツブツ休みに入りそうな気もしますが、気長におつきあいください。


=== สะตอ (サトー) === 

ネジレフサマメ、 Parkia、 Petai、 Stink Bean

FCサトー1

なぜかマナオの屋台にぶらさがってこうして売っていることが多い巨大な豆です。
南部タイの名物です。
硫黄のような何かが腐ったようなニオイがするので、英語でもStink Bean、中国語なんて「臭豆(チョウドウ)」なんて呼ばれちゃってます。
好き嫌いがかなりはっきり分かれるのですが、好きな人にはたまらないようで、豆だからついつい食べ過ぎちゃうんですが、体臭がサトーなんてことになりかねないので、食べ過ぎには要注意です。

FCサトー2

タイ料理では、シンプルにニンニクで炒めたものや、豚肉やエビと一緒に炒めたり、ゲーン(カレー、スープ)に入れたりします。

「南国(タイ)の野菜たち」を書いてる時に、なんとかタイ料理以外のレシピを載せたいと考えて、甘辛味噌炒めにしたら大正解でした! 


ご訪問ありがとうございました。励みになりますので、応援のクリック2つ お願いします。

にほんブログ村 料理ブログ 野菜料理へ       人気ブログランキング(イチゴ)


弊著「南国(タイ)の野菜たち」には、タイの野菜情報やレシピがたくさん載っています!
日本国内の方は、アマゾンでどうぞ!(書店では販売しておりません。)
タイ国内の定価は、600バーツ、日系の本屋さんでお求めいただけます(よく売り切れになってますが、頼めば入荷します)。
タイ在住の方、タイ好きの方、野菜好きの方はぜひお求めになってみてください!!
スポンサーサイト

ヒヨコマメ、あれこれお試し料理

  • カテゴリ:マメ類
  • コメント:2件
  • トラックバック:0件
スミタカルチャーセンターの「健幸料理教室」で、ヒヨコマメをテーマにお料理をあれこれ作りましたが、その前に家であれこれ試作したのをざっと紹介。

20110614ヒヨコマメ04

このヒヨコマメは、茹でてすぐにマリネにしたものです。

 ヒヨコマメのマリネ

(1) マリネ液を用意します。オリーブオイル、白ワインビネガー、マナオ(ライム・レモン)汁、黒砂糖、塩を混ぜ合わせます。その他、ローリエ、タイム、ローズマリーなどスパイスはお好みで。
(2) 茹であがったヒヨコマメをマリネ液に浸します。


酢大豆があるわけだから、酢ヒヨコマメもありかと思ったんですが、酢だけだとなんかダイエットのための修業食みたいな気分になるので、おいしいマリネ液につけました。
缶詰のヒヨコマメの場合は、軽く煮てから使うといいと思います。
そう簡単に煮崩れないので大丈夫ですよ!

さて、マリネしたらその後は?  --- そのまま食べてももちろんいいのですが、やっぱりちょこっと他の野菜と一緒に食べたいところです。
トマトはふつ~にいけそうですね。
サラダにパラパラ加えるだけでよさそうです。

この時は、冷蔵庫にあった大根の漬物(塩漬け)と一緒に混ぜました。
混ぜただけで味つけの必要もなく楽々お料理、やっぱりあらかじめあれこれ作り置きしておくっていいですねー。
(緑は、なんなのか記憶喪失、、、多分、冷凍してたアスパラガスの端っこ)

20110614ヒヨコマメ03

ヒヨコマメの豆腐を作った時に出たおからで作ったサラダです。
これは、料理教室でも作りました。

20110614ヒヨコマメ9

料理教室で主食をどうしようかとおにぎりにしてみたり、、、

おにぎりの中にゴロゴロ入っているのって、意外に変じゃない、おにぎりが発酵玄米を使っているので、ちょっともち米っぽい感じだったので、食べ応えがあってよかったです。

20110615ヒヨコマメ3

サラダご飯にしてみたり、、、
これは、いろんな缶詰開けて、サラダに使った後に、さぁ、余った豆たちをどう使おう? っていうことで考えてみたもので、とにかくあれこれ混ぜたものです。

結局、全体のバランスを考えてスープ兼主食のミネストローネにしちゃいました。

20110614ヒヨコマメ06

ミネストローネと決める前に、スープをどうしよ~と試してみたのが味噌汁!
これ、ボリュームがあって、おにぎりとこの味噌汁だけでもういいじゃん、ってくらいの満足感です。

