ハヤトウリのグラタン

★今回のテーマ★  ― ハヤトウリ
   「ハヤトウリのグラタン」
 

「ウリ系」をテーマに料理をお届けしております。
今回は、ハヤトウリです。
ハヤトウリは、タイ語でファクメオ、英語でCHAYOTE(チャヨーテ)と呼ばれています。
ハヤトウリの基礎知識は、コチラ → 「知れば知るほど魅力的! ハヤトウリ!!
ハヤトウリの料理は、コチラ → 「ハヤトウリ 目次のページ


ハヤトウリをテーマに・・・と思ったら、健幸料理の研究日当日に集まった料理は、前回紹介したピクルスの1品だけでした。
実は、ハヤトウリ、手に入りそうで入らないんです・・・。
私がいつも利用するTOPSスーパーマーケットでは、ここ数年、とんとみかけなくなりました。
かわりにこれまで目にしていなかった、ハヤトウリの若芽の方がよく売られるようになってます。
若芽の方が売れ筋になっちゃってるみたいです。
実の方は、私は、サイアム・パラゴンのスーパーで買うことが多いのですが、市場に行くチャンスがあれば、市場で買います。
スクムヴィット界隈では、チラホラと出没情報はあるのですが、常備というわけでもないようです。
う~ん、日本で流通しないのはなぜ? って思ったのですが、タイの流通状況もなんだか心もとないですね。

今回は、研究日に出した料理ではないのですが、とっておきの料理を紹介します。
ハヤトウリのグラタンなのですが、これは、6月と7月に開催のヘルシーランチ会のメニューの一つです。
6月の会では、おかげさまで喜んでいただけたようです。
7月の会は、これから開催されるので、ひょっとして参加者でこのブログを見る方には、ネタバレっぽいですが、逆に楽しみにしていただければありがたいです。

ハヤトウリのグラタン3
by ☆青☆

これは、初回の試食会の時のもので、皮付きにしていますが、ナイフとフォークがないと食べるのが大変なので、簡単に食べたい場合は、皮は、調理の段階で剥いてしまう方がいいようです。
その場合、食べる人は簡単ですが、作る人は大変、、、どこに手間をかけるかですね。

・・・この料理、何も考えずに「グラタン」としてましたけど、どっちかっていうと「ファルシ」ですかね?

マイペディアによると「グラタン」は、「焼付料理。魚介、野菜、マカロニなどをあらかじめ加熱しておき、ホワイトソースなどのソースとあえ、上に生パン粉、粉チーズ、バターなどをかけて強火の天火で焼き、上部に焦げ皮をはらせる。ふつうは長円形のグラタン皿を用いるが、帆立貝の殻に盛ったものをコキールという」そうです。
「ファルシ」は、、、マイペディアにはないのですが、大辞泉によると「料理で、詰め物をすること」と、ゆで卵の例が出てますが、別の本では、ロールキャベツの話が出てきて、話が長くなりそうなので省略。

とりあえず、ホワイトソースは使ってませんが、パン粉とチーズが登場して焼きますので、グラタンってことですすめます。


レシピに続きますが、その前に応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking

続きはコチラ ↓↓↓  上のバナーを押してからすすんでくださいませね! ↑↑↑
スポンサーサイト

ハヤトウリ(ファクメオ)のピクルス

★今回のテーマ★  ― ハヤトウリ
   「ハヤトウリのピクルス」
 

フアヒンの旅行記をはさみましたが、「ウリ系」をテーマに料理をお届けしております。
新メンバーが加わったことでもあり、ちょっと復習も兼ね、過去に扱った野菜をとりあげようということになり、パパイヤ、ハヤトウリ、ヘチマなど、瓜系の料理を使ってみました。
今回は、ハヤトウリです。
ハヤトウリは、タイ語でファクメオ、英語でCHAYOTE(チャヨーテ)と呼ばれています。
ハヤトウリの基礎知識は、コチラ → 「知れば知るほど魅力的! ハヤトウリ!!
ハヤトウリの料理は、コチラ → 「ハヤトウリ 目次のページ


ハヤトウリは、1本の木にたわわに実って、食べるのが大変なほどのものなのですが、あまり流通していません。
どうして流通しないのかなーと、野菜ソムリエ仲間に聞いてみましたが、どうもそのたわわになり過ぎるせいで、流通させるほどのもんでもない、、、と農家さんは思っているようです。
あと、漬物以外の食べ方がわからないからじゃないかという意見もありました。
でも、食べたことのない人もいっぱいいるし、世界中で愛されているものだから、ちゃんと流通させたら売れるんじゃないですかねー?

そんな意見を聞いたところで、漬物の紹介というのもなんですが、やっぱりおいしいものは、おいしい。

ハヤトウリピクルス
by nami

この写真を見ると「漬物って呼ばないで!」って感じかも。
正確には、ピクルスと呼ぶべきものです。
ちょっとおすましして食べたくなっちゃいます。

ピクルスと漬物の違いはなんだろ~? と思ったのですが、ピクルスは、漬物の一種ってことですね。
大辞泉の辞書だと「野菜を香辛料などで調味した酢に漬けた西洋風の漬物」とあります。

レシピに続きますが、その前に応援の3つクリックをお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking


続きはコチラ ↓↓↓  上のバナーを押してからすすんでくださいませね! ↑↑↑

ハヤトウリブームがやってくる?

アップロードファイル  ハヤトウリ、チャヨーテ、ファクメオ、、、ここまでいろいろなレシピを紹介してまいりましたが、いかがでしたでしょうか?
これまであまり使ったことのなかった野菜の世界がぐぐっとひろがったと思っていただけると、うれしいです。

ハヤトウリパーティ
 
アップロードファイル  これは、つくづくと魅力的な野菜だから、来年あたり、日本でブームになるんじゃないか?
アップロードファイル  ブームですか~
アップロードファイル  他のサイトを見て感じたんだが、たわわに実ったハヤトウリをどう料理していいかわからない人が多かったんだよ。
アップロードファイル  ええ、ほとんど漬物にされてましたねぇ。

アップロードファイル  来年は、検索してもらえば、ここのブログがヒットするはずだ、それでいろいろ試してみたら、この野菜の魅力にとりつかれるぞ!
だから、ブームになるんじゃないかと睨んでいるわけだ!

アップロードファイル  そんな、うまくいくといいですけど、、、 
でも、たしかに、ハヤトウリのファンが増えるのは、なんだかうれしいですね。

 続きの前に応援お願いします!  
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ     ブログランキング    FC2ranking

ハヤトウリ×パセリでパクチーにチャレンジ!?

アップロードファイル  ハヤトウリの紹介の最初の頃にパクチーサラダを取り上げましたが、パクチー嫌いの人やパクチーが手に入らない人は、パセリでどうかと提案してみてました。
覚えてますかー?
アップロードファイル  ああ、「ハヤトウリ+パクチー×ニンニク水=絶品サラダ!」というタイトルだったな、まだこのレシピを見てない人は、チェックした方がいいぞ、うまい料理だからな!
アップロードファイル  実際のところどうかと思って、先日、パセリで試してみたのですが、おいしかったので紹介しますね。

ハヤトウリパセリサラダ  by ☆青☆

 ヘルシー! 食べてみたい! そう思ったらクリックしてください! →にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ 

アップロードファイル  色の具合も美しいなあ。
アップロードファイル  パセリなので、オリーブオイルを使って、洋風にしてみました。
アップロードファイル  このサラダは、ニンニク水がポイントだったと思うが、ニンニク水も使ったのかね?
アップロードファイル  ハイ、レシピは、パクチーとほとんど一緒なんですが、一応、紹介しますね。

