キュウリともやしの中華風和え

アップロードファイル  「好物が 犠牲になって いかんとす」  (健幸575 No.169)
   「冷凍の食品の日の食卓や」 (健幸575 No.170)


ナント、今日、10月18日は「冷凍食品の日」なんだそうです。社団法人日本冷凍食品協会によると、「10月は食欲の秋であり、冷凍(レイトー)のトーにつながることと、冷凍食品の世界共通 の管理温度マイナス18℃から10月18日を冷凍食品の日と定めました」だそうです。なんとも皮肉な時に記念日を迎えたものですね。最近、現地で採れたてを即加工すれば、生のまま長距離を運んだり、店頭に並べておくより、栄養も味もしっかり残っているというのを知って、見直し始めていたんですが・・・。餃子に続きインゲン、明らかに故意による犯罪事件です。みんな不安になるのも仕方なく、、、それでも餃子の時は、家で手作りする人が増えたということで、それはそれでいい傾向ではないかと思ったのですが、インゲンはねぇ~、農家さんが気の毒ですねー。以前にサヤインゲンを使った料理をアップしていますので、キュウリが終わったら目次を作って応援しようと思います。



お知らせ: 11月13日にバムルンラード・インターナショナル病院にて食と健康に関するセミナーがあり、私が講師を務めます。バンコク在住の方は、ぜひご参加ください。詳しくは、「食と健康のセミナー@バンコク」(←クリック)をご覧ください。

★今回のテーマ野菜★  ― キュウリ  
  「キュウリともやしの中華風和え」     VEGAN  
  

キュウリは、酢の物、サラダ、和え物なんでもござれですが、これは、そのいいとこまとめた料理みたいです。
とりあえず「中華風和え」となっていますが、サラダ感覚でパクパク食べられます。

キュウリもやし2
by sakko

お酢でサッパリさわやか、さらにもやしの甘みがあります。

私、酢の物というとスッパーッ! っていうのが好きなんですが、私の好みに合わせると、誰も食べられません。。。
なにごともほどほどに・・・なんでしょうね。

 この後レシピを紹介しますが、その前に! 応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking


スポンサーサイト

キュウリとリンゴのシャキシャキサラダ

アップロードファイル  「一口が 何か知りたい 子のために」  (健幸575 No.168)

食の問題といいますと、貧困問題も大事ですが、まずは、自分の食をみつめる必要がありますね。食の安全と騒がれて、気にする人が増えてはいると思いますが、まだまだ無防備に便利なもの、おいしいものを口に入れているようにも思います。一口くらい、1個くらい、、、と思わず、何気ない一口がどういうものなのか考えて、安全な食べ物、環境にやさしい食べ物を毎日の生活の中に入れる努力、何よりも自分と家族のためにしていただきたいです。
添加物やトランス脂肪酸いっぱいのお菓子やインスタント食品、調味料、環境に負荷をかける肉・魚、、、etc 企業や業者に踊らされてはいませんか? 後で問題が起こっても、彼らが責任をとりきれるものではありません。自分の身は自分で守るしかないのです。
トランス脂肪酸についての記事は、ちょっと長いのですが、前に紹介していますのでお読みください(クリック→「トランス脂肪酸について考えてみましょう!」)。また、「トランス脂肪酸」で検索するとたくさんの情報を得られます。
私も記事を書いた後に、パン粉を使った料理をしていて、ご指摘をいただいて気がつきました。それでもたまには、これからも使うことがあると思いますが、知ってて使うのと知らずに使うのは、大きな違いですよね。



お知らせ: 11月13日にバムルンラード・インターナショナル病院にて食と健康に関するセミナーがあり、私が講師を務めます。バンコク在住の方は、ぜひご参加ください。詳しくは、「食と健康のセミナー@バンコク」(←クリック)をご覧ください。

★今回のテーマ野菜★  ― キュウリ  
  「キュウリとリンゴのシャキシャキサラダ」    VEGAN  
  

キュウリを使ったサラダというのはいくらでもあるのでしょうが、やっぱりおいしいものですよねー。
リンゴとの組み合わせのシンプルサラダ、これもとってもおいしくいだたけます。

キュウリリンゴ
by sakko

四季のある国(北半球の)では、リンゴは今が旬ですよね。
日本は、今年は、タイ風・・・じゃない、台風の上陸がなかったそうで、リンゴが豊作だそうです。
お値段お手頃、たっくさん食べたいところですよね。

 この後レシピを紹介しますが、その前に! 応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking

キュウリのトマト煮&梅味のたたき

アップロードファイル  「食の日に 飽食の民 何思う」   (健幸575 No.166)
    「事件にて ありがたみ増す 食糧デー」  (健幸575 No.167)


朝の記事に書き忘れて慌ててアップです。
今日は、国連が定めた「世界食糧デー」(WORLD FOOD DAY)です。より多くの人が世界の食料問題を考え、さらに意識を高める日となるよう制定されました。当初も今も、飢餓・栄養不良などの貧困との闘いが第一目的かと思うのですが、現在は、食料問題といっても、実に様々な問題が提起されているように思います。国際連合食糧農業機関(FAO)によりますと、「今年は、気候変動とバイオエネルギーの問題が世界の食料安全保障に及ぼす影響に焦点を当て、これらの影響を特に受けやすい世界の小規模農民や魚業者を含む貧困層への支援を呼びかけます」だそうです。
ムズカシー? 日本に飢餓問題はないかもしれませんが、自給率を考えると、他人ごとではない深刻な問題ですね。否応なしに、日本人が食の問題を考える事件が立て続けに発生しています。日本や世界のことなんて考えてられない? いいんです、まずは自分の食を大事にして、食料に感謝することが肝心なのです。そして、ちょっと問題意識を持ちながら(悲観ではなく)食をみつめたら、自ずと何を食べるかがみえてくると思います。そしてそれが世界を変えると思います。