 ミックスビーンズの味噌汁

(1) 鍋にごま油とニンニクを入れて香りをだし、トマトとシイタケを炒めてから水を入れて沸騰させます。
(2) ヒヨコマメ、キドニービーンズ、コーンの缶詰、ネギ、その他あるものそれぞれ好きなだけ入れて煮立たせます。
(3) 豆腐を加えてひと煮立ちさせ、味噌を入れます。


ヒヨコマメとかキドニービーンズの味噌汁ってどうよ~? って、ちょっと恐る恐る味噌をいれてみたんですが、いけました!  

ヒヨコマメの味噌炒めもいけるかもしれませんね!
まだまだいろんな楽しみ方がありそうなヒヨコマメ、ぜひ、試したことのない方は、缶でも乾燥豆でもとにかく一度、トライしてみてください!

そうそう、乾燥豆は、戻す時に重層をちょっと入れると早く柔らかくなります。
さらに、茹でる時にも重層と塩を入れると、早くふっくらと茹であがります。
ただ、入れ過ぎると苦味がでることがあるので気をつけてください。
(豆の料理にもよりますが、小さじ半分とか1杯とかそんくらい)


ご訪問ありがとうございました。励みになりますので、応援のクリック2つ お願いします。

にほんブログ村 料理ブログ 野菜料理へ       人気ブログランキング(イチゴ)


おかげさまで売れ行き好調!!
弊著「南国(タイ)の野菜たち」には、タイの野菜情報やレシピがたくさん載っています!
日本国内の方は、アマゾンでどうぞ!(書店では販売しておりません。)
タイ国内の定価は、600バーツ、日系の本屋さんでお求めいただけます(よく売り切れになってますが、頼めば入荷します)。
タイ在住の方、タイ好きの方、野菜好きの方はぜひお求めになってみてください!!

みなさまからの豆レシピ!

  • カテゴリ:マメ類
  • コメント:6件
  • トラックバック:0件
★今回のテーマ★  ― ☆豆☆ 

12月は、「豆」「春菊」のレシピを募集させていただきました。
今日は、集まった「豆」レシピを一挙に公開させていただきます。
一口に「豆」といっても乾燥豆を使ったもの、グリーンピースや枝豆、ソラマメのように茹でてすぐ使えるもの、莢ごと使うもの、はたまた納豆や豆腐だって豆よねってことになると、結構、豆を食べるのって簡単かも、、、って思えてきますよね。
豆は、良質のたんぱく源であり、ファイトケミカルがたっぷりです、1日100gは摂取するようめざしてください!



マメタヌ子さん1マメタヌ子さん2いつもおしゃれなお料理を披露してくださる「異邦人の食卓」のタヌ子さん。
豆料理は、きっとお得意なのでは? と勝手に期待していたのですが、やっぱりさすがの素敵なレシピをお寄せくださいました。

まずは、Yellow Split Peas = 黄色の半割エンドウマメを使ったお料理です。
エンドウというとグリーンピースの言葉どおり、グリーンのイメージなんですが、黄色の種類もあるのですね。
エンドウは、中央アジアまたはヨーロッパ原産で、古代ギリシャ、エジプト、ローマでも食されてきました。
もともと乾燥豆で消費され、主にピュレにして主食のように食べられてきたそうですが、中国人が最初に莢と種子を野菜として食べるようになったそうです。
日本人は、中国人の影響のようで、エンドウというと莢と種子のイメージでしょうが、もし乾燥豆が手に入ったら、古代ギリシャに思いを寄せて(?)、タブ子さんのお料理を参考にしてみてはいかがですか?

何がすごいって、ピュレだけでも大満足レシピなのに、これがコロッケに変身したからさらに驚き!
こんな変身なら飽きることなくたっぷりの豆を食べられていいですね!