ハヤトウリパセリ

【材料】 
ハヤトウリ 1個
パセリ 好きなだけ、 ニンニク水、好きなだけ、 オリーブオイル 適量、 

【作り方】
(1) ハヤトウリは、皮を剥いて中の種をとり、千切りにします。
(2) パセリをみじん切りにして、ハヤトウリと混ぜ、オリーブオイルをかけて空気も一緒にからむようにフワッフワッと混ぜます。
(3) ニンニク水をざっとかけて軽く混ぜで出来上がりです。


アップロードファイル  パクチーの時は、ごま油は、最後だったような気がするが?
アップロードファイル  ごま油の香りを大事にしたいのと、パクチーをどさっと盛り付ける感じにしたかったので後にしたのですが、パセリの場合は、べチャッとし過ぎないようにするためにも、先にオリーブオイルをからめてみたらどうかと思いまして。
アップロードファイル  なるほど、トスド・サラダ風ってなところか。
アップロードファイル  ニンニク水の味の濃さにもよると思いますので、後は、塩コショウなどご自分で調整してみてください。
アップロードファイル  ニンニク水は、重宝してるぞ!
私なんて、餃子とかおひたし食べるにもニンニク水を使っちゃってるよ。
まとめて作ってあるんで、料理でニンニクを切るのが面倒な時にさっと使ったり。
味噌汁にも入れるぞ。

アップロードファイル  えっ? 味噌汁もですか~?
タイ人は、ニンニクの匂いをいい匂いだと思ってくれるから、日本みたいに「ヤダ、ニンニク臭いおじさん、、、」とか言われて、敬遠されるようなことがなくっていいですね。
アップロードファイル  そりゃ、女性にも言えるだろ。
アップロードファイル  日本人で敏感な人は、タイはニンニク臭いといってつらいようなんですが、、、私は、全く気になりませんね~
アップロードファイル  そりゃ、タイ人と一緒でニンニクが好きでいっぱい食べてりゃなぁ・・・
アップロードファイル  だって、ニンニクは、腎臓の働きを活発にして血圧を下げる働きがあるんですから、大いにとった方がいいんですよ!
アップロードファイル  ニンニク水自体に塩が入ってるから、塩分の調整は、忘れんようにしないと、血圧降下作用もパーだから気をつけるんだぞー

 (↓) クリックありがとうございます! 押すとランキングがあがるのです。 

にほんブログ村 料理ブログへ ブログランキング  FC2ranking(← 押して、押して~!)

特製マナオ胡椒でハヤトウリのサラダ!

アップロードファイル  ハヤトウリもたくさんメニュー揃いましたねー、途中で中断したから余計、長く感じましたが、だんだんゴールが見えてきました。
アップロードファイル  おっ、まだ紹介していないものというと・・・? とっておきを出すつもりだな?
アップロードファイル  いえいえ、、、レシピがいい加減なので、どうしようかと思っていたものなんですが・・・。

ハヤトウリCHAYOTESALAD  by ☆青☆

 美味しそう! 食べてみたい!!そう思ったらクリックしてください! →にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ

アップロードファイル  フッフッフ、みなさん、これは、ただのサラダじゃないんだよ!
アップロードファイル  そんな、大袈裟な・・・
アップロードファイル  いやぁ、ホントにうまかったって! これは、使えるぞー!
味付けもさることながら、やはりハヤトウリというのは、歯ごたえといいさわやかな味といい、サラダにぴったりの野菜なんんだなーって思うよ。

アップロードファイル  器を工夫すれば、華やかに見えますからね、ホームパーティーなんかでドーンと出してもいいでしょうね。

ハヤトウリサラダ

【材料】 
ハヤトウリ 1個
タマネギ 1/2個、トマト、黒オリーブ、ひよこ豆など、適当
☆青☆特性マナオ胡椒(柚子胡椒で代用可) 適量

【作り方】
(1) ハヤトウリは、皮を剥いて中の種をとり、サイコロ型の一口大に切ります。
生で食べてみて、おいしかったらそのまま、ちょっと生くさいとか、アクがあるように感じたら塩もみして、熱湯をザッとかけます。
(2) タマネギは、みじん切り、半分に切ったミニトマト(一口サイズに切ったトマト)、半分に切ったオリーブ、ひよこ豆を混ぜ、特性マナオ胡椒と合えてできあがりです。


アップロードファイル  おいおい、大雑把レシピでもいいけどさ、特性マナオ胡椒をもっとちゃんと紹介しなくちゃ、完成しないだろ~、頼むよー。
アップロードファイル  マナオというのは、タイレモンのことですが、これを使って柚子胡椒みたいなモノを作ったんです。
このサッパリピリリが、ハヤトウリのサッパリ甘味にピッタリ合うんじゃないかと考えたんです。
アップロードファイル  いやぁ、驚いたよ、ホントにうまかったが、しかし、どうやって柚子胡椒みたいなもんを作ってしまえるんだ?
柚子胡椒なんて高いからさ、手作りできるなんて朗報だよ!

アップロードファイル  そうなんですよねー、柚子胡椒は、タイでは手に入らないですからね、日本のレシピに柚子胡椒が登場するたびに悔しい思いをしてましたよー  
でも、よく考えてみたら、タイには、唐辛子がいろんな種類、いっぱいあるわけですから、作れるはずだと。
柚子はないにしても、コブみかんとかマナオとかでなんとかならないかと試してみたんです。
アップロードファイル  たしかに柚子ほどの香りはなかったが、それは逆に言うと、どんな料理にもあわせられる幅が広いってことだよ。

アップロードファイル  ふつうの唐辛子とピーマンの間くらい、しし唐に似た黄緑色の唐辛子があって、結構な辛さなんですが、これをミキサーにかけて塩をしっかり入れて、よ~く洗ったマナオの皮をうす~く剥いていくつか入れて、あとは、マナオの汁をしぼるんです。
市販の柚子胡椒より水っぽいですけど、サラダなんかに和えるには、ちょうどいいドレッシングみたいになりますよ。
辛すぎるという方は、香りづけとして使用して、マヨネーズや味噌に混ぜたりしてもいいと思います。

アップロードファイル  特性マナオ胡椒のデビューをハヤトウリで飾ってもらったって感じだったな。
アップロードファイル  その辛い唐辛子を写真に撮ってないんですが、後であらためてマナオ胡椒の作り方を別の記事でアップしますね。

アップロードファイル  それにしても、チャヨーテは、サラダにしてもおいしいっていうのは、わかっていたつもりだが、ビックリソースでこんなにおいしくなるなんてなー、チャヨーテさぞも喜んでおることじゃろう。
アップロードファイル  いや、MR.CHINが喜んでいるように見えますが・・・、今日は、なんかハイテンションですね。
アップロードファイル  そりゃ、うまいもん食べたらカンドーだろう! 忙しい生活の中で、こういカンドーってのは、うれしいもんなんだよ。
ぜひ、みなさんも試してカンドーしてみてくれ!


 (↓) クリックありがとうございます! 押すとランキングがあがるのです。 

にほんブログ村 料理ブログへ(←上で押し忘れた方、こちらをヨロシクです。)
ブログランキング  FC2ranking(← どっちもヨロシクです!)

お甘いのがお好き? CHAYOTE SWEETSよん!

アップロードファイル  やっぱり相棒がいないとさみしいですよ~。
アップロードファイル  いやいや、すまんすまん、ハヤトウリは、せっかくリクエストが多かったというのに、まったく、失礼したもんだ。
アップロードファイル  せめて忙しい合間にも、ほんのちょっとお茶する時間を作って、こんなホッとする一品は、いかがですか?
ハヤトウリココナツ  by sakko

 何これ? カレーじゃないですよ、興味を持ったらどちらかクリックしてください! →にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

アップロードファイル  あ~、ホントにホッとするな~、いやいやビックリ、ハヤトウリでデザートができちゃうなんてな~。
アップロードファイル  クセがなく、ほんのり甘味のある上品な野菜だからこそできる一品ですね。
アップロードファイル  なんてったって、ハヤトウリは、私が認定した「美しい野菜」第1号だからな!
アップロードファイル  えっ? いつからそんな認定制度が・・・?

