春菊料理、みなさまからのレシピ公開!

WON12私が寄稿しています「WOM Bangkok」12月号に「乾季になったら春菊!」というような内容の記事を書いたのですが、、いつまでたっても春菊(タンオー)をみかけず焦ってしまいました。
やっと先週くらいから見るようになり、私の初タンオーは、記事通りMK(タイスキ)でいただきました!
やっぱりおいし~よ~
今月は、宴会続きでまったく料理ができませんでしたが、早くあれこれ料理してみたいです。
タンオーが出回るのが遅かったせいもあったのか、、、まだまだ認知度が低い読者レシピ募集のせいか、春菊料理は、あまり集まらなかったのですが、そんな中で2名の方に届けていただきました。
 


タンオーゆみぴいさん1いつもありがと~「ゆみぴいの『Yummy Yummy キッチン♪』」のゆみぴいさんが、びっくり春菊料理を作ってくれました!
ナント、パンに混ぜて焼いちゃったんです!
しかも一度、失敗したといって2度もチャレンジしてくれたんです。
ゆみぴいさん、ホームベーカリーを購入してパン作りに凝ってて、めきめき上達してるんです。
いろんなアイデアパンが登場して楽しいのですが、春菊を入れちゃうなんて思いもしなかった!
でもなんだかおいしそ~。
お子さんたちも大喜びで食べてくれたんだそうです!
春菊って大人の野菜のイメージですけど、こういう工夫をしたら子供もたっぷり食べてくれるんですね。

レシピはコチラ → ふんわりもっちり☆春菊のクリームチーズ入り食パン



タンオーゆみぴいさん2もう1品、ゆみぴいさんからいただきました。
関西では、春菊のことを菊菜と呼ぶんですね、本で読んで知ってましたが、ふつ~に使われているのを見てナルホドーと思っちゃいました。
こちらはレシピを拝借して紹介しますね。

 春菊と春巻きチップスの炒り卵

<材料>
春菊 50g
卵 1個、 塩こしょう ほんの少し、 油 適量
アミエビの春巻きチップス 適量
(オリーブオイルでアミエビと春巻きの皮をパリッと焼いたもの)

<作り方>
(1) フライパンに油を熱し、春菊を炒め、卵を入れて半熟になるまでかき回して春巻きチップスを入れます。
(2) 軽く塩こしょうして出来上がり♪

春巻きチップスを使っているのが珍しいですね!
春巻きチップスは、上の材料のところのリンクから見てみてください。
春菊の緑は、寒い冬に元気にしてくれるような色ですよね、たっぷり食べたい冬の野菜です。


タイの春菊は、タイ語で「タンオー」と言いますが、日本の一般的な春菊と違って、大葉春菊と呼ばれる種類のものです。
野菜ソムリエのなほちゃんが両方の写真を送ってくれました。
タンオーなほちゃん タンオーなほちゃん2

タンオーなほちゃん3日系スーパーでは、日本の春菊も買えるんですってね~。
でも私は、断然大葉春菊をこの期間に楽しいたい! って思います。
なほちゃん情報によると、タンオー、市場で買ったら200gで20Bですって!
感激モノの安さですねぇ。

<なほちゃんコメント>
そのまま生食べてみると粘りが少し出てきてとろんとして青々としたうまみがあったのでねばねば丼としていける!!と思い、そのまま小さく刻んで納豆とあえてあつあつご飯と一緒に食べました。

あとはゆでると、とろんとなるやさしい感じが味わいたくてコーンクリームスープベースのスープにしてみたり、ケックサレ(お惣菜にもなるパウンドケーキのようなもの)という焼き物(?)にもしてみました。

タンオーびっくりするぐらい安いしあのトロンとなる感じにはまってしまいそうです。


レシピはなしなんですが、納豆とスープは、すぐにもできそうですね。
コーンスープに入ってるのが思った以上に色がきれいに映えて、なんとも栄養がありそうで、しかもすごくほっとしそうなお料理ですね。
子供が大喜びなんじゃないかしら~。
ケックサレというのは、初耳なんですが・・・さすが、パティシエなほちゃん!
フランスの塩味のパウンドケーキってことでいいのかしら?
今度、レシピ、教えてくださいね! 食べさせてくれるともっとうれし~かも