私もイエロースプリットビーンをタイでよくみかけていたので、先日、パーティーで試してみようかと思ったのですが、、、どうも黄エンドウではなく、大豆を割った豆のようで、なんだか急にやる気がなくなって断念してしまいました。
大豆でもできるかしらねぇ~?
豆のピュレといいうことでしたら、ヒヨコマメでもおいしくできそうですし、豆は大体応用できるような気がするので、挑戦してみるべきだったかしら・・・。

タヌ子さんのレシピを知りたい方は、 コチラ → ギリシャの豆料理FAVAと応用料理



マメタヌコさん3次なる豆料理は、豆を使ったキッシュ!
キッシュの中に豆がコロコロの楽しいキッシュです。
こちらのレシピでは、ウズラマメを使われています。
ウズラマメは、インゲンの一種でピントビーン(Pint bean)とも呼ばれています。
赤い斑点がありますが、加熱すると消えてクリーミーでまろやかな味のおいしいお豆です。
ウズラマメは、日本でも栽培されていますので、ぜひ、トライしてみていただきたい! 
でも、このキッシュ、とても手がこんでいて大変そうなんですが、、、どなたか、作ってみたよーってレポートしてくれないかしら。
もちろんウズラマメがなければ、他の豆でも代用できます。

こちらのレシピは → ちょっと失敗したお豆のキッシュ

どこが失敗したか全く気がつかないんですが、、、タヌ子さん、いつもありがとうございます!
健幸料理のために肉類をのぞいてベジ仕様にしてくださってます。



豆料理、次から紹介するのは、莢豆を使ったお料理です。

マメゆみぴいさん1 マメゆみぴいさん2
いつも元気な「ゆみぴいの『Yummy Yummy キッチン♪』」のゆみぴいさんにお届けいただきました。
莢というとキヌサヤやインゲン? なんと、これをダブルで使っています。
赤のパプリカと一緒にあわせて、とっても色鮮やかな一品、もう過ぎちゃったけどクリスマスっぽい!?
豚肉を使っているのは、、、健幸料理的にはなんなんですが、、、きれいでおいしそうだからOK!?
豆嫌いのお子さんが喜んで食べたっていいますしね!
余った豆とパプリカで卵炒めも作ったそうです。
そうそう、常日頃思ってるんですが、卵焼きとか炒り卵は、特にお子さんがいらっしゃるご家庭では登場回数が多いと思うのですが、残ったものでもなんでも、ほんのひと手間かけて野菜や豆などちょっと加えたらいいと思うんですよ~。
なのでこういうアレンジ、おすすめです!
ゆみぴいさんのレシピはこちら → パプリカとW豆の豚バラ巻き(塩&たれ)


お次も莢、インゲンでもキヌサヤでもない莢というと・・・???
タイには、とってもおいしい莢豆がありましたねぇ~、ハイ、シカクマメです。
マメなほちゃん
今月、無事(!?)野菜ソムリエの仲間入りをはたしたバンコク在住のなほちゃんです。

 四角豆の忍者ヤムサラダ(2人分)
  
<材料>
[A] 四角豆 4本(約40g)、 ささげ 2本(約40g)
   かぼちゃ 100g、 プチトマト 4個、 ホームデーン(赤玉ネギ)2玉(20g) 
[B] マナオ・ナンプラー・砂糖 各大さじ1

レタス 適量

<作り方>
(1) [A]をそれぞれ食べやすい大きさに切って下茹でします。
(2) プチトマトを半分に切ります。
(3) [B]の材料を大きめのボールの中でよく合わせて、(1)(2)を加えます。
(4) 皿にレタスをしいて盛りつけます。

<ポイント by なほちゃん>
パラパラと細やかなサラダなのでレタスで巻いて食べてもいいです。
シカクマメは、その形から少量のソースでもからみやすくしっかりと味がなじみます。
魚貝類との愛称抜群のソース☆ 主人が屋台で買ってきたイカ焼きを一緒に食べて発見! 途中から一緒に和えちゃいました)  
四角豆の断面図を見た子供が「しゅりけんみたい!!」といったことから命名しました。
日光江戸村や忍者のテーマパークみたいなところで出してみてはいかがでしょうね~??
  
はじめは調理しづらいお野菜なのかな、と思いましたが、火を通すとやわらかくなって優しい甘みも出てとても食べやすいお野菜でした。
ひだのぶぶんが引っかかるので、大きさを調節しながらきるなどして、子供のお箸の練習にぴったりだなとも思いました。
もうひとつの四角豆のお料理ですが紫四角豆の色が渋くてシンプルにゆでてごちそう冷奴にしたものです。
相変わらずちょっとのせただけのお料理です(笑)


紫シカクマメというのがあるんですねぇ、古くなってひだが黒くなったわけではないのですね~、一度、お目にかかりたいわ~。
なほちゃん、ありがと~!
野菜ソムリエの仲間入りをしたのを機に、これからもどしどしレシピの応募、お願いしますねぇ~!


