ヘチマの卵巻き&ピーナッツソース和え

★今回のテーマ★  ― ヘチマ
   「ヘチマの卵巻きとピーナッツペースト和え」
 

ちょっと忙しくて、しばらく更新が休みがちになりそうです。
とりあえず、「ウリ系」をテーマにお届けしてた分、ちょうど最後の料理が残ってましたのでお送りします。
お送りします、、、なんていってみたものの、レシピがないんですよねー。
ずいぶん前に私が作った料理なんですが、なんでレシピがないのか自分でもわかりません。
超簡単料理なので、残すまでもないって思ったんでしょかねー。

ヘチマ使ったのは、ヘチマです。
正確には、右の写真は、トカトヘチマといいます。
ヘチマは、以前にお届けして、目次のページもできています。(→ 「ヘチマ 目次のページ」)
ヘチマが食べられるなんて知らなかった! という日本の方、ぜひ、この夏のうちにお試しになってみてください。

私は、昔、ガーンと土臭いのにあたって、それ以来ヘチマ恐怖症でしたが、前回の研究でヘチマと向き合い、おいしさを見直したのでした。
どういう場合が土臭いのか、なんとか解明したいのですが、そのためにたくさんヘチマを食べることを思うとちょっと根性が足りずにおります。
ほのかに大地のたくましさを感じる味! みたいな程度ならいいんでしょうが、それも日本酒とならいいけど、そうでなくて大量に食べることになると、ちょっとキョーフなんですよね。

レシピを残さなかったのは、なんか、心のどっかで、誰もヘチマ料理なんて試さないだろうって思っていたのかもしれないですね。
自分でもどこまでおすすめしていいのかわからない迷いが・・・。
健幸料理研究家がそんな弱気でどうする! 、、と思いつつ、でもどうなんでしょう?
誰かこのレシピに限らず、このブログに刺激を受けてヘチマ料理作ったよーって方、ご連絡ください。

ヘチマ卵
by ☆青☆  ヘチマの卵巻き

タイ料理でもよく卵と一緒に炒めたものがでてくるのですが、ヘチマは、卵との相性バッチリです。
テキトーな大きさに切ったのを軽く塩胡椒でソテーして、薄焼き卵を作って巻いただけです。
ーーーと思ったら、卵とヘチマの間に白いのがなんか見えてますね。
マヨネーズ!? チーズかしら??? あっ、それとも(↓)ピーナッツバターで和えたのかしら・・・。
なんていい加減な私。ホントにスミマセン
でも卵との組み合わせなので、どんな味でも大丈夫そうですし、この一口サイズは、ちょっとおしゃれに見えていいんじゃないでしょうか。

ヘチマピー和え
by ☆青☆ ヘチマのピーナッツ和え

輪切りにしたものをピーナッツバターとめんつゆ、水、黒砂糖を混ぜあわせたもので和えただけです。
これもピーナッツバターのコッテリと甘みがあって、おいしかったですが、じっくり味わってみると、後味に渋苦さみたいなのがあります。
これが好き嫌いの別れ道なんですよねー。

最後にヘチマ料理ではありませんが、咲乃やのマスターが提供してくれた料理。

カブトマト卵
by だいちゃんパパ

これは、蕪を使ったお料理です。
卵とトマトで炒めたもので、やっぱり納得のおいしさでした。

今日はここまで。読んでくださってありがとうございます。応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking
スポンサーサイト

ヘチマ料理のまとめ

アップロードファイル  「地味飯(じみめし)は 滋養あふれる滋味飯と」  (健幸575 No.198)

冬場の料理ってどうしても色的に地味目になりませんか? でも根菜がたくさん使われてパワーがあるのは間違いないんでしょうが・・・。根菜が使われている料理の表現によく「滋味あふれる」というのを見かけます。なるほど! と思って、拝借してみました。地味飯、地味弁、いいじゃないですか!