タンオーなほちゃん4 タンオーなほちゃん5
 

さて、1月に募集のお料理は「蓮」(蓮根、蓮の実、蓮の茎などどの部分でもok)を使った料理と「かんきつ類」を使ったお料理です。
お肉を使わずかんきつ類って難しいでしょうが、知恵を絞ってみてくださいませ!
みなさまのお料理、お待ちしておりま~す!



さてさてみなさま、今年最後の記事となります。
本年も健幸料理ブログにおつきあいいただき、ありがとうございます!
今年は、なんだか忙しい年でしたが、それだけ充実した年でもありました。
健幸に過ごせたことが何よりうれしいです。
結局、健幸料理本の出版はできずに、すっかり狼少女(少女じゃないって!)状態ですが、新年こそは・・・と思っています。
今後ともよろしくお願いします。
新年は、トルコからお届け・・・できるかな?


読んでくださってありがとうございます。ポチポチポチッと応援お願いします!
     blogranking     にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
スポンサーサイト

春菊の辛子和え&ひもしばり健康法

アップロードファイル  「紐ギュッで背筋が伸びてポカポカと」  (健幸575 No.252)

姿勢を正すとっておきの方法! それは、「ひもしばり健康法」なのです。以前、腰痛に悩んで買った本ですが、どうにも大変で、ろくに読まずにいたのですが、やっぱり痛みが再発したので、これは、根性をいれないと・・・ってことで読み返したら、面白いことが書いてあったじゃありませんか! それがこの「ひもしばり健康法」なのです。(ちょっと難しいですが、真剣に痛みから解放されたい方にはお勧めです。他に参考になる本を最後に紹介しますね。)

ひもでしばるのは、膝上、膝下、足首の3ヵ所で、この順番でしばるといいようです。(詳しくはコチラ →「奥村耕二の『ひもしばり健康法』」)  これ、寝ている間にやるのが最もおすすめなのですが、まずは、座っているときに膝上の1ヵ所でいいので縛ってみるといいです。ホラ、今、パソコンに向かっているあなた!  手元に何か紐はないですか? ちょっとみつけてやってみましょー。私もいい紐がないので、指示通りではなく、いつも手ぬぐいで1周まわしてギュッと縛ってます。まず、膝をぴったりくっつけて、膝の上の部分を縛るのです。ホラ、自然と姿勢がよくなりません? 正した姿勢を長くキープできるといいますか。すぐ足を組みたくなる人なんかに特におすすめです。これ、長い時間座っていても疲れないんです。その証拠に私は、膝を縛って飛行機の深夜便10時間(エジプト)を往復しましたが(変な人!?)、リクライニングしなくても楽々座っていられました。いつも長時間の乗り物は苦痛で腰が痛くなったのですが、この先、もう心配ないです。ただ、ちょっと変な人になっちゃうので、毛布は必須ですね。
この健康法、寝る時が最もお勧め、1週間くらいは慣れないとつらいですが、すぐに慣れますからあきらめないでやってみてください。ひもしばりによって、股関節が正しい位置に戻って、骨盤や背骨のゆがみが整うのだそうです。体のバランスもよくなって、痛みや凝りもだんだんなくなって、体調がよくなります。背骨や骨盤の歪みは、内臓にも影響しますから、いろんな不快症状もこれで改善! 特におすすめなのが冷え性の改善のようです。座って試すだけでも、足だけでなく全身の血行がよくなるんだそうですよ。その他にも効果がいっぱい、興味がある人は本を買うか奥村さんのブログを読んでくださいね! さあ、今すぐ試しましょ~! (3ヶ所縛って寝てるところに泥棒が入ったらビックリするでしょーね。



★今回のテーマ★  ― 春菊
  「春菊の辛子和え」
     VEGETARIANVEGAN 

春菊料理、これが最後となりました。
あと一品・・・という時にうれし~、シンプル料理です。
こういうシンプル料理が、ほっとするんですよねぇ~。

春菊ニンジン
sakko

スミマセン、デジイチのデビュー間もない時だったので写真がかなりイマイチです。

隠し味のおかげで、ちょっとサラダ気分で食べられる和え物です。
なので、辛子のツンが苦手な人でも大丈夫ですよ!