年末にかかっちゃうので、イッキに紹介してしまいましたが、みなさま、ありがとうございました!
とっても参考になりますね。
新年は、もっと豆をたっくさん食べて美しくなりたいものです。

さて、1月に募集のお料理は「蓮」(蓮根、蓮の実、蓮の茎などどの部分でもok)を使った料理と「オレンジ&かんきつ類」を使ったお料理です。
お肉を使わずかんきつ類って難しいでしょうが、知恵を絞ってみてくださいませ!
みなさまのお料理、お待ちしておりま~す!

読んでくださってありがとうございます。ポチポチポチッと応援お願いします!
     blogranking     にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ

巾着入り納豆&根野菜と納豆の炒め物

  • カテゴリ:マメ類
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
★今回のテーマ★  ― ☆豆☆ 
   「巾着入り納豆」
   「根野菜と納豆の炒め物」


豆料理をお届けしていますが、納豆も豆よね、、、ってことで、納豆料理を2品、紹介します。
納豆もOKだったら、読者レシピで投稿したのに~! って方いたりして???
この料理を作ったのは、みなさまからの募集を決める前でしたし、豆腐と違って納豆は、豆の形が残ってるので、、、と、なんか理屈こねてますが、おいしくって栄養たっぷり料理だからいいでしょ!

マメ巾着納豆
by sakko

 巾着入り納豆

マメ巾着納豆2<材料>
納豆 1パック (ひき割りor叩いて細かくしておきます)
油揚げ (油抜きしておきます)
コーンや豆などお好みで、 マヨネーズ・醤油 お好みで、 ごま油 適量

<作り方>
(1) 納豆と豆やコーンを混ぜて、マヨネーズ・醤油を合わせて味をつけておきます。
(2) 油揚げの中に具をつめて楊枝でとめます。
(3) フライパンにごま油をひいて、強火で両面をこんがり焼きます。


あら、考えてみたら油揚げも豆でしたね。
巾着納豆、私の大好物ですが、いつも納豆しか入れてませんでした。
こうやっていろいろ入れてみるの、いいですね~。
お弁当にもよさそう!


マメ納豆炒め 
by sakko

 根野菜と納豆の炒め物

<材料>
納豆 1/2パック (ひき割りor叩いて細かくしておきます)
ダイコン・ニンジン 各1/3本 (5mmほどの角切りにしておきます)
油揚げ 少々、細かく切っておきます。
ごま油・ゴマ・醤油・削り節・海苔・サラダ菜 適量

<作り方>
(1) ダイコン、ニンジンをごま油で炒めます。
(2) 納豆、油揚げを加えて醤油で味をつけます。
(3) お好みで海苔、ゴマ、削り節を混ぜて、サラダ菜で巻いていただきます。


納豆のニオイがちょっと苦手な人がいるようですが、軽く加熱するとニオイが消えます。
炒めた野菜と混ぜることでさらにネバリが出て、生と混ぜるのともまた違った感じを楽しめます。
サラダ菜にこうして並べたら、納豆もちょっとおしゃれに見えるものですねぇ~!

読んでくださってありがとうございます。ポチポチポチッと応援お願いします!
     blogranking     にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ

ピーマンのヒヨコマメファルシー

  • カテゴリ:マメ類
  • コメント:4件
  • トラックバック:0件
★今回のテーマ★  ― ☆豆☆ 
   「ピーマンのヒヨコマメファルシー」


今日で豆レシピ、春菊レシピの募集は終わりになります。
私のブログの更新が滞っていたせいもあって、ちょっと少なかったのが残念ですが、ご協力くださったみなさま、ありがとうございました。
年内に紹介させていただきますので、少々お待ちを。

さて、今日、紹介するレシピは、ピーマンの肉詰めをイメージして、お肉の代わりにヒヨコマメを使ったファルシーです。
ヒヨコマメなのでやさしいお味になりました。
…と言えば、聞こえはいいけど、ともするとボケた味になりかねないので、あんをかけて頂くことにしました。