★今回のテーマ野菜★  ― ヘチマ まとめ

四季のあるところには、全く季節はずれのヘチマを紹介してまいりましたが、来年の夏にここを思い出してもらえるとうれしいです。
他にもいろいろ料理が集まったので、ざっと紹介しますね。

ヘチマ豆煮
♪B♪

缶詰の豆の煮物に入れたもので、簡単料理ですね。
ヘチマは、煮込むととろんとして、こういう料理にピッタリですね。
缶詰は、すぐれた保存食で、インスタントと違って、余計な添加物が入ってないので、利用価値大です。(もちろん入ってるのもありますので、その辺はチェックしてください。)
冷凍食品もそうですが、加工技術が向上してますので、栄養成分も逃さず上手に使われているものがありますので、自分でパワーのない野菜を買って下手な料理をするよりいいこともあります。
特にお豆なんかは、メンドーで作らず、あまり食べないって人も多いようですので、こうした缶詰をどんどん利用して、簡単料理でたくさん栄養を取って欲しいと思います。
この料理は、ローズマリーを加えて、工夫してます。
こうしてヘチマなど野菜を加えたり、缶詰でも自分のオリジナル料理に変身させられますから、手抜きだなんて思わずに、しっかり利用したらいいんじゃあないでしょうか。
(くどいようですが、成分はしっかりチェックしてくださいね。下手に料理したものではなく、シンプルなのがおすすめです。)

ヘチマソース炒め

これは、ヘチマのソース炒めです。
ソースは、味噌カツ用ソースだそうで、八丁味噌のおいしさとフルーティーな甘みも感じられました。
でも、タイでは手に入らないのでNGにしちゃいました。

このソースはどうだかわかりませんが、以前に名古屋の名物店の味噌カツソースの作り方を紹介していた番組があったのですが、ギョッとするほどお砂糖を入れてました。
私には、ずんだ餅の砂糖と同じくらいの衝撃(ずんだもすごい砂糖の量です)、なぜにそこまで砂糖を入れるの~? と悲鳴をあげたくなるほどでした。
感覚的には、ソースの量の半分が砂糖じゃないかと思えるほど・・・。
それにソースはですね、味噌カツ用に限らず、全般にものすご~い量のお砂糖が入ってますので、要注意です。
でも市販のソースをたまに利用するというのは、忙しい人には便利ですよね。
たま~にってことで、上手につきあってください。

 まだ続きますが、その前に! 応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking

ヘチマとパプリカのシンプル炒め

アップロードファイル  「つまるなら ふさいでみせよう 鼻づまり」  (健幸575 No.197)

なんのこっちゃ? って感じでしょ。いつかどっかで読んだのですが、片方の鼻がつまっている場合は、そのつまった方の鼻をおさえて、もう片方の鼻で思いっきり何度も深呼吸をするのだそうです。そうすると、抑えられている方の鼻が、私も呼吸したい! ってことで、自然に鼻が通るようになるとか・・・。すごい効き目があるってわけではないですが、たしかに・・・って感じがしますよ。これからの季節、覚えておくといいのではないでしょうか?  (でも風邪が治らない限り、そのうちまたつまっちゃいますけどね・・・)



★今回のテーマ野菜★  ― ヘチマ  
  「ヘチマとパプリカのシンプル炒め」 VEGAN  
  

ヘチマ料理を紹介しておりますが、どうしてもアジアチックな料理から抜けられず、、、ヘチマってそんなに洋風料理に合わないものなのかしら? と、とにかく試しにオリーブオイルでも使ってみようかと挑戦しました。
実験なので、簡単にパプリカと一緒に炒めただけなんですが、なんだー! おいし~じゃありませんかー!
これなら洋風スープにも煮物にもどんどん使えそう、いっきに料理の幅がひろがった気がします。

ヘチマ塩炒め
☆青☆

いやぁ、炒め物ってつくづく便利な料理ですね。
あまりにシンプルでおいしいと言ってもらえるかどうかドキドキものでしたが、なかなか評判がよく、みんなパクパク食べてくれたので、ホッとしました。

 この後レシピを紹介しますが、その前に! 応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking

ヘチマキムチ&盛岡冷麺

アップロードファイル  「キムジャンの話にウマミUPして」  (健幸575 No.195)