この後、レシピに続きますが、その前に! 応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking

春菊の味噌漬け豆腐和え

アップロードファイル  「いつの間に正した姿勢だらりんと」  (健幸575 No.251)

姿勢を正すことは、若々しく見えるだけでなく、肩こりや腰痛の予防にもなるので、座っている時も立っている時も歩いている時も気をつけなければならないのですが、、、ちゃんとしてるつもりでも5分ともたず、、、いつの間にかダレダレになってたりしますね。気がついてまたシャキン! でもまただらだら、、、。 腹筋や背筋を鍛えないとなかなか難しいんですよね。でも逆に姿勢を正すことで腹筋や背筋が鍛えられもするのではないかと、あきらめずにシャキン! をトライしています。次回で姿勢を正すとっておきの方法をお教えしますね!



★今回のテーマ★  ― 春菊
 「春菊の味噌漬け豆腐和え」
     VEGETARIANVEGAN  

春菊を使った料理、タイ在住の方が実際に買って試して、「感動でした!」「はまってます!」のお声をいただいています。
ありがとうございます!
特にサラダで食べるというのが新鮮な食べ方だったようです。(→「生でおいしい! パリパリ春菊のサラダ!」)
フフフ、わかりますよ~、なんせ、私もはまってるんですから。
旬の時期は短いですからね、今のうちに楽しんでください! (タイはそろそろ暑くなってきたような・・・?)

今日、紹介するお料理は、白和えなんですが、ちょっと贅沢な気分になれる和え物です。

春菊豆腐
♪B♪

見ただけじゃわからないでしょうが、、、使っているお豆腐が、タダモノではないのです。
あっ、タイトルでバレバレですかね。

この後、レシピに続きますが、その前に! 応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking

春菊のメミルチョンビョン

アップロードファイル  「抗すよりまず受け入れてハッピーに」  (健幸575 No.250)

なんとなく若返りとかの話を続けております。アンチエイジング美容のカリスマ佐伯チズさんですが、最近は、アンチというマイナスイメージの言葉より、ハッピーエイジングとかビューティーエイジングという言葉を使っているようですね。年をとることは自然なことなので、まずはそれを受け入れて、不自然な抗加齢対策をとるのではなく、前向きに年をとることを楽しんでハッピーに! ってことのようです。私もお誕生日が来るのが待ち遠しい人なんですよねー、半年以上先なのにどう過ごそうか悩んでます。そういえば、なんか1月生まれの人、多かったですね。



★今回のテーマ★  ― 春菊
   「春菊のメミルチョンビョン」
   VEGETARIANVEGAN  

前回は、韓国料理としてナムルを紹介しましたが、続けて韓国料理です。
その名もメミルチョンビョン!
何それ? って感じですか?
聞いてすぐに料理が思い浮かぶ方って、韓国通ですねー。
私はやっと覚えました、でもまたそのうち忘れちゃうかも・・・。
そば粉のことをメミルって言うようなんですよね。
メミルチョンビョンって、こんな感じのお料理です。

春菊メミルチョンビョン
☆青☆

チャングムのように美しくはできませんねぇ~。
この料理は、「宮廷女官 チャングムの誓い」の第39話で、医女となったチャングムが皇后のリクエストで作ったお夜食です。
偶然にライバルのクミョンもメミルチョンビョンを作ってお出ししたのですが、皇后は手をつけなかったのでした、いや、ハラハラの場面でしたね。
クミョンのメミルチョンビョンもおいしそうでしたけどね、具や盛り付けが違っていて、いろんなパターンがあるようです。
このお料理は、「日本の食材でつくるチャングム・レシピ」からお知恵を拝借しております。