ハヤトウリデザート


【材料】 
ハヤトウリ 1/2個
ココナッツミルク 50cc、 水 200cc、
片栗粉 小さじ1杯(水で溶かしておく)、 黒砂糖 大さじ2~2.5、 塩 ひとつまみ

【作り方】
(1) ハヤトウリは、皮を剥いて中の種をとり、一口大に切ります。
(2) 鍋に水、ココナッツミルク、ハヤトウリを入れて中火で煮ます。
(3) 煮立ったら砂糖を入れ、弱火でさらに煮ます。
(4) やわらかくなったら塩を入れ、味を調えて片栗粉を入れてとろみをつけて出来上がりです。


アップロードファイル  こんなヘルシーなスイーツ、私に子供がいたら、こういうのをおやつにしちゃいますね。
アップロードファイル  こんなヘルシーなスイーツ、私に彼女がいたら、こういうのをデザートにしちゃいますね。
アップロードファイル  甘いの苦手なはずの私がパクパクたべちゃいましたけど、ココナツミルクって、なんか太っちゃいそうなイメージがあってちょっと気になったのですが・・・?
アップロードファイル  ああ、ココナツの成分は、脂肪だってよく言われるから敬遠する人も多いようだが、飽和脂肪酸であって、本来、人間に必要な脂肪なんだよ、動物質じゃなくたってしっかりとれるってことでもあるな。
単純にカロリーで言うとふつうの牛乳の倍になるけどな、これで使うのは、たかだか50cc、70~80kcalだろ、それに、カリウムが豊富だから、むくみや高血圧に効果的、利尿作用があるから、解毒作用もあるってこったな、他に鉄分、マグネシウムなどのミネラルは牛乳の倍以上もあるんだぞ。
そうそう、食物繊維も多いからお腹にもやさしい、食べ過ぎるのでなければ、な~んの問題もないってこった。
こうやってハヤトウリみたいなそもそもヘルシーな野菜と組み合わせるなら、こりゃ、もう理想的なスイーツだわな。

アップロードファイル  そうですか~、じゃあ、安心しておやつでもデザートでも、子供でも大人でもダイエット中でも食べられちゃうわけですね。
アップロードファイル  しかし、ハヤトウリをデザートに仕立ててくるとは、やられた! って感じだったね。
アップロードファイル  なんか勝負でもしてるんですか?
アップロードファイル  そりゃ、研究テーマの野菜が決まった時点で、私だって、私なりにいろいろ想像するわけだよ、どんな料理が出てくるかなー、とか。
アップロードファイル  あっ、それは、いい頭の体操になりますね、お料理は、ボケ防止になるって言われてますよ。
アップロードファイル  ボケ防止って・・・誰に向かって言っとるんじゃー!
アップロードファイル  えっ? 誰って・・・MR.CHINに向かって言ってるんだけど、なんで怒るのかしら、、、怒るってことは、図星とか心辺りがあるとか、弱みをつかれた時って人って怒りますね、、、あら、やだ、気にしてるのかしら、、、?

 (↓) クリックありがとうございます! 押すとランキングがあがるのです。 

ブログランキング  FC2ranking(← もっとガンバレー!)

ハヤトウリの葉や茎を食べました~!(旅先シリーズ第4弾)

アップロードファイル  ハヤトウリの基礎知識編で 「台湾では、『龍鬚菜』といって、葉を炒めて食べるのがおいしくて人気だそうです」と書きましたが、タイでも食べていたんですね~、今回、ペッチャブーン県で食べてきました。

ヨートマラ

食べてみたい! そう思ったらどちらかクリックしてね~! →にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 

また、ぼやけた写真ですみません、シャープ加工しまくってみました・・・。
酔っ払いが写しているもので・・・

これは、「ファイデーン」という調理方法で、唐辛子が入っていて辛かったのですが、翌日は、オイスター油炒めにしてマイルドなのを食べました。
茎がシャキシャキしていておいしいのです。

バンコクのタイ料理屋で「ヨー(ト)・マラ」という「苦瓜の若芽」を出すところがいくつかありますが、今回、メニューにあったのは、「ヨー(ト)・マラ・ワーン」でした。
野菜の実物もみたのですが(撮り忘れた!)、ヨート・マラとの違いが、よくわかりません。
マラというのは、ニガウリのことで、ワーンは、甘い、つまりヨート・マラ・ワーンは、「甘いニガウリ」、ナント、ハヤトウリのことだったのです。
ヨート・マラの炒め物とそっくりなのですが、メニューで「ワーン」を省略しちゃってる店があるのではないかと、ちょっと疑ってみたりして・・・。
タイ人が言うには、ニガウリは、もっと小さいのだそうです。

かなりあやふやな情報なので、もう少し、調べて報告してみたいと思います。
ヨート・マラを出すおいしいレストランがあるんですが、そこで詳しく聞いてみるつもりです。
でも、そこに行く機会は・・・年末までないですが・・・。

誰か詳しいことをご存知の方がおりましたら、教えてくださーい!

「龍鬚菜」について書いてる日本語のページがありました。
http://www2.odn.ne.jp/rong/yellowpage/foods/vegeta/longsicai.htm


 (↓) クリックありがとうございます! 押すとランキングがあがるのです。 

ブログランキング  FC2ranking(← がんばれー!)

フツーって言わんといて、ハヤトウリの漬物やけど

アップロードファイル  ハヤトウリを検索して、一番、多く紹介されているのは、漬物じゃないかと思うんですよ。
・・・とうことで、漬物も一応、基本ってことで。

ハヤトウリ漬物  by おにいさん
 おいしそう! 食べてみたい! そう思ったらどちらかクリックしてね~! →にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 

アップロードファイル  まあ、タマダーっていえばタマダーだけど、漬物といっても、何で漬けるかで全然違うわけだから、しっかり紹介してもいいんじゃないの?
アップロードファイル  あ、あのですね、タマダーっていうのは、タイ語で「ふつー」っていう意味です。
それでですねー、実は、今日ってタイの3連休の真ん中でして、私、ちょっと旅に出ますので、簡単に済ませていいですか?
アップロードファイル  とか何とか言って、レシピの紹介もごまかす気だな?
アップロードファイル  いえいえ、も~、そんな誤魔化すだなんて、レシピの紹介、そのものを省略させていただきたいんでございますが。
アップロードファイル  えーっ? そんなのありかい?
アップロードファイル  ナンテ、旅行というのは、口実ですが、だって、このお漬け物、おにいさん料理なんですよー、レシピ、ないんです。
ただ、これは、カオマックというタイのスーパーで売っている甘い米麹で漬けてます。
塩加減と漬ける時間の加減が難しいと嘆いてました。
そうそう別パターンもありますよ。

ハヤトウリの中華漬物  by おにいさん

これは、パクチーとトウガラシとなんかこねこねしてました。
パクチーを取り除いてますが、しっかり味と匂いはしみてるようで、パクチー嫌いの人が悲鳴をあげてました。

アップロードファイル  そうか・・・おにいさん、今度は、レシピをよろしく頼むよ!
アップロードファイル  実を言うと、漬物は、まだ開発途中で、もっと完成させてから紹介して欲しかったようです。
アップロードファイル  まあでも、漬物に合う野菜だっていうのは、納得のおいしさだったな。
アップロードファイル  タイでぬか漬けしてる人、たまにいるんですよねー、ペット飼うのと同じくらい大変なんじゃないかと思うんですが、愛情が湧いてくるみたいですねー。
ぬか漬けがお好きな人ならなおさらでしょうね。
みなさんもいろいろお試しください!  私は、あっさり塩と昆布で漬けるのが好きかも・・・。
アップロードファイル  私は、シンプルな味噌漬けが好きだがな。
う~ん、漬物の話をしてたらご飯が食べたくなってきた・・・腹減ったよー!