つい先日も書きましたが、韓国はキムチを漬ける一家総出の一大イベント「キムジャン」の季節を迎えています。今年は、白菜が豊作ということもキムジャンを盛り上げてくれるようです。野菜ですから、漬ける前は新鮮であるべきなので、イッキに漬物しなくてはならず・・・1日で1家庭30-50玉漬けるそうですから、大変さがよくわかります。でも、「一家総出」という言葉の響きがなんだかうれしくて、どこかなつかしいような気もして、胸がキュンとします。日本にも「一家総出」の行事がいろいろあったんでしょうが・・・とんと見なくなりましたね。私の場合は、子供のころ、蕨を漬けたり、シイタケの栽培をしたりで、家族がみーんなで仕事してました。農家さんだったら、まだ見られる光景でしょうか?
ちなみにキムチは、昔は冬に土中にというのが鉄則でしたが、今は、そういう環境もなくなってきており、キムチ専用冷蔵庫というのが出回っているらしいです。



★今回のテーマ野菜★  ― ヘチマ  
  「ヘチマキムチ&盛岡冷麺」   VEGAN  


トムヤムに引き続き、、、キョーレツな味を探し求めてしまった私が出してきたものは、キムチです。
ヘチマとキムチを見比べて、、、思いついたのは、まずは炒め物。
も~、すごく単純!

ヘチマキムチ
☆青☆

あれれ? キムチが思ったより多かった・・・というか、ヘチマの姿がほとんどなくなり、主張のないトロンとしたヘチマは、すっかりキムチに同化して、ヘチマのキムチ炒めというか、、、キムチそのものです。
うーん、、、おいしいのはおいしけど、、、ヘチマ料理としては、こりゃちょっと失敗!?
もっと大きく切ればよかったんですかねー。
だって、ヘチマって土臭いキョーレツな味がするのかと思ってたんですもの・・・。

よしっ、名誉挽回!? 

ヘチマキムチ冷麺

ヘチマキムチ料理というのか、ただのキムチ料理だろー! とツッコんだりしないでくださいませね。
ソーメンに見えますが、盛岡冷麺です。
超反則技、タイどころか、日本でだって買えないよー! とツッコんだりしないでくださいませね。
秋田から夏に持ち帰ったのを(秋田の実家でも売ってるの)後生大事にしまってたもので、、、賞味期限が切れそうなので、反則技と知りつつみんなに食べるの手伝ってもらったのでした。

(撮影用にヘチマをかき集めました。)

 この後レシピを紹介しますが、その前に! 応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking

ヘチマのトムヤム煮

アップロードファイル  「寒気がし 目覚めてしばし 動けずに」  (健幸575 No.195)

日本は、寒い毎日だそうですが、みなさまお風邪をひいてはおりませんか? タイも日本ほどの寒さではありませんが、乾季に入り、やはり朝夕冷え込むせいで(気温を言ったら怒られるでしょうが、寒いと感じるのです!)、風邪ひきやインフルエンザにかかっている人がチラホラみうけられます。私は、床の上で布団もかけずに寝てますが、さすがに明け方スースーするんで目が覚めます。布団が欲しい・・・けど持ってないし・・・バスタオルでいいから巻いて寝たい・・・でも遠くにあってメンドー・・・と悶々とする繰り返し。やっとバスタオルを引きずり出して包まって寝るのですが、学習しない私は、翌日も同じことをしたり。しかし、、、おにいさんは、寒いと思いながら寝たらしく、ビミョーに鼻をグズグズしてます。



★今回のテーマ野菜★  ― ヘチマ  
  「ヘチマのトムヤム煮」     VEGAN  
  
何度も書いてますが、、、土臭いってどうですか?
昔の野菜ってもっと土臭いのがたくさんありましたね、ニンジンとか。
私もキライじゃないんですが、、、パワーを感じますし、、、でもホンワカならいいんですが、、、数年前、ヘチマにハマッて食べ続けてたら、飽きたところで、とってもキョーレツに土臭さいのにあたってしまい、イヤになってしまいました。
だから何度も書いてますが、料理のせいなのか、、、その時は、季節がおいしくない季節に突入したのだろうと思ったのですが、実は、それからヘチマに手をだしてませんでした。

ぶっかけ飯屋(あら、乱暴な言葉ですわね、でもそう呼んじゃってるんですのよ)で、ヘチマと卵の炒め物が出たりしたら、それは抵抗なくて食べてるんですが、、、もう自分で料理することはないかと思っていたほどで。
それが、今回、なぜか研究テーマとなってしまったんですねー。
誰かが「タイ人が食べてるナスに似た何か、すごくおいしかった!」というので、それは姿形からしてヘチマに違いなく、「そんなにおいし~かなぁ???」と思ったのですが、もう1人、「そう、ヘチマはおいしいよね!」と言い出し、みんなでトライすることになったのでした。