お知らせ: 11月13日にバムルンラード・インターナショナル病院にて食と健康に関するセミナーがあり、私が講師を務めます。バンコク在住の方は、ぜひご参加ください。詳しくは、「食と健康のセミナー@バンコク」(←クリック)をご覧ください。

★今回のテーマ野菜★  ― キュウリ  
  「キュウリのトマト煮とたたき梅味(お弁当バージョン)」  
  

「食料デー」のことを書きたいための急な記事で、残りのキュウリレシピは手元にないのですが、ちょうど今日のお弁当にキュウリを使ったのが2品もあったので紹介しますね。

今朝は、思いっきり寝坊して、10分でお弁当を作ったのです。
自分の手際のよさに惚れぼれしながら(食べることへの執念ともいいますが)、すごい勢いで料理しました。
手際はいいけど、味や見た目の保障はできないですね、、、なんでも食べてくれるおにいさんに感謝です。
2人で一緒に食べるお弁当なので、すんごくアバウトにガシガシ詰めちゃうんです。

キュウリ弁当
by ☆青☆

上は、ホントは卵があったら、卵を入れたかったのですがなかったので、炒め物というより、トマトの煮込み風です。
炒め物は、フライパンにくっついていなければなりませんが、煮込み風ならとりあえず放っておいて、他の作業ができるので楽です。

下のは、きゅうりのたたきのバリエーションを考えていて、昨日、ちょうど梅で試したものをとってあったので詰めました。

 まだ続きますが、その前に! 応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking

キュウリとスルメのおつまみ(塩辛和え風)

アップロードファイル  「痩せたくて サイフ眺めてバナナかい」  (健幸575 No.165)
      「かい」は「買い」と「かね?」という疑問をかけてみたりしてるんですが・・・。

今さらな気がして話題にしてなかったんですが、、、朝バナナダイエットでバナナが値上がり、それまで当然に食べてた人が困っているようです。バナナの値上がりは、輸入先のフィリピンが不作だったり、他国との競争があったりで、単純にバナナダイエットのせいではないようですが、、、。
朝バナナダイエットは、効果あると思いますよ。それまで炭水化物を朝食にしていた人がバナナに替えたら、そりゃ痩せるでしょ。なんか、バナナ騒動を起こした方があわてて「キウイもいい」なんて言いだしたらしいですが、バナナでなくったってキウイでなくたって痩せますよ。ナチュラルハイジーンがずーっと前からそう主張してました。
まあ、バナナが腹もちがいいっていうのはわかりますが、健康管理(含むダイエット)のためには、別にリンゴだってミカンだっていいんですよ、ドリアンみたいな高カロリーな果物でなければ、果物を朝食べるのはいいことですし、午前中、お腹がすいたらたくさん食べていいです。ついでに昼とか、夜も食前に食べたらいいですよ。日本の梨や桃、柿なんて、タイから見たらホントにうらやまし~ですね。その分、タイは、タイの果物で楽しませてもらってますが、、、そうそう、葡萄も腸をきれいにしてくれますし、日本は夏しかないでしょうが、スイカもいいんですよ。
いいと言われたのにとびつく姿勢は、とかく批判されますが、私は、いい心がけだと思ってます。いいことを生活に取り入れようとすることの何が悪いのでしょう。人のアドバイスを素直に受け入れられない人に比べたら、とにかくトライしようとするのはいいと思います。多分、問題は、続くかどうか・・・なんでしょうね。あと、いいと言われる健康法の本質「なぜ」「どうすべき」を理解する のが大事です。バナナダイエットは、バナナじゃなくてもいいってこととか、多くの豆は生で食べちゃいけないとか。
朝は、解毒の時間なので本当は食べないのがいいですが、果物や生野菜、ジュースならお通じがよくなる効果を実感できたり、空腹を我慢できない人にはいいですね。いいブームがきたなと私は感心して眺めております。もっともっと多くの日本人が実践すれば、もっと健康な人が増えて医療費も削減できますからね。バナナの値上がったからと、バナナダイエットを批判するのはおかしな話です。


★今回のテーマ野菜★  ― キュウリ  
  「キュウリとスルメのおつまみ(塩辛和え風)」  
  

塩辛のおいしさはわかるのですが、塩辛すぎて最近はどうにも手がでません。
自家製なら、、、と思っても、簡単に作れるものではないですし、やっぱりある程度塩がなければ腐ってしまいますから、塩辛いのもやむなしなんでしょうね。
・・・ということで、すっかりご無沙汰の塩辛なんですが、おにいさんがよほど恋しかったのか? 塩辛モドキをみつけだしました。

キュウリスルメ
by おにいさん

タイは、おいしいイカが獲れるので、スルメもたくさん売っているのですが、あぶって食べるしか能がなかったですね。
これは、スルメが塩辛に変身!
キュウリと合うのがまた面白いというのか、名コンビになってます。
ハマッてしまったおにいさんは、ここのところよくスルメを買ってきます。