 (↓) クリックありがとうございます! 押すとランキングがあがるのです。 

にほんブログ村 料理ブログへ(←上で押し忘れた方、こちらをヨロシクです。)
ブログランキング (← 100位前後を行ったり来たり・・・)
FC2ranking(← レシピ部門でめざせ30位以内!)

じっくり蒸し煮のハヤトウリ

アップロードファイル  ファクメオ、、、ハヤトウリは、おいしい野菜なので、シンプルに味わってみたいというのもありますね。
・・・というわけで、

ハヤトウリピーナツソース  by ☆青☆

 おいしそう! 食べてみたい! そう思ったらどちらかクリックしてね~! →
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 

アップロードファイル  たしかにうまい野菜に下手な料理は、いらんというな。
アップロードファイル  すみませんねぇ、いつも下手な料理で。
アップロードファイル  オットット、いやいや、そ~いう意味じゃないがにー、野菜そのもののうま味を消してしまうような料理は、いかんってことだがにー。
アップロードファイル  どこの言葉ですか、それ?
アップロードファイル  いや、よくわからんがにー、誰かが話してたの聞いて面白いと思ったんだがにー。

【材料】 
ハヤトウリ 1個、 
ピーナッツバター、味噌、ダシ

【作り方】
(1) ハヤトウリは、皮をむいて縦長に切ります。(切ってからむいてもいいです。)種はとらなくてもいいです。
(2) 厚手の鍋かフライパンにハヤトウリを並べて、水をハヤトウリの半分の半分くらいの高さまで注ぎ、蓋をして弱火で蒸し煮にします。
(3) お好みにピーナッツバター、味噌、ダシを混ぜてタレとしてかけていただきます。


ハヤトウリソースがけ


アップロードファイル  蒸し煮したのかー、これもじっくり料理だな、じっくり料理は、苦手だったんじゃないかい?
アップロードファイル  蒸し煮の場合はですね、蓋をして放っておけばいいですから、じっくりとは言っても、楽なんですよ。
アップロードファイル  たしかにうまかったが、普通にお湯で茹でるのと違うのかね?
アップロードファイル  茹でたお湯を捨てちゃうわけですよね、栄養もうまみが流れちゃうようで、なんかモッタイない気がしちゃうんですよ。
実際、蒸し煮したのは、おいしいですよ。
アップロードファイル  皮のまま茹でてしまえばいいんじゃないか?
アップロードファイル  ああ、それもアリで、一度、やってみたんですが、茹でた後に皮を剥くのが結構、メンドーだったんですよね。。。
たしかに皮ごと茹でたらおいしいのかもしれないんですが、剥いてる間になんかグチャグチャになって、おいしそうに見えなくて・・・。
なんかコツがあるのかしら・・・?
アップロードファイル  皮は、食べられないのかね?
アップロードファイル  皮も食べられるようなこと書いてるのもありましたけど、種類によるんじゃないですかねー、私が買ったのは、あまり皮を食べる気には、なれませんでしたね、かたかったですもの。
アップロードファイル  そうかー、なんか丸ごと焦がして皮をむくというのもうまそうな気がしたんだが。
アップロードファイル  いやぁ~、それはちょっと試そうとも思いませんでしたが、どうなんでしょー?
アップロードファイル  焼いたのを味噌つけて食べるのもうまそうじゃないかい?
アップロードファイル  まあ、お好きなようにどうぞ。
蒸し煮にして、ハヤトウリのさわや甘みを味わうのには、ピーナッツ味噌あたりがよいかと思ったんですけどね、みなさんには、いろいろお試しいただきたいですね。
どなたか勇気のある方、ぜひ、直火で焼いてみてくださいませ。


 (↓) クリックありがとうございます! 押すとランキングがあがるのです。 

にほんブログ村 料理ブログへ(←上で押し忘れた方、こちらをヨロシクです。)
ブログランキング (← 100位がみえてきました~!)
FC2ranking(← レシピ部門、上位めざしてます!)

じっくり炒めておいしさアップ! ハヤトウリとコーンの炒め物

アップロードファイル ハヤトウリ、炒めてももちろんおいしいですよね、みなさんは、炒めものにするとしたら、、、「あなたは、何と炒めますか~?」  みたいな、歌、ありませんでしたっけ?

ハヤトウリとコーン  by sakko

 おいしそう! 食べてみたい! そう思ったらどちらかクリックしてね~! →
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 

アップロードファイル  なるほど、コーンと炒めたのか、ありそうで、なかなか思いつかない組み合わせだぞ。
アップロードファイル  私も炒めるなら、千切りにしちゃうというイメージになってましたね。
こうやってコロコロしてるのもいいですね。
アップロードファイル  火が通りやすいし、崩れにくいから、大きなまま炒めても大丈夫なわけだな。
アップロードファイル  コーンの甘みとあいまってハヤトウリの良さが出ていましたね。
アップロードファイル  甘すぎずしつこくなくって、いくらでも食べられそうだったな。

【材料】 
ハヤトウリ 1個、 
とうもろこし(ゆでたもの、なければ缶詰) 1/2個分、 
にんにく  1片、  炒り白ゴマ 適量
ゴマ油 大さじ2、 酒 大さじ1、 黒砂糖 大さじ1/2、
しょう油 小さじ1/2~1、  塩 小さじ 2/3


【作り方】
(1) ハヤトウリは、皮をむいて縦半分に切り、種をとって2~3cm大に切ります。
(2) フライパンにごま油を入れ、ニンニクのスライスを入れて香りを出します。
(3) ハヤトウリを入れて炒め、少し周りに焦げ目がつくくらいしっかり炒めます。
(4) コーンを入れて更に炒めます。
(5) 調味料を入れて、材料とからめ、器に盛って、白ゴマをかけてできあがりです。


アップロードファイル  なるほど、炒めたファクメオは、さすがにうまい、油の効果かーって思っていたんだが、しっかり炒めるというところにヒミツがあったわけだ。
アップロードファイル  秘密というほどでもないでしょうが、よくお料理の本にも、弱火でじっくり火を通して野菜の甘みを引き出しましょう、なんてありますものね。
まさにそれだったわけで、たしかにうま味がじっくり出ていた感じがしましたね。
でも私は、ちょっと苦手なんで・・・つい、いじくりまわしちゃいますもの。
アップロードファイル  焦げるのが心配だったりするしなぁ、これも慣れなんだろうが。
アップロードファイル  あと、黙ってフライパンに向かってると、飽きちゃったりするんですよね。
アップロードファイル  飽きるだって? 全く料理に失礼な話だ!
アップロードファイル  いやぁ、だけど、どうしたらいいんですかねぇ、そういう時って。
アップロードファイル  野菜とおしゃべりしてたらいいだろうが。
アップロードファイル  えっ? 野菜とおしゃべり~!?
アップロードファイル  野菜に話しかければ、ちゃんと返事してくれるもんだぞ。
アップロードファイル   MR.CHINは、いつもそんなことしてたんですかー?
他人が見たら、ちょっと不気味じゃないですかー。
アップロードファイル  何を言っておるんだ、一流の料理人は、みんな食材と話ながら料理してるんだぞ!
アップロードファイル  へぇ~、そうなんですか~、そうか~、おいしくなってねー、とか話しかけたら、おいしくなってくれそうですよねー、もういいかい? とか? うん、楽しそうかも。

アップロードファイル  ヘッヘッヘ、実は今、思いついただけなんだけど、それは青ちゃんにはヒミツにしておこう!