そうです、私は、最初、ヘチマをみながらためいきついてたんですよねー。
なので、私が最初に考えた料理は、私のイメージにある土臭さを消すキョーレツな味付けだったわけです。

ヘチマトムヤム
☆青☆

まあ、見ただけじゃわからないですよね、赤くもないし、これはトムヤム味なんです。
結構、火を通したなーっていうのが、種の様子でわかりますね。

 この後レシピを紹介しますが、その前に! 応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking

ヘチマの酢の物

アップロードファイル 「伊勢志摩に 気持ちを馳せて満腹に」  (健幸575 No.193)

まだ西暦の正月もやってきていないのに、、、中国正月もやってきていないのに、、、4月のタイ正月の打ち合わせが始まりました。タイ人の友人たちと三重のうまいもん巡りに・・・。大人数の旅行になりそうなので、今から作戦をたてなくちゃいけないというわけです。三重県といってもピンとこないでしょうが、伊勢志摩があるので、海老や鮑に代表されるように魚介類がそれはそれはおいしくて、今の季節なら的矢牡蠣もあるし(4月は無理だー)、肉だって、なんてったって松坂があるわけで、いやいや伊賀牛もまけずにおいしい、おまけに桑名の焼き蛤やら歌行灯(タイに支店があるのです)やら、とにかく食の宝庫なのです。いやぁ、考えただけでも大変。私、野菜ソムリエの立場はどうなるんでしょうね・・・。私の体重もどうなるのかしら・・・。ふつう、おいしいものを思い浮かべたらお腹がすくのでしょうが、1週間となると・・・私の場合、ちょっと食傷気分になってしまいます。おまけに・・・今、ダイエットをしていることが、すべて虚しいことに思えてしまいます。(でも、楽しみにはしてるんですよ!)



★今回のテーマ野菜★  ― ヘチマ  
   「ヘチマの酢の物」    VEGAN  
  

ヘチマは、加熱が少ないと土臭いたくましい感じが残るのか、それとも季節とか成長し過ぎとか、そのヘチマ自体がそうなのか、原因がまだ判明していないのです。
スープは、まったくワイルドさを感じなかったので、やっぱり加熱の加減かなあとも思うのですが、土臭いのが苦手な人は、加熱で消えるならせっせとするといいでしょうが、ワイルドさを楽しみたい人には、消えてしまったらモッタイナイような感じもするのではないでしょうか。

紹介する酢の物は、たまたまなのかどうか、ワイルドさがあって、日本酒を出してきたくなるおいしさでした。

ヘチマ酢の物
♪B♪

大人の味ですね。
酢の物というのか、煮びたしというのか、、、ヘチマのワイルドさなど微塵も感じない姿をしてますね。

 この後レシピを紹介しますが、その前に! 応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking

ヘチマの味噌漬け

アップロードファイル 「手作りに 何処も同じ 回帰して」  (健幸575 No.193)

冬本番前の今、韓国ではキムジャンというキムチを漬ける季節です。トラックに満載された白菜が運ばれ、家中大忙しでキムチを漬けるのが風物詩です。でも最近は、核家族化やアパート暮らし、キムチ離れのせいでこの光景が減って、平気で中国産のキムチを買うようになっていたとか。それを嘆く記事を昨年までは何度も目にしましたが、今年はちょっと違うようで・・・中国の食品への不安から、今年は、手作りする人が増えているそうです。日本では、不況のせいで漬物樽と石の手作りセットが売れているとか・・・。やっぱり手作りっていいですよね!



★今回のテーマ野菜★  ― ヘチマ  
  「ヘチマの味噌漬け」      VEGAN  
  

サラダでヘチマが生で食べられるというか、生がとってもおいしいことを発見しましたので、、、となれば、漬物にしてみるしかない!