マメピーマン詰め 
by ☆青☆

 ピーマンのヒヨコマメファルシー

<材料>
ヒヨコマメ(缶詰) 1カップ
ミックスベジタブル 1/3カップ、 塩 少々、  ニンニク 1片、  
バジルシード・コリアンダーシードなどお好みで
ピーマン 2個、 片栗粉 適量
あん: 水 1カップ、 タマネギ 1/2個、 枝豆 適量、水溶き片栗粉 適量、 
オリーブオイル・コンソメスープの素・塩・コショウ 適量

<作り方>
(1)ヒヨコマメとニンニク、塩、オリーブオイル、スパイスをフードプロセッサーでかためのペースト状にして、ミックスベジタブルを混ぜます。
(2)ピーマンを半分にして種をのぞき、片栗粉を内側に振りかけてからペーストをしっかり詰めます。
(3)フライパンにオリーブオイルをひいて、具の面を下にして焼き目がついたら、ピーマンの面にも焼き目をつけます。
(4)別の鍋でタマネギを炒めてから水を加えて沸騰させ、コンソメ、塩、コショウで味付けをして、(3)に入れて(逆でも)ピーマンが柔らかくなるまで煮ます。
(5)ピーマンを取りだし、スープに片栗粉でとろみをつけて、枝豆を加えてピーマンにかけて出来上がりです。


ヒヨコマメは柔らかいので、ピーマンもやわらか~くした方がいいですね。
缶詰やら冷凍ミックスベジタブルやら、いつもはあまり使わないのですが、豆料理を苦手と思ってる方にも手軽に作ってもらえるようにと思って使ってみました。
たしかに楽ですね~。
うちの冷蔵庫がもっと大きければ、ミックスベジタブルも常備するかもしれないんですが、、、ワンドアの小さい冷蔵庫なんですよ~。
具は、他になんでもいいです、少し歯応えを出したければ、エリンギなんかもいいですね。

全部を豆にしなくても、ひき肉を利用する場合でも、豆のペーストやお豆腐を混ぜたりして、少しでもヘルシーにしたらいかがでしょうか?

読んでくださってありがとうございます。ポチポチポチッと応援お願いします!
     blogranking     にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ

豆いっぱいタブレ風サラダ

  • カテゴリ:マメ類
  • コメント:10件
  • トラックバック:0件
★今回のテーマ★  ― ☆豆☆ 
   「豆いっぱいタブレ風サラダ」


今日は、日本はお休みなのですねぇ~。
なんかもう年末休暇モードに突入って感じでしょうか、それともそれどころではなく大忙しの方もいらっしゃるかもしれませんねぇ。
私も今週いっぱいで仕事は終わり、最後の追い込みです。
宴会も追い込み状態、、、今日は、特に激しい飲み会になるかも!?
募集中の豆料理、春菊レシピも追い込みですよ~、みなさん、よろしくです!

さて、今回は、まあ、豆サラダなんですけどね、タブレ風ということでクスクスの代わりに大豆を使ってみました。
豆サラダといっても、大豆を使うことって少ない気がしたので使ってみたいなあと。

マメサラダ2 
by ☆青☆

 豆いっぱいタブレ風サラダ

<材料>
大豆、ひよこ豆、枝豆、インゲン等 お好みで
パセリ、 赤ピーマン、 マナオ(レモン)、 塩、 オリーブオイル
すみません、すべて分量テキトーです。

<作り方>
(1)豆は戻して茹でるなり、缶詰なり、食べられる状態で用意しておきます。
(2)パセリと大豆はみじん切り、赤ピーマンも小さめに切っておきます。
(3)すべての材料を混ぜて、マナオ、塩、オリーブオイルをかけていただきます。


すみません、ちょっとテキトー過ぎるレシピですよね、、、。
このときは、あっさりマナオ、塩、オリーブオイルでいただいたのですが、いろんな豆の味わいがあるのでそれでもおいしくいただけました。
でもゴマドレなんかも合うような気がします。

タマネギやトマトを入れてもいいですが、タブレと違ってクスクスが入らない分、水っぽくなってパセリがヘナヘナになってしまうので、その場合は、作ったらすぐに食べるといいですね。
パセリをたっぷり食べられるタブレ、初めて食べる人は結構感動してくれます。
クスクスが手に入らなくっても豆で代用したりできるってことです。
みなさんもぜひお試しになってみてください。