この後、レシピに続きますが、その前に! 応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking

春菊の海苔ナムル

アップロードファイル  「歩き方 変えたら5歳若返り」  (健幸575 No.249)

昨日も書きましたが、背中に年齢が出るんですよね。ついてしまった脂肪は、徐々にとっていくとして、姿勢を変え、歩き方を変えるだけで、若く見せることはできます。ホントですよー、最近、ウォーキングについてちょっと学び始めて、周りの人にひろめてますが、しっかり若くみえます。歩き方だけで、印象って違うものだなーと。逆に背中丸めて、足ズルズルで歩いていたら、それだけで老けて見えますからね、意識してみてください!



★今回のテーマ★  ― 春菊
  「春菊の海苔ナムル」
   VEGETARIANVEGAN  

春菊料理、和風、洋風と紹介してきてますが、おいしい野菜なので、どんなお料理にも合うんです、なので韓国料理にも!
韓国料理といえば、まずは、ナムルですね。

春菊海苔ナムル
♪B♪

簡単なのがうれしいです。
すごくシンプルなのに、なんでこんなにおいし~んでしょうねー。


この後、レシピに続きますが、その前に! 応援の3つクリックをお願いします!

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking

春菊たっぷりパスタ♪

アップロードファイル  「翼消え背中に年が見え隠れ」  (健幸575 No.248)

顔や髪に出た年というのは、塗ったりなんかでとりあえず隠せますが、隠そうと思っても隠せないのが背中です。太いとか細いというのとも違うのですが、背中がですね、なんか盛り上がってるんですよね。肩甲骨が見えなくなるんです。長い間猫背だったり、筋力が衰えるのが原因でしょう。そういうツケが50代くらいから目立ち始めるのだと思います。肩が凝りやすい人は要注意ですよ。肩甲骨って天使の翼とも言われるんですよね。ずっときれいな翼を持つためにも姿勢を正し、しっかり運動したいものです。肩甲骨がギュギュッとなるような運動がいいですよ、気になる方は、ネットでいろいろ探してみてくださいね。



★今回のテーマ★  ― 春菊
 「春菊たっぷりパスタ」
    VEGETARIANVEGAN  

前回は、ご飯ものでしたので、次はパスタを紹介しますね~(やっぱりちょっと連想ゲーム状態でつなげてますね)。
ご飯においしい春菊は、パスタにも・・・って思いますよね。
パスタ名人のMOKOちゃんの春菊スパゲティー、さすがです!

春菊パスタ3
MOKO

春菊、も~当然においしいのですが、それをひきたてるヒミツが入ってます。
春菊と同じ、今が旬の野菜です。
それがこのパスタのおいしさをぐぐぐーーっとひきたてているんです。

この後、レシピに続きますが、その前に! 応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking

春菊の玄米押し寿司

アップロードファイル  「妖怪と言われてもいい若作り」  (健幸575 No.247)

たまにいるじゃないですか、50代なのに40代前半に見られる人とか、40代なのに30歳って言われる人とか。そりゃ、うらやましいですが、たまに、ものすごーい努力の後、外科的に手を加えてるとか、そいうのが見え見えの人がいて、その努力を感心しつつも、ちょっと哀しいような気にもなったりします。外見の若作りではなく、腸がきれいで心身ともに健康であれば、自然な若さが手に入ると思うのですが、それじゃあ、満足しないんでしょうかねー。何がそこまでさせちゃうのかしら。ナンテ、私は、お肌もほとんどケアしないようなズボラ人間なので、多分、そういう人たちとは価値観が違うんでしょうけれど、、、。でも、私も顔が美しいかどうかは別にして、オーラというのか、雰囲気がいつまでも若々しくあって、80代で60代、100歳で70代に見られる人になるっていうのは、ちょっと目標ですね。