 この後レシピを紹介しますが、その前に! 応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking

キュウリとエリンギのニンニク煮

アップロードファイル  「いい匂い 変な臭いか ニンニクは」  (健幸575 No.164)

タイに来たばかりの頃の職場で、定時が過ぎてミョ~なニオイが・・・。ク、クサイ! なんでこんなニオイがオフィスでするの~? なんだっけ、このニオイ??? 満員電車でおじさんがこんなニオイさせてたかな・・・・。周りに「何、このニオイ?」と犯人探しのつもりで尋ねると「いいニオイだね、誰かしら?」という答え。え~っ??? ニオイの元を探すとタイ料理を食べてる人がいるじゃないですか! と、間もなくに皆が集まり一緒に食べ始めます。当時の私的には、職場でクサヤを食べているのと同じ感覚で衝撃でした。10年以上経った今、、、ニンニクの匂いですか? ムフッ 

お知らせ: 11月13日にバムルンラード・インターナショナル病院にて食と健康に関するセミナーがあり、私が講師を務めます。バンコク在住の方は、ぜひご参加ください。詳しくは、「食と健康のセミナー@バンコク」(←クリック)をご覧ください。

★今回のテーマ野菜★  ― キュウリ  
  「キュウリとエリンギのニンニク煮」      VEGAN  
  

(↑)ニンニクの話題を出しましたんで、ニンニク煮です。
キュウリとニンニクのハーモニー♪  どんななんでしょーねー?
これは、オレンジページブックスの「いつでも野菜を」という本でキュウリと豚肉を使ったレシピがあって、それをアレンジしたのです。
豚肉のかわりがエリンギなんですが、作ってみたら、、、豚肉なんて全然、いらないじゃん! 

キュウリ煮物
by ☆青☆

キュウリをじっくり煮込んでるんですが、ニンニクが自分のよさをしっかりとキュウリにうつしたみたいで、おいし~んです。
おじさんが喜ぶ一品ですね! ・・・という、私も喜んでます。

 この後レシピを紹介しますが、その前に! 応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking

きゅうりのとも和え

アップロードファイル  「脳か目か舌か胃腸か 食欲は」  (健幸575 No.163)

食欲の秋ですねー、タイに秋はありませんが、雨期の終わりなので、雨期のうちにおいしいものは食べておくべきかと思っています。
それにしても・・・どうにもコントロールできない食欲にためいきが出そうになることがあります。「食べたいものを食べたらいいじゃない、我慢はよくないわよ!」って言う人がいますけどねー、そういう方の食べたいモノや量と私なんぞが子供の頃から積み重ねてきた悪習慣による食べたいモノと量は、全然、違うのだと思います。どうにかすると、スーパーサイズミー状態ですよ。もうそれなりに何年も健康オタクをやってるつもりですが、根っこにどうしようもないものがあるんです。今さら親のせいにするつもりはありませんが、食育って大事ですよ。
もっともあんまり我慢してストレスになるのもいけないので、上手につきあわなくちゃなーとは思っていますが。。。って、こうやって書いてること自体、ストレスがたまっている証拠。日本に帰ってコンビニで目移りしながら我慢したせいだと思います。2~3日の辛抱だと思うんですが。日本に住んでなくてよかった・・・。


健幸料理研究所は、タイで手に入る食材を利用してテーマを決めてお料理を作っています。ブログの更新は、同じ食材の料理が続きますが、過去にいろいろな野菜を使っています。また、熱帯のタイですから、四季のある他の国とは旬が違いますが、右のカテゴリから野菜を選んで過去の記事で献立作りにお役立てください。

お知らせ: 11月13日にバムルンラード・インターナショナル病院にて食と健康に関するセミナーがあり、私が講師を務めます。バンコク在住の方は、ぜひご参加ください。詳しくは、「食と健康のセミナー@バンコク」(←クリック)をご覧ください。

★今回のテーマ野菜★  ― キュウリ  
  「きゅうりのとも和え」      VEGAN 
(ダシにより)  

「とも和え」という言葉は、NHKのお料理番組で始めて知りました。
その番組では、ほうれん草か何かの料理で紹介していたのですが、私は空芯菜で応用したりして、とも和えという料理をとても気に入ってます。(→「空芯菜のとも和え」)
1つの材料で、2つの材料を使っているような楽しみがありますからね!

「とも和え」は、「共和え」なのか「友和え」なのか? と疑問に思って平仮名にしておりましたが、そういえば、調べればいいんだ! ってことで大辞林。

  とも和えともあえ【共和え】
魚介類の身を具とし、あえ衣に肝を使うなど、あえるものとあえ衣の材料が同じであるようなあえもの。アンコウ・アワビなどが用いられる


だそうです。
「共和え」だったんですね、でも平仮名のやさしい感じが好きなので、このまま今回は平仮名で。
それにしても、アア・・・アンコウやアワビですか!
なんとも贅沢な共和えですね~。

そんな豪勢なお料理と比べられたら困るんですが、、、おにいさんが、きゅうりでとも和えを作りました。
さてさて、キュウリでキュウリを和えるっていったって、どこをどう利用するんでしょうか?