 (↓) クリックありがとうございます! 押すとランキングがあがるのです。 

にほんブログ村 料理ブログへ(←上で押し忘れた方、こちらをヨロシクです。)
ブログランキング (← なんとか100位以内がみえてきました~!)
FC2ranking(← あとひといきで30位以内!)

贅沢!? チャヨーテと玄米を白ワインで炊き込んじゃった!

アップロードファイル  ファクメオ、あっ、ハヤトウリですね、どうもタイの野菜だと思って、タイ語で覚えちゃったので、なかなかハヤトウリという言葉が出てこないんですが、、、もう、ごちゃ混ぜですよね、スミマセン。

ハヤトウリライス  by ☆青☆

 体によさそう! 食べてみたい! そう思ったらどちらかクリックしてください! →にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

アップロードファイル  今回は、得意の玄米ご飯かい?
アップロードファイル  青パパイヤの時に白ワインを使ってて、うまくいくという感覚はあったので、今回は、ファクメオの味をシンプルに味わうよう、白ワインをたっぷり入れて、タマネギと一緒にピラフにしてみました。
アップロードファイル  さわやかな酸味とチャヨーテの味が調和してうまかったなー、それにしても白ワインで炊いちゃうなんて贅沢な話だ。
アップロードファイル  あ、あの、、、タイ産ワインで、とても言えないようなお値段ですから・・・。
アップロードファイル  じゃあ、それなりの白ワインだと、また味が違ってしまうんじゃないか?
アップロードファイル  えっ! ・・・それは考えてませんでした。
どうなんでしょう? でも、やってみる勇気がないかも・・・。

ハヤトウリ玄米炊き込み


【材料】 4人分
ハヤトウリ 1個
タマネギ 1/2個、 玄米 2合、 
白ワイン 200cc、水 200cc、 パセリやパクチーなどの飾り 少々

【作り方】
(1) 玄米を研いでザルにあげて水を切っておきます。
(2) ハヤトウリは、皮を剥いて、種ごと一口大に切り、塩で揉んでおきます。
(3) タマネギをみじん切りにして、油で炒め、ご飯を加えてさらに炒めます。
(4) ご飯をしっかり炒めたら、ハヤトウリを加えて軽くまぜ、普通にご飯を炊く要領で、そのまま鍋を使ってもいいですし、炊飯器に移してもいいですので、水と白ワインを入れて炊きます。
(4) 炊き上がったら、パセリやパクチーなどの飾りをのせて盛りつけます。


アップロードファイル  チャヨーテは、煮込んでうまい野菜だからな、炊き込んでもうまいのは、なるほどという感じだが、よく煮崩れしなかったもんだ。
これなら玄米が苦手でもおいしく食べられるんじゃないか?

アップロードファイル  ご飯と同時に炊き込んじゃって、ドロドロになったらど~しよ~と思ったんですが、大丈夫でしたね。
でもこのご飯、お子さんには、どうなんでしょうね?
アップロードファイル  白ワインが入ってるからということか?
アルコールくささは、別に感じなかったけどなー。

アップロードファイル  アルコールに漬かってるような人には、感じないでしょうけど・・・。
アップロードファイル  人のこと言えた話しかね?
アップロードファイル  ヘヘ  ともかく、白ワインを飲むついでにちょっと、とか、飲み残しのワインがあったら試してみてください。
ワインの種類によるかもしれないので、量は、勘を働かせてみてください。
あと、私は、研究目的でシンプルにしましたけど、エリンギなどを入れてもおいしいでしょうね。
アップロードファイル  チャヨーテは、シンプルな味だが、白ワインとマッチして上品なホッコリしっとりした味になってたな、う~ん、「美しい野菜」と言ってあげたい!
アップロードファイル  美しい野菜ですかー。
MR.CHINには、似合わない言葉ですが、たしかに、このおいしさ、緑の美しさは、そう呼んであげたくなりますね。
でも、見た目が怪しげな形で、おいしそうには見えないので、目にしたことはあっても、買ったことがない、買おうと思ったことすらないという人が多いですね。
アップロードファイル  まったく! 人は、みかけで判断しちゃいかんぞ!
アップロードファイル  いや、人じゃないですってば・・・。
そうそう、種ごと入れちゃってますけど、種は、やわらかいのでそのまま食べられちゃいます。
アップロードファイル  なあ、白ワインがうまいなら、赤ワインは、どうだろうね?
アップロードファイル  ハヤトウリの色も赤くなっちゃうわけですねー、それは勿体ないような気がしますが、それが面白いともいえますか・・・?
アップロードファイル  よしっ、残った赤ワインで試してみようかな。
アップロードファイル  えーっ!? ワインが残ることなんてあるんですかぁー?
アップロードファイル  んん、そうだなー、やっぱり勿体ないかなー、いや、でも白ワインより強烈そうだから、ちょっと入れるだけでいいんじゃないかな、ちょっとやってみたいなー。
アップロードファイル  もう、おまかせしますから、赤ワインでもビールでも焼酎でも日本酒でもウォッカでも、、、えっと、あと何があるかしら、あっ、紹興酒でも、どうぞいろいろ試してみてくださいませ。


 (↓) クリックありがとうございます! 押すとランキングがあがるのです。 

にほんブログ村 料理ブログへ(←上で押し忘れた方、こちらをヨロシクです。)
ブログランキング (← 100位前後をウロウロしてます。)
FC2ranking(← レシピ部門、上位を目指してます。)

OTAGOって何? ファクメオとの組み合わせ??

アップロードファイル  健幸料理は、気軽に作れることが大事! ということで、チョー簡単でそれなりに豪華に見える料理のご紹介!
タイにいる方には、お得な情報かも?

ハヤトウリおたごあんかけ  by ☆青☆

 作ってみたい! 食べてみたい! そう思ったらどちらかクリックしてください! →にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

アップロードファイル  ハヤトウリのあんかけ煮物か、しいたけたっぷりのこれが、簡単にできるというのかい?
アップロードファイル  フッフッフー、秘密兵器があるのですよ。
アップロードファイル  なんだかモッタイぶってるなー。
アップロードファイル  これです、これ。

OTAGO

アップロードファイル なんだこりゃ? お・た・ご? 平仮名で書いてるけど、日本語なのかね?
まさか、ニュージーランドのOTAGOじゃないよな。

アップロードファイル  ニュージーランドにそんな地名があるんですか? 
まあ、全く無関係だと思いますが、、、意味は不明です。
タイの会社が作ってますが、日本語で出してるだけあって、一応、日本風のスープのフリーズドライ製品なんです、いろんな味がありますよ。
アップロードファイル  タイ人が作ってる日本風なんて、怪しくないのかい?
アップロードファイル  私もそう思って、しばらく手にとらなかったんですが、人からいただいたので食べたら、意外に薄味で、、、とういか、どれだけお湯を入れるかによりますけどね、とにかくシイタケ味は、ケミの感じもしなかったし、ダシ代わりに使えるんじゃないかというくらいで、おいしいんですよ。
在タイ日本人の知る人ぞ知る製品ですよ!
アップロードファイル  じゃあ、そのOTAGOを使った料理なのかい?
アップロードファイル  私ってば、瓜というとあんかけっていう安易なパターンが浮かんじゃうんですが、OTAGOの楽々料理を是非紹介したいと思って作ってみました。
ハヤトウリは、当然至極にあんかけにマッチしてましたね!