読んでくださってありがとうございます。ポチポチポチッと応援お願いします!
     blogranking     にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ

グリンピースソースパスタ

  • カテゴリ:マメ類
  • コメント:2件
  • トラックバック:0件
★今回のテーマ★  ― ☆豆☆ 
   「グリーンピースソースパスタ」


みなさま、ただいま豆料理レシピ募集中 です!
豆をたっぷり食べるための工夫、ぜひ、お寄せくださいませ。
お正月向けの豆レシピなんかもうれしいかも~! (←私にはムリなので 

今回、紹介するのもたっぷり豆が食べられます。
しかも簡単、なんてったって冷凍グリンピースを使ってるのですもの・・・。
冷凍モノは、年中、手軽に使えて、戻す手間がないので楽々ですよね。

マメグリーンピースソース
by ☆青☆

見た目さわやか、グリーンなのでクリスマス料理にも応用できそうじゃないですか?

 グリーンピースソースパスタ

<材料>
グリーンピース(冷凍) 1カップ、 その他、飾り用 枝豆、ひよこ豆などお好みで
ニンニク 1片、タマネギ 1/4個、 パスタ(ショート、ロングお好みで) 100g
豆乳 100cc、 水100cc、 塩・胡椒 少々

<作り方>
(1)パスタを茹でます。 
(2)冷凍グリーンピースをさっと熱湯に通し、豆乳、水と一緒にミキサーにかけ、塩を加えてソースを作ります。
(3)みじん切りにしたニンニク、千切りのタマネギをオリーブオイルで炒め、茹で上がったパスタとソースをからめるように炒めます。塩、胡椒で味を調え、お好みでほかの豆や野菜などをトッピングします。


レンジでチンしたニンニクを一緒にミキサーにかけてしまってもいいかと思います。
健幸料理的にはどうかと思いますが、コッテリさせたい人は、豆乳を抜きにして、生クリームを使ってもいいでしょうね。
アツアツに卵の黄身でカルボナーラ風もありかも・・・。
ソースにするとたっぷり豆が食べられるのでいいですね!
枝豆やソラマメで作っても、当然においし~でしょうね!!(手間が・・・・)

読んでくださってありがとうございます。ポチポチポチッと応援お願いします!
     blogranking     にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ

豆マメサラダ

  • カテゴリ:マメ類
  • コメント:10件
  • トラックバック:0件
★今回のテーマ★  ― ☆豆☆ 
   「豆マメサラダ」


さて、今日からただいま募集中の豆料理、研究所のレシピを紹介していきます。
なんて…デジイチ買う前なので1年以上前、すでにボツになりかけていたので、レシピがないのも多いです、モッタイないことをしてしまいました。

まずはシンプルだけどたっぷりお豆が食べられる豆マメまめ~なサラダです。
豆料理っていうとなんだか難しそうなイメージですが、こんな簡単サラダでおいしくたくさん食べられるんですよねー。

マメサラダ
by sakko

 豆マメサラダ

<材料>
金時豆、白いんげん、枝豆、グリーンピース、シカクマメ、コーンなど適量
その他、レタスやミニトマトなど飾り用にお好みで
ドレッシング: オリーブオイル 大さじ2、砂糖 小さじ2、 塩 ひとつまみ、 
 黒コショウ 少々、 マナオまたは梅干し 1個

<作り方>
(1) 豆類はよく水気を切って、器に盛りつけます。
(2) ドレッシングをよく混ぜ合わせて、まわしかけていただきます。

マメ缶詰
いろんな豆があって華やかでいいですね。
缶詰の豆を使ったら、あっという間にできあがりです
このドレッシングは、さっぱりさわやかでおいしかったですが、ドレッシングは他にもいろいろお好みでどうぞ。
右は、タイで売られている余計な味がついていない缶詰です。
缶詰も大いに利用していいんじゃないでしょうか。
ちょっと柔らかすぎることがあって気になることがありますけどね。
あと、トマト味で煮込まれた物が多いので、買う時には、要チェックです。


それでは、みなさまのレシピ、お待ちしておりまーす! → 「豆」「春菊」健幸料理 ネット参加者募集中!

読んでくださってありがとうございます。ポチポチポチッと応援お願いします!
     blogranking     にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。