キュウリとも和え
by おにいさん

これは、太くて皮の厚いタイキュウリを使っています。
この写真を見ても、何がとも和えだか「?」じゃないですか? わかりました?
よくよく見たら、和え物というよりスープ状態になってますが、その辺は目をつむってくださいませね。

 この後レシピを紹介しますが、その前に! 応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking

担担胡瓜

アップロードファイル  「たらふくに 食べさせたがり 母心」  (健幸575 No.162)

三重のおにいさんの実家に行って来ました。留守中のコメント、ポチ応援、ありがとうございました!
昔の人はみんなそうなんでしょうが、義母の「食べなさい攻撃」は恐ろしいほどで、毎度、闘いになります。それでもやっと「朝食を食べない’「動物質は避ける」「少食を心がける」ということを理解してもらいつつありますが、特に「少食」の部分はどうにも理解できていないようです。
今回、一緒に植物園に出かけ、大したメニューもない売店での軽いランチとなったので、サンドイッチを3人で1切れずつ食べ、各自うどんを注文しました。食べ終わったところで、「カレーはどんな味かしらね、頼んみたら?」がやがて「頼みなさい」に変化し、  それ以前に家から持ってきたお菓子も食べさせたがり、ずっと断っていたので、カレーは、もう断るのもメンドーになり、量も少ないだろうからシェアするということでおにいさんが1人前を注文に立ちました。その時、「朝ごはんも食べないで、こんなうどんだけなんて、お腹がすいてかわいそうじゃない」と私に向かって言うんですよねー。男の子の(もはや男の「子」ではないが)母親というのは、そういもんなんでしょうね。(この後、目を離したすきにお煎餅と3人分のソフトクリームを買ってくれました・・・。



★今回のテーマ野菜★  ― キュウリ  
  「担担胡瓜」    VEGAN
 (スープにより)

ラーメン屋に行くと、人によって決まって注文するメニューが違うので面白いものですね。
おにいさんは、タンメンやシンプルしょうゆラーメンが大好きで、私は、味噌ラーメンや担担麺が大好きです。
私は、ラーメンに唐辛子をたっぷり入れて食べたいんですが、日本のラーメン屋は唐辛子を置いていないところが多くてガックリします。

担担麺の本場は、中国四川省の成都ですが、日本人がいつも食べている担担麺とはちょっと違って、麺は中華麺ではなく白い麺で、汁がないものが多いです。
「小吃」とも言われますが、どちらかというと軽食的な感じ、つまみにもなりますし、なので、日本人が「本場の担担麺を食べるぞー!」なんて気合いを入れて行くと、ちょっと「あれっ?」ということにもなります。
キュウリ担担麺
四川成都の有名店にて 
美しくなくってスミマセン、食べかけと手前左が担担麺

日本では高級中華で立派なのが出てくることがありますけど、どちらかというとシンプルというか素朴というか、もとは天秤で担いで売り歩いていた麺なんですから、そんな豪勢な料理ではないんでしょうね。

なぜに坦々麺の話が始まったかと言いますと、キュウリがテーマになって、ゴマ味噌でキュウリたっぷりの棒々鶏か冷やし中華を作ろうかなーと思ったのですが、汁なしなら担担麺もありかと。
キュウリのさっぱりと担担麺のちょっとコッテリした感じがうまくあわさっておいしそ~じゃないですか?
そうこう考えているうちに、先日読んだ週刊モーニング連載の「クッキングパパ」を思い出して、こんな料理を作ってみたのでした!

キュウリ麺
by ☆青☆

わかります? 
キュウリが麺になってるんですよ~!
キュウリが麺って、麺に練りこんでるとかじゃなくって、キュウリそのものを麺のようにしていただくのです。

 この後レシピを紹介しますが、その前に! 応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking

胡瓜と炒り卵のオイマヨサラダ

アップロードファイル  「何食べる 満腹の腹に 聞かないで」  (健幸575 No.161)

私の頭は、常に食べ物でいっぱいのようで・・・朝ごはんを食べない分、2度の食事は大事にしたいという思いもあり、、、朝起きてすぐ昼ご飯のことを考えてしまいます。平日は冷蔵庫を見てお弁当作り、土日は、外食しようか家飯にしようかとお昼ギリギリまで悩んだり。お昼ご飯を食べ終わったら、もう頭は晩御飯でいっぱいになります。口癖のように「夜、どうしようねー」なんて言うので、おにいさんによく呆れられます。



★今回のテーマ野菜★  ― キュウリ  
  「胡瓜と炒り卵のオイマヨサラダ」    
  

サラダといってもいろいろあるものですねー。
生野菜をバリバリ食べるサラダというのは、行け行けGOGO! みたいなパワー充電的な感じがしますが、今回、紹介するのもやさし~味のするほんわかサラダ、ホッとする感じがします。

キュウリオイマヨ2
by sakko

どうも写真じゃイマイチおいしさを伝えられないんですが、このソースは、好評でしたよ。
さてどんなソースでしょうか? (タイトルみてわかっちゃいますか・・・)

 この後レシピを紹介しますが、その前に! 応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking

胡瓜の冷汁

アップロードファイル  「お世辞より 食べ尽くされた皿うれし」  (健幸575 No.160)

おいしいという言葉はもちろんうれしいのですが、自分でも味見しているわけですから、きっとお世辞だろうなぁ・・・と素直に喜べないときがあります。お世辞を言わせてしまう未熟さにへこみそうになりますね。あと、おいしいという言葉を言い慣れない人というのもいますね。おいしいものを当然に食べるような環境とか、家庭での習慣によるものかとも思いますが、何も言わず食べ人の反応って、ホントに何も感じずに食べてるのかなーと心配だったりしますが、ペロリと食べてくれるとホッとします。