ハヤトウリOTAGO


【材料】 
ハヤトウリ 1個
OTAGO SHITAKE MUSHROOM SOUP 2個、 水溶き片栗粉、 好みで卵

【作り方】
(1) ハヤトウリは、縦に4つ切りにして、それぞれ半分に切ります。(大きさは、お好みで)
(2) お湯を沸かして、ハヤトウリを茹で、柔らかくなったところにOTAGOを入れます。
(3) 水溶き片栗粉を入れ、かき混ぜながら、とろみがついたら出来上がりです。


アップロードファイル  お好みで、もう少し水分を多めにして、トロミがついたところに溶き卵を入れたら、ちょっとリッチになりますよ。
アップロードファイル  味付けは、いらんのかね?
アップロードファイル  もともとスープの素ですからね、味がついてますから。
ただ、おたごのシイタケ味は、わりと薄味なので、好みでしょう油を足してもいいと思います。
アップロードファイル  健康的かどうかはなんなんだが、ごま油をちと垂らしてもうまいだろうな。

アップロードファイル  そうそう、OTAGO料理の紹介じゃないんですよ、ハヤトウリの紹介なんですってば!
アップロードファイル  ハヤトウリ、、、チャヨーテ、、、佛手瓜、、、ファクメオ、、、ツヤツヤとしたあんかけの中で静かにたたずみ出番を待ち、主役だというのにでしゃばることなく、しかし、その旨味が主役としての役目をしっかり果たし、さすがに芯のある野菜だとうならせるものがあり・・・。 
アップロードファイル  あの、なんか、あんまりよくわからないんですが・・・? 
アップロードファイル  なんだって?ファクメオのうまさがわからないというのか?
アップロードファイル  いえ、その説明がわからないんですよー。
アップロードファイル  まったくも~、想像力がないなー、つまり実力派だと言いたいんだよ!
アップロードファイル  食べてみたらわかるということでいいでしょうか?

アップロードファイル  そうそう、またOTAGOの話に戻るが、フリーズドライ食品をインスタント食品だと思って敬遠する人もいるが、どっこい、すばらしい加工技術で宇宙食にもなっているくらいなんだ。
野菜のうまさだけでなく、栄養や風味までも保てて、素材そのままに近い状態に戻せるから、保存料や添加物の使用を極力抑えられるということで、下手な食品よか健康的といえるんだぞ。
これからは、離乳食や介護食などでの需要というか、利用がどんどん増えるに違いない。

アップロードファイル  そうなんですかー、便利というだけじゃないんですね。
でも、何か問題点は、ないのですか? 
やはり、ちょっとインスタントというマイナスイメージがあるんですが・・・。
アップロードファイル  さあね、素材そのままってことは、その素材に問題があれば、やはりフリーズドライしたって問題もそのままなんじゃないか?
つまり、どういう野菜を使っているか、スープみたいに調理済みのものは、どういう味付けをしているか、それ次第だよ。

アップロードファイル  えーっ、そんなの確認しようがないじゃないですかー。
アップロードファイル  まあ、そういう問題を意識しながら利用していきゃ、いいんじゃないか?
なんてったって、この便利さは、捨てがたいからね。

アップロードファイル  ハイ、ハヤトウリを切るところから10分以内で出来る料理ですよ、寒い日に速攻でアツアツ料理が食べられたらうれしいですね、是非、ご活用下さい!
・・・って、日本には、OTAGOは、ないですよね、、、失礼しました。
タイの方、是非、トライしてみてくださいね!
ハヤトウリとは関係ないけど、、、春雨スープやあんかけ春雨にするのもおいしいですよ!



 (↓) クリックありがとうございます! 押すとランキングがあがるのです。 

にほんブログ村 料理ブログへ(←上で押し忘れた方、こちらをヨロシクです。)
ブログランキング (← 100位前後をウロウロしてます。)
FC2ranking(← レシピ部門、上位にあがれるか?)

お花の形のキュートなチップスの正体は?

アップロードファイル  今日は、あらびっくりのチップスですよ!

ハヤトウリチップス by sakko

食べてみたーい! そう思ったらどちらかクリックお願いします! →にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 

アップロードファイル  チャヨーテチップスか、そんなの食べたことないぞ。
アップロードファイル  水分の多い野菜なので、チップスにするのはどうかな~って思いながら挑戦したみたいです。
カラッとしたのではなかったんですが、その感じが妙においしかったんですよ。
研究所に持ってきてもらったので時間がたってましたが、揚げたてならもっとおいしかったでしょうね。
アップロードファイル  「あらビックリのチップス」っていうのは、そういうことかね?
アップロードファイル  そうじゃないんですよ、この手前にあるのがハヤトウリですが、形に注目してください。 
アップロードファイル  かわいらしいお花模様になってよな、わざわざ型抜きしたなんてsakkoちゃんもマメだなあって感心したよ。
アップロードファイル  それがですね、ハヤトウリの太いところだけ使って、ただただ輪切りにしただけなんですよ、それを揚げただけなんですって。
アップロードファイル  へぇ~っ、じゃあ、小さくなったってことか? 
アップロードファイル  油に入れたら、シュルシュルシュルーって小さくなって、あれ~っ? って、本人もビックリしたみたいですよ。
でも、結果的にこんなかわいらしくなっちゃって、これも面白いかもってことで。

ハヤトウリのチップス


【材料】 10個分
ハヤトウリ、 ニンジン、 レンコン、 サツマイモ、、etc,

【作り方】
(1) 野菜は、それぞれうすくスライスします。
(2) 油で素揚げします。
(3) 塩をまぶしてアツアツをいただきます。


アップロードファイル  こりゃまたツマミとしてもってこい、やっぱビールだな!
アツアツを食べてみたいなー。

アップロードファイル  やめられない、とまらない?
アップロードファイル  いやいや、数も少ないから大事にいただいたよ、姿がかわいらしいせいもあるが、チャヨーテのうまさを味わいながらじっくり食べるチップスだ。
アップロードファイル  正直、水っぽい野菜の揚げ物っていうことで、どうかしらって思いましたけど、みんなも、なんかおいし~ねぇ~って、不思議そうに食べてましたね。
アップロードファイル  油の力なんだろうなー、で、素揚げのコツは、なんだね?
アップロードファイル  私は、揚げ物したことないのでよくわからないのですが、ざっと本やネットでみると、野菜の素揚げは、低温から徐々に温度を上げていくと書いてますね。
アップロードファイル  なるほど、水分が多いと高温だとはねたりしそうだし、気をつけて揚げないといかんかもな。
アップロードファイル  タイのハヤトウリがちょうどいい形でお花みたいになったのですが、いろんな種類のハヤトウリがあるそうですから、みんなこうかわいらしくなるかどうかは、わかりませんけどね。
アップロードファイル  でも、シュルシュルー! は、楽しめるだろう。
揚げ物は、揚げたてがイチバン、、、しかし、チャヨーテの素揚げを出してくれる店なんてないだろうから、家でやるしかないのか・・・。

アップロードファイル  なんだかあぶなっかしいですね、お酒のおつまみというのはわかりますが、くれぐれも酔っ払いながらすることのないように気をつけてくださいね!


 (↓) クリックありがとうございます! 押すとランキングがあがるのです。 

にほんブログ村 料理ブログへ(←上で押し忘れた方、こちらをヨロシクです。)
ブログランキング (← 100位前後をウロウロしてます。)
FC2ranking(← レシピ部門、上位を目指してます。)

ハヤトウリ+パクチー×ニンニク水=絶品サラダ!

アップロードファイル  フ~ッ、早くハヤトウリのレシピをアップしようと思ってたのい、宴会続きでなかなかアップできなくて、もうすっかり師走に突入ですね~。
毎日、ブログのアップしてる人ってすごいですねー。
アップロードファイル  すでに忘年会シーズン突入だな、この時期は、太りそうで悩ましいぞ。
いくら健幸料理を選んで食べても、食べすぎたら太るのは、一緒だからな。
で、期待をもたせたレシピは、何から紹介するのかね?