★今回のテーマ★  ― 春菊
  「春菊の玄米押し寿司」
     VEGETARIANVEGAN  

前回は、春菊手まりご飯を紹介しましたので、流れで(?)またご飯もの。(別に連想ゲームじゃないんですが・・・)
しかし、、、ちょっと失敗気味。

春菊寿司
☆青☆

押し寿司って上手に切るのが難しいですねー。
なんだかボロボロになってしまいました。
でも、気持ちは、わかってもらえますでしょうか?
みなさまは、もっときれいに上手に作ってあげてくださいませ。


この後、レシピに続きますが、その前に! 応援の3つクリックをお願いします!

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking

春菊の手まり玄米

アップロードファイル  「パッツンの前髪に老け際立ちて」  (健幸575 No.246)

美容院に行きたいと思いながらも時間がなく、仕方ないのでとりあえず前髪だけでも自分で切ろうかとハサミを入れました。カタログで見たパッツン前髪がかわいいので試してみたのですが、ちょっとショックをうけてしまいました。切りすぎてオンザ眉どころじゃないし、こういう髪型って美人さんがやるならいいんでしょうが、童顔の人間がやると、かわいい子はかわいくなるでしょうが、疲れ顔なり、老け顔がパッツンにすると、それが引き立てられちゃうんですよー。なんか無理した若作りって感じで、ちょっとイタイ。そういえば、ちょっと前に宝塚出身の女優さんがドラマに出ていた時、こういう若作りしてて哀しかったのを思い出しました。う~ん、もうちょっとお肌の手入れをして、しっかり睡眠時間もとるようにしなくっちゃ・・・と、自覚させてもらいました。



★今回のテーマ★  ― 春菊
  「春菊の手まり玄米」
     VEGETARIANVEGAN  

前回は、春菊巻き巻き料理を紹介しましたので、流れで(?)また巻き巻き料理です。
でも、今度は、生ではありません。
春菊の葉で包んだ手まりおにぎりー、いやあ~、かわいらしくって食べるのがモッタイナイ!
スミマセン、これは、大葉春菊が手に入るからこそのメニューですね。

春菊手まり
MOKO

あー、なんかかわいい籠とかに入れて、お弁当にして、菜の花が咲いてるような丘にピクニックに行きたくなります。
そうそう、春菊も花が咲くと、とってもきれいなんですよ。
でも、花が咲いちゃうと、春菊は、食べてもおいしくないし、、、春菊の葉巻きを携えて、春菊の花の観賞って無理なのかしら・・・。


この後、レシピに続きますが、その前に! 応援の3つクリックをお願いします!

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking


春菊巻き巻き酢味噌ディップ

アップロードファイル  「料理人 いただきますに手を合わせ」   (健幸575 No.245)

春菊をガンガン更新! と誓ったはずが、昨日は、第1回のランチ会で、その準備と疲れで更新できませんでした(昨日の夜は仕事の飲み会もあったし・・・)。 
ランチ会は、おかげさまで好評(だと思う)に終わりました! ご来店のみなさま、ありがとうございます。ご要望の多かったレシピについては、春菊の連載が終わったらアップしますので、少々、お待ちくださいませ。
それにしても自分の料理でお金をいただくとういのは、大変なことですね。いただきますとかごちそうさまとおっしゃっていただくと、こちらの方が手を合わせて感謝したい気分になりました。ほとんど動物質を使わない野菜中心の料理でしたが、健幸料理は、決して健康のために我慢して食べるさみしい料理ではないということをわかってもらえたらうれしいです。そして、このことをこれからも多くの人に伝えていきたいです。



★今回のテーマ★  ― 春菊
  「春菊巻き巻き酢味噌ディップ」
     VEGETARIANVEGAN  

春菊を生で食べられると知って、しかもそのおいしさに感激して、この頃、春菊を買い占めている私です。
今日も生でいただく春菊料理を紹介しましょう。
ちょっとミヤンっぽい春菊料理です。