健幸料理研究所は、タイで手に入る食材を利用してテーマを決めてお料理を作っています。ブログの更新は、同じ食材の料理が続きますが、過去にいろいろな野菜を使っています。また、熱帯のタイですから、四季のある他の国とは旬が違いますが、右のカテゴリから野菜を選んで過去の記事で献立作りにお役立てください。

お知らせ: 10月9日夜から12日まで留守になりますので、コメントが遅くなると思いますがご了承ください。

★今回のテーマ野菜★  ― キュウリ  
  「胡瓜の冷汁」    VEGAN
  

秋の深まる四季のある国の方々には、なんなんですが、、、冷汁です。
キュウリの冷製スープは以前から挑戦していたのですが、今回は、和製スープ、つまり味噌汁に挑戦です。
カノウユミコさんの「ベジタブルでフルコース―オードブルからデザートまで、野菜度100パーセント・レシピ 」を参考に作りました。

キュウリ味噌汁

by ☆青☆

キュウリは、生のままなんです。
生のままミキサーにかけたら、キュウリジュースとどう違うの? って感じなんですが、お味噌が入って、しっかり味噌汁です。
すごくさわやかで、クククッと飲みほしたくなってしまいます。

 この後レシピを紹介しますが、その前に! 応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking

キュウリソースの春雨サラダ

アップロードファイル  「創作と 失敗作をフォローして」  (健幸575 No.159)

お料理の失敗はよくあるんですが、いじくりまわしているうちに思いがけない1品ができることがありますね。食べてもらって評判がよかったりするとちょっとフクザツだったりして。偶然のシロモノの場合、同じモノをもう1度作れるかどうか・・・というのもあります。


健幸料理研究所は、タイで手に入る食材を利用してテーマを決めてお料理を作っています。ブログの更新は、同じ食材の料理が続きますが、過去にいろいろな野菜を使っています。また、熱帯のタイですから、四季のある他の国とは旬が違いますが、右のカテゴリから野菜を選んで過去の記事で献立作りにお役立てください。

お知らせ: 10月9日夜から12日まで留守になりますので、コメントが遅くなると思いますがご了承ください。

★今回のテーマ野菜★  ― キュウリ  
  「キュウリーソースの春雨サラダ」   VEGAN  
  

キュウリのすりおろしって、いくつかの料理本に出てくるんですが、青臭そうでどうかなぁ~って気がしてました。
前に冬瓜をすりおろして生のままつかったら(→ コロコロとうがん)、やっぱり青臭くて不評だったので、ますますキュウリをすりおろす勇気がなくなりました。
でも、キュウリをテーマに料理するなら、やっぱり試してみるべきですよね、、、ってことで作ってみました。

キュウリソースサラダ
by ☆青☆

恐る恐る食べて・・・・ホッ。
思ったような青臭さはなく、むしろさわやかな青みという感じです。

 この後レシピを紹介しますが、その前に! 応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking

玄米キュウリサラダご飯と生野菜の話

アップロードファイル  「生野菜 冷える体は慣れ次第」  (健幸575 No.158)

よく「冷え性だから生野菜は・・・」とおっしゃる方がいます。でも冷え性は、生野菜のせいではありません。冷え性には、冷え性になる生活習慣の原因があります。食べ過ぎ、白砂糖・動物質・添加物などの過剰摂取による腸の汚れ、骨盤や背骨などの骨の歪み、運動不足、体への過保護、ストレスなどで血液の流れが悪くなるのです。生まれつきの体質だからと自分をかわいそうがっている人がいますが、生まれつきの冷え性はいません。原因があるはずです。生野菜や果物を食べると、たしかに一時的に体温が下がりますが、それが冷え性を作るのではありません。その一時的な冷えがイヤだというなら、同時に唐辛子やショウガなどを摂取すればいいだけのことです。また、慣れで冷え度がかわってくるものです。冷え性の人は、冷えた体を温められないので、生野菜が悪者にされるのです。本当の健康体は、冷え方も違いますし、冷えてもすぐに回復できます。冷え性の根本的な原因を棚にあげて、体質改善の努力をせず、ただやみくもに生野菜や陰と呼ばれる食品を避けるのはおかしいのです。
ある種の健康理論には、生を避けるべきというのもありますが、生の食材を与えないで飼育したラットの脳が小さくなり、すい臓が肥大したという話があり、さらに加熱食材だけを食べたラットは、食欲のコントロールができなくなったといいます。また野菜にガン予防などの効果があるといわれていますが、特に生の野菜にそのパワーがあるといわれています。(だからといって生だけを食べるようにということでもありませんので・・・。) これから冬に向けて、生野菜をますます避けてしまう人が多くなると思いますが、むしろ今から生野菜を積極的に食べて慣らすことをおすすめします。最初、調子が悪くなることがあるかもしれませんが、好転反応です。心配な方は、よ~く噛んで食べてください。同時に冷え性の本当の原因を見極めて、改善していってください。繰り返しますが、生野菜のせいではありません。このことに関しては、またあらためてじっくり書けるといいなあとは思っています。