アップロードファイル  まずは、リクエストのお応えして、パクチーサラダです。
あっ、パクチーは、シャンツァイ、香菜のことです。

ハヤトウリとパクチー  by ☆青☆

 体によさそう! 食べてみたい! そう思ったらどちらかクリックしてください! →にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

アップロードファイル  へぇ~、パクチーサラダのリクエストがあったのかい?
アップロードファイル  あっ、いや、私が勝手にそう解釈しただけなんですけど・・・。
アップロードファイル  なんじゃそりゃ?
アップロードファイル  kind1959さんが、ニガウリの時にとりあげたニンニク水の話題を取り上げてくださってたので、ほとんど同じような料理なんですけど、ファクメオで試したのをご紹介しようかと。
アップロードファイル  パクチーのニンニク水がけ、ありゃ、絶品だものな!
アップロードファイル  本場モンは、キュウリで食べるのですが、そういうシャキシャキしたので食べるとおいしいので、ファクメオでも試してみました。
これが、ホントにおいしー! キュウリより甘みがあるし、キュウリやニガウリが苦手な人でも、これなら食べられるんじゃないかしら。
研究所でも好評でしたが、昨日のパーティーで出したら、やはり大好評、あっという間になくなりました。
最初、みんなパクチーのてんこもりにビックリ、おそるおそる食べたら、ハヤトウリのあまさとあいまって感激ものって言ってくれましたよ。

ハヤトウリパクチーニンニク水 @☆青☆'s PARTY


アップロードファイル  にんにく水は、魔法の水みたいだな。
アップロードファイル  ニンニク水の説明は、繰り返しになりますが、、、 日経ヘルスで勝見洋一さんが紹介していたものです。
濃い目の塩水ににんにくを潰して細かくして漬けたもので、漬けて間もなくに食べられますが、私は、何日も漬けたものを使ってます。
何日も漬けてるとドロッとして、ニンニクエキスがしっかり溶け出してる感じがしますよー。

【材料】 
ハヤトウリ 1個
パクチー あるだけ、いっぱい!  ニンニク水 適量、 ごま油・白炒りゴマ・塩 少々

【作り方】
(1) ハヤトウリは、まず4つ切りにして種をとり皮を剥いて(リンゴの要領)、薄切りにしてから千切りにします。薄切りしたのを斜めに切るか、縦半分にしてから切ると、ちょうどよい長さに揃えられます。
(2) パクチーは、ザクザクと細かく切ります。
(3) ハヤトウリは、塩少々で軽く揉みしばらくおいて、水気が出てきた分は捨てて、皿に盛り付けます。
(4) パクチーをその上にどさっと盛って、ニンニク水をたっぷりかけ、白ゴマをまぶし、お好みでごま油をかけて出来上がりです。


アップロードファイル  ハヤトウリを最初からニンニク水で揉んじゃってもいいし、、、塩だけとどっちがいいかしら、、、って思いながら作ったんですけど、、、どれくらい違ってくるか、よくわかってません。
あと、上の写真は、パクチーをふんわり盛り付けて、食べながら混ぜますけど、最初から混ぜてしまってもいいと思います。

ハヤトウリパクチーサラダ

アップロードファイル  研究所で食べたのは、最初から混ぜてたよな。
アップロードファイル  持ち運びの都合もありますので・・・。
パクチーの食感が変わることになるのですが、バリバリ食べるかしんなりしたのを食べるか、、、お好みですかね。
アップロードファイル  ハヤトウリは、しんなりしつつもシャキシャキ感が残ってて、上品でさわやかな甘さがパクチーにひきたてられて、うまかったなー。
パクチーまでまろやかになったみたいで、これならパクチー嫌いでも食べられるんじゃないか?

アップロードファイル  いや、それは、、、パクチー嫌いに一口食べてもらいましたけど、はやりダメでした。
アップロードファイル  ハハハ、パクチー嫌いって意外に多いんだよなー、もったいない! 精がつくっていうのになー。 
アップロードファイル  千切りしたハヤトウリのシャキシャキは、本当においしいので、パクチーなしでももちろん楽しめます。 
アップロードファイル  そうだなー、日本だとパクチーがなかなか手に入らないからなー。
アップロードファイル  フッフッフ・・・そう思って、昨日、パセリで試してみました。
アップロードファイル  えっ? パセリとニンニク水って合うの?
アップロードファイル  サラダで食べられる野菜ですから、ニンニク水は、合うんじゃないかと思って、ごま油じゃなく、オリーブオイルをかけてみたら大正解!
パセリの場合は、最初から混ぜちゃった方がいいですね。
アップロードファイル  なるほどー、オリーブオイルで洋風にしてしまうのか。
どんな感じになったんだね? 

アップロードファイル  えーっと・・・   宴会の途中で作ったので、写真に残すのすっかり忘れてしまいました。
でも、緑のコンビがさわやかで、これまたお客さんには、好評でしたよ。
アップロードファイル  ハヤトウリとニンニク水のコンビは、どんな野菜も魅力的にしてしまうってことだな。
アップロードファイル  ニンニク水も楽チンですし、是非、お試しくださいねー。


 (↓) クリックありがとうございます! 押すとランキングがあがるのです。 

にほんブログ村 料理ブログへ(←上で押し忘れた方、こちらをヨロシクです。)
ブログランキング (← 100位前後をウロウロしてます。)
FC2ranking(← レシピ部門、上位を目指してます。)

知れば知るほど魅力的! ハヤトウリ!!

アップロードファイル  ハイ、お待たせしましたー! 次なる野菜は、予告通り、ファクメオです。

ハヤトウリ

 面白そう! 食べてみたい! そう思ったらクリックしてね~! →にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ 

アップロードファイル  ファクメオじゃ、わからんだろ、これは、佛手瓜っていうんだよ。
アップロードファイル  それ、中国語ですってば・・・
日本語では、ハヤトウリ、薩摩隼人の隼人瓜です、写真を見て、わかった人、野菜通ですね! 
日本にもある野菜ですが、私は、タイに来るまで見たことがありませんでした。
タイとか東南アジア独特の野菜なのかと思っていましたからね。
アップロードファイル  中国や台湾でもよく食べるがな、私も日本では、食べたことがなかったぞ。
それより、メキシコに行くと、当たり前のように食べてるぞ、欠かせない野菜といっていいくらいだし、オーストラリアでもよく食べていたなあ。

アップロードファイル  そう聞くと、なんだか西洋野菜のように見えてきますねー、見た目、西洋梨にそっくりですし。
どう料理しようか、最初は、悩みましたねー。
アップロードファイル  世界中で食べられているということは、どこの国の料理にも合うってことだな。
アップロードファイル  たしかにクセのない野菜なので、和洋中なんでもござれで、思った以上に扱いやすい野菜でしたね。
でも、レシピは、いろいろあったのですが、野菜自体のデータが少ないのが大変でしたね。
日本語で検索すると、育て方についての情報が思った以上にあって驚きましたが、育てやすくてワサワサ実をつけるので、人気が出てきてるのではないでしょうか。
でも、ベビーコーンもそうでしたけど、食するのには、まだ、馴染みがないということでしょうか、栄養などの情報があまりなくて苦労しました。
タイ語と英語と中国語の情報も見ながら、なんとかまとめてみましたので、ご参考になさってくださいね!