タイ料理に「ミヤン(ミアン/ミエン)」というのがありまして、もともとは、茶葉のことを言うようですが、いろんな葉にいろんな具を包んで食べる料理を「ミヤン」というようになりました。
包むものは、ピーナツやタマネギ、ショウガ、小海老などと甘いタレでお菓子のようだったり、豚肉のひき肉炒めやお魚などの立派なご馳走だったりといろいろです。
最初から包んで供されることもありますが、各自好きなものを好きなだけいれてクルクルして食べる手巻きパーティーのようにも楽しめます。

春菊巻き
sakko

春菊巻き4タイの春菊は、中国タイプの大葉春菊ですので、葉が広く、何かを包むのにもぴったりなのです。
しかもクセが少なく、でもなんか香りがよいので、ミヤンのように食べるのにピッタリです。
これは、いいアイデア!

この後、レシピに続きますが、その前に! 応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking


生で美味しい! パリパリ春菊のサラダ!!

アップロードファイル  「冬の鍋 菊菜(きくな)に春を求めんと」  (健幸575 No.244)

「鍋旬ぎく」という品種もでているほどの春菊、またの名を菊菜とも呼ばれます。中国・九州地方では、特にフグチリに合うと人気のようです(春菊も食べたいけど、フグチリもっと食べたい!)。ふつうのお鍋でも独特の香りを楽しみ、緑が生えるので重宝されてますね。冬野菜においしい野菜ですが、春という名がつくだけで、なんだかあったかい気分になれます。これから春菊を使ったお料理を紹介していきますので、お楽しみ!



★今回のテーマ★  ― 春菊
  「パリパリ春菊のサラダ」
     VEGETARIANVEGAN  

これからシュンギクをテーマにお届けします!
春菊と言えば鍋! というイメージですかね。
タイ語の本では、「スープにするか、炒め物にするが、日本人は天ぷらにする」と書いてました。
春菊の天ぷら、食べたことあります? 
うん、たしかにおいしそ~ですよね。

いずれにしても、春菊って火を通して食べるものだと思っていたのですが、生でも食べられると知って驚き!
ところが本にそう書いてあってもなかなかできないもので、、、料理前に生で食べて、うん、たしかに食べられるかも・・・と思いつつ、私は、生の料理に挑戦しませんでした。

でもちゃんと生で料理してきてくれた人が2人おりました!
う~ん、見習わなくっちゃねぇ。
まずは、衝撃のサラダから紹介しましょー!!

春菊サラダ
♪B♪

何が衝撃って?
ロケットサラダのようにバリバリといくらでも食べられる、驚きの発見!
春菊は、生の方がクセが少ないのだそうです。
口の中にフワッと柔らかい葉が入ってきて、噛むとパリパリシャキシャキのサラダの楽しい食感、おまけにほのかな香りが口から鼻に抜けるけど、まったくイヤミがなく快感!?
このサラダを出して、春菊だってわかる人、少ないと思います。
春菊と聞けば納得ですが、知らずに食べたら、ロケットサラダの変種かと思われるかもしれないですね。

この後、レシピに続きますが、その前に! 応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking

次なるテーマは、クイズで!

○×△ 健幸クイズ ○×△

レシピが大分たまってて、しかも冬野菜だったりするので、ちょっとあわてモードでアップしていこうと思います。
健幸575が追いつかないので、時々ってことで。
急がなくちゃといいながら、のんきにクイズなんて出してていいのかしら・・・って感じですが、これが次のお野菜なのです。

健幸クイズ 第9問
さて、この写真の野菜は、なんでしょ~か?


これが次のテーマ野菜となります。
別にタイ独特の野菜というわけではなく、日本にもある野菜なのですが、ちょっと葉の様子が違うせいか、タイにいる日本人でも知らずに手を出さないまま季節を終わらせていることが多いようなのです。

タンオー


ヒント: タイ語では、「タンオー」と言います。
九州の人や金沢の人は、わかるかもしれませんね。
今が旬のお野菜で、鍋にピッタリ!

答えは、続きをクリックしてね! 応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。