健幸料理研究所は、タイで手に入る食材を利用してテーマを決めてお料理を作っています。ブログの更新は、同じ食材の料理が続きますが、過去にいろいろな野菜を使っています。また、熱帯のタイですから、四季のある他の国とは旬が違いますが、右のカテゴリから野菜を選んで過去の記事で献立作りにお役立てください。


お知らせ: 10月9日夜から12日まで留守になりますので、コメントが遅くなると思いますがご了承ください。

★今回のテーマ野菜★  ― キュウリ レンコン  
「玄米キュウリサラダご飯」      VEGAN(チーズを除けば)  
  

四季のある国での旬はすっかり過ぎてしまっていると思いますが、、、これからしばらく「キュウリ」をお届けします。
キュウリは、以前にも紹介しておりますが(→ キュウリにイボがない!)、タイのキュウリは、イボのない太くてずんぐりむっくりしたものが多いのです。
タイのキュウリ
でも最近は、日本のキュウリと同じイボのあるキュウリが出回るようになってきました。
前は、日本のキュウリだと飛びつきますと、おいしくなくってガッカリすることも多かったのですが、最近、大分、改良されてきたように思います。
今回は、イボあり、イボなしこだわらずにいろいろ使ってみました。

まずは、、、毎度、同じような料理でスミマセンが、、、

キュウリ玄米サラダ
by ☆青☆

タイキュウリは、欧米のキュウリと同じようなタイプかと思うのですが、欧米では、皮を剥いて種もとって使うことが多いようで、サラダご飯にもそのようにして使っています。
今回は、日本のキュウリを使いましたので、もちろんそのまままるごと利用しています。
緑がきれいでサラダとして映えますね。

 この後レシピを紹介しますが、その前に! 応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking

たっぷりキュウリのほんわかうどん

アップロードファイル  そろそろナス&キュウリもまとめに入らないと、次が待ってるんですよねー。
アップロードファイル  研究所で食べたのは、大体、出たと思うけどね、まだ何かレシピがあったかね?
アップロードファイル  いえ、研究所としてのレシピはもうないです、ないですが・・・家でちょっとお試ししたのを紹介したいんですけど。
アップロードファイル  へぇ、そりゃまた何かね?

キュウリうどん

アップロードファイル  麺料理だね? やっぱりキュウリ研究の最後の〆は、ご飯か麺ってことか。
アップロードファイル  最後の〆って、それって飲みの後に使う言葉じゃないですかー。
ただの偶然ですよ、それに、飲んだ後に炭水化物で〆るのは、どうかと思いますよー。

アップロードファイル  そりゃそうなんだけど、ついついなぁ、どうしてなんだろうなぁ、体によくないぞーと思いながらも、まあ、今日くらい、って思ってしまうんだよなー、すでにお腹いっぱいでも食べちゃうんだよなー。

アップロードファイル  ハハハ・・・いや、私も笑えないんですけどね、このうどん、まさに飲みの後にピッタリですよ。
アップロードファイル  キュウリの入ったうどんなんだね? なんか意外な組み合わせだねぇ。
アップロードファイル  ずっと前におにいさんが飲んだ後にキュウリラーメンを作ってくれたんですが、それがおいしくて、でも、最近は、飲んだ後のラーメンは厳禁なんで、滅多に作らなくなってたんですね。
それが、先日、昼に出かける前に思い出してささっと作ってみたんです。
なんてったって、研究のおかげでキュウリがいっぱい余ってましたから(笑)
ただ、ラーメンの麺がなかったので、稲庭うどんで作ったんですが、食べ始めてから、ブログで紹介しようと思い立って、慌ててデジカメを手にしたんですよ。
なので、あまりよく映ってないし、そもそも、そういうつもりで作ってないので、美しくないし、レシピもいい加減、写真は控えめにアップしてみました。

アップロードファイル  う~ん、たしかにはっきり見えないのは、残念だねぇ、おまけにフォーカスかけてるだろ~?
かろうじてうどんってのがわかるけど、このうどんは、稲庭うどんなのか、そりゃ、うまかっただろ?

アップロードファイル  稲庭うどんは、おいしいですよー、なんてったって秋田の名産ですからね!
適度な長さと太さとツルツル加減で、茹で時間も3分くらいだから、乾麺にしては早いですから使いやすいですよね。

アップロードファイル  ああ、秋田で食べた稲庭うどんは、おいしかったなぁ~。
まさかキュウリなんて思いつきもしなかったけど、、、、で、どうやって使ったんだい?

アップロードファイル 適当な太さの千切りにして出し汁と一緒に煮ただけですよ、たっぷりキュウリを使います。
そうするとキュウリの味がスープにしみでてくるんです、キュウリがこんなにおいしいものだとは思いませんでしたね、さっぱりというより、なんかほんわかなんですよー。

アップロードファイル  キュウリをミキサーにかけたスープってよくあるからね、つまり、キュウリのスープはおいしいってことで、フム、キュウリの出汁があってもいいのか、、、なかなかいいアイデアじゃないか。
アップロードファイル  ポイントは、せっかくのキュウリの味を損なわないように、ごくごく薄味にして、あとは、梅干と一緒に食べるんです。
梅干は、もっと上品に潰して漉した方が、少しずつスープに混ぜて食べられるのでいいですね。

アップロードファイル  ああ、なんかやさしい味なんだろうなぁ、ちょっと想像がつくぞ、よしっ、ちょうど今日は飲み会があるから、飲んだ後に作ってみようかな。
アップロードファイル  いや、だから、、、飲んだ後は、ちょっとよろしくないんじゃないですかねぇ・・・。


 (↓)毎度、クリックありがとうございます! ランキングの順位が上がりま~す!! 
            にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ       

OLじゃなくたって、、、しば漬け食べたい!