CHAYOTE


【学名】   SECHIUM EDULE SW.
【英語】   CHAYOTE SQUASH
【タイ語】   ファクメオ、ファクメーオ
【植物学上の分類】   ウリ科 ハヤトウリ属
【品種(種類)】   多種多様な変種があって、タイで手に入るものがどの種なのかは、不明です。
棘のあるものないもの、白や緑、丸いのやうねうねしたもの、洋ナシに似ているのとそれほどでもないものなど様々です。
タイでは、緑色のが一般的で、棘の多いのとそれほどでもないもの、デコボコの多いのとそうでもないのがありました。

【その他の名称】   
VEGETABLE PEAR, MIRLITON, PIPENELLA, MANGO SQUASH, CHOCHO, CHOKO(豪), CHRISTPHENE(仏), CAYOTE, 佛手瓜 (中)、合掌瓜(中)、千成瓜(日)、LABU SIAM(タイのウリ)(インドネシア)

【原産地】
メキシコ南部~熱帯アメリカ地域、マヤ・アステカ文明(?)

【タイでの生産地】
タイ北部・東北部のチェンマイ、チェンライ、ルーイ、ペチャブン、タイ南部のヤラー など

【食べ頃】
通年流通しています。
日本では、霜が降りる前に収穫できる野菜だそうです。
タイでは、特に雨季(5~10月)が旬と書いてる本と、涼しい時期に育つので、10月~2月が食べ頃と書いてる本もあり、全く正反対なのですが、結局、年中ということでしょうか?

【購入場所と値段】
フードランド 1個10B 、パラゴン キロ35B、 TOPS キロ32B(6個で56B)

【購入時の注意】
実が引き締まってかたいもの、大きさからして重みのある方がよいでしょう。
大きさも、余り大きくない方が良品とされているうようです。
古くなると、表面に茶色いしみや、皮にしわが寄っているので避けます。
(上の写真、微妙にシミが出てますね)

【野菜の歴史など】
アステカ文明やマヤ文明の時代から食されていた記録があり、スペイン人に征服されるまでは、メキシコ周辺や南米だけで食されていました。
中国には、1915年入り、中国江南の一帯、雲南、浙江、福建、広東で多く栽培されています。
タイにはいって来た時代は不明ですが、ファクメオのファクはウリ、メオは、山岳民族の苗(ミアオ)族を意味し、メオ族は、貴州、湖南、四川、雲南、広西、広東に本拠があるとも言われていますので、そこから伝わったと考えられます。
日本へは1917年(大正6年)に鹿児島へ導入され、「薩摩隼人」にちなんで名づけられました。
鹿児島や沖縄の気候風土が栽培に適していて、栽培が盛んです。

【見た目の特徴】
洋ナシのような形状をしていて、淡い緑色。
デコボコが多いものや刺のあるものもあります。
大きな果実の中に種が一つだけあります。

【味の特徴】
クセのないしゃきしゃきとした歯ごたえが特徴的で、冬瓜、大根、きゅうり、青りんご、梨を混ぜて割ったたような味? 
クセのなさから、繊細だという人とまずいという人にわかれるようで、風味よりも舌触りと歯ごたえを楽しむ野菜とも言われています。

【一般的な料理方法】
根、茎、葉のすべてを食べられますが、一般に出回っているのは、果実の部分です。
タイは、ナムプリック、ヤム(辛いサラダ)、ゲーンソム(酸っぱ辛いスープ)、卵炒め、オイスターソース炒めなど。
日本では、漬物を勧めているレシピが圧倒的に多いです。
他には、生でサラダ、煮物・蒸し物・スープの具などにもなります。
西洋では、サラダや肉詰め、バター炒め、肉のつけ合わせやシチューなど。
台湾では、「龍鬚菜」といって、葉を炒めて食べるのがおいしくて人気だそうです。

【取り扱いのポイント】
切ると、青いパパイヤと同じような乳汁が出て、触るとシブシブした感じになりますが、気になる人は、油を手に塗るといいようです。
種や皮は、必ずしも取り除く必要はなく、種はアーモンドのような風味が出るので、煮物の場合は、後で取り除くとしても、一緒に煮た方がおいしくなります(煮込んでしまえば、種も柔らかく食べられます)。
皮は加熱するとやや固くなりますが、風味も残り栄養も逃げないので、料理によっては皮のまま茹でて、後で皮を剥いてもいいでしょう。

【保存の仕方】
普通にポリ袋に入れて冷蔵庫で1ヶ月程度保存できます。
(翌年の種としても保存するので、1年は保存できるはず)

【栄養性・機能性】
ウリの中でも栄養は全面的に豊富といえます。
栄養価的には、ビタミンCが特に目立ちますが、他にも、カリウム、カルシウム、リン、繊維、カルボキシル酸と豊富なたんぱく質、多種のビタミン、鉄、などが含まれています。
食欲増進効果、整腸作用があるともいわれています。
タイでは、骨と歯を丈夫にし、風邪の予防に効果があるとされています。
台湾では、葉で作るお茶と果実は、利尿作用、抗炎症があり、肝臓結石、心臓の病気を予防すると言われています。
中国では、利尿作用があり、血圧降下作用があるといわれます。
また、児童の知力を高めると期待される亜鉛も多く含んでいますので、お子さんにもよいでしょう。
外用として、火傷を癒し、傷口の癒着を助ける成分が含まれていて、さらに、エモリエント(皮膚軟化)効果、保湿効果があり、乾燥肌を和らげる製品になっているそうです。

切った時に出る白い液が、青いパパイヤと同じなので、タンパク質分解酵素が含まれていると思われます。
青いパパイヤと同じであれば、タンパク質だけでなく、脂肪や糖分も分解する働きがあるということで、解毒、ダイエットには理想の野菜ということになります。
また、ニコチアナミンが含まれているらしい情報もあり、そうだとうると、高血圧予防、ホルモンのバランスを整える効果があります。
要は、日本では、まだ研究が遅れているという気がしてなりません。

【その他】
一つの苗から百以上の果実がなるので「千成瓜(センナリウリ)」とも呼ばれています。
中国では、蔓になる様子が仏陀の手のようなので「佛手瓜」と呼ばれ、縁起物として贈り物に使われたりします。

植え付けは、種を実から取り出すと生育不良で枯れてしまうので、果実ごと植えつけます。
果実を台所に放っておいたら、芽が出て蔓が延びて大変だった、という話もあります。
実を栄養にして、放っておいても育つのでしょう。

多年生で、1~2年すると塊茎が山芋そっくりの形と大きさに膨れ上がり、山芋と同じ様に煮て食べることができ、味も似ています。

オーストラリアでは、マクドナルドのアップルパイは、チャヨーテが使われているという噂が流れたことがあるそうですが、実際は、当然にリンゴが使われていました。チャヨーテの方が高いので使う理由もなかったようです。

アップロードファイル  フゥーッ、こんなところでしょうか。
アップロードファイル  情報がないと言ってたわりには、十分にまとまっているじゃないか。
まあ、とにかく苦労して調べたチャヨーテ、レシピも気合を入れて紹介してくれ!



参考: こんなもんだったかしら・・・


「西洋野菜料理百科」 西洋野菜料理百科―野菜の博物誌

http://en.wikipedia.org/wiki/Chayote
http://www.gourmetsleuth.com/chayotes.htm
http://www.foodreference.com/html/art-chayote-squash.html
http://star.gs/~miyake/sakumotu/hayatouri.html
http://www.ja-arida.or.jp/saien/tukurikata/05-12.htm
http://www23.big.or.jp/~marumi/jyouhou/yasai/hayatouri/
http://www.geocities.jp/mc7045/sub139.htm
http://www.geocities.jp/foodpia1407/ny/veg3/chayote.html
http://kazukari.hp.infoseek.co.jp/number54/topic.html
http://ci.nii.ac.jp/naid/110000520512/


 (↓) クリックありがとうございます! 押すとランキングがあがるのです。 

にほんブログ村 料理ブログへ(←上で押し忘れた方、こちらをヨロシクです。) ブログランキング 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。