私的には、ヘチマ料理の中でイチバン気に入ってしまった料理です。

ヘチマ漬物
by ☆青☆

う~ん、料理と言えるのかしら・・・。
いえいえ、漬物も立派な料理ですよね!
ヘチマがほどよくやわらかく、お味噌の味がふ~んわりと伝わってきてメロメロになります。
いつもなら、酒だ、ご飯だ! と騒ぐところですが、いやもう、これだけでいいですって気分です。

 この後レシピを紹介しますが、その前に! 応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking

ヘチマのサラダ 豆腐果実ソース

アップロードファイル  「地中海 行けぬがせめてテーブルで」  (健幸575 No.192)

先週のセミナーで、ドクターも「地中海ダイエット」のお話をちょこっとされて、私も話したかったけど時間切れで「地中海料理を見習ってトマトをたくさん」と書くだけで終わってしまったのですが、、、 忙しくてためてた新聞を読んだら、11月9日付サンデー日経で「健康食に地中海の味」という話を載せてました。健康を気遣ってさっぱりした和食を心かげる人も多いけど、野菜や豆、新鮮な魚介類をふんだんに取り入れた地中海料理をどうぞ、と。病院と提携している料理店も出始めているとか。日本ではまだ、地中海料理の知名度が低いようですね。「地中海ダイエット」という言葉で単なる減量方法だと思っている人もいるようですし。「糖尿病になったら地中海沿岸に住め」ってことで、本当に地中海に住んでしまった河合勝幸さんの本は、面白いですよ。糖尿病でもおいしく食べられるってお話。 私も「健康食は味気ないものではない!」って言いたいから、とっても共感が持てる本です。




★今回のテーマ野菜★  ― ヘチマ  
   「ヘチマのサラダ 豆腐果実ソース」    VEGAN  
  

タイではヘチマをナムプリックというキョーレツなタレというか味噌につけて食べるのだそうですが、ナント、生なんだそうです。
生で食べられるの~? と驚いたのですが、それを知ってしまったら、食べてみなくちゃいけませんよねー。
ヘチマって土臭くて、まあ、それがいいとはいっても、生だと・・・と、おそるおそる口にしてみたら・・・あらん? なんか、さわやかな甘みがあって、食感がとってもやさしいサクサクって感じです。
これって、思いっきりサラダに使えちゃいます。
キュウリほど水っぽい感じではなくて、それでもシャリシャリ、この繊細な感じ、何にあわせようかしら・・・? と、俄然、張り切りだしてしまいました。

ヘチマサラダ
by ☆青☆

白和えっぽいですが、サラダのつもりです。
でもって、このお豆腐にヒミツが・・・!(タイトルで想像できちゃいますか・・・)

 この後レシピを紹介しますが、その前に! 応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking

高野豆腐のヘチマあんかけ

アップロードファイル  「座を直し 頑固な肩こり やわらいで」  (健幸575 No.191)

パソコンに向かう時間が多くなったから肩こりが・・・と悩んでいる方も多いようです。パソコンが原因とわかっている場合は、目の疲れのせいか姿勢からくるかのどっちかです。姿勢の場合は、「背筋をのばせばいいんでしょ、わかっちゃいるけど・・・」って感じじゃないですか? 実はすごく単純な話で、椅子の高さをかえるだけで楽になることがあります。それは、ほんのちょっとのビミョーな違いだったりするんですが、肩こりに悩む方は、自分にピッタリな高さをみつけてみてください。座布団とかクッションとかでいです。あと、姿勢を正すには、座った時に膝の上を紐で結ぶといいんですよ。これは、腰の矯正にも腰痛防止にもなります。



★今回のテーマ野菜★  ― ヘチマ  
   「高野豆腐のヘチマあんかけ」     VEGAN  
  

煮立てたヘチマがトロントロンになるのは、スープでわかりましたが、そのトロトロをいかしてあんかけにしてしまうって、いいアイデアだと思いません? おお、さすが sakkoちゃん!
さて、とろとろヘチマで作ったあんかけ、何にかけていただきましょうか? (タイトルでもうバレてますね。)

ヘチマあんかけ
by sakko

高野豆腐っておいしいのねーと、みんなカンドーしておりました。
味噌汁用の小さく切った高野豆腐しか知らない方もいるようですが、こうして大きいままいただくと、なんだか贅沢な気分になります。
大きいままというと、炊き合わせや煮物を思い浮かべますが、たっぷり野菜と一緒に食べられるヘチマのあんかけは、おすすめです!

 この後レシピを紹介しますが、その前に! 応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking

ヘチマと春雨のスープ

アップロードファイル  「初めての 野菜手にして にらめっこ」  (健幸575 No.190)

健幸料理研究所では、タイ野菜を積極的に使いたいと考えています。日本ではみかけないような、レシピも探せないような食材は、ちょっと困ったなーと思いつつ、そこが腕のみせどころとばかりに楽しみます。なんだかちょっと野菜と勝負するような気分にもなります。でもたまには、途方にくれて、食材を前にためいきをつくこともあります。食材を前にどんだけの表情をしていることか。まあ、作る前に熟考するのは大事で、できあがった料理を前にためいきつくのはなんとか避けたいものですからね。



★今回のテーマ野菜★  ― ヘチマ  
   「ヘチマと春雨のスープ」    VEGAN  


ヘチマレシピをこれから紹介していきます。
そういえば、、、ヘチマのときは、私がデジカメを忘れちゃって、人のを借りて使い慣れず、ビミョーにいつもと雰囲気が違う・・・かも? です。

ヘチマ、ヘチマと言ってますが、これから紹介する料理は、正確には全て「トカドヘチマ」です。
でも、ふつうのヘチマも同じように利用できますので、総称して「ヘチマ」という言葉を使っていきます。

まずは、、、初めての人にも作りやすく食べやすい、スープを紹介しましょう。

ヘチマスープ
by sakko

スープにするとトロトロになるというのは、本当でした!
シイタケと昆布でとったあっさり味でヘチマのほのかな甘みを味わえます。。
ツルンツルンと入ってくる春雨とツルっと一緒に口の中にすべりこんでくるヘチマが楽しいです。

 この後レシピを紹介しますが、その前に! 応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking

ヘチマをテーマにまいります!

アップロードファイル  「モッタイナイ気持ちを楽に コンポスト」  (健幸575 No.189)

タイの野菜は、農薬が心配なのもあり、、、ニンジンでも大根でも皮は捨てます。レタスやキャベツも外側は捨てます。(トマトなど、スポンジや布ふきんで洗ったり、熱湯かけて使うのももちろんあります。農薬の除去についてはまたそのうちに) 有機・無農薬栽培で無駄なく使っているのをみると、罪なことをしているような気にもなりますが、有機・無農薬栽培ばかりにこだわっていては、現状、野菜をたっくさん食べることができません。種類も限られてしまいます。なので、思い切って捨てるのも仕方なしかと・・・。先日、コンポストを買って、ズボラな私には絶対無理というおにいさんの指摘を聞き流し、せっせとかき混ぜております。おかげで、皮を捨てる罪悪感がちょっと減りました。


★今回のテーマ野菜★ ― トカドヘチマ

なんだかもったいぶって登場させた感もありますが、、、ハイ、予告どおりヘチマです。
季節的には、タイ以外の国では、おもいっきりずれてるのでしょうね。
四季のある国では、夏野菜です。
タイでは、年中いただくことができます。

ヘチマは、理科の実験で使うようなふつ~のヘチマもありますが、タイでスーパーでよく目にするのは、トカドヘチマです。
トカドとは、十角、10本の稜線が入っているヘチマです。

ヘチマ

ホントにちょうど10本というのが面白いですね。

タイに来てからヘチマを食べるようになり、しばらくハマッたことがありました。
日本に帰ったときに両親に話したら、「ヘチマは、食べられんだろー?」と、あまりにも驚くので、かえってこっちがビックリしました。
もともと野菜の知識がない私には、抵抗なく食べられたヘチマですが、逆に日本でヘチマのことをよく知る人には、ヘチマを食べるというのは、驚きだったようです。

東南アジアの野菜について詳しい著書の多い吉田よし子さんも、お嬢さんがマニラから帰国した際の授業参観の日、ヘチマを食べるという話をしたところ大騒ぎになり、父兄ばかりか先生までもが「ヘチマは食べない」とおっしゃられたそうです。
仕方なく、授業の後にお母さんがみなさんに説明されたというお話を書いています。
お嬢さんもお母さんもヘチマが大好きだったのだそうです。
実際、ヘチマはおいしいのです。
日本人もタワシや化粧水にするだけでなく、もっと食したらいいのではないかと思います。
沖縄、九州では食べているそうですが、他の地域の方で食したことのある方はおりますか?


 続いてヘチマの基礎知識です。でもその前に! 応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。