MR.CHIN1  な、なんだね、今回のタイトルは? OLとしば漬けは、どういう関係があるんだ?
アップロードファイル  えっ? MR.CHIN、ご存知ないんですか~?
山口美江さんが出ていたCMで、キャリアウーマン風の山口さんが、大急ぎで家に帰った途端に思わず、「しば漬け食べたい」って言うんですよ、すごく流行ったCMなのに・・・。

アップロードファイル  山口美江って・・・いつの話だね? 
アップロードファイル  えーっと、、、私は、OLになるかならないかだったかなぁ、、、ってことは、20年も前!? ヒエェー!!
アップロードファイル  20年前なら、ちょうど世界を放浪してた時だね、日本の事情には、疎かったな。
アップロードファイル  そうなんですか~、このCMが流れて、多くの女性が、ポンッと手を叩いたんじゃないかと思いますよ、なんかあの言葉の響きが、妙に耳に残るというか、気持ちが伝わってきたというか・・・。
私なんて当時、1人暮らしで貧乏で、でも米だけは実家から送られてくるから、しょっちゅう、白いご飯としば漬けだけでお腹をふくらませてましたよ。
アップロードファイル  へぇ~、今ではコウルサイ健康オタクにも、そんな時代があったのか。
アップロードファイル  こ、コウルサイってなんですか~!
たしかに、健康道を歩き始めてからは、添加物まるけの真っ赤な市販品には、手がでなくなっちゃいましたね、かなし~。
京の漬物とかで、添加物の少ない上品なのは、お高かったりして手が出ないし・・・。
だから、今回の研究で、しば漬けが出てきた時には、大喜びしちゃいました!


しば漬 by ロハ子

アップロードファイル  ねぇ~っ? なんか思わずホッとするでしょー、忙しい毎日の中で、夕食をこんなしば漬けで締められたら、なんだか元気になって明日もがんばるぞーって思える気がしません?
アップロードファイル  しば漬けというのは、ナスと赤紫蘇の葉の漬物のことを言うと思っていたが、こんな風にいろいろ入ってるのもいいね。
アップロードファイル  ナスとキュウリが入ってて、ポリポリとまりませ~ん!
では、作り方を見てみましょー!


【材料】
ナス、キュウリ、みょうが、梅干のシソ(あれば)、キュウリの古漬け(あれば)、生姜の千切り、
酢、砂糖、しょう油

【作り方】
(1) ナスを切って塩水にさらします。
(2) キュウリを切って、塩少々でしんなりさせます。
(3) みょうがを切って、梅干のシソを刻み、生姜は千切りにします。
(4) 以上を軽く水気を絞って、キュウリの古漬けと一緒に酢、砂糖、しょう油に一晩漬けます。漬け汁は、味を見てお好きなようにどうぞ。


アップロードファイル  漬けるのは、適当な空き瓶を利用できるようで、これもお手軽な感じでいいですね。
MR.CHIN1  本来のしば漬けは、塩だけで時間をかけて作るのだろうけど、これは、その発酵の酸味を酢で補って作ってるわけだな、なるほど、いい工夫だね。
アップロードファイル  食べた感じも、上品な京漬物って感じがしましたね。
酢漬けということで、塩分が抑えられるので、血圧が気になって漬物に手が出ない人にもお勧めじゃないでしょうか。
あと、手軽に梅酢を使ってしまうと紫蘇の香りと色がもっとするかもしれないですね。
実は、、、これも赤紫蘇どころか、梅干しの紫蘇も手に入らなくて、加えられなかったそうなんですが、十分にしば漬けらしさが出ていましたね、みょうがと生姜の効果でしょうか・・・。


しば漬け瓶  しば漬け1

アップロードファイル  みょうがをたっぷり使っていて、みょうが好きの私にはたまらんが、しかし、タイでみょうがを手に入れられるのかね?
アップロードファイル  タイのローカルなスーパーだと無理でしょうけれど、日系のスーパーでは、時々、みかけますよ、ちょっとお高いですが・・・。
アップロードファイル  う~む、、、昔は、青紫蘇の葉もみかけなかったのに、今では、あちこちで売るようになったという現象と同じように、みょうがもタイでもっとポピュラーになってくれんかな。
アップロードファイル  みょうがって、日本だけでなく、中国など東アジア原産ということになっているのですが、日本以外の地域ではほとんど消えてしまって、日本独自の香味野菜って感じになっているんですよね。
ホント、タイでも作れたらいいですねぇ。

アップロードファイル  う~む、タイ人も好きな味かなぁ? どうだろう? 香辛料はなんでも好きだから、もしかしたらハマってくれるかもな、もう少し値段が安くなって、もっと多くの人に口にしてもらわんと。。。のんびり待ってみるか・・・。
アップロードファイル  じゃあ、このしば漬け、配ってみましょうか?

 (↓)毎度、クリックありがとうございます! ランキングの順位が上がりま~す!! 
            にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ       

ふつ~にサッパリがありがたいのよ~ 【キュウリ酢の物】

アップロードファイル  キュウリというとさっぱり料理が多いですが、これもそんな一品です。
キュウリの酢の物というといろいろあるでしょうけれど、身近な野菜を使えるのがいいですね。


きゅうり酢の物 by sakko

アップロードファイル  日本の夏もそうだろうが、タイでは、サッパリしたものを食べられるのは、うれしいことだな。
タイ料理の中では、サッパリしたものというのはあんまりないからな、酢の物というのは、ホッとするね、自然と箸が向いたよ。 

アップロードファイル  タイ料理って、一見、「サッパリしてるかな?」って思うものでも、辛かったり甘かったり・・・、ふつ~にサッパリってあまりないですね。
私も野菜をたくさん食べたいと思うと、つい、ドレッシングをかける野菜サラダに走ってしまうんですが、こうして酢の物にすると、たくさん食べられていいですね。

アップロードファイル  これは、酢がきつすぎず、サラダ感覚でパリパリ食べられるところがよかったな。
アップロードファイル  副菜に何かもう一品、、、という時に、ささっと作れるのもありがたいです。


【材料】 2人前
キュウリ 2/3本、 大根 50g、 人参 2/3本
酢 大さじ半分、 しょう油 大さじ半分、黒砂糖 大さじ1(好みで適量)

【作り方】
(1) キュウリと人参は、薄く輪切りに、大根は、薄く半月切りにします。
(2) 切った野菜をボールに入れて合わせ、塩を振って軽く揉んで、しばらく(15~30分)置いておきます。
(3) 野菜の水分をギュッと搾って、あわせておいた調味料と混ぜ合わせます。


アップロードファイル  この一品もそうだが、タイキュウリでも、生のまま加工して、青臭さもなく、おいしく食べられるものなんだなあ、なかなかいい発見をしたよ。
アップロードファイル  しっかり塩もみするのがポイントでしょうか。
タイでは、1年中路地物が食べられるという恵まれた環境にあるわけですから、私ももっと積極的に活用していきたいなって思っているところです。


 (↓)毎度、クリックありがとうございます! ランキングの順位が上がりま~す!! 
            にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ       

土佐の香りのポリポリきゅうり

アップロードファイル  タイのキュウリは、イボがなくて長いのと短いのが2種類あると紹介しましたが、今回、紹介するのは、短い方を使った漬物、「土佐漬け」です。
アップロードファイル  小さい分、種も小さいし、皮も薄めだから、まるごと食べるのにちょうどいいんだな。
アップロードファイル  そうはいっても、これまで、皮ごとポリポリって感じで食べたことはなかったんですけど、この土佐漬けは、きゅうりをまるごとポリポリ、、、いや、ボリボリかな? なんか、食べたーって感じがしましたね。
アップロードファイル  また、酒が飲みたーい! とか、言い出すんじゃないかい?
アップロードファイル  それは、も~そ~なんですけど、でも、この土佐漬けは、お茶にも合うような気がします。
アップロードファイル  お~、そうだねぇ、漬物ポリポリしながらお茶を飲むのも、また乙だよね~。
そういえば、なんかの番組で「漬物膳」というのを紹介していたけど、うまそ~だったぞー。

きゅうりの土佐漬け by ロハ子

アップロードファイル  なるほど、これが土佐漬けか・・・、あの、実はな、土佐漬けって言葉を初めて聞いたんだが、、、?
アップロードファイル  えっ? MR.CHINもご存知なかったんですか? ヤダー、解説してもらおうと思ったのに・・・。
ホームページや料理本を探してみたんですけど、たしかに「土佐漬け」っていう料理は出てくるんですよ、数の子の土佐漬け、いくら土佐漬け、竹の土佐漬け、沢庵土佐漬け、、、とかとか、いろんなのがありましたよ。
でも、由来とか正しい作り方っていうのがないんですよ、じっくり汁に漬けてることもあれば、和えた程度のものもあったりして。

アップロードファイル  あれだな、要は、鰹節を使うから土佐ってことなんだろうな。
土佐酢、土佐醤油、土佐煮っていうのがあるわけだし。
まあ、詳しいことはよくわからんけど、うまかったんだからいいってことにして、作り方を教えてくれ。

アップロードファイル  は~い!


【材料】
きゅうり、 鰹節、 おろし生姜、 しょう油

【作り方】
(1) 小さいきゅうりを叩き潰して乱切りにする。
(2) 鰹節、おろし生姜をたっぷり入れて、しょう油で味付けして、よく混ぜてから器に盛る。


アップロードファイル  う~む、相変わらずレシピがアバウトだけど、まあ、鰹節と生姜がポイントなんだろうな、これは、うまかったぞ、たっぷり使うといいだろう。
何気ない料理のようで、実は贅沢な一品っていう気がするな。
これは、簡単に和えただけのようだが、よ~く揉んでみるとか、30分おく、一晩おくっていうことをしても、また、味がかわってくるかもしれないね、試してみたいもんだ。

アップロードファイル  鰹節って軽いから、日本に帰ったらいくらでも持ち帰れるし、最近は、タイでも日本食ブームで、スーパーで立派な鰹節が売ってたりするんで、気軽に作れる料理かもしれないですね。
なんか、うちは、しばらく土佐漬けブームになるかも・・・。

アップロードファイル  さてさて、その時に飲むのは、お茶なのか日本酒なのか・・・!?

 (↓)毎度、クリックありがとうございます! ランキングの順位が上がりま~す!! 
